ak days

SUBARU Cars/Photo/Hobby/MiniCar/News etc

LEVORG 車検整備後の走り

2017-06-25 16:18:57 | LEVORG



昨日ディーラーの、サービスフロントの社員の方から電話がありました。
「おっ?何事」と思って電話に出てみると、
「車検整備後のお車の調子はいかがですか?」
「車検で入庫ありがとうございました。」
という、お礼とクルマの調子を尋ねる電話でした。

「ありがとうございます。残念ながらまだ乗っていません。(笑」

「わかりました。何かお気づきの点がありましたらご連絡ください。」

との会話をして電話を切りました。

そうだ。車検が終わってから初めての土日なので、試したいなぁ。。
明日の天気(日曜日の天気)は雨だけれど、
息子の誕生日プレゼント買いに息子から誘われているので試してこようか。

そして今日、天気予報通り朝から雨です。
首都高速の込み具合をスマホで確認すると、雨という理由もあるのかガラガラです。
家族3人で試走にGo!。
首都高速を遠回りしてクルマのフィーリングを確かめてみます。

いつも思うのだけれど、整備が終わったばかりのクルマは、
エンジンのふけ上がりが軽く、反応も良くなっていて、新しいクルマになったような感覚(錯覚?)を覚えます。
私のクルマの「走行ベンチマーク」である首都高速を走ってみてそのように感じました。

※なぜ首都高速がベンチマークなのか。

LEVORG ベンチマーク 2015-02-16

この記事を読んでください。

クルマを乗る以上、適度な整備にコストが掛かることは仕方がありません。
しかし、人それぞれの考え方ですので手の入れ方は千差万別。
でも、ハイパフォーマンスカーであればあるほど、整備は重要なことだと思います。
しかも、その車を知り尽くしたお店でメンテナンスをしてもらえれば安心であり、絶対にクルマも長持ちします。
これまでの経験から、このことは間違いがないと思います。
(あえて、ディーラーとは書いていませんよ。)
メンテナンスを面倒くさがらないでくださいね。


それから、新しいサービスの「NE'Xプラス」短期はっ水ボディコーティング これ良いですね。
ボディ表面を雨水が滑るように流れるので、前のNEOプラスと比較してもボディ表面がキレイな状態を保てそうです。

楽しい試走でした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

LEVORG 誰が何と言おいうとサイドビューが好きだ!

2017-06-22 22:52:24 | LEVORG

疲れた、疲れた。

様々な角度から、レヴォーグの撮影をしていますが、
私が一番好きなビューはサイドビューです。
今回3年目の車検を終え、サイドビューで自分のレヴォーグがどんなふうに変わってきたのか写真を並べてみて見た。

◆2014年8月10日撮影
いきなり、サイドビューじゃなくてゴメンナサイ。この角度からの写真しかありませんでした。
納車が2014年7月6日ですので、ほぼ、最初のオーダー通りのレヴォーグです。
STIパフォーマンスキットが付いているだけです。
レヴォーグの撮影にも甘さが見られますね。笑



◆2014年9月13日撮影
スバル純正のウエストスポイラーが着いています。
前回との変化はそれだけです。



◆2015年3月21日撮影
スティールブルーグレーのシャークフィンアンテナが着いています。(よく見ないと分からんですね。)
シルバーのピンストライプが着いています。
Enjoy LEVORG Driving! 第2回開催のステッカーが貼ってあります。右側に貼れるようなデザインはこの一枚だけです。


◆2016年11月3日撮影
ルーフエンドスポイラー
リヤサイドアンダースポイラー
エキゾーストキット
ドリルドディクスローター F R
K2gear アイライン
が着いています。



◆2017年6月10日撮影
見た目の変化は、チェリーレッドのスカートリップだけですね。

撮影設定や天候などの条件が違うので、ボディ色はマチマチです。
でも、やっぱり、今が一番良いやぁ。

見た目、変わっていないようで、変わっています。(自己満足の世界ですが)
自分の好きなビューが決まると、撮影がだんだん上手くなります。
気合が違くなるからデスネ。

皆さんはどのビューが好きでしょうか。
※サイドビューが好きな人、もう一人知っているんだ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日は息子の誕生日!

2017-06-21 21:52:50 | Child Care

大雨

明日は忙しいの今日書いておく。
明日は息子の8回目の誕生日。
誕生日おめでとう!

ますます元気に、余計な言葉ばかり覚えて口答えしているけれど、笑
まぁ、ゆるしてあげよう。

とにかく、悪いところは、嫌というほど私に似ている。
あまりにも同じ態度を取った時など、息子を叱っているけど自分が叱られているような錯覚に陥り自己嫌悪。。
家内にも、悪いところはそっくり。と言われて、「そんなこたぁ、ねーよ」って言い返しても内心は穏やかじゃありません。

今週の月曜日には担任先生と家内と息子の3面談があり、帰宅すると家内が愚痴るように報告してきました。

先生「○○君は、図工は観察力と手先が器用で、みんなのお手本になり本当に素晴らしいと思います。」 (*^^)v
家内「はい、そうですか。」
先生「○○君は、1年生の面倒をよく見て、俺についてこいと言って、学校を案内したり、やんちゃな子に人気があります。」 (*^^)v
家内「はぁ。」
先生「でも、国語と算数は最初はできていたのですが、今は中の下くらいですねぇ。もう少し勉強した方がいいと思います。」 (T_T)
家内 ひきつった笑
先生「テストも一番に出さないで、見直しすれば間違いも減るんですよぉ ねー」 (>_<)
家内 ひきつった笑

だそうです。
あとで、息子に聞いてみた。「どうして見直さない。」
息子「一番に出した方が良いと思うから。」
私「( ,,`・ω・´)ンンン?」

家内は、先生に言われてだいぶ凹んだようでした。笑
生まれたときには、病気をしないでスクスク育ってくれればいい。と考えていたのに、
やはり、学校に行くようになると、成績が気になるようです。(当たり前ですね。)

私が「いいとことも沢山あるのだから、まだ低学年だし勉強は少しできなくても。。」
家内「出来ないよりは、出来た方がいいでしょ。」
私「ごもっともです」 <(_ _)>

今勉強を見ているのは家内です。
無理にやらせるというよりは、上手に教えています。

私が怒るのは取り組む態度です。
勉強をする姿勢や、態度がいい加減だと叱ります。
叱りすぎるて家内がかばうこともあります。 笑

年を取ってからの子育てですので、いろいろ難しいこともありますね。
親もそうやって勉強して行くのだと思っています。

最近は、友達が良く遊びに来たり、遊びに行ったりしているようです。
そして、土日に友達連れてきて、夕飯食べていけ。とか、風呂一緒に入ろう。とか、泊っていけ。(一緒に寝よう)
とかやっています。
友達が沢山いることは大賛成です。

でもね。もう少し勉強もしようね。
家内が、「うんこドリル」を買ってきたのは次の日でした。。

8歳おめでとう。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

レヴォーグトレイン 男気じゃんけんとは?

2017-06-20 17:34:52 | LEVORG 走行会



Enjoy LEVORG Driving! も エクストラステージのレヴォーグ合宿も、その目的は
見知らぬ土地に出かけたり、景観の良い道路を走ってドライバー・家族が楽しむという事です。
訪れる場所や、走行コースを設定するのは私の役割。
そして、公道を走るわけですから走る順番を決める必要があります。

やしさん撮影

bbw1150さん撮影


会が開催される2週間前には、コース概要や地図付きのコースガイドを参加者に配布します。
最初の数回は、このような事情もあり私が先頭を走っていたのですが、
それではつまらないので、コースをセグメント毎に区切り、その区間の走る順番を決めたりするようになりました。

見知らぬ土地を走りますので、コースを設定している私でさえ、
ところどころコースを間違えて違う場所に案内したり、コースに戻ったら後続車がぞろぞろいたり、
まぁ、とにかくいろいろなハプニングが起こります。
ハプニングは後の反省会という名目の「飲み会」の場で弄られたりします。笑

そこで分かったことは、「実は誰も先頭を走りたくない!」( `ー´)ノ ということ。笑 ← ココポイント
知らない道を先頭を切って走るという事は結構プレッシャーです。
先導車についていった方が安心ですし。。。


※男気じゃんけんの前にみんなでみんなで信玄餅ソフトを楽しむの図。
しかし、頭の中はこの後行われるじゃんけんのことでいっぱいだったりします。笑
bbw1150さん撮影

※そして 道の駅 みなみきよさと の広場の中心でじゃんけんをする。six stars
解説しよう~
「気合い入りまくりのお二人」というコメントの人は、haseさん と Daishiさん
これ、勝てるように~ と 気合を入れてるんじゃなくて、負けますように~ ということなんです! 笑

そして、「過酷な運命に気付いていないヒト」はぐっさん。
みるからに、無欲ですね。
ぐっさんは今回の旅で一度も勝つことはありませんでした。圧倒的に一番後ろ=車掌 の定位置が多かったです。
無欲の勝利かっ!

bbw1150さん撮影

ここのセグで見事じゃんけんを勝ったのは、ワテクシでした。。。。orz


でも、知らない場所、道を走るわけですから、事前にコース確認をしてもらっておいた方が、
グループ全体が安心です。
そのために、早めにコースガイドを配っています。

そこで、考案されたのが、男気じゃんけん。
勝った人が先頭を走るというシステム。(負けた人じゃないところがミソです)
何度か開催した会でやってみたのですが、じゃんけんは盛り上がるのですが、せっかく勝った人がいるわけですから。
今回は、優勝者には何かプレゼントをしようという事になりました!

じゃーん STI Tシャツです。

2日間のコースをセグメント分割して一番先頭を取った人にプレゼントです。
今回は、見事haseさんがゲット!
「おめでとうございます。」

先日、皆さんからお預かりした700円/人を元に購入してプレゼントとして贈呈いたしました。

今回は、先頭を一番取った人という条件でしたが、ポイント制にしたら面白いと思ったので、ルールを改変したいと思います。

先頭:5ポイント 二番目:3ポイント 三番目:1ポイント
とかですね。
なんか、F1っぽくて面白そうですね。
そして、色別でも競争出来たら面白いかもしれないですね。(あぁ、ギャラクシーの圧勝になってしまいますね。。)


カメラマンが沢山いるので、旅を振り返る時に、こんなスナップが沢山あると楽しいですね。
面白い写真を撮影した人にもプレゼント! とかアリかもしれませんね。

おまけ haseさん撮影
※他の人たちが、北アルプスを背景にレヴォーグの写真を撮っているときに、二人で離れて何かしていました。。
これ、面白いですね。 キマッテいますねぇ
Daishiさんの、人柄や話の面白さを知る人にとってはギャップが最高です。

いやぁ。関東のアニキと呼びたいです!


そのうち、STIパーツが景品とかなったら、みんな本気出してくれるのだろうか? (^^)/


いやぁ、改めて楽しかったなぁ。。。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Water Color

2017-06-19 19:15:38 | Photo



昨日の天気はのち

関東地方は6月に月が変わり、先週から梅雨に入りましたが雨があまり降りません。
本格的な雨はこれからかもしれませんね。

毎年、公園を巡って花菖蒲や紫陽花の撮影を続けていましたが、
昨年は気持ちに余裕がなかったので撮影には出かけませんでした。

花菖蒲や紫陽花は曇りや小雨の時の方がイキイキとしています。
晴れていると元気がないので、日曜日の天気はベストでした。

今年が余裕があるか、というと決してそうではないのですが。(笑
70-300mmと入れ替えた100-400mmの新兵器を持って、「ファインダーの見え方」、「ボケ具合」、「解像度」を確かめるべく出かけてきました。

長い時間ではありませんでしたが、好きな花の撮影に没頭することができて楽しかったです。
息子がもう少し小さい時には一緒についてきたがったのですが、小2になると「一人で行ってきてぇ~」だそうです。(笑
自分の好きな事には積極的に行きたがり、誘われたりしますが、興味のないことは見向きもしません。
正しい成長なのかもしれませんが、少し淋しいですね。

毎年撮影していると、その時に持っているカメラボディの機種だったり、レンズが違うので、
ソフトウェアを使って現像するときにその違いがわかります。
今回の撮影は、もうハッキリと違いがわかり、ボケ具合だったり解像度、色の乗り、は今まで一番です。
70-300mmを使用していた時には、使いやすく、サイコーのレンズだと思っていましたが、
100-400mmを使ってしまうと、上には上があるなぁという思いです。
ただ、カメラを持ち歩いて撮影するわけですが、機動性は70-300mmの方が上です。
100-400mmはとにかく重いですね。


Water Color
使用レンズ:EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM


1.
Tv:1/125
Av:11
露出補正:-2/3
ISO感度:640
焦点距離:100mm
ホワイトバランス:くもり
ピクチャースタイル:スタンダード


2.
Tv:1/500
Av:5.6
露出補正:+1/3
ISO感度:640
焦点距離:400mm
ホワイトバランス:くもり
ピクチャースタイル:スタンダード

3.
Tv:1/1600
Av:5.6
露出補正:-1/3
ISO感度:640
焦点距離:300mm
ホワイトバランス:くもり
ピクチャースタイル:ディテール重視

4.
Tv:1/640
Av:7.1
露出補正:+1/3
ISO感度:640
焦点距離:400mm
ホワイトバランス:くもり
ピクチャースタイル:風景

5.
Tv:1/500
Av:7.1
露出補正:±0
ISO感度:640
焦点距離:214mm
ホワイトバランス:くもり
ピクチャースタイル:忠実設定

6.
Tv:1/2000
Av:5.6
露出補正:+1/3
ISO感度:640
焦点距離:278mm
ホワイトバランス:くもり
ピクチャースタイル:スタンダード

7.
Tv:1/1600
Av:5.6
露出補正:+1/3
ISO感度:640
焦点距離:400mm
ホワイトバランス:くもり
ピクチャースタイル:ディテール重視


どの写真もボケが溶けるような感じでキレイだなぁという印象。

EOS 5D Mark IVでは全点でF8のフォーカスが使えるので、このレンズに1.4のテレコンバーターつけても軽快に撮影ができるという事ですね。
その場合、140-560mmになることも有利な点です。

ということで、次は1.4のテレコン買います。(宣言!)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LEVORG 36ヵ月 車検整備メニュー

2017-06-18 12:36:28 | LEVORG



昨日ディラーでレヴォーグの車検をしてきました。
車検で行ったメニューを備忘録として記録しておきます。

車検ですので、自動車重量税、自賠責保険料、印紙代 の支払いは当たり前ですが、
整備メニューは以下の通りでした。

・ホイールアライメント
・ヘッドライト焦点 点検・整備
・スチームクリーニング
・ガスケット交換
・Vベルト点検
・クーラント液、ウォッシャー液 点検
・ブレーキフルード交換
・全ブレーキ 分解・清掃・給油
・ブレーキクリーナー&グリス
 Fブレーキ残量 8.6mm
 Rブレーキ残量 7.4mm
・タイヤ点検
 Fタイヤ溝残量 4.6mm
 Rタイヤ溝残量 4.6mm
・窒素充填
・ワイパー交換
・下回り各部 点検・締付(CVTオイル漏れの確認 異常なし)
・アイサイト診断(システムチェック 異常なし)

・オイルアップグレード
 レ・プレイアード ゼロ

・スラッジナイザー施工(オイルラインクリーニング)

・カーボナイザー施工(燃焼室クリーニング)

・エアコンフィルター交換

・STIスポーツオイルフィルター交換(アップグレード)

・STIエアクリーナー交換

・バッテリー交換
 Panasonic caos


※STIオイルフィルターとバッテリー
当初バッテリーはボッシュ製品を購入して持ち込む予定でしたが、高性能のバッテリーを安くしてくれるという事なのでディーラー製品を選択。

左ドアミラーカバー交換

アクセスキー電池交換(めんどくさいからやってもらった)

保証整備
リヤゲートステー交換

サービス
短期はっ水ボディーコーティング施工
NE'Xプラス

これら全部の整備代は12万円強でした。

ココまでやれば、ヘビーユースでも安心して乗ることができます。

車検から帰ってきた、レヴォーグは見違えるようでした。
外見は、NE'Xプラスを新たに施工したので、ヌルヌルのピカピカ 新車のようです。

エンジンフィールは上記のエンジン系のメンテナンスのおかげで動作も良く軽くなりました。


※短期はっ水ボディコーティング NE'Xプラス
コーティングの持ちがNEOプラスの1ヶ月から、3ヶ月に伸びています。

撮影が曇りでしたので、光沢感が分かりにくいですが、こんな感じです。

右側

左側

全景は、サムネイルでクリックすると大きな画像が見えます。
 


STIスポーツオイルフィルターは、現行商品が在庫分で無くなるそうです。
新たな商品を開発中のようですが、いつ発売されるかはわからないとのこと。
私の分は、三鷹のSTIショップに在庫を確認してもらって、押さえていただきました。
これから、交換する人は要注意ですね。

レヴォーグの3年間は本当にあっという間でした。
とりあえず、車検も整備も終わったので、一安心です。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

新型インプレッサが代車だった!

2017-06-17 18:45:41 | IMPREZA WRX STI



レヴォーグの車検対応のため、ディーラーに入庫すると、
akさんのために新型インプレッサを代車に用意しておきました。とはサービスさんのお言葉。
営業担当者が異動になってしまってから、試乗とか情報収集に全く疎くなってしまった私にはうれしかったです。

やっと、SGPもとい新型インプレッサに乗れる。。

早々にレヴォーグをディーラーに預けて、試乗するために遠回りで帰ります。

話は聞いていた通り、最初に乗って、ステリングを切ってクルマがターンしていく挙動がもう違います。(笑
インプレッサってこんなにカッチリしていたっけ?
ステアリングを切った分だけ、きちんと曲がり、フロント・リヤの一体感が素晴らしいです。
さすが、カーオブザイヤー!は伊達じゃなかったのね。

この動きは、レヴォーグ、WRX STI(GR系ね)と比較しても遜色がないように感じられます。
試乗車ですから、STIのパーツはついていません。
素の状態でこんな感じですから、STIパーツで架装したらすばらしいクルマに仕上がるはずです。

お借りしたのは、このインプレッサ
1.6i-L EyeSight ダークブルーパール 4WD


そしてサスペンション。しっとりしていますね。うねりを乗り越えても収束が早くきちんとしている感じです。
レヴォーグはビルシュタインですが、それと比較すると、レヴォーグがゴツゴツ(固い)という感じで、インプレッサはしっとり。
※前のサスペンションの動きがレヴォーグよりもはっきりとわかる感じ。
色々な路面や、走行条件では試していません。あくまでも一般道路を走行した印象です。
この脚回りなら、ファミリーユースであれば十分だと思いました。

しかし、1.6Lエンジンは少し力不足か。
搭載しているエンジンは1.6L FB16
CVTの特性を生かして、ゆっくり踏み込んでやれば走る感じ。
30km~50km~70kmと加速していきます。
ただ、加速が欲しい時。40kmから70kmくらいまで一気に速度が欲しい時は、
残念ながらエンジン音は大きくなり頑張っている感はあるのですが、なかなか早くなりません。(笑
マニュアルモードで試せば、少しは改善されますが、レヴォーグに乗り慣れている身としては不満がありました。

クルマにとって走行条件が厳しい場面(連続する上り、高速合流、など)では、
more power! と高い確率でなるはずです。
※ここは、FA20エンジン搭載モデルも発売されているので、もう少し力が欲しい人はこっちを選択した方が良いですね。

平地の一般道、信号が沢山あって、ストップ&ゴーが多い場所では悠々と乗ることができると思いました。
SGPやサスペンションが良くできているので、走っていて本当に楽しく感じましたよ!

一番悪い印象を持ったのが、ブレーキ。
これは、どうしちまったんだスバルという感じです。
スバル車を初めて乗る方には違和感がないのだと思うのですが、乗り継いできたユーザーにとっては、
ちょっと踏んだだけで効くブレーキってどうなんだろう。
なんか、慣れるまでギクシャクしてしまいました。(笑
絶対に、効きすぎだと思います。


受け取った時のボディの汚れがすごいかった。。orz
噴霧用のポンプを使用して、水洗いし隅々までキレイにしました。
ホイールはやっていません。


これは、「クルマ返すときに満タンじゃなくていいですよ~」
と言われたので、お礼のつもりでキレイにしてあげました。


歩行者保護エアバッグも気になりました。
前車標準装備になっていくのでしょうね。


インパネ周り
MFDが横長になっていました。カラーもレヴォーグよりキレイですね。

インプレッサは新しいプラットフォームを用いて、歴代インプレッサの中でもボディサイズは大きくなりました。
しかし、SGPのおかげでボディサイズをドライバーに感じさせない滑らかな動き。そして186cmの私がシートに座っても余裕があります。
昔のインプレッサを知っている方も大きく進化したなぁ と感じるはずです。

試乗が遅れ、なにを今更と言われそうですが、そう感じました。

いやぁ、楽しかった。

さきほど、車検が終わったレヴォーグを引き取りに行ってきました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

レヴォーグ2.0Lの燃費を意識した走り方

2017-06-16 20:36:18 | LEVORG



ここ2週間ばかり、用事があってレヴォーグで実家の往復を何度かしました。
さすがに慣れた道を何度も走ると、運転が面倒くさく、あまり楽しくありません。(笑

それで、高速道や一般道をどうやったら高燃費で走ることができるのか実験してみました。

「オートクルーズコントロール」+「Iモード」での普通の走りが高燃費をたたき出すことは分かっていたのですが、
ここは一つコンピューターに頼らず、自分の右足一本でやるにはどうしたらいいのか試してみました。

2.0Lは良く走ります。
出だしが遅いと感じることは皆無です。
そして、強く踏み込むとステップ変速になるので、更にグワーッと走り出します。
私は、この強く踏むというのがどうやら癖になっていて、普通に運転してもあまりよい燃費は出ません。(>_<)

「もっと、CVTを意識した走りをしないとダメだ。」そう思った次第です。

信号待ちなどで走り出すときに、
優しくアクセルを踏んで、1500rpmをずっと維持して走り出します。
そうすると、緩やかな発進にはなりますが、CVTですのでそのままの回転数を維持すると、スピードが徐々に上がってきます。
この時に、CVTの無段変速の動きを感じることもできます。

1000rpm ~ 2000rpmの間をずっと使うことによって、燃費がみるみる伸びます。
一般道路で、信号のストップ&ゴーがあっても13.0km/L近くは出るのではないでしょうか。

繰り返しますが、2000rpm以上は使ってはダメです。

かなりストレスを要する走りになりますが、燃費チャレンジをしていると思えば我慢できます。笑

2.0Lに乗られている方で、どうも燃費がイマイチー と感じてる方は、遊びと割り切って上記の乗り方を試してみてください。

きっと燃費が伸びますよ~


2.0Lも捨てたものではない! 笑

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

STI 折りたたみコンテナSが届いた!

2017-06-15 20:30:16 | LEVORG



諏訪湖合宿の前にSTIオンラインショップに頼んでおいた「折りたたみコンテナS」が月曜日に届きました。

折りたたんだ状態

平べったくレヴォーグに積んでおいてもジャマになりません。
黒いボックスにSTIのホワイトロゴが映えます!

組み上げた状態

底も深いので、さまざまなものが入りそうです。


「おまけ」がついていた。
2017 STI NBRチャレンジのファイルケース!

このファイルケースはA4サイズなのでボックスの大きさが分かると思います。


私は、このボックスにレンズを入れようと思いました。
※掃除道具や工具を入れても良いですね。

諏訪湖合宿でも、荷室にレンズをがさつに置いて、落としてしまいました。
このボックスに入れておけば、リヤゲートを開けても落ちることはないですね。

STIのトランクバックと合わせて使用することで、ゲートを開けたときにも目立ちます!。

STIが好きな人にとっては必需品ですね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

諏訪湖合宿 akのベストショット

2017-06-14 20:59:09 | LEVORG 走行会



今回の諏訪湖合宿で、私が撮影したベストショットを紹介します。
今回は、自分以外のレヴォーグの撮影にいそしんだので、自車のショットを探すのに苦労しました。

合宿の前日に、bbさんが気を利かしてくれて、akさん望遠専門ねー よろしく! と言ってきました。
私が100-400を購入したので撮りたがっているのを見越して気を回してくれました。(そう、思っとります。)

画像が小さいのはリンク付きのサムネイルになっているためです。
クリックすると、大きな画像が表示されます。
出来ればPCで見ていただけると。良く分かりると思います。

ボディ:EOS5D Mark IV
レンズ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

左から、bbw1150号、ぐっさん号、やし号、Daishi号、hase号、ak号の順です。
※スマホで見ると上下になっています。



撮影データは以下のとおり。

bbw1150号
Tv:1/1000
Av:5.6
露出補正:±0
ISO感度:125
焦点距離:263mm
ホワイトバランス:オート(雰囲気優先)
ピクチャースタイル:スタンダード


ぐっさん号
Tv:1/250
Av:9.0
露出補正:-1/3
ISO感度:250
焦点距離:125mm
ホワイトバランス:オート(雰囲気優先)
ピクチャースタイル:スタンダード


やし号
Tv:1/400
Av:6.3
露出補正:-1/3
ISO感度:125
焦点距離:263mm
ホワイトバランス:オート(雰囲気優先)
ピクチャースタイル:スタンダード


Daishi号
Tv:1/500
Av:8.0
露出補正:-1
ISO感度:160
焦点距離:135mm
ホワイトバランス:オート(雰囲気優先)
ピクチャースタイル:スタンダード


hase号
Tv:1/800
Av:5.6
露出補正:-1/3
ISO感度:125
焦点距離:263mm
ホワイトバランス:オート(雰囲気優先)
ピクチャースタイル:スタンダード


ak号
Tv:1/250
Av:10
露出補正:-1/3
ISO感度:125
焦点距離:320mm
ホワイトバランス:オート(雰囲気優先)
ピクチャースタイル:スタンダード


現像ソフトウェア:Canon DPP4


見てね!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加