ak days

SUBARU Cars/Photo/Hobby/MiniCar/News etc

NHK おはよう日本 ~人の“気持ち”が変えるものづくり!~

2017-02-22 22:43:18 | News



毎日、出社前にはNHKのおはよう日本を準備しながら見ています。
今日の特集ダイジェストで、「人の気持ちが変えるものづくり!」と題して、
マツダのクルマ作りの現場取材の放送を流していました。

どういうことかというと。

クルマのドライバーが運転していてどんな時に「わくわく感」 を感じるのか、見える化しようというものです。
その結果を商品にフィードバックしてユーザーに提供する。というもの。
将来的には、気持ちを見える化できるのであれば、ドライバーが疲れていたり、注意が散漫になっている状況をステアリングの脈拍センサーから読み取り、そんな時には自動運転に切り替える。
という事も可能であるとやっていました。(IoTの利用ですね。)

後半の部分は、他の自動車メーカーでも少なからず考えていることなので珍しくはないのですが、

さすが、マツダ!「人間中心の設計思想」や「人馬一体」といったテーゼは忠実に、
運転する楽しみはスポイルしない形でクルマの進化を考えているところに共感を覚えました。

同じように、スバルのアイサイトも、
私は最初にアイサイトを搭載しない、レガシィ、WRX STIに乗っていましたので、
アイサイトが着いたレヴォーグを最初に乗る時には。正直「嫌だなぁ」「要らないなぁ」と思っていました。
ところが、実際に運転してみると、ドライバーの動作に必要以上に介入しない、そして本当に危ない時には機能する。アイサイト 素晴らしいと改めて考えなおしました。

クルマの未来は、自動運転だの、AIの活用だの、IoTだの、便利になっていくのだと思いますが、
人間が本来感じる、「運転の喜び(操作して制御する)」は最後まで無くなって欲しくないです。

しかし、クルマに興味がない、運転しない若者も増えていますので、
「そんなこたぁ。どうでもいいよ。」、「楽に目的地まで着ければ」
という考えが多数を占めるようになってしまった場合には、クルマはツマラナイものになってしまうのかもしれません。

朝のニュースを見て、そんなことを考えながら電車に乗っていました。(笑



先週の土曜日にレヴォーグが戻ってきたので、日曜日にキレイにしました。

1.鏡のようにキレイです。

2.タイヤの周りが濡れているのは、ホイールハウスをキレイにしたから。

3.タイヤは常にきれいに。おしゃれは足元からです。

4.エンブレムはシュアラスターのWAXで磨きます

5.リヤサイドアンダースポイラーの上に赤いラインテープを貼ってみた。

6.この部分はジーンズなどで擦れますね。ランバーサポートがしっかりしているので仕方がないです。
本革クリーナーをたっぷり使って、メンテナンスすればこの状態を維持できます。

Enjoy LEVORG Driving!8 の準備はできたぜぇ~ (えっ、まだ早い。。。)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

EOS5D MarkIV も 操作性アップ!

2017-02-19 15:08:03 | Photo

午前中時間をかけてレヴォーグの掃除とチェック!

CANONのカメラに移行してからは、購入しても使わなかったアクセサリ。
バッテリーグリップ(縦位置グリップ)
縦位置での操作性がアップするので、フイルム時代のミノルタαでは、
α-9xi、α-707si、α-9 に装備して使用していました。

ニコンとキヤノンのフラグシップ機には、後付けではなく最初から縦位置グリップが着いた形状をしています。
bbさんとKENKENさんのカメラを見る度に「あぁーやっぱりいいなぁ」と思っていたことはナイショです。

デメリットはカメラのボディがさらに大きくなる。という部分でしょうか。
さらに値段も、、キヤノンの縦位置グリップは最初1万円台から始まったと思うのですが、
5D4の物は、定価33,000円(税込み)です。
高いですよねぇ。。。

しくわし、昨日、息子とドライブがてら、ヨドバシカメラ本店に行って、
買ってしまいましたよ。
お値段は2万8000円でした。(ポイントを半分使いました。)

BG-E20

じゃーん
化粧箱

前面


背面


本体に装着したところ 前面

本体に装着したところ 背面

LOCK のダイヤルが見えるのがなんですが。(笑
やっぱりカッコいい。本日試しにレヴォーグを撮影してみましたが使いやすかった。

これで、おいらのカメラボディもでっかく!なりました。(笑
遠目からでは見分けがつかないですよね。

じゃんじゃん撮りまくろう! 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

LEVORG CVTオイル漏れ修理完了

2017-02-18 18:02:24 | LEVORG



今日は先週の日曜日にCVTのオイル漏れでディーラーに預けていたレヴォーグを引き取りに行ってきました。
平日はクルマに乗ることが無いので、代車は必要なし。
息子と二人で、バス→電車→電車→バス と乗り継いでプチ旅行。
先週に引き続き電車、バスの旅は楽しかったです。

復習になりますが、前回の補修作業の内容は、

LEVORG ディーラーからの連絡 2016-04-07

で対応いただいたのですが、再び同じ部位からのオイル漏れ。

修理したはずの部分からオイル漏れを起こしているので、作業の内容を教えてもらいました。
上記のページのオイル漏れを起こしている写真を見ると、
シャフトの周りがいくつかのブロックになっているのが分かります。
前回オイル漏れを起こしている部位のシールをし直すことで対応したのだが、
実は、いくつかのブロックのがボルトの共締めになっていて、その部分を緩めたため、
そこの処理が悪く、オイル漏れを起こしてたとのこと。

今回の納品請求明細には、シール材をたくさん使っているのが分かります。
全部のブロックのシール材を交換して対応したそうです。

なんだか、良く分かったような分からないような感じはしましたが、(笑
サービス担当の方からは、「もう大丈夫です!」という言葉を頂いたのでオイル漏れは直ったのでしょう。。。(∩´∀`)∩

帰りはもちろんレヴォーグで帰ってきたのですが、
首都高を息子と二人で回ってきました。
息子は寝てしまいましたが、何となく音が小さくなってスムースに動いている感じがしたのは気のせいでしょうか。。

今後も注意深く見守っていくつもりなので、対応が済んで少し安心しました。

お漏らしレヴォーグなんで嫌だし。;つД`)


東京では、昨日「春一番」が吹きました。
どのクルマもホコリで汚れていましたが、ネオプラスを施工してもらいピカピカに仕上げてもらいました。 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Enjoy LEVORG Driving! 8 開催のお知らせ

2017-02-16 22:29:24 | LEVORG 走行会



2017/2/19 14:40
参加台数が11台予定となったため、締め切らせて頂きます。
参加される方には、個別に連絡していますのでよろしくお願いいたします。

2017/2/17追記
現在までに3名の方の参加申し込みを受付いたしました。
ありがとうございます!
まだ、受付中です~
 

---------------------------------------------------------------
こんばんは。

本日は、Enjoy LEVORG Driving! 8 開催の案内です。

レヴォーグにお乗りの方で、私のブログをご覧になってる方、

早春の休日のひと時、レヴォーグでの楽しいドライブを仲間と一緒に楽しみませんか!

※関東に限るイベントです。
※一緒にドライブを楽しむ方 4名~5名 募集をいたします。
※激しく走るのが目的ではありません。(笑 他人、他車を思いやりながらドライブしましょう。
※お子さん、奥様、旦那様との参加ももちろん大歓迎です。 
※特定の場所に集まるのが目的ではなく、レヴォーグのドライブを楽しむことが目的です。 

開催予定は、来月の3月4日(土)を予定しています。

参加ご希望の方は、Enjoy LEVORG Driving!の詳細等について連絡を取りたいので、
--------------------------------------------------------
メールアドレス
ak_days_0915-levorg@yahoo.co.jp
に参加ご希望の旨とお名前(ハンドルネームと氏名)を記入してお送り下さい。
内容を確認させていただいた後、返信致します。
--------------------------------------------------------

上記にご連絡下さい。

すでに、会の催しについては、当ブログで紹介させていただいておりますので、
そちらを参考にして頂ければと思います。以下参考です。

LEVORG みんなで走るということ

大変申し訳ありませんが、
先着順とさせていただきます。


それでは、よろしくお願いいたします。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

LEVORG 1週間入院 ディーラー預け

2017-02-12 21:51:55 | LEVORG



あんこう鍋のツーリングから戻っても、当たり前ですがCVTからのオイル漏れの現象は続いています。
本日、ディーラーへ原因対策、修理のためにレヴォーグは1週間入庫になります。

いつもだったら、営業担当のSさんに入庫後自宅まで送ってもらうのですが、
Sさんは転勤していませんので、息子を、「バスに乗れるよ~」、「電車に乗れるよ~」と
言葉巧みに連れ出して、二人で出かけてきました。(笑

昨日より北風が強く寒かったのですが、2人でいろいろおしゃべりしながらの外出は久しぶりで楽しかったです。

ディーラーでは、
サービス担当のOさんに、やはり漏れていることを再度伝えました。 
「良く調べて、対応します。」とのことなので、委ねてみようと思いました。

来週は、レヴォーグを取りに行くので、その時に対策の方法や、今後の事も確認してみるつもりです。
大切に乗っているつもりなので、トラブルは残念で悲しいことですがきちんと直ることを期待したいです。

対応よろしくお願いいたします。

※息子は、どうしてSさんいないのぉ~ と残念がっていました。


;つД`) 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

LEVORG 城南島海浜公園

2017-02-11 20:31:38 | LEVORG

関東地方は風もなく、暖かい土曜日でした。

今日は、すでに注文して到着していた、KENKENさんとbbw1150さんの
SubiSpeed  Flappy Paddle Extensions
の取り付けの城南島海浜公園オフに出かけてきました。
スカイツリーもはっきりと! 気持ちいい!


KENKENさん Black
bbw1150さん Blue

今回は、自分の作業の経験を生かして、ビット交換式のトルクスドライバーを持っていたので、
時間もかからずに作業することができました。
パドルシフトがとても操作しやすくなったとお二人とも喜んでいました。(∩´∀`)∩

また、二人ともヒコーキが近いので写真撮影も楽しんでいました。
bbw1150さんの友達も参加して話が盛り上がっていました。(笑

400mm、800mmのデスラー砲、波動砲も飛び出し面白かったです。
こちらを見ていません。空のヒコーキを見ているのが分かりますね。 


ちょうとこんな感じで次から次へと旅客機が飛んできました。

この写真だけ、70-200mm

左側にはレインボーブリッジ、フジテレビの球体オブジェも見えています。

上記の1枚以外は、
VOIGTLANDER COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SL(マニュアル)
で撮影しました。
このレンズ、Photo YODOBASHIの実写レポートで作例が出ています。
引用
フォクトレンダーが提供してくれる嬉しい選択肢である超広角単焦点。
クッキリ・ハッキリといった全方位に優等生なレンズとは一線を画した趣のあるレンズで、開放で撮影すれば周辺光量不足からストンと落ち込み、「このトンネル効果をどう活かして撮影するか」なんてことを考えつつ、楽しみながら撮影するレンズでしょう。
描写傾向は開放からシャープであり、単焦点らしいキレを感じます。色のりが濃厚ということもあり、わりとアンダー目に撮影するとシリアスな面白い画を描いてくれます。
引用おしまい。


マニュアルフォーカスでの撮影も面白いですね。
広角レンズなので、絞ってあげればピントはそんなにシビアにはなりませんね。

パドルシフトの装着後、みなさんはヒコーキ撮影に出かけました。
私は、女房殿からの帰宅指令で帰ることに。

短い時間でしたが、お疲れ様でした。
 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Sea side LEVORG3 ~これで最後(笑~

2017-02-08 22:29:23 | LEVORG

あしたは雪が少し降るらしい

旅行中に四人で撮影した写真の枚数はもしかしたら1000枚近いかもしれません。
たろいもさんから、写真を入手することができたので、最後紹介になります!

レヴォーグを毎回毎回、こんな風にカメラで撮影しているので、
「飽きないのか!」と言われそうですが、
「飽きねぇ。!」「まだまだカッコよく撮れるぜぇ!」というのが我々カメラマンの心意気。
「えっ」そう思っているのアンタだけだよ。って言われるかもしれません。(笑

1.ギャラクシーブルー3台、真ん中に主役のたろいも号をはさんで
もともとこの3台は、私のブログを見て最初の走行会に参加した方達です。
もう2年前になりましたが、最初は5台(青4台、黒1台)でした(笑
当時はレヴォーグの個体自体がとても少なく、注目を浴びました。(ギャラクシー1台足りないのが、とても残念。;つД`)

2.Sea side LEVORG2 ~みなさんの作品~ で1枚目の写真を撮影しているbbw1150さん
この時に、逆光 と聞いてすぐに反応していれば自分でも撮影できたのに。。とても残念

3.こんな海辺の駐車場でした。
撮影場所の海辺の駐車場はたろいもさんが散歩で見つけてきてくれました。
日曜日はこの後、お天気が悪くなるのですが、朝のこの時点では写真の通り晴れていました。
とても気持ちの良い場所でした。

4.毎回食事の時は、いい大人がカメラを構えて食べる前に写真を撮影するのが儀式になっています。(笑
bbさん、必殺のマクロレンズ!( `ー´)ノ

5.たろいもさんこんなアングルで撮影するなんて。あんたすげーよ。
私のお気に入りの1枚になりました。どうもありがとうございます!

6.これはbbw1150さん撮影、逆光シリーズのak号
反逆光ですが。なんとも素敵な一枚です。

7.最後は自分で撮影したレヴォーグ。波けしブロックに降りて、下から撮影。
なかなか、精かんに撮影することができました。


haseさん、bbw1150さん、たろいもさん、写真の提供ありがとうございました。
気に入ったものを印刷して、部屋に飾ってあります。

おしまい! 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Sea side LEVORG2 ~みなさんの作品~

2017-02-06 19:28:18 | LEVORG

本日2本目の投稿
LEVORG 心の癒し グルメと撮影の旅
あんこう鍋 と カニピラフの写真を旨そうな方に差し替えしました。(笑

昨日の旅が終わって、皆さん大量に撮影した写真を共有ドライブにアップしてくれています。
言葉はいらないです。旅の雰囲気とレヴォーグ撮影の楽しさが伝われば幸いです。

bbw1150さんの作品
完全にヤラレました。自分は逆光にならないように順光での写真を撮影していましたが海のキラキラがイメージを湧き立てます。
さすが、沢山の引き出しを持った、百戦錬磨の貫禄十分です。
今日から「御屋形様」と敬意をこめて呼びたいと(勝手に)思いました。

1.
bbw1150さんのレヴォーグ

2.
haseさんのレヴォーグ

3.
たろいもさんのレヴォーグ

4.
良い写真ですね~

5.
たろいもさん。ここまでやれるなんてどんだけ楽しんでいるのでしょうか。(笑
みんな自分のクルマが大好きなんだねぇ~(我が女房 談)

6.
4台並べてリヤからの撮影


haseさんの作品
構図が上手なのと、クルマ以外にもスナップしているのが旅の楽しさが伝わってきます。

1.
漁船の巨大な巻き取りアームと網が港での撮影の雰囲気を出しています。

2.
別の角度から

3.
bbw1150さんをリヤから(笑
大人なのに滑り台で遊んでいるよ~

4.
大人なのに、霞ケ浦で水切り遊びしているよ~ (笑

楽しかった思い出が蘇ります。
※たろいもさん、作品お待ちしております。 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Sea side LEVORG

2017-02-06 17:31:00 | LEVORG



さて、昨日は旅行先で朝食後、チェックアウトまでに時間の余裕があったので、
宿でのんびりしていると、たろいもさんが「海まで散歩に行ってきます。」と出かけていきました。
しばらくして、汗だくで戻ってくると(笑 
「大変です! 目の前が海の駐車場を見つけました。」
「人もクルマもいないので撮影スポットにピッタリですぅ~」
おぉ!こうしちゃいられない。
皆ですぐに荷物をまとめて宿を後に、撮影スポットに向かいました。

1時間程度撮影を楽しみ。素敵な写真が沢山撮れて皆も大喜び。

その中のワタシが撮影したものを紹介します。

ちなみ、撮影のコンディションは。
晴れで光量が十分にあり、太平洋側の海の朝なので太陽は海から照り付ける状態。
明るい部分、暗い部分どちらかに引っ張られて露出が大変難しい状態でした。
RAWで撮影、Lightroom、DPP4での現像、ハイライト、シャドウのパラメータを操作して現像しています。
一部はLightroomの段階フィルタも使っています。

1.
たろいもさんのレヴォーグ。
波が波けしブロックにぶつかるタイミグでシャッターが切れました。
望遠レンズの引き寄せ効果で波しぶきがレヴォーグの近くで上がっているように見えます。
露出補正は-1/3ではボディが少し暗くなるので、シャドウ部を持ち上げて色を出しています。

EOS 5D mark IV
EF 70-300mm f/4-5.6 L IS USM
焦点距離:300mm
Tv:1/400
Av:6.3
露出補正:-1/3
ISO:100
ホワイトバランス:太陽光
ピクチャースタイル:オート

2.
bbw1150さんのレヴォーグ
ホワイトボディはとても難しい。
案の定、白さを出そうとして+1/3補正しましたが、白飛びの部分が出てしまっています。
現像するときに、白飛びをなくし諧調が残るようにしてあります。
後ろの崖は北茨城のジオフロントの特徴ですね。

EOS 5D mark IV
EF 70-300mm f/4-5.6 L IS USM
焦点距離:105mm
Tv:1/250
Av:7.1
露出補正:+1/3
ISO:100
ホワイトバランス:太陽光
ピクチャースタイル:オート

3.
ギャラクシーブルーが3台!
手前から,ak号、たろいも号、hase号
これも-1/3ではほんの少し暗い部分があるので色合いを調整。狙った通りのギャラクシーブルーの色
フロント部分が暗くなっているが、ライト部とアクセサリーライナーがアクセントになっています


EOS 5D mark IV
EF 70-300mm f/4-5.6 L IS USM
焦点距離:85mm
Tv:1/250
Av:8.0
露出補正:-1/3
ISO:100
ホワイトバランス:太陽光
ピクチャースタイル:オート

4.
ak号
写真の右上が露出オーバー
でもボディを大きく撮影したため。ボディ色中心に現像。赤る場所ギャラクシーブルーはこの色!

EOS 5D mark IV

EF 70-300mm f/4-5.6L IS USM
焦点距離:105mm
Tv:1/400
Av:4.5
露出補正:+2/3
ISO:100
ホワイトバランス:太陽光
ピクチャースタイル:オート

5.
hase号
正面から、空の諧調が残っています。
フロントアンダースポイラーはないけど、この造形も好きです。本来のレヴォーグ!

EOS 5D mark IV

EF 70-300mm f/4-5.6 L IS USM
焦点距離:166mm
Tv:1/400
Av:5.0
露出補正:+1
ISO:100
ホワイトバランス:太陽光
ピクチャースタイル:オート

6.
たろいもさんのレヴォーグ
Lightroomで現像。-1/3では空と海はキレイに撮影できるのですが、レヴォーグが小さい分暗くなってしまいます。
まず、シャドウ部を持ち上げて修正し空は段階フィルタでかすみを除去、明瞭度を上げて雲をはっきりと
この構図は結構気に入っています。

EOS 5D mark IV

EF 40mm f/2.8 STM
焦点距離:40mm
Tv:1/200
Av:11
露出補正:-1/3
ISO:100
ホワイトバランス:太陽光
ピクチャースタイル:オート

7.
haseさんのレヴォーグ
写真6と同じ設定。
bbさんが、空と海とギャラクシーブルーの対比と言っていた。
そんな感じに表現できるように操作してみました。

EOS 5D mark IV
EF 70-300mm f/4-5.6 L IS USM
焦点距離:70mm
Tv:1/400
Av:5.0
露出補正:+1
ISO:100
ホワイトバランス:太陽光
ピクチャースタイル:オート

8.
これだけ、海の写真じゃありませんー
bbw1150号
ホワイトボディは難しいけど、白飛びを押さえてフロントの造形が分かるように処理。
ほんのちょっと補正

EOS 5D mark IV

EF 70-300mm f/4-5.6 L IS USM
焦点距離:160mm
Tv:1/2000
Av:5.0
露出補正:±0
ISO:200
ホワイトバランス:オート(雰囲気優先)
ピクチャースタイル:オート

今回の旅では140ショットくらい撮影したのまだまだ沢山のストックがあります。
少しずつ現像して楽しめればと思っています。


平潟の海岸線で撮影していると、地元の御婦人が二人寄ってきて。
「まぁ 色が違うけど同じ車」とニコニコしながら話しかけてきました。
地元の漁業関係の方らしいです。
「みなさんは、独身の方ですか?」
「いいえ、全員既婚者で家族持ちです。」
「えっ!ずいぶん自由にしてらっしゃるので独身の方かと」思いました。
「笑」

そうです、今回の旅行に送り出してくれた家族に感謝ですね。
協力がなければ、我々はこんな楽しい思いはできませんでしたから。。

「はっ」とさせられました。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

LEVORG 心の癒し グルメと撮影の旅

2017-02-05 19:20:24 | LEVORG



自身の仕事がやっと片付いたので、心を癒すレヴォーグの撮影とグルメの旅に1泊2日に出かけてきた。
前年に「あんこう鍋」を食べ損ねた、たろいもさん、haseさんのリベンジも含めて。
参加者は4名、bbw1150さん、たろいもさん、haseさん、akです。

茨城出身の私は、
4年連続、魅力度ランキング全国47位!
という汚名を晴らすべく、練り練ったルート作成。

それでは、出発~!
※2日間の走行距離 トータル:471.1km 燃費:11.5km/L

レヴォーグ
あんこう鍋で新年会!(ちょっと遅いけど)
2月4日(土)~2月5日(日)

DAY1.
常磐高速道路
下り 守谷PA AM8:00 集合
今回は、ギャラクシーブルー3台、ホワイト1台というちょー偏った編成です。
集合時間8時だけど、7時前には全員集合~!
朝日を浴びる、出発前のレヴォーグ


※茨城は寒いので、当日の天気や温度を確認して、
※暖かい恰好ができるようにしておくと良いと思います。

土浦北IC 下りる

国道125号線へ

県道199号線へ右折

県道199号線走行(フルーツライン)

二本松交差点 右折

県道53号線走行

県道236号線へ左折
※フルーツラインを上っても良いが凍結もあり得るので安全な方を選択

県道236号線 「表筑波スカイライン」走行
↓  
途中の関東平野が見渡せる。駐車場で記念撮影。
天気は快晴!、2月とは思えない陽気。とても気持ち良かったです。
出だしは上々!




予定:「筑波山ロープウェイ」まで上る
※ところが残念なことに、今週のみロープウェイの点検で山頂まで上がることができませんでした。(笑
たろいもさんを除いて、山頂まで上る自身はない人たちなので、ほんのちょっと上ってみた。(笑


筑波山と言えば、ガマの油が有名。
こんな眺望でした!
駐車場を出るときに、おじさんから「スバルの会?」と聞かれたので、スバルの会と答えておきました。

県道236号線(来た道を走行)

風返し峠を県道42号線へ

県道42号線

県道14号線へ左折

県道14号線走行

直進 内町下交差点辺りから国道125号線へ変わる

土浦バイパスを300-400m過ぎたら左方向へ 右折

直進 亀城公園北辺りから国道354号線へ

下高津二丁目信号を右折

そのまま県道123号線へ左折

富士崎町信号を右折 香取方面へ

国道125号線へ

国道125号線を左折「国民宿舎水郷入口」して 土浦市霞ケ浦総合公園へ

昼食「レストハウス水郷」と写真撮影


茨城産のローズポークのとんかつ。ボリュームたっぷり。とても美味しかったです。

食後は、霞ケ浦を散策。とても気持ちいいです。

来た道を戻り 常磐自動車道 土浦北ICへ

常磐自動車道 水戸 いわき方面へ

途中PA SAで休憩

北茨城IC下りる
※宿までの先頭は任せてくれ!

北茨城の大津港で宿に入るまで時間があったので、港をバックに撮影会。


宿泊場所
温泉民宿 かね久
※宿には3時に入り、早速、ウェルカムビールと日本酒で夕食まで盛り上がります!

夕食は午後6時開始、メインはあんこう鍋、ヒラメの船盛も注文!

メインのあんこう鍋。今時期とても温まるおいしい鍋です。
あんこうじゃなくて、春菊にピントが合ってしまった。(笑
あんこうを全部食べた後に、ご飯を入れて雑炊にして食べました。激うま~ 
bbw1150さん 撮影(こっちの方がうまそう!です) 


ヒラメのお造り、これが新鮮で歯ごたえがあってうまい!

これから始まる食事に、テンションが上がる面々

部屋に帰ってから、飲み会が始まり、楽しい話は午前0時過ぎまで続きました。

「アジの開き」、「富士山で手をつないで寝た」、などなどの超絶面白い話を聞いて楽しかった。

【反省1】
私は、レヴォーグで皆さんと出かけるときには、前の日にほとんど寝ることができません。
当日は運転や、はしゃぎすぎて、宿に入ることには疲労困憊(寄る年波には勝てません。。。)
そこに、満腹とお酒が入れば自ずとはげしい睡魔に襲われます。
無口になり、無表情になり落ちてしまうことも。。。
けして、話を聞いていないわけではなく、夢見心地で話を聞いていたりします。
そうなると、自分でもつまらないので、なんとか頑張れる作戦を考えなければいけないと。。。
bbw1150さんが、宿についてから「寝るなら食事の時に起こします」と言ってくれました。
素直に言うこと聞いていれば良かったと今更ながらに。。
反省です。



DAY2.
宿出発! 9:30くらい
たろいもさんが海に朝の散歩で出かけて、人がほとんどいない海辺の駐車場を見つけてきて。
撮影に向かいました。
※ここでの撮影は、素晴らしい写真が撮れたので後日紹介いたします。
たろいもさん、ナイス!

サービスカット。haseさんのレヴォーグ。


常磐道 北茨城IC乗る

常磐自動車道

日立中央PA 休憩

休憩後 そのまま日立中央IC 下りる

日立中央IC入口 右折 県道36号線へ

県道36号線

県道349号線 手前を右折

中里トンネル北 右折

県道349号線

折橋交差点左折 国道461号線へ

国道461号線

※凍結などの安全を考慮して最初に案内した内容と
※違うコースになっています。

【反省2】
コース詳細図にはこう書いてあった。。。
ところが国道461号線は、車1台がやっと通れるくらいの道幅で、上り下りが激しい、楽しいワインディングでした。
今日は暖かったから道路凍結が無かったと思われます。
コース選定のミスですね。ゴメンナサイ。

袋田の滝
本当であればこの時期には、滝が全面凍結しているのですが、暖か日が続いたので、
部分的にしか凍結していませんでした。
結構有名な滝です。

袋田の滝 つりばし

袋田の滝 なんのお店だろう?

滝のそばのお店で昼食を取るはずでしたが、
メヒコのカニピラフが食べたいとのことで、団子を軽く食べて済ませ、メヒコへ向かいました。

国道461号線 地図の通り道なりに進む

小生瀬十字路 左折

国道461号線

袋田の滝 休憩 見学 昼食

県道324号線 右折

国道461号線

袋田の滝入口 左折 国道118号線へ

国道118号線 久慈川下りでいこう!

bbw1150さん 撮影 (こっちの方が旨そうです~笑) 

東水戸道路 水戸南インター 水戸 東京方面へ

常磐自動車道

友部SA  解散

お疲れ様でした。 


bbw1150さん、たろいもさん、haseさん、そして「魂」参加の方々。
今回も楽しい旅を本当にありがとうございました。
これを楽しみに、毎日頑張ってきたのですが、終わってしまい、いつものように魂の抜け殻状態です。
レヴォーグ仲間とおいしいものを食べて、長距離一緒に走って、話して。
こんな素敵な事はありません。

途中、LINE通話での「しりとり」楽しかったですね。(笑
ロッポンギ→ギロッポン のくだりは眠気も吹き飛ぶ勢いでした。
今日は、ゆっくりお休みください。 
 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加