虹はポケットの中に

再スタート
何度でも生まれ変わる
自分の音を探す旅

更新しました

2016-11-29 16:41:17 | 日記
久しぶりの更新です。
目まぐるしい日々と季節に、うまく気持ちがついていけないまま
あたふたしつつも平穏無事な日々を過ごしていたのですが、なかなかゆっくりとPCの前に座る時間が無い感じでした。(←言い訳)えーと、気がつけば、明後日から12月ではないですかー!
この時期、忙しく何かをやらなければならない強迫観念にかられる・・・意味も無く焦ったり、落ち着かないのだ。実際、生活は、
いつも通り変わらずなのだが、毎日、
少しづつ冬がぼくのまわりに満ちてきたり、ちょっとだけ変化しているのだな・・・・
外の空気も冷え込んでいる
知ってた? 冬は乾燥して、空気中の水蒸気が減るからイルミネーションや、星空がとてもきれいに見えるんだよ 

毎日がブルースうたってるみたいだよ ブルースは、楽しい時には陽気に、淋しい時には哀しげに聴こえるんだ。だからぼくたちの日々の生活そのものがブルースなんだなって思うよ
さて、今年もまた、厳しい季節をシャッフルビートに乗って歩いて行くよ12月の音を聴きながら、はなうたと口笛で
陽気に、できるだけ・・・ね。
コメント

高次脳機能障害当事者自助グループ「トラスト」三周年

2016-11-09 17:08:12 | 日記
おかげさまで本日でトラスト三周年を迎えました。日頃、応援してくださっている皆様には
感謝です。ありがとうございます。今年も脳外傷リハビリテーション講習会での活動報告と発表は
大成功でした。それぞれが、思いを、自分の言葉で話すというスタイルで行いました
「届いているといいな」と、思います
その講習会で、ぼくが読んだ文を掲載します
この先も、どうかトラストをよろしくお願いします

「活動の先に」           

高次脳機能障害当事者による自助グループ「トラスト」の始まりは、
小さな声でした。
でも、今なのだと思っていました
少しづつ想いを伝えていった。
そして、小さな声がひとつ、またひとつ集まった
はじめは、小さな声が
手を取り合って、一歩づつ進む度に、
たおやかな呼吸のようになっていった
それは、静かだけれど力強く、いつか
大きな深呼吸のようになっていく気がしました。

そんな想いが、もうすぐ三年をを迎えます。
応援してくださっている皆様には感謝しかありません
三年間続けてきて、そこに見えたものは「光」、や、「希望」
で、あったと思います。
失ってしまったものが他の人よりも多い分、ふがいなさも
感じてしまうのですが、共に語り合い、共有することによって
見えたものは「可能性」でした。
それはトラストの理念でもある、自分を信じるということによって、
新たなことへチャレンジしようとする意欲や、希望です
あるメンバーが、「初めはよくわからなかったけれど、
参加してみたら、楽しい。」と言ってくれました
そんな言葉がぼくを突き動かします。
ひとつひとつの時間、その中で何を感じるか
ひとそれぞれ違うでしょう
大切なことを丁寧に、さっぱりと掴んでいきたいと思います
大きな幸せと小さな幸せ、その違いは、どこにみつけたかの差しかない気がします。
トラストは、この先も、かかと鳴らして
ひかりある方へ歩きたいと思います  強くあれ。

コメント

ブルーとグレー

2016-11-03 21:31:55 | 日記
見上げた空は、ブルーとグレー

吹きつけるのは
冷蔵庫でキンキンに冷やした缶ビールみたいな風
何かを
置き忘れた気分

いつか、取りに行こう

冬が、「そろそろ雪、降らすよ」って

耳打ちしてきた日。

空も気持ちもブルーとグレー

混じり合うことの無い・・・・

コメント

2016函館脳外傷リハビリテーション講習会のお知らせ

2016-11-01 20:21:23 | 日記
http://www.pt-hokkaido.jp/workshop/details/2016.html

今年も当事者自助グルーフ°「トラスト」は枠をいただいたので、活動報告等、発表する
予定です。このコーナーは、当事者による司会、進行です!!
高次脳機能障害の有無にかかわらず、ぼくたちの生の「声」を聴きに来てください。
よろしくお願いします
コメント