緑香庵通信

三軒茶屋から世田谷線で6分・松陰神社前のアロマテラピーサロン。

レコーディング更年期(レコーディング・ダイエットならぬ)

2008-10-12 10:00:00 | 女性の身体
巷ではレコーディング・ダイエットなるものが流行っているそうです。
私の身近でも実行中の方がおられますが、なんでも「記録するだけで痩せられる」とか。
実際は記録を始めてからのち、色々なノウハウがあるようなのですが、
何しろまずは記録して実態を把握することが大事なはじめの一歩
ということのようです。
このレコーディング・ダイエットの考え方、実は更年期にも応用が出来ます。
何をレコーディング(記録)するのか。それはずばり「基礎体温」。
このブログでも何度か書いておりますが、
基礎体温は自分の身体が今どの周期にあるのかを知るもっとも簡単な方法です。
古典的ですが、非常に有効です。

■ 卵巣よ「おつかれさま」
まずはおさらい。
女性の身体は、3種類の周期を繰り返しています。
「月経の時期」「月経から排卵まで」「排卵から次の月経まで」の3つです。
これらをそれぞれA期、B期、C期と呼んでいます。
リズム
それぞれの時期に、そのときの身体に即したホルモンが分泌され、
身体全体がそれに従って変化しています。
つまり身体は大きなリズム(例えば28日周期の)を刻んでいます。

これが更年期にさしかかるとどうなるか。
まず卵巣の機能が衰えるので、卵巣で作られる「エストロゲン」が不足し、
さらに排卵がスムーズに起こらなくなります。
つまり約40年間毎月排卵してきた卵巣が、その機能を終える
のに要する時間が「更年期」の実態です。

■ 変拍子が入ってくる、テンポが落ちてくる
更年期以前のノーマルな状態では
排卵へと向かうはずのB期には、
「エストロゲンを出せ」「排卵をおこせ」という命令ホルモンが
脳から出され、卵巣ではせっせとエストロゲンが作られます。
このB期は体温が低い時期です。
そして、排卵が起これば体温は一気に上がります。
つづくC期は卵巣でプロゲステロンというホルモンがたくさん出て、
体温を高く保つなど妊娠にそなえた身体作りが行なわれます。
この高温期が2週間ほど続いた後、卵が受精していなければ、
A期すなわち月経となります。

以上がノーマルのリズムですが、
排卵がスムーズに起こらない場合、色々なパターン(変拍子)があり得ます。
何度も何度も「排卵要請」が出されたあげく、
予想できないタイミングで排卵が起きたり(シンコペーション)、
ちょうど「一回とばす」計算で翌月の排卵予定の頃に排卵がおきたり、
まったく排卵の気配すらなかったり・・・。
更年期では、排卵のタイミングが徐々にまばらになって行き(リタルダンド
しまいに全く排卵が起こらなくなっていくようです
(音楽に例えてみました)。

■ 基礎体温で「見える」
具体的なパターンは個人個人まったく違うので一概にまとめられないのですが、
とにかく基礎体温さえ計っておけば、排卵が起こったか起こらないかは把握できます。

ポンと体温が上がってしばらく高温期が続けば、排卵があったと見て間違いないでしょう。
そうであればその後のC期にふさわしい対処法というのがあります。
なかなか体温が上がってこなければ、
「あーこれは排卵が起こらず、身体も困っておるのだな」と予想がつきます。
当然、脳からは激しい「排卵要請」が来ているはずですし、
卵巣もそれに応えようと努力しているはずですし、
もしかしたら副腎もいっしょに頑張っているかもしれません(エストロゲンは副腎でも作られる)。

基礎体温を測っていれば、こういった一見予想不可能な体調の変動にも納得がいったりします。
B期に必要なエストロゲンを補うタイプのサプリメントをとってみようか、
それともC期に出てくるプロゲステロンの材料に成る山芋を食べてみようか、
アクティブに過ごしたらいいのか、ゆったりとした方がいいのか、
今、自分がどの時期に居るか分れば、対処法が見えてきます。
また、これといった手だてがないように見えるときでも、
今はそういう時期だからしかたないのねと、心穏やかにいることができます。

人は普段理性によって大きく支配されています。
更年期は女性にとって人生3度目のホルモンの嵐、
野生からのメッセージに揺り動かされる時期です。
知って、理解して、納得して、身体まるごと同調することで、
翻弄されずに過ごすことが可能になるのではないかと思います。

■ 全ての女性にオススメします
方法は簡単。
枕元に基礎体温計とメモとペンを置いておき、朝目覚めたら、
起き上がる前にまず体温計をくわえること。
そして、なぐり書きで良いからメモすること。これだけです。

きれいにグラフにしようとか考えなくて良いです。
(したい人は是非してください)
記録さえとっておけば、後からいくらでも検討できます。
データがたまってくれば自分の身体が見えてきますよ。
もし、医療機関を受診する必要が出来た時にも貴重な資料になります。

実はこの方法、更年期に限らず全ての女性にお勧めしたい。
最近はプチ更年期なる若年性更年期障害というものも増えているそうです。
20代~30代でも、気づかないうちに卵巣機能が衰え、
更年期に似た症状が出てくる人が大勢いるとか。
現代に暮らすということは、生き物としての自然を殺さなければやっていけない
ことが原因でしょうか。
そんな方にも、身体の言い分をキャッチする方法を、どうか手に入れて欲しいと思うのです。

ただねえ、面倒だよね。それは分ります。
でもまあ習慣にしてしまえば意外とできますよ。
それに、とにかく役に立つのよ。

それから、体温計メーカーの方に切にお願いします。
簡単に計れて、直ぐに計れて、しかも、もしも口にくわえたまま2度寝しちゃっても
危険が無い体温計を是非作ってください。
できれば、メモリー機能みたいなのも付いてるといいよね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 老いについて | トップ | 面白いぞ! イグノーベル賞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

女性の身体」カテゴリの最新記事