緑香庵通信

三軒茶屋から世田谷線で6分・松陰神社前のアロマテラピーサロン。

妊婦をアロマトリートメント

2007-03-04 15:48:35 | 「緑香庵」的なもの
沈丁花(じんちょうげ)が咲いています。
コブシのつぼみも開き始めました。
スギ花粉も本格的に舞っているようです。
気がつけば、だいぶ日も長くなってきました。
毎日の季節の進みようが速くて、
ついていくのが大変だなあと感じるのは年齢のせい?

Daphne
《沈丁花》

近々ママになるという友人をトリートメントさせてもらう
機会が、先日ありました。
妊娠するときれいになるとよく言いますが、
ホントにその通りで、施術しているこちらがうっとりするほど。

トリートメントの最中はなるべく、
きれいだとか何だとかの評価を
意識の中に持ち込まないのが鉄則ですが、
その友人には妊娠していない時から
何度もトリートメントをしていたこともあり、
その変化があまりにも明らかで、
圧倒されずにいられなかったわけです。

もともと肌のきめ細かなきれいな人でしたが、
内側から湧いてくる生命力というか、
生き生きとした感じでぱーんと張っていて、
もうきもちいいのなんの。

とにかく強い刺激を与えないように、
全身表面を広ーく浅ーくゆっくり撫でる感じの
ストロークを繰り返していると、
こちらの方がだんだんに眠くなってきて、
かつ、手からエネルギーがどんどん伝わってくるので、
すごく満ち足りた気持ちになってくるのです。
時間も短めに押さえたにもかかわらず、
私の方がすっかり「ぽわーん」となってしまいました。

いやはや生き物というのはすごいものです。
妊娠中は通常時の100倍から1000倍もの女性ホルモンが
分泌されて妊娠の維持にあたっている
と言われています。
きれいにならないワケがありません。

しかもこの美しさは、より優秀なオスを
射止めるためのものとは質が違います。
「イケてる姉ちゃん」になるわけじゃありません。
友人はそこのところをやや期待していたようですが、
ぱっと見たところでは、ふつうのほんわかした感じの妊婦になって
ちょっとがっかりしたそうです。

いやいや、なんともおおらかな愛情にくるまれた
感じのビジュアルで、良い感じですよ。
でも、なによりも触れてみて感じるのは、
ただただ新しい生命のために発現しているスペシャルな美です。
なんて贅沢、ゴージャスだわ。

で、今まさに更年期を迎えようとしてる私としては、
このゴージャスの「おすそ分け」にあずかり、
すっかり幸せな気分に浸ってしまったのです。

友人は幸せな生活を送っているようですが、
世の中のすべての妊娠中の女性が、幸せと感じているとは
限らないかもしれません。
社会生活を営む上では色々困難もあるでしょう。
理性でも感情でも手放しでハッピーという人は
本当は少ないのかもしれません。

それでもやはり、生き物としての身体からは
たくさんの喜びが伝わってきます。
人間て動物なんですねえ。
生き物エネルギーをチャージさせてもらって、
実に感謝のトリートメントでした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 学びのパターン | トップ | 「月イチ」トリートメントの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「緑香庵」的なもの」カテゴリの最新記事