緑香庵通信

三軒茶屋から世田谷線で6分・松陰神社前のアロマテラピーサロン。

精油あれこれ・第4回:サンダルウッド

2007-10-31 10:00:00 | 精油あれこれ
秋も深まって来ました。
ちょうど今頃になると何故か気になる精油がサンダルウッド。
夏の間はちょっと暑苦しくて苦手だった香りが、
空気が乾きだすとなんだかとても良い香りに感じられます。
サンダルウッドの湿り気を無意識に欲しているのかもしれません。
久々の「精油あれこれ」、今回はそのサンダルウッドです。
Sandalwood


■「サンダルウッドは双葉より芳し」
インドが有名な産地。
最近は乱獲による減少が危惧されて、インドでは政府の
コントロール下におかれているとか。
値段が上がるかもだの、手に入らなくなるかもだの、
粗悪品が出回るかもだのいろんな情報が飛び交っておりますね。
当たり前のことですが、植物たちの置かれる状況によって、
小さな精油瓶の中身は影響をうけます。
工場で合成できないものの宿命ですね。
サンダルウッドの精油は木の心材から蒸留されます。

日本では白檀(びゃくだん)という名前でお馴染みです。
「栴檀(せんだん)は双葉より芳し」という言葉の
栴檀とはこの白檀のこと。ややこしいですが
現在、一般的に栴檀と呼ばれている植物は別のものです。


■多機能なサンダルウッド
さて、このサンダルウッドの本質を捉える言葉として
何が適当なのか、悩みます。
なかなかに多機能な精油なのです。
古くから瞑想や、伝統あるインドの医学「アーユルヴェーダ」で
医療に使われて来ただけのことはあり、
ひとつにまとめるのはとても難しい。
が、やはり、その出自がポイントではないかと思います。
つまり、インドという気候風土、
そして葉や花ではなくその木の心材を用いるということ。

まず、暑いところに生まれた植物であることから、
どちらかというと冷やす、鎮める
という方向が得意。
心材を用いるということで、不動のイメージ。
生き生きとした変化よりも、変わらないコアを持ち味とするようです。
揮発の速度も大変ゆっくりです。穏やかにながーく香ります。
そして、これは風土というより文化にまで踏み込んでしまう
ことになるのでやや反則ではありますが、
清濁合わせ飲み、その上でより深い本質へ降りて行くとでも
申しましょうか…。
つまり、どちらかというとヨーロッパ的な二元論
「浄化=きれいにする=汚れを排除する」ではなく、
アジア的な「あれもありこれもあり」で全体を包み込んで、
さらに良き状態へと我々を導いてくれるのがサンダルウッドでは
ないかと個人的には感じているのです。
あー抽象的すぎる
ので、具体的に参りましょう。


■働く部位と働き
以下、いつも通り、医学的な効果を保証するものではありません。
使用する時は濃度に注意し、決して口に入れたりしないでください。

▼影響をおよぼす主な部位。
a. 精神・神経系
b. 腸
c. 泌尿器
d. 生殖器
e. 呼吸器
f. 皮膚

▼主な働き
1. 熱性の興奮状態・炎症を鎮める。

2. よどみ、澱(おり)を排泄する。
カタル性の疾患への働きかけが得意。
ジュニパーやサイプレスよりもっと
粘度の高いものをゆっくり押し流すカンジ。
かつ、流したあとも湿度は保存する。つまり保湿も果たす。
根こそぎ排除するのとは異なる。
結果として穏やかな収斂がおこる。

3. 消毒殺菌効果。どんな精油にもお馴染みの働き。
膿や病原菌を排泄すると考えても◯。

4. 強壮・回復


■効能のイメージ
上記をふまえて、「場所」と「働き」をかけ算すると
以下の効能がわかりやすいです。

<精神・神経系>
知性の暴走を止め、妄想的な不安を解消。
悪い考えがグルグル回るとき「今、ここ」へフォーカスし、
実感のある人生へと導く。
丹田に落ちる。エネルギー補充。
同じく心を鎮める精油にラベンダー、スイートマジョラムがあるが、
これらはフラットな状態へと調整。
対してサンダルウッドはより深い場所へ。
強力な鎮静効果は瞑想に◯。抗うつ効果がうたわれる一方で、
うつにNGという説も有り、症状によって考慮が必要。
神経系の興奮を鎮めるということで、座骨神経痛等にも使われる。
また自律神経の暴走を鎮め、月経前症候群や更年期障害などの
生殖器関連のホルモンバランス調整にも。
ジャスミン、ローズとのブレンドはエンジェルオイルとよばれ、
香水にもよく使われる他、精神世界とのコンタクトにも用いられるとか。

<腸>
熱と痛みを伴う消化器症状、つまり、下痢、胆嚢炎など。

<泌尿器>
膿みや分泌物を伴う膀胱炎・尿路感染など。柔らかな利尿作用。

<生殖器>
滞下、感染症。ホルモンバランス調整。

<呼吸器>
咽頭炎、声がれ、空咳。
芳香浴で吸入するもよし、薄めて胸や肩甲骨の間に塗布するもよし。
空咳にはフランキンセンス・ベンゾインも。
対してタンがからむ咳にはユーカリ、ローズマリー、ペパーミントを。

<皮膚>
ニキビ(毒素の排出)。乾燥肌・老化肌。皮膚の保湿と軟化
また、皮膚というより循環器ですが、血管に対する穏やかな収斂作用を
期待して静脈瘤にも。
あくまでも穏やかなので、血圧を気にするほどではなく、
年配の方にも使いやすい。

■ロマンスの秘薬(?)
ついでに。
サンダルウッドの催淫作用がよく言われますが、これについて。
サンダルウッドの特徴である強壮作用、これは一般的にも性的にも有効。
特に東洋医学的にいうところの「陽」を強壮すると言われています。
陽=男性ですね。

<ur>
サンダルウッドの香り=いい男の香り
 ↓
嗅いだ女性からエストロゲンがいっぱいでる。
色っぽくなる。
 ↓
男性が寄ってくる。</ur>


つまり、男性が元気になる香りであり、同時に女性が
モテモテになる香りでもあるのです。
どっちにしても両方に良いですね。
反対にローズやジャスミンはいい女の香り。

<ur>いい女の香り
 ↓
嗅いだ男性がその気になって色っぽくなる。
 ↓
女の人が寄ってくる。
</ur>


これまた双方におめでたい。
ロマンチックな気分になるか否かは、いずれにしても相互作用
ということですね。
サンダルウッドをはじめローズもジャスミンもその
リラックス作用の影響が大きいでしょう。
ゆったりと寛いだ気分でないとね。

■アジア的な精油
以上細かく見て来ましたが、これだけの機能を内包し、
混沌を包み込む懐の深さ。
とりあえず何にでも使えるんじゃないの?
と思えてしまうくらいのおおらかさ。
アジア的だなあとつくづく思います。
サンダルウッドは日本でも聞香(もんこう・香道の作法)という
香りの文化に古くから登場しています。

年をとってからこの香りが好きになる人も多いようです。
私も最近になって好きになりました。
やっぱり人生いろいろ味わわないとわからんこともあるのよ。
それとも人生が乾いて来たってこと?
保湿が必要なのか? 私は。
そうかも。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 祭り!!! | トップ | リズミカルボディ<sup>®</sup>トリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

精油あれこれ」カテゴリの最新記事