Goo・ちょき・パーで、なに作ろう!

定年退職してしまいましたが、再任用でまだまだ老後の蓄えをしなくてはなりません。それでも悔いのない人生にしたいと思います。

鬼・般若の面完成!後篇~

2010年09月25日 11時29分10秒 | Weblog

前篇よりつづく~
2010年6月12日(土) 朝から一日~

さて~、避けては通れない、憂鬱な失敗部分の修復をしなければ
考えた挙句、裏から”当て木”をして、穴をふさぐことにしたそのため、貫通部分を同じ厚みの範囲で敢えて広げて、裏から木切れを当て、穴を模った。

  

鉛筆の線に沿って、面の皮?の厚さだけ浮き彫りにしていく。
何度も何度も穴にあてがい、形や浮彫の厚さを調整。
なんとか、穴にフット出来


  

表から見るとこんな感じ~表面の出っ張りを削って、なだらかに一体化を目指す
同じヒノキだが、色や木目がちょっと違う~
まあ、絆創膏を張った鬼さんと思えばいい

  

もうひとつ、mixiで笑われた原因が、この貧弱な角
限られた材の容積で角まで作るには、自ずとこの大きさになってしまっていたのだ
だから、いっそのこと切り取って、寄木づくりの角にすることで切断した。
切ってみると、可愛いニャンコの耳の大きさにすぎなかった


 

2010年6月13日(日) 朝から一日~

さ~て、帰省もせずに、鬼と格闘の週末
昨日の角の切断は、事前に角ぶり・枝ぶりの良い、ヒノキの枝打ちを見つけていたからこその”英断”だった。
実は同じような枝でも、太さや左右対称の枝ってそんなには無いもので、暗くなるまでかかって探し出していた物
これを手づくりのナイフで角らしく削り出していく
  
角の形が出来た所で、試しにあてがってみた
おおっ、立派な角
いろいろ角度を変えて、取り付けの向き・角度を調整~角の角度ひとつで、バイキンマンの触角みたいになってしまうので、一番怖いところで鉛筆で印を付けた

  

これは、先代の角を切り落とした所~新しく凛々しい角を受け入れる付け根部分を削り込む~
角が大きいので『ダボ(木製の支持棒)』を入れることにした

  
角と頭に穴を空け、ダボを突っ込み、木工ボンドで頭にガッチリ固定。

  

角が出来て一安心~歯と牙のお手入れに移る
サンドペーパーで大方は磨けるが、歯間はルーターで磨いた


  

歯も良く見れば、失敗部分~鼻の頭から、前歯歯列の真ん中を結ぶ”正中線”がずれている。まあ、いいか

 

2010年6月28日(月) 夕方~

口蹄疫防除に出た、代休
材が乾燥して来ると、ヒビも入って来る
それを隠す目的と小さな凸凹を均すために、との粉を塗った。

 

この頃から、仕上げはどうするか悩んでいた
デジカメで”ペイント”に取り込んで、色々色塗りしてみてシミュレーションをしてみるも、なんともしっくりいかない
ゲゲゲの女房』であってた、水木しげるのニューギニアかどこかの原住民のお面みたいになってしまう。


   

2010年7月9日(金) 夕方~

またまた土日に口蹄疫防除に出た代休で、久しぶりの帰省
『鬼は外~』の鬼がまさに帰って来た
前回の、との粉のふき取り作業を持ち帰り。
妻は家が埃っぽくなるので、大迷惑~レオちゃんだけがまとわりついて様子を見ていた。


 

目もと・歯間の隙間には行ったとの粉はナイフで掻きだし、シャープな陰影を取り戻した。

   


2010年9月18・19・20日(土日月)~

敬老の日もある連休となって、久しぶりの帰省。
2ヶ月以上も放置していたので、今度こそは完成させようと。『鬼は外~』の鬼が鬼と共に帰って来た。

妻が嫌がるので、駐車場の隅っこでシートを広げての作業。
完成の前に、気になっていた顎のエラの後ろの出っ張りをスッキリすることにした。



 

この切り出しナイフもノミも以前ブログで紹介した、マイ道具。鍛冶屋修行で
必要な物を作り、実際に使う~これ最高

    

陰影を強調するために、ガスバーナーで表面を焦がした。
う~ん、ただの煤けた鬼さんか?
  

結局、塗装は『オイルステインのオーク』に決めた。真黒も考えたが、木目が残った方が手づくり感が残るだろうとの考え。
おおっ、なんだか怖くなってきたぞ~

  
裏もちゃんと塗装。
正面から見ると、やっぱり、笑っている感じかな~作者の人柄が出るってか否定はしませんがこれは作品として、怖い鬼にしたかった


  

乾いたので、家の玄関先に掛けて、『魔除け』にするつもりだったが、『気色の悪るかけん、人吉に持って帰っての一言で、あえ無く『鬼は外~』となりました
そんな訳で、完成までに長くかかった鬼さんは、人吉で一緒に住む事になった~『ゼペットおじさんは内心、ピノキオのように鬼さんをかわいがり、末長く一緒に住んだとさ~めでたしめでたし


 

最後に、投票ボタン(熊本情報)を、『ポチッ!』とお願いします。 

お願いイイネなら、『熊本情報』をクリックして、投票して下さい。にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

 ランキングに参加中です。

現在 熊本県内 

~クリックして応援お願いします! 

コメント

鬼・般若の面完成!前篇~

2010年09月25日 10時13分54秒 | Weblog

2010年2月6日(土)午後~

半年以上も前に手掛けた『鬼の面』がやっと先日完成しました。
いうより、もう終止符を打った感じが正直なところ。
その長い製作(放置も含む)を紹介します。
直径約24cmの根に近い部分のヒノキの丸太~伐採が済んだ山道の脇には、アチコチに朽ちるまで捨て置かれていますが、大丈夫そうな物を選んで持って帰りました
  
チェーンソーで半割り簡単そうで、簡単ではないんですよ
ログハウス教室の成果か、真芯(マシン)通しで一刀両断~
さて、この日の為に何を彫るか考えていたのは『般若(鬼の面)』でした。
木材チョークの黒で、ざっと下書き半円柱にうまく収まるようです。
下の両角部分を削ぎ落し、顎に成形。


  
今度はちょっと気を遣う、額と眉、目の窪み部分~ここは慎重にソーを当てます。下書きは無くなるので勘が頼りです。削りすぎたらもう元には戻らないので、やや控えめです
それ以上は、このチェーンソーでは無理です。
カービングアート用の先の尖ったバーが欲しい所。
仕方なく、ノミの出番です

 

菜園の横の空き部屋の庭が作業場です。
チェーンソーとノミをとっかえひっかえしながら、耳・鼻・口・頭の形状を出していきますなんだか、切り出され放置されたモアイ像のよう

 

2010年4月24日(土)午後~

なんと2ヶ月以上も放置していました。その間何をしていたかと言うと~以前紹介した、イルカとタコに専念していました~鬼は外~(笑)。
4月の異動で、隣の空き部屋には人が住み始め、今までの様に勝手に庭先を使えなくなりました
さて、魂入れて彫らねばなりません。お手本は、ホームページから印刷した小っこい写真
頭の中で拡大コピーして、書き写します
貫通している空間は、口の中と、目の瞳です。やや、痛々しいのですが、省力の為電気ドリルで穴あけをしました。
実は、ドリルを垂直に入れるのは難しいんですよ


    

まあ、こんな感じで、目が入ったおかげで、『真面目に彫ってくれよ』と言われているような、鬼との対話が出来るようになりました。本当に喋りかけますから、他人が聞いていたらちょっとキモイかも(笑)
眼球は彫刻刀の出番です。球面は木目の癖が先走りして難しいです。良く切れるように研いでおき、先割れ、剥がれを防止するのも必要です。

  

だんだん、鋭い眼球らしくなってきました


2010年5月9日(日)午後~

ゴールデンウィーク明けの土曜日です。以前にも紹介した『枕木庭園づくり』をした疲れが出ていました
でも、気合を入れてやります。刃物を使う彫刻は気合を入れないと、本当に怪我の素なんです。
目じり・目がしらの窪みを入れて、眼球の立体感を出します。
ヒノキ材は乾くととても堅いので、作業前には水に浸して給水させておきます
鼻も難しいところです。美男の鼻でもないし、牙をむき出した時の鼻腔の盛り上がりの形にしたいのですが、ただのダンゴっ鼻との区別が付きません
牙の彫り出しはミスをしています。下あご・上あごの何処から生えているのか、口腔外科の知識が必要でした。もう少し内側から角度を持たせて、外に突き出すべきでした

  


2010年5月23日(日)午後~

今日は鼻の穴からです。彫りながらクシャミが出そうでもあるし、鼻血がでそうでもあります
材が薄くなると割れ・欠けの恐れもあるので、慎重に彫り進みます。

     
この日は雨だったのでしょうか?部屋の中にランチシートまで広げてやったようです。一人住まいだからなせる技?です(笑)
歯列も、面倒ですが、いい加減にはできません。タコの吸盤彫りに比べたら、なんてことないです。『記録して~A-1は、虫歯~』のDr.デンターの如く、一本一本彫刻刀を入れて行きます。

 

耳のお手本は、自分の耳です。(笑)
ですから、耳の穴あけ、内耳づくりのドリル穿孔は、痛々しい限りでした

  

結論~耳は失敗です。ラガーの耳の様に、頭に張り付いています。ダンボの耳の様に、もう少し角度を前に起こすべきでした。でも、材の幅が足りないのです。ヒノキの皮を剥いだ面が耳で、その曲面が耳の角度になってしまいました。
耳を立てるなら、顔幅を狭く~そしたら、目も口も鼻も全部変更~今さらそれは出来ない。

2010年6月5日(土) 朝から一日~

朝からピクニックに行くように、シートを広げて鬼さんの顔面成形手術開始。
『お鼻の穴をもう少し広げましょうね~』
 

『ハーイ、今度はお口を開いて~歯間ブラシで歯垢を取りますよ~』ってな具合で、鬼さんと対話しながら(完全独り言)ひたすら彫って行く。  

 

『ハ~イ、今度は、脳みその手術ですよ~頭に穴を空けて、脳みそを入れる空間を作りますよ~』っと、電気ドリルで頭骸骨の厚みを残すくらいに、ドンドン穴を連ねて行く。
ところが調子良くやっている時によく失敗はでるもの。右耳前にまで貫通させてしまったナイフの先が出てしまうほど完全に貫通

  
失敗に構ってはおられず、ともかくノミでドンドン穴を広げていく。お面だから、人の顔が入る大きさに広げるのが目標。

   

午後、木陰の下に場所移動。
鼻の穴も丸みを帯びて東洋人?らしい鼻腔になった


  

お面の裏の空間を綺麗に斫り(ハツリ)、目の穴・鼻の穴・口の穴・耳の穴~穴と言う穴を今度は裏から綺麗に仕上げた。手づくりナイフの切れ味は良くて、面白いように削れていく 

 

その夜は、鬼さんと対峙して晩酌相手にした。mixiでこの段階を公開したら、『全然、怖くない~』『笑っているようで、怖くない~』『作る人の人柄が出るのですか~』などと、気に入らないコメントだけ帰って来た 
 

後篇へ続く~

最後に、投票ボタン(熊本情報)を、『ポチッ!』とお願いします。 

 

お願いイイネなら、『熊本情報』をクリックして、投票して下さい。にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

 

 ランキングに参加中です。

現在 熊本県内 

~クリックして応援お願いします!

コメント

空き家活用:五木のお宿づくりを開催しました!

2010年09月13日 14時37分30秒 | Weblog

ここは熊本県五木村宮園集落~そこに築100年を超える空き家(2年前から)がありました

2010年9月11日~12日にかけて、ここを舞台に、空き家活用:五木のお宿づくりを開催しました
主催は、五木村物産館出荷協議会のみなさんです

写真は、4月に撮影したものですが、写っているのは所有者の岩本さんで、会長でもあります。
 行事の狙いは、急峻な山奥の五木村にあって、道の駅に産品を集荷して客を待っているだけでは販売額は季節性で伸び悩む時期も有り、安定的に伸ばすためには顧客誘致~ひいては”五木村の魅力づくり”で、観光時期のみではなく自発的に遊びに来る来村者を増やす活動が必要~その為には通過型ではなく、宿泊型でしかも出来るだけ安価で泊れる施設が必要!それで、『空き家活用のお宿づくり』となった訳で、早くから計画をしていました


広さは約31坪の平屋建て。柱や敷居は虫食いも有りますが、母屋の強度はまだしっかりしています。

玄関の板は、『栗の木の黒(墨入り)』で、高級な板材です


外には2階建ての納屋があり、明治時代からの農具や、生活用品があります。

さて、この行事への参加募集は、1ヶ月以上前から五木村ファンクラブや五木村研究会の会員へ呼びかけました。

いろいろ忙しい中にも県内外から7人の侍 ( く ノ 一 も3人 )が集まってくれました。そのうちの一人、森kさんは遥々東京から自費で早朝4時起きで飛んで来てくれました(感謝)。



こちらは、頼もしい7人の侍をもてなす出荷協議会の役員や宮園集落に近い協議会の方々です。奥さん方は、お昼から夜の懇親会準備に取り掛かって貰いました。(感謝)




岩本会長のご挨拶です。『ようこそ、遠い五木村までいらっしゃいました~みなさんのご協力で~空き家を活用して、いつでも泊れて、集落の人とも懇親をしてもらいたいと思います。~』



当日は天気が良くて、暑かったのですが、ここは北公民館前の広場~太閤秀吉の朝鮮出兵からの持ち帰りと言われる『県指定天然記念物:宮園の大イチョウ』~推定500年以上の木陰の下での、出迎えでした
(ただし写真は4月頃のものです

 


徒歩3分で空き家へ移動~先ずは母屋周りの状況を観察してもらいました。古くなっていてる板壁・土壁・トタン張り~あからさまに見てもらいました。



畳の痛みが激しく、あらかじめ剥いでいた、板張りの様子です。
右のタオル掛けのおじさんは協議会員でもある、大工の上村さん。参加者の要望を黙って聞いています。



みんながこぞって想像を膨らませた『囲炉裏』です。『ここに炭火を熾して、やかんをかけお湯を沸かして、焼酎をクイッと飲む~』
『高さは、30cm・板幅は20cmくらいで、お皿やコップが乗せられるようにしたい』『換気扇をこっちの裏壁側の上に取り付けなきゃ~』
『床板がブカブカだから、合板を張って、杉材の安い板で良いから、敷居と同じ高さにフラットにする~』などなど、具体的な完成図が参加者の頭には浮かんでいます。




ここは、仏壇があったところ~『仏壇は要らないから、ここは荷物置き?棒を渡して、ハンガーかけての洋服掛けかな


『この照明は、新しいけど、やっぱりランプシェードみたいなアンティークな傘付きがいいかな』
みんな、思い思いに感じた事を配布した見取り図に書き込んで行きます




これは、西側の見晴らしの良い1畳の板間からの風景です。川向うは西谷集落です。『ここは、眺めが良いから、ロッキングチェアーを置いてのんびりしたいわ~



さて、見学会の後はお掃除です
障子はすぐに破れるほど脆くなっていましたので、全部張り替える事にしました。一部の意見では、黄ばんでいた方が味がある~というのも有りましたが、スプレー部隊との連携が悪く、結局全部剥いでしまいました(笑)



外では、古い糊の塊や桟の汚れの拭き掃除です。
何十回と塗り固めた糊はなかなか取れません
窓は今ではほとんど見られない木枠入りのガラスで、擦りガラスの絵が描かれています。今ではほとんど見られない板ガラスです。
木枠も不安定で、外れたために誰かが数枚割ってしまいました



こちらは薪焚きの釜で、熊本市内から来られた吉田さんに頼んで綺麗にしてもらいました。
煙突が無いので、どこからか見つけてこなければなりません。



トイレに向かう壁の取り壊しです。トイレに行くためにはいちいち風呂場に入らなければならず、壁を壊す事を計画していました。



天井と壁は、もっとも安いべニア板で張ってあり、すでに接着が剥げて、ひらひらと風にめくれる状態でした。でも、まさか剥いでしまうとは思いもよりませんでした
『修復代も無いのに、そんなに壊して果たして張れるの』そんな資金的不安が先立ちました




まるで、『ビフォアー・アフター』の番組みたいに、ドサーッと天井板が落とされ、何十年分の埃が舞い上がります
『はたして、アフターの姿はいつになったら完成するでしょうか?(笑)』




さて、埃や汗まみれになりながらも誰一人文句は言いませんでした。
素晴らしい参加者の人たちです
4時まで作業をして、参加者は一同、五木温泉に汗を流しに行きました。

同じころ、北公民館や、宿泊の老人いこいの家では、協議会の奥さん方が汗だくのもてなし料理を準備していました。




今日の為に、さかのぼる事3日前に、『もてなし料理』の打ち合わせ会議もやっていました。
『メニューは何・誰が何を作る・入れる具材は?自家産材料は?購入材料は?』
検討項目が多くてどうなる事やらと心配しましたが、村の行事等でも慣れたもので、奥さん方の経験と連係プレーで、時間までに間に合わせてもらいました。



煮しめ担当の冨永さん(左:ピンクのエプロン)。前日の内から自宅で仕込み、味を染み込ませての持参です。
副会長の犬童さんは、天ぷらの盛り付けを手伝っています。


酢の物担当の鶴崎さん~干しぜんまいや野菜など地元産の材料での酢の物は、すぐに完食されました。


煮しめ・セリの胡麻和え・五木豆腐での白和え~


五木産ソバ汁です。肉はイノシシ肉で、宮園区長で、猟師の椎葉さん(愛称:シイバジー)が差し入れてくれました。凄く美味しかったです



五木産野菜の天ぷらです~右のピンクのは、犬童さんご自慢の赤大根の酢の物です。


いよいよ本命の懇親会の開宴です。





岩本会長の労のねぎらいの挨拶の後~乾杯です~総勢20名のコップが一斉に鳴りました


一通り喉を潤した後~自己紹介の開始です
黄色いシャツのこの方が、東京から駆けつけてくれた森kさんです
熊本県とは何の縁も無く、五木の子守唄は知っているけど、ダムの事は知らない~五木村の事は銀座熊本館で知ったとの事で、今年初めて五木ファンクラブに入って、案内のチラシに目が止まって行ってみようと思い立ったとのこと。ありがたい参加者です





協議会の奥さん方も全員自己紹介~今、土屋さんの番です。たくさんの野菜を作られています。



楽しい懇親会の時間は、あっという間に過ぎてしまいます。後片付けも行いながら、テーブルも無くなって~やっとバンザイです。一本締めは尾方さんですが、注文の多いシイバジーが何やらわーわー言っています(笑)



バンザイした後も、やはりこの様なグループが出来るモノで、自動選別されて残った酒好きの輪が日が変わるまでありました。
ビール20本、焼酎3升呑みました。
ちなみに宿泊は、寝袋持参の雑魚寝でした




さて、朝が来て12日~朝ご飯は参加者での自炊としていましたが、殆ど昨夜の残りもので済みました。
それでも余ったもので、お昼のお弁当を作ろうとなって、タッパにおにぎり弁当を作りました。





12日の開始9時まで時間があったので、周辺(平野・西谷集落)の散策です
ちょうどコシヒカリも頭を垂れて来始めた頃です





この川は、今年も日本一に輝いた清流:川辺川です。
以下の写真は、別の日に撮っていたものですが、宮園集落を流れるものを紹介します。



どこもかしこも、癒しのリバーです。







さて、9時から2時間~コーディネーターの寺嶋さんにより、昨日の現場確認を踏まえての、実現に向けた検討会議を行いました。


協議会の奥さん方も一緒に聴いてもらいました。



参加者一人ずつ、自分なりの”改善要望”を述べてもらいました。
熊本市内から来られた椎葉さんは建設関係のお仕事で詳しく、専門的な意見を聞く事が出来ました。





次々に発表されるのを、次々に書き込んで行きます
用意した拡大コピーの見取り図はあっという間に、貴重な意見で埋め尽くされてしまいました。



ハード的な改善要望の後は、ソフト的な使用目的~運営方針~利用における約束事をまとめて行きました。
短い時間でそれらが完成した訳ではありませんが、これから実際の使用経験を積む中で徐々に充実していけば良いと思います


2日間に渡った、『五木のお宿づくり』の検討会は無事に終える事が出来ました
最後に、岩本会長のお礼と、今後とも一緒にやって行こうと言う挨拶をもって終了~解散~
協議会の人からの、思わぬお土産も頂いて、参加者は帰っていかれました。

参加者の皆さん、残暑厳しい暑い中での作業や夜遅くまでの懇親会~お疲れさまでした
またのお越しをお待ちします



ちなみに、第1号の宿泊予約は、11月5日(6~7日の子守唄祭りの前泊)で既に一人入っております

最後に、投票ボタン(熊本情報)を、『ポチッ!』とお願いします。 

お願いイイネなら、『熊本情報』をクリックして、投票して下さい。にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 熊本情報へ

 ランキングに参加中です。

現在 熊本県内 

~クリックして応援お願いします! 

コメント (4)

counter

無料・カウンター
Today:

Yesterday:


出会い出会い系出会い系結婚相談ライブチャット 無料