花 「これ一枚」

時折一枚をあっぷしています。

ヒガンバナ

2018-09-28 | Weblog

毎年秋の彼岸頃に咲くものと思っていたが
今年は8月の終わりには咲き始めていて
9月4日の台風21号襲来の翌日には近くの公園で
倒れた大木の傍ではもう咲いていた
咲き始めるのが早くなっていて温暖化を感じている

♪赤い花なら曼珠沙華 オランダ屋敷に雨が降る・・・有名な歌もあるが
この頃は「彼岸花」が一般的になっているような気がする

この花にも毒があって、モグラやネズミを防ぐために
稲田の回りの畔に植えられたと聞いている
ところがこの花の球根を何日も水にさらすと毒が抜けて
飢饉の際の非常食にもなったとも聞いている

燃えるような真っ赤な色できれいな花でありながら
どこか淋しく、この花の背負っている悲しさを感じる
私だけが感じることであろうか・・・
きれいさを保っているのも来週一杯位まででは・・

台風24号が日本に向かっている
災害列島にこれ以上の災害はいらないのに
人の力ではどうすることもできないこと
地理的に逃げられない運命なのか

 


タマスダレ

2018-09-26 | Weblog

濃い緑の細い茎の先に白い花をつける
花びらは6枚でそれぞれが重ならない明快な形

葉は肉厚で茎にも見間違える細さ
この茎と葉の様子をすだれ(簾)と見立てたらしく
簾の所々にタマ(白い花)を配した様子から付けられた名前らしい

夏から秋に咲く白い花に限られる
日中に咲いて夜は閉じるとあるが、こんなに開いていても閉じるのだろうか
一度見てみたいが、こんなに水平に開いているのも珍しいのでは

本によっては「ゼフィランサス」とされていたりする
どちらが本名なのか別名なのか本当のところは分かりにくい

奈良、葛城の道で

 


ススキ

2018-09-24 | Weblog

毎日聞いているラジオは
数日前から今日の満月について語っていたが
我が家では満月の日の行事は一つもない
お団子と満月とススキのイラストは雑誌などでよく見てきた

大阪で見える満月はマンションと電線と電柱に邪魔されて
絵になる写真にはならない
天気の条件も必要、今夜は良くないようで見える確率少ない

ススキも分厚い花の本に堂々と載っていたので
今日は奈良葛城で出合ったススキを一枚

補足、ほんとの満月になるのは25日に日付が変わってから・・・

 


イヌサフラン

2018-09-23 | Weblog

民家のすぐ傍の稲田のあぜ道の土手で見つけた
さて、なんと言う花だろうと
思いをめぐらしたがなかなか思い出せない
服部植物園で見たコルチカムでは?
写真は撮ったけど名前のわからない花は多い

帰宅後に花の本を開いて
記憶の隅にあった「コルチカム」を調べてみた
名前のコルチカムでは載っていなくて
「イヌサフラン」で見つけることが出来た
でも、多分という域を出ていない

もしイヌサフランであれば毒草で
花が終わって翌年の春から夏にかけて緑の葉をつける
それが「ぎょうじゃにんにくの葉」によく似ているので
毎年のように誤って食べる人が命を落としている
今年もあったそんなニュースを思い出している

 奈良、葛城の道で


ミヤギノハギ

2018-09-21 | Weblog

萩の葉は丸っぽい葉を記憶していた
葉は細長く先がとがっていた

これは萩ではないのかな?と思って調べてみた
宮城野は仙台市の東部にあった野で
「古今和歌集」から「奥の細道」にも
取り上げられている、らしい

ところが、ミヤギノハギは宮城野にはなかったようで
日本海側に生えるケハギの園芸品種で
江戸時代に改良された萩ということがわかった
種子はほとんどつけないらしい

花房が長く垂れ、萩らしい形で
ピンクの色もとてもきれい

琵琶湖々畔近くの 石山寺で

 

 


サワギキョウ

2018-09-13 | Weblog

 キキョウはよく知っているが
これでもキキョウ?、と言ってしまうぐらい
この沢桔梗はずいぶんとイメージが違う

花びらは深く五裂に分かれ
上方の二裂と下方の三裂に分離している
珍しい形で、花びらと書いたけど、花冠が正しいのかも

湿地を好んで生え、水を張った沼地などによく育つらしい
山野草を好む人はご存じらしいが、知る人は少ない
江戸時代には庶民にもよく好まれた山野草らしい
花期は 8月~10月で 秋の花といえる

花丈は1~1.5mぐらい
群れて咲いていれば目立つが、そうでなければ見過ごしそう

まれに白花もあり、種が変わるかもしれないが、
ベニバナサワギキョウもある

 


ムニンノボタン

2018-09-08 | Weblog

野牡丹はシコンノボタンに初めて出合った時
色と、雌しべや雄しべの形 に神秘性を感じたものだった
植物園以外では目にすることはあまりない

この「ムニンノボタン」は
小笠原諸島の父島のみに自生する
高さは1mぐらいの常緑低木、7~9月に白色の花を咲かせる
花弁が4枚(時に5枚の個体もある)

一時すべて絶えたものと思われていたが現在は200株程度生育しているらしい
しかし、国内希少野生動植物種に指定されている

「ムニン」とは・・と思って調べてもわからない
お聞きした植物園の方も分からないらしいので・・多分 無人では
京都府立植物園で

 


レンゲショウマ

2018-09-05 | Weblog

以前投稿の アワモリショウマ(泡盛升麻)とは
随分イメージが違う!
細く長い枝の先に一輪だけがぶら下がって咲いている

中学生の頃、もらい風呂の行き帰りに手にした記憶がある
片持ちタイプの提灯にも似ている形
でも、この形も、花の様子も、趣のある形で魅力的
花は小さく、花径は3~4cm
山野草ファンをひきつるける花の姿

升麻とは、漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ
花は下向きに咲く蓮に似ているからと蓮華が冠せられている

投稿を休んでいる内に一月が過ぎた
それでもまだ暑さの峠は越していない
もう少しであろうが、暑い!暑い!と言いながら過ごす事になりそう

 

 


カノコユリ

2018-07-30 | Weblog

淡いピンクに赤の斑点
鹿の子の柄が花に入る美しい花名
花びらが反り返っている形と雄しべ、雌しべの対比が
バランスの良い形で美しい
このような柄を見るとジンマシンが出る、と言われる人もあるが・・・

この形、朱赤に黒の斑点の入ったオニユリと同じで
色あいの違いでこんなにもイメージが変わる
花びらの周囲にわずかに配されている白色もいい

このデザイナーは”神様”ほんとうにすばらしい技

この美しさに魅せられたシーボルトは
球根をヨーロッパに持ち帰り美しさで人々を驚かせた

別名に「タキユリ」の名もあるが、正確にはカノコユリの変種
四国で「タキ」は崖の事、崖などで下垂状に咲く


余談ながら、ユリの仲間の球根は食用にもなり
葉の根元に出来る むかご も食べられるらしい
飢饉を救う食料 との記載もある
現に、お正月のおせちの「ゆり根」は有名

 


サクユリ

2018-07-28 | Weblog

伊豆八丈島等に自生し、八丈ユリの別名もある
花径はヤマユリと同じくらいに大きく20~30cm
花丈は見あげるほどの花もあり、2mを超える
ユリの仲間の中ではヤマユリと共に最大級の大きさ

白いサクユリはササユリと見間違えるほど
花名の表示をあわてて読むとササユリと見間違えるのも事実
あわてものの私などが陥りやすい

サクユリのような大きな花もちょっとした風が吹くと
ゆらゆらと”揺れる”この揺れるが訛って”ゆり”になったとも
根や茎が八重により重なる様子を「百合」とも表した

万葉時代の詩歌にも百合は登場している
「筑波嶺のさ百合の花の夜床にも愛しけ妹そ昼も愛しけ」
               「防人の 大舎人部千文」

初夏から初秋にかけて様々なユリが登場する
  過日に列挙したことがあるので今回は省略

 


ウケユリ

2018-07-26 | Weblog

今朝4時の気温は27℃、熱帯夜が続いている
昼間は35℃越えの暑さ、放送では命に危険のある暑さと評している
こう暑くては行動力も、気力も、投稿意欲も鈍ってしまう
毎日一万歩の予定も、7~8千歩と少なくして健康だけは保ちたい
今朝は昨夜の天神祭の花火客の残したゴミの散乱する道を毛馬橋まで歩く
今頃は大大掃除が行われている頃、明日はきれいになっている・・・?かな

昨年は芽吹き頃のウケユリを投稿しているが
今回は大きく育ったウケユリを一枚
人の顔ぐらいの高さで白い花が輝いて咲いていた

 


ヤマユリ(紅筋)

2018-07-18 | Weblog

ユリの仲間は数多い、その中でひときわ大きいのがヤマユリ
美しさを表す言葉の「豪華」というのがぴったり!
この紅筋は人の丈よりも高い位置で咲き、とても目立つ
赤っぽい色がどぎつさとともに見る人の足を止める

ヤマユリは日本原産で明治6(1873)年
オーストリアの万国博に展示され、ヨーロッパの人々は
その迫力に驚いた、と ものの本に記載されている
その翌々年から輸出が始まり、その量は2千万株に達したという
それらはほとんどが山採り品で、関東の人里から激減したらしい
この頃から自然の破壊が始まったようだ

ヨーロッパではヤマユリを元にして改良?が進み
最近逆輸入されている「カサブランカ」が作られている

紅筋の他に黄筋?とも言える黄色に赤の斑点のあるもの や
白地に赤の斑点のあるものなどがある

 

 


オカトラノオ

2018-06-26 | Weblog

日本各地の山野に自生すると書かれているが
山でなんどか目にした記憶がある、どんな名前かなと思いながら・・

白い小さな五弁花の集まり
放物線を描くように垂れた花の房は
虎の尻尾とは仰々しくも思え、犬の尻尾ぐらいの大きさ
この名前は江戸時代にはすでに「画本野山草」に記載があるらしい
当時は「虎尾草」と書いていた

梅雨でありながら、夕方近くまでは陽の射す暑い夏
明日の一日は曇り空の予報

 


ガーベラ

2018-06-25 | Weblog

ガーベラと言えば
燃えるような赤紅色系のイメージがあるが
このガーベラはパステル調のやさしいイメージで
ガーベラのイメージを変えてくれた
多品種の王様とも言われて、不思議でもない

ガーベラの原産は南アフリカで
日当たりを好み夏の花壇にも良く映える
このガーベラもそうに違いない

ガーベラは発見者のドイツ人の名前に由来するが
このガーベラは品種改良の末の新しい品種
詳しい品種名は
「カートホイール ストロベリー ツイスト」

ガーベラの日本での別名は「大千本槍」
春咲きも秋咲きもあり、年中花屋の店先を飾っている
花屋の店先で笑顔を振りまいている

 


バイカモ

2018-06-23 | Weblog

きれいな湧き水の流れているところにしか育たない
花径は10~15mm のとても小さな花
葉は細かい切れ込みが無数にあり、水の流れになびいているが
花は水上で開花

京都の植物園で長年の研究栽培の結果、見事に開花していた
何枚も撮ってみたがほとんどがピンボケ
来年も機会があればもっときれいに撮りたいもの

何年か前 伊吹山の帰路、醒井宿でこのバイカモに出合った
この時もピンボケの写真ばかり

湖西線の新旭駅の近くに針江というところがある
この時は雪のちらつく冬、6月にはバイカモが咲きますよと聞き
いつか行って見たいなと思いながらそのままになっている
バイカモに合えるチャンスはそんなにはない