獅子丸のモノローグ

☆気まぐれ不定期コラム☆

味の素 Cook Do® 四川式回鍋肉用

2018年02月28日 | 我が家の食卓


 その日は、私が夕食当番。
 妻よりのオーダーは、「『Cook Do® 四川式回鍋肉用』を用いて夕食を作ること」であった。
 

 箱の裏に書かれた「作り方」を見たところ、これは、かなり簡単そうである。
 浜田省吾氏も、鼻歌混じりで作ってしまうことでありましょう。


 まずは、下ごしらえ。
 水洗いしたキャベツの葉は、手で一口大にちぎる。
 長ネギは、1cm幅の斜め切りにする。
 そして、野菜を切ったのちに、お肉を切りましょう。
 この手順、地味ながら、大切です。


 それからそれから、強火でキャベツを炒め・・・


 しなっとなったら、別皿に移しましょう。


 空いたフライパンに、豚肉&長ネギを投入し、中火で炒め・・・


 肉の色が変わったら、いったん火を止め、「Cook Do® 四川式回鍋肉用」を、絞り出すように注入。


 しかる後、中火で炒めて、それをしっかり絡ませ・・・




 よけてあったキャベツを再投入し、全体がなじんだら、完成です。


 この製品。「四川風」のネーミングはダテではなく、豆板醤系の辛さがしっかり効いており、コドモが食すには、やや厳しいかもしれない。
 だがしかし。私は、オヤジだ。
 白飯にも激しく似合い、ご飯はワシワシと進む。
 「Cook Do®」の製品を活用した中華は、イージーかつ本格派で、実にヨイ。
 いつの日か、『八宝菜用』も、試してみたい。

コメント

真空パック シウマイ

2018年02月27日 | 我が家の食卓




 次女とともに横浜旅行に出かけていた妻が買ってきたお土産が、崎陽軒の「真空パック シウマイ」である。


 それは、シウマイ15個と粉末辛子の組み合わせ。
 「シュウマイ」ではなく「シウマイ」と表記する点に、文明開化のかほりがする。


 妻には、オーソドックスに、「蒸しシウマイ」として、調理してもらった。


 「粉末辛子」を水に溶くのは、私の役割。


 なんと申しましょうか、もっちりとして、むっちりとして、それでいて適度な歯応えがあり、まさに明治維新のお味!
 もちろん、ビール(発泡酒)のおつまみとしても、ど真ん中のストライク
 まさに、「シュウマイ・ウマい」な晩餐でありました。

コメント (2)

マルちゃん やきそば弁当 焼とうきび風焦がし醤油味

2018年02月26日 | 麺’s倶楽部


 その日のランチは、「マルちゃん やきそば弁当 焼とうきび風焦がし醤油味」。
 本年2月18日に、コープさっぽろにて税込117円で購入した品だ。


 具材の主力選手は、「キャベツ」&「コーン」で、肉系具材がラインナップされていないのは、肉好きの私としては、やや残念。


 別袋は3袋4種。
 先入れの「かやく」と、後掛けの「液体ソース」。
 加えて、オマケ的役割の「中華スープ&ふりかけ」である。
 調理にやや手間がかかり、プラスティックごみの量も多いため、アウトドア&職場の昼食には、あまり適さないかもしれない。


 1.かやくを麺にあけ、お湯をそそぐ。
 2.別途用意のカップに「中華スープ」を入れ、液体ソース等をフタの上であたため、3分待つ。
 3.戻し湯をカップに注ぎ、余ったお湯はシンクに捨てる。


 ・・・といった手順を経て、「やきそば弁当 焼とうきび風焦がし醤油味」は、完成を見た。


 なんといっても、この「戻し湯でつくるスープ」が、やきそば弁当シリーズにおける「他社のカップ焼そばの追従を許さない、ゆるぎないアドヴァンテージ」である。
 そのかなりスパイシィな味わいのスープは、この製品の「お弁当感」を際立たせる。


 驚いたのは、その「すんごくバター醤油でコーン」なかほり!
 それは、テーブルを挟んで私の向かいに座っていた妻も、「大通公園のとうきび屋台みたい!」と感心するほどである。
 そして、その麺の食感自体は、いつもながらの「やき弁」なのだが、そこにまさに「焼とうきび味」が濃厚に絡みつき、個人的には右中間を深々と破るスリーベースヒット!
 

 底に沈殿したコーンは、醤油のツヤで光り輝き、まごうかたなき「焼とうきび」!
 この製品。近年発売された「変わりやき弁」のうちでは、個人的にはナンバー・ワンだ。
 ぜひ、また買おう(^^)

コメント

おうちでガーリックカットステーキ

2018年02月25日 | 我が家の食卓


 近所のスーパーにて、「ガーリックカットステーキ(牛肩ロースステーキ味付)」が、税込780円とお得な値段だった。
 妻との協議の末、その日の晩餐用に、家計より購入していただいた。


 じゅわっと焼きあがったそのお肉は、歯応え&柔らかさも上々。
 加えて、ガーリック&オニオンソースのみならず、ブラックペパーがガシッと効いて、デリシャスかつワイルドな味わい!
 おひとりさまあたり260円の、CP高き晩餐でありました(^^)

コメント

「らーめん吉山商店」の「焙煎辛みそらーめん」

2018年02月24日 | 麺’s倶楽部


 サタデイ・アフタヌーンは、妻との協議が調い、「らーめん吉山商店」でのランチ。
 11時26分に、首尾よくお店の前に、レガシィ2.0i(5MT)をパークさせた。


 ちなみに、月間売筋1位は「焙煎ごまみそらーめん」。
 2位は「焙煎辛みそらーめん」。
 3位は」「しょうゆらーめん」とのことである。


 11時28分に、すんなりとカウンター席に着席。
 やはり冬なので、体内をカプサイシンパワーで、温めたい。
 なので、私がチョイスしたのは「焙煎辛みそらーめん」(税込850円)。


 紙エプロン・おしぼり・ヘアゴムが用意されているのは、お子様連れや女性にとって、嬉しいポイントでありましょう。


 そして11時31分。
 私がトイレで小用を足して戻ってくると、なんとカウンター席にはすでにラーメンが置かれていた!
 いつもながら、この迅速さには、脱帽というか驚愕である(^^;


 

 中太・もちもちの、札幌ラーメンの王道を行く、ちぢれ麺。
 ぴっちぴちで、活力あふれる人魚のような、私好みのウマい麺である。


 ゴマが香ばしい、辛味噌スープ。
 その辛さ自体は柔らかくマイルドで、味噌のまろやかさを、女性の温かいひざまくらのように、アシスト。


 一本気でスレンダーな女性のように、のびやかにしなやかに伸びたメンマ。
 それは、シャキッとした食感の、かぐや姫の故郷である。


 きくらげもたっぷり!
 ビタミンDをしっかり補給させてくれるそれは、私の美肌の維持に資する。


 ゴマを浮かべる、バラチャーシュー。
 噛みごたえと柔らかさのバランスが良く、脂身の比率も私の考える黄金比である。
 これまた、私の理想の、桃源郷! 


 まろやか辛いそのスープに、レンゲの動きは止まらない。
 ひょっとしたら、「額に汗をかきながら格闘するような辛さを好む、体育会系辛いモノフリークの方」には、その辛さは物足りなく感じられるかもしれない。
 しかしながら、私にとっては、まさしくど真ん中のストライクなのだ。


 11時43分。
 沈殿したひき肉を救出し終わり、どんぶりの底に、笑顔が映る。
 いつもながら、至福の12分間でありました(^^)

コメント

Shout To The Top/The Style Council (Paul Weller)

2018年02月23日 | MY FAVOURITE SONGS


 「ザ・スタイル・カウンシル」のことをリスペクトしているミュージシャンも日本には少なからず存在し、「パリスマッチ」や「naomi & goro」。あるいは、佐野元春氏等が挙げられる。
 スタカン自体は、日本での一般的知名度はあまり高くないと思われるが、この「シャウト・トゥ・ザ・トップ」という曲はインプレッサのCMとくダネ!のオープニングテーマ、あるいは北海道ローカルAM局のパチンコ屋のCMソングとして使われていたので、耳にしたことのある方も多いと思う。



 そして、円熟味を増したポール・ウェラーのギグが、また、イイのだ。
 エレキギターとストリングスの融合が、まさにネオ・クラシック!
 ストリングスのおねいさんたちの太ももに、思わず目が行ってしまう私は、単なる中年オヤジである。



 また、驚くべきは。あの小柳ルミ子氏も、1989年にこの曲をカヴァーしているのだ。
 ちなみに、この動画の中には、大澄賢也氏と思われる方も、映っているようだ。
  この時、ルミ子氏は、推定37歳。
 率直に言って、私のタイプとは言い難いルミ子氏だが、なんちゅうか、本中華、凄すぎる・・・

コメント

亀田の柿の種 ソースマヨ味

2018年02月22日 | モノローグ


 おつまみとして食したのが、期間限定販売という「亀田の柿の種 ソースマヨ味」である。
 それにしても・・・近年の「柿の種」は、増殖著しく、まさに多種多様だ。


 なんでもコレは、有村架純嬢が開発”本”部長に昇進した記念のお味だという。


 原材料で見逃せないのは、やはり「あおさ」と「紅しょうがパウダー」の存在。


 6袋の個包装なので、食いしん坊の私にも、おのずと「1日1袋まで」と、自動ブレーキが掛かる。


 そのお味は、ソースとマヨネーズがメインながらも、あおさと紅しょうがが脇を固め、まさしく「お好み焼テイスト」!
 今宵も、ハイピッチで、ビール(発泡酒)が進む。
 あゝ、スナック菓子三昧が、止められない・・・(^^;
 健康と美容のためには良くないのかもしれないが、「ココロの健康」には資するのだと、自分を納得させるしかないのだ。てへっ。

コメント

松尾ジンギスカン×ベル食品 ジンギスカン丼

2018年02月21日 | 我が家の食卓




 ある信頼できる筋からの情報を元に、「松尾ジンギスカン札幌駅前店」にて購入したのが、この「松尾ジンギスカン×ベル食品 ジンギスカン丼」(税込799円)である。


 「北海道名物 松尾ジンギスカン」と「北海道のソウルフードメイカー ベル食品」がコラボしたという、この製品。
 私の小さな胸は、期待で大きく膨らむ。


 ジンギスカンに欠かせないバイプレイヤーが、野菜高騰の今脚光を浴びている、この「もやし」。


 まずはそれを、しっかりと炒め、


 ほぼ同時進行で、主役の「ジンギスカン丼 レトルトパック」を、4分間湯煎する。


 そのようにして、きわめてイージーに、この「ジンギスカン丼」は、一丁上がり!。


 ブラックペッパーをささっと振って、いただいた。
 そして、そのお味は・・・私の想像よりも、ちょっと、いや、かなり、薄味だった。
 いわゆる「ベルのジンたれ」の「酸味と甘みとしょっぱさが高次元に昇華した味わい」を期待すると、やや肩透かしかも。
 その辺は、「お土産需要」を見越して、あえて「万人向け」に仕上げたのかもしれない。
 また、お肉はやや固く、レトルトっぽさが否めないが、まあ、そこらへんは、レトルトなのだから、しょうがない。
 個人的結論としては、「道産子向け」というよりは、「北海道土産向き」の製品だと、私は認定する。
 ご、御免。

コメント

たらこチャーハン

2018年02月20日 | 我が家の食卓


 「冷蔵庫に、賞味期限切れ寸前のたらこが大量にある!」との長女の指摘を受け、急遽作ったのが、「たらこチャーハン」である。
 冷凍庫に佇んでいた「余りごはん」の処分も、併せて実行した。


 まずはバターでキャベツを炒め、そこに「解凍した余りごはん」と「賞味期限切れ寸前のたらこ」を投入し、ひたすら「弱めの強火」で炒める。


 そして、”おおむね”たらこがほぐれたら、OKである。
 「男の料理」なのだから、この辺で、勘弁してもらおう。


 海苔を散らして、いざ実食。
 キャベツにしっかりと沁みついたバター風味と、たらこのしょっぱさがハイブリッドした、個人的には納得&充実の晩餐!
 たらことバターは、相性がイイ。これ、ホントです。

コメント

オーマイ「和パスタ好きのための ゆず醤油」

2018年02月19日 | モノローグ


 その日は市販のパスタソースを用いて、ちょっと贅沢気分のランチ。
 食品庫に佇んでいた、オーマイの「和パスタ好きのための ゆず醤油」である。


 例によって、茹で上げのパスタに絡めるだけというイージーさ。
 ものぐさ太郎でも、作ることができるだろう。


 ゆずの爽やかな酸味に、醤油味がしっかりとフュージョン。
 適度な辛さで、かほりをとき放つ、七味唐辛子。
 さすがは、ナンバーツーパスタカンパニーの、オーマイ。
 オーマイという企業名は、まさに「おお、ウマい!」からの由来なのではなかろうかと、私はいたく感激したのだった。

コメント

セブンプレミアム IPPUDO香港スパイシー海老豚骨

2018年02月18日 | 麺’s倶楽部




 例によって、その日も、カップめんランチ。
 今回俎上に載せたのは、セブンイレブン限定商品の「IPPUDO香港スパイシー海老豚骨」(税込213円)である。
 



 フタの上に、後入れの「海老香油」が貼りついているが、具材とスープはあらかじめカップ内に開けられている。
 いわゆるひとつの「セミ・オールインワン タイプ」といえましょう。


 待ち時間は、熱湯4分と、やや長め。


 そしてそれは、色鮮やかな具材たちがフタをするかのように、ふわっと出来上がった。


 細身で色白ながらも、もっちりとして、歯応えもしっかり。
 この麺は、「博多系」を上手く表現している。
 まさに博多美人!・・・と言ってしまいたくなりそうな、秀逸な麺だ。


 そのスープは、しっかりと辛いが魚介エキスが効いて、まさに「スパイシーシーフードヌードル」と表現したくなるような味わい。
 その若干のとろみは、私の唇を、歓びとともに濡らす。う~ん、これは旨し!!

 ・・・しかしながら。
 私はこの記事を執筆しながら、ある重大な事実に気付いた。
 どうやら、フタの上に張り付いていた「海老香油」を、入れ忘れているではありませんか!?
 そう、私は迂闊にも、フタとともに、「最後の仕上げの調味油」を捨ててしまっていたのだ(^^;
 ああ、最近、こうゆう「うっかりミス」が、多いなァ。歳のせいなのか・・・
 おそらくその「海老香油」は、この製品の構成に、重要な役割を果たすモノだったと思料される。
 この製品。もう一回買わねばなりませんな。

コメント

「花まる」で「ごっこ汁」

2018年02月17日 | グルメ&観光


 その日は私・妻・長女と3人で、「回転寿司 根室花まる」でのランチ。
 次女も誘ったのだが、「私には回転寿司よりも大事なことがある」との理由で、参戦せず。
 いやはや。次女も、オトナになったものだ・・・


 11時16分に、ボックス席に首尾よく着席。
 その日のおすすめは、このようなラインナップだった。


 まずは、流れてきた「中トロ」を、めざとくGET。
 

 続きましては、「厚岸産真いわし」。
 「ネタの順番」のルールなんて、関係ない。
 喰いたいものからいただくのが、回転寿司における私のルールだ。


 「光り物」三昧は続く。
 「厚岸産トロにしん」に・・・


 八種の薬味の「宮城産本がつお」!


 「本鮪赤身」は、私見では、回転寿司の四番打者。


 脂分が繊細にほとばしる、「えんがわ」。


 そして、大好きな、「うなぎ」。


 妻は何気に、「花火皿」(税込453円)の「ぼたんえび」に、舌鼓を打っていた。


 そして11時42分。
 私は「ごっこ汁」を、この美食の大トリに選んだ。
 
 
 「ごっこ」という魚は、北海道以外の地域ではあまりなじみがないかもしれない。
 正式名称は「ホテイウオ」というのだそうだ。


 コレは、まさに、「プアマンズあんこう」もしくは「プアマンズふぐ」である。
 ぷるっぷるのその身は、唇に心地よいねっぱり感を与え、「コラーゲン補給感」満喫!
 私のお肌の保湿と輝きに、大いに寄与してくれることでありましょう。




 そして11時52分。
 3名での幸せなフードバトルのリザルトは、上の写真のとおり。
 おひとりさまあたり2,238円の、至福の36分間でありました。 

コメント (2)

Down in the Seine/The Style Council (Paul Weller)

2018年02月16日 | MY FAVOURITE SONGS


 確かにセーヌ川というか、パリのかほりのする、この曲。
 そのドライヴ感溢れるアコースティックサウンドと、「堕ちていく僕を早く受け止めておくれ」「僕が地面に叩きつけられる前にkissしておくれ」という差し迫った歌詞との、融合。
 ああ、私も、そんなことを、誰かに言ってみたいが、やっぱ恥ずかしい。

 

 ちなみに。ピアノとアコギのセッションのこの曲のバンドスコアを、実は私は持っている。
 ピアノを弾くのが趣味の妻に、何年か前に「コレを一緒にやってみないか?」と提案したところ、「クラシックピアノとこの曲とは違う!」と、ひとことの下に否定されてしまった・・・む、無念。

コメント

「東京ブラック」と「ラッキーキャット」

2018年02月15日 | モノローグ


 バレンタインデー。
 妻が私に用意してくれたのは、「東京ブラック」と「ラッキーキャット」という、2本の缶ビールである。


 「東京ブラック」は、「本格的ポータースタイルの黒ビール」。
 「ラッキーキャット」は、「柚子の香りと和山椒の隠し味」が、その特徴とのこと。


 まずは、「東京ブラック」から。
 それは程よい焙煎風味。
 例えるならば、「愛する女性を抱きかかえているかのような、心地良い重さ」である。


 そして、「ラッキーキャット」。
 バナナにも相通じる、ほのかな甘みと苦み。
 そしてそこに、艶やかな酸味が加わる。
 泡は粒立ち細かく、繊細。
 それは気まぐれな猫のようなしなやかな振る舞いで、私を翻弄する。

 バレンタインの夜。心地良く酔わせていただいた、私なのでした。

コメント

8種混合2018

2018年02月14日 | チャロ君&くまちゃん


 本年10月で10歳になる、ミニチュアダックスフントのチャロ君。




 ここ何日かは、お得意のイタズラも影をひそめ、のほほんと落ち着いて過ごしている(^^)






 毛布を好みのカタチにベッドメイクして、そこで丸まって寝るのが、彼の就寝スタイルである。


 さて、そんな彼のもとに、毎年この時期恒例の「ラブレター」が届いた。
 彼の大嫌いな「ワクチン接種」の、お知らせである。


 そこで、いつもの動物病院へ。


 チャロ君の不安というか動揺は半端ではなく、ガタガタブルブルと激しく震え・・・


 めずらしく、ピョン!と私の膝の上に乗ってくる始末(^^;
 ま、例によって接種自体は、ホンの数秒で、あっけなく終了した。


 そのワクチンは、「犬ジステンパー」「犬伝染性肝炎」「犬アデノウイルス2型感染症」「犬パラインフルエンザウイルス感染症」「犬パルボウイルス感染症」「犬コロナウイルス感染症」「犬レプトスピラ病(カニコーラ型&イクテロヘモラジー型)」の、8種混合。
 お値段は、昨年と同額の、税込8,640円であった。


 自宅に帰宅し、安堵した表情の、チャロ君。
 これからも、ずっと元気で、我々をなごませてネ(^^)

コメント (2)

チャロ君写真館 ’08.12.1~’10.11.28

チャロ君写真館 ’10.12.18~’11.12.24

チャロ君写真館 ’12.01.01~’12.12.24

チャロ君写真館 ’13.01.01~’13.12.29

チャロ君写真館 ’14.01.01~’14.12.27

チャロ君写真館 ’15.01.01~’15.12.27

Waterlogueチャロ君

チャロ君写真館 ’16.01.01~’16.06.25

チャロ君写真館 ’16.07.29~’16.12.28

チャロ君写真館 ’17.01.01~’17.12.21

チャロ君写真館 2018

チャロ君写真館 ’19.01.01~’19.09.07

チャロ君写真館 ’19.09.22~’19.12.31