古いパソコンを廃棄処分する

私は今まで、使わなくなったパソコンは、人さまに上げるか、有料でメーカーに引き取って貰っていました。今回処分したいパソコンは、2011年6月に購入した Windows7 初期のもので、少しの違いで、下取り価格が有りません。そこで、初めて廃棄処分にしたので、その方法を記録しておきます。

まずメーカーであるNECのリサイクル担当に電話をして、廃棄処分を依頼しました。そこで機種や型番を告げて、無料引き取りであることを確認しました。機体の何処かに「PCリサイクル」のマークがあるものが無料です。私の場合は、パソコンの裏、型番標示の横に、このマークが付いていました。

申込みをしてから、1週間以内に払込票が郵送されて来ます。そこに記載された番号に引取り依頼の電話するか、自身で近くの郵便局に持参するか、を選びます、ただし、自分で梱包して「エコゆうパック伝票」を添付するように、ということです。梱包の方法は、厚手のビニール袋を2~3枚重ねるかダンボール箱を使い、その大きさは縦・横・高さ合計が 1.7 メートル以内という制限があります。

私は、こんな手頃のダンボールやビニールも無いので、少し大きいヨドバシカメラの紙袋に入れて、近くの郵便局にぶら下げていきました。幸いなことに、窓口の女性局員がこの処理をよく知っていて、そのまま受け付けてくれました。その上、伝票の裏にあった「ご依頼主控」に郵便局の受付印を押して返してくれました。今回は、結果的に梱包の手間も省け、郵便局に持参が正解でした。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エクスプローラーの起動時に「PC」を標示させる

エクスプローラーを起動すると、標準の設定では「クイックアクセス」が標示されます。しかし私は、Dドライブをよく使う関係で、「PC」が中心になった方が便利です。そこで設定の変更を試行します。前にも一度ブログに掲出したように記憶しますが、今回必要に迫られ、再度掲出しておきます。まず、エクスプローラの画面で、「標示」タブから「オプション」をクリックします。

「フォルダーオプション」が標示されるので、「全般」タブの「エクスプローラで開く」のところが「クイックアクセス」になっているのを「PC」に変更して「OK」をクリックします。

これにより、エクスプローラーを起動したとき、「デバイスとドライブ」が標示されます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

回復ドライブを作成しておく

パソコンが少々具合が悪くなっても、起動さえしていれば、何とかなるものです。しかし起動しなくなっては、お手上げです。その時のために、「回復ドライブ」というのを作っておきます。先ず回復ドライブにする USB メモリー(16G以上)をパソコンに挿入し、タスクバー左部の検索窓に「回復」と入れて検索します。本来は「コントロールパネル」からいろいろするのですが、面倒なので、横着します。検索結果から「回復ドライブの作成」を選びます。

回復ドライブ作成のウィザードが開くので、「次へ」をクリックします。

 

次ぎの画面では、「使用可能なドライブ」欄に外付けした USB メモリーを入れます。私の場合は、そんなに大きい USB メモリーが無いので、外付けHDD を使いました。その場合には、他のファイルが消えてしまうので、注意を要します。

回復ドライブを作成すると、USB メモリー内に保存してあったファイルはすべて削除される点に注意、の画面が出ますが、「作成」をクリックします。

回復ドライブを作成中という画面で、相当長い時間がかかりますが、作成されます。

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

羽根木公園の梅

今日は風もなく、比較的温暖なので、松原教室の帰りに羽根木公園に回ってみました。まだ「梅まつり」の最中なのに、ウイークデイのため閑散、二つ店が開いていたけれど、客がいなくて困惑の様子です。梅の方も、咲いている木を探すのに苦労するほど、もう咲き終わっていました。まさに「お祭りの後」の感でした。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

民家園の座敷に飾られた雛人形

このところ、寒い日と暖かい日が交互に入れ替わるみたいで、気候が不安定です。明日は「春三番?」になるそうです。そんなことで、私の散歩も不規則になりましたが、今日は久しぶりに次太夫堀公園に行きました。ここの民家園では、季節になると、雛人形が飾られます。他にも幾つか雛人形が飾られる所がありますが、此処の場合は、3つの部屋に違ったひな壇が出来ているので、楽しめます。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

Googleフォトから写真を送る

友人や親戚などに写真を送る場合、メールに添付する方法が簡単で、普通はこれを常用しています。しかしこの方法には送る画像に限度があるし、最近の画像は大きくなっています。そこで最近はオンライン・ストレージというのを使っています。Dropbox、OneDriveなどの例です。同じことですが、このGoogleドライブで写真を送ることをやってみます。まず送る写真を選んで、「共有」ボタンをクリックします。

出てきた画面では「リンクを取得」を選びます。

写真を標示するための URL が標示されます。「コピー」をクリックすると URL がクリップボードにコピーされます。これを送付先のメールに貼り付けて送ります。

メールを貰った方は、送られた URL をクリックすれば写真が見られます。相手はグーグルアカウントを持っていなくても標示されます。グーグルアカウントを持っていれば、写真を追加したりアルバムを作ったり出来ます。

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

羽根木公園の梅まつり

西日本、特に山陰地方は大雪で苦しんでいるのに、東京は快晴です。日曜で朝寝坊をしたので、近くの羽根木公園に行ってみることにしました。何時もは野球、庭球、ジョキング、などスポーツ中心の公園なのに、梅まつりが始まっているので、観梅の人で一杯です。広い公園には、紅梅270本、白梅380本の計650本もあって、これから暫くは楽しめます。梅まつりは2月11日(土・祝)~3月5日(日)、場所は小田急線梅ヶ丘駅から歩いて直ぐです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Googleフォトに写真を保存する

Googleフォトには、1,600万画素までの画像なら、容量無制限に保存が出来ます。1,600万画素というのは、4対3の画像なら 4618✕3464 ピクセルですから、普通は充分の筈です。従って写真の保存場所としては便利です。いろいろ検索などでも便利な機能がありますが、まずこれに写真を入れることが先決です。普通は、ドラッグ&ドロップで入れますが、専用ソフトを使うと、自動的にアップロードが出来ます。それには先ず、Googleフォトの画面で、左上にある3本線の「メニュー」ボタンをクリックします。

出てきたメニューから「アプリのダウンロード」を選びます。

開く画面で「ダウンロード」をクリックして Google Photo Backup というソフトを入手します。

インストールすると、「Google Photo Backup」の風車マークが、タスクトレイに常駐します。これをクリックして「設定」を選びます。

設定の画面で、「外部メディアから次ぎの場所にも・・・」をオンにすると、SDカードなどからコピーもできるし、特定の指定したフォルダーの写真が自動的にコピーして保存されます。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

腫れ上がった空に富士山がくっきり

北海道や東北、北陸、上信越などでは吹雪や積雪が報じられています。これらの皆さんには申し訳けないのですが、東京の空は朝から晴れています。屋外は北風が強く、寒さは厳しいのですが、こういう日は富士山がクッキリとよく見えます。写真を撮ってきたので、掲出します。 私のブログは、遠い外国に居る人も見て下さるので、見慣れた姿だけれど掲出します。

富士を見た帰りに寄る公園の民家園で、長い竹竿の先に大きな竹の笊が乗せてあります。係の人に聞いてみると、「コト八日」といい、妖怪を防ぐおマジナイだそうです。私は初めて知ったことなので、貰った印刷物を少し転記してみます。

(コト八日の行事)地域によっては、2月8日と12月8日は「コト八日」とか「コト祭り」などと呼ばれる日で、団子や餅などを作って食べます。この日の特徴的な行事は、庭先や軒下などに、長い竿に取り付けた目籠(竹で編んだ目の多い籠)や笊などを揚げることです。伝承によれば、コト八日の日には、妖怪が村の家々を訪れるため、人々は目籠や笊を揚げて、妖怪が家の中に入ることを防ぐのだそうです。妖怪は目籠や笊の目の多さに驚いて逃げていくと云われています。(「あるじでえ」No.14 より)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

今年最初の桜

毎年、最初の桜は代々木公園に行くことにしていたのだけれど、今年は身体の不調で、出かけていく元気がありません。そんなとき、近くのいつも利用している駅の前にある整備された花壇に、河津桜が植えてあることを思い出しました。今日通りがかりに見ると、3分か4分咲きくらいでしょうか、「今年最初の桜」は、これで間に合わせることにして、写真を撮ってきました。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ