カメさんのチャイナ♪チャイナ♪

中国大好きなカメさんの自由空間

最後の詰め

2016-06-30 21:04:45 | Weblog

明日から7月。いよいよ20日からは18きっぷの利用開始となり、それに併せてカメさんも出発する必要があるのですがまだ最終日程を決めていません

昨年夏には北海道・東北地方を廻り、昨年秋の乗り放題では6日間で北陸の一部から伊勢・南紀から山陰を廻り、昨年暮れには南九州を廻り、そして今年春には再度北海道・東北方面を廻っております

そして今回は基本として廃線の可能性が高い三江線を中心とした山陰方面と東北地方の残り区間全部を基本として、それ以外に禁断の線区である首都圏ほ廻るべきか。それともスルーして近畿まで速攻で戻り近畿から中国地方の線区を乗るか?

具体的に言うと

東北地方から宇都宮に到着した時点で次の方向をどうするか?

宇都宮から上野東京ライン経由の直通列車で熱海まで一気に移動して東海道を駆け足で関西に行き、姫路から山陰方面との連絡ローカルを乗り潰すのが当初の案でした

現在では宇都宮から北関東を廻り、知人と久々に一献を傾けで再会を楽しんで帰路に着き、その帰路の途中に埼玉の線区の一部と中央線経由で身延線に乗って富士を楽しんで帰る?

何分12日間の長旅になるものですからいろいろなルートを考えてしまいます

今週中には決断してルート決定をし、人気のある場所でのホテル予約をする予定

 

コメント

二つの注意報

2016-06-29 20:45:53 | Weblog

梅雨のこの季節は雨が降るのは仕方ないものの、一昨日から3日連続の雨が降り続いています

一昨日の月曜日、午前中はまずまずの好天だったのが午後から曇り空になって夕方から雨が降り始めて夜中には一時的に豪雨状態になり、昨日の朝の散歩は出来ませんでした。

昼過ぎに一時的に雨が上がったのでその間を利用して夕方から歩くことが出来ましたが、帰り着くや否や雨が降り始め、明方近くにはまたまた豪雨

そんな状況ですから昨夜天気予報を確認し、今朝の天気は雨との確認をして布団に入り朝を迎えた今朝5時過ぎ起床して外を見ましたところ雨が上がって道路も所々乾いていましたので、急ぎ身支度をして早朝散歩に出発

しかし家を出て10分余り歩いた時点でまた降りだし、傘を指したものの勢いは強くなる一方ですから断念して帰宅

もう今日は諦めました。そて家の中で一生懸命に来月予定している18きっぷ旅行の別ルート案をいろいろと考えながら録り貯めしている番組を3本鑑賞した時点で夕食の時間となりました

その時点で雨が上がっていると嫁さんが言うものですから、駄目もとで食後の散歩として傘を持参で出かけました

この散歩は最終的にはいつもの1時間余りのコースを完歩する事が出来、その間にラジオから流れている気象情報を聞いてあんぐり?

じつは歩いている間、大雨注意報と雷注意報の二つの注意報が発令されていたのでした

さて今夜の天候はどうなんでしょう?予報では明日の朝は雨と表示されていますけど・・・・

 

コメント

新幹線料金

2016-06-28 20:34:03 | Weblog

昨日はJR四国が若者限定とした特別料金の乗り放題きっぷを販売しているとの書き込みをしました

そして今日は東海道新幹線の料金に関して少し書き込みしてみたいと思います。

と言うのは雨の今日、自宅で溜め込んでいた録画番組を頑張って何本か見ましたところ、その中の一本に記録映画『東海道新幹線』なる番組があり、新幹線工事の起工式から昭和39年の開業までの記録がカラーで鮮明に撮影されていました

東京駅の新幹線ホームを始め熱海駅や新大阪駅の建設工事風景もあり、また軌道敷設工事の風景も詳細に記録されており、当然の事ながら試験運転の様子なども登場し、当時の新幹線開業に関連した様子が事細かく楽しめました

そんな中、完成した東京駅の切符販売所の光景の中に新幹線の料金掲示板が映っており、それに掲示されている当時の料金を見てビックリです

一例を挙げますと東京・新大阪間はひかりの二等で2280円(内訳 特急料金1100円 運賃1180円)一等だと4590円との事が判りビックリです

確かに50年前の物価水準との違いがありますが、単に2280円と言えば18きっぷの一回分で新幹線利用で東京・大阪間の移動が可能とは?

ちなみに当時の国鉄は初乗り料金が10円でしたので、現在の170円と比較すると単純に17倍になり、また現在の東京・大阪間の新幹線ひかりの場合は14140円ですから開業時と比較すると6.2倍

単純に当時と現在との違いを約10倍と考えた場合、当時の2280円は現在の20000円程度と考察されるのでは???

コメント

オヤジにも販売して

2016-06-27 21:21:06 | Weblog

先日17日にJR四国が夏休み期間にあわせ「若者限定四国フリーきっぷ」を発売すると発表しました

このきっぷは3日間9800円で特急自由席も含めJR四国全線乗り放題になるとのことでして、きっぷの名称は「若者限定四国フリーきっぷ」

名前のとおり、年齢制限があります

きっぷの利用開始日において満25歳以下の人が対象。利用できる期間は7月20日(水)から9月12日(月)までとのことで、発売期間は今月20日(月)から9月10日(土)までですから既に販売が開始になっていますが、誰かさんは購入出来ません?

その理由はいたって簡単。若者ではなくバカ者と呼ばれているからでしょう

一日当たり3300円で四国内の特急が利用できるのですからJR四国全線完全乗車は可能です

これが18きっぷたけでの利用では3日間では全線完全乗車は無理ですからある意味大変お徳で便利なきっぷだと断言できます

 しかしどうして若者だけに限定するのでしょうか?

オッサンも購入・利用したいです!何とかお願いします

コメント

頑張りました

2016-06-26 20:49:22 | Weblog

今日は梅雨の合間の晴れで涼しい湿度の低い過ごしやすい天気の一日でした

こんな天候ですので早朝から頑張りました

5時半過ぎに目覚めて昨日は雨で出来なかった散歩を一時間し朝食を済ませた後は窓を全開して空気の入れ替えをしながら部屋の掃除をし、ベランダに布団干しです

その後は買い物に出掛け、夕方からは日が翳ってからの庭の草むしり

これだけ頑張ったものですから嫁さんも今日の努力を認めてくれたのかして夕食のカレーはお替りをさせてくれ感激した一日となりました

当然カレーのお替りをしたものですから夕食後は一時間の散歩に汗をかいてきました

健康一番です

 

コメント

『特急こだま』ならぬ『にほん』

2016-06-25 21:12:03 | Weblog

先日CS放送で『特急にほん』なる番組が放送されていたものですから録画しておきました

その番組を雨で外出が出来ない今日、暇つぶしに見てみましたところなんと舞台は東海道新幹線開業まで走っていた特急こだま。そのこだまの食堂車で働く従業員が中心の物語になっているではありませんか?

主役は故フランキー堺さんでして昭和36年度の製作ですが、残念な事ながらカラー作品ではなくモノクロ画像でしたが十二分に楽しむことが出来ました

この物語にこだまの食堂車・ビュッフェ・それと車内販売に列車電話の受付。それらの担当会社が日本食堂ではありませんか?

映画の冒頭シーンがその日本食等の品川営業所、そしてそこから品川の電車区に移動して列車に乗り込み東京駅に回送されて大阪までの営業運転の開始となりますが、これらはカメさんが体験したシーンと全く一緒?

それは学生時代に日本食堂の大阪営業所のアルバイトを一夏経験し、そのバイトの内容が東海道新幹線での車内販売だったのです

当時の新幹線には食堂車はなくてビュッフェだけがあり、その新幹線を日本食堂の他にあと二社の計三社で営業していました

バイト期間は2ヶ月程だったでしたが、その間にいろいろな経験をさせていただき、特に印象に残っているのが列車電話の取次ぎ案内

当時の規定では列車電話の取次ぎ案内は女性の声で行うことと指導されていましたが、その女性従業員が出払って不在、緊急の呼び出し依頼だったもので男の声で呼び出しをしてしまい、あとで車掌からその時の販売責任者の方が注意を受けた経験があります

いまとなっては懐かしい40年前の出来事を思い出させていただいた懐かしい90分でした

コメント

深センにも行くか?

2016-06-24 21:54:50 | Weblog

9月の香港旅行の基本的な日程案をいろいろと練り始めました

マカオには前回訪問しておりますので二度目を実行するか、どうしようかと悩んでいましたところ、ひらめいた案が中国本土に入ってみようかと考え始めました

香港市内から地下鉄一本で深センとの出入国施設までは小一時間内で行く事か出来、地下鉄ですから料金も安くて日帰りでも充分に可能です

しかし深セン市内での特別訪問してみたい観光地もなく、唯単に狭い都市国家である香港に比べて広大な大陸の近代的な大都市だけですから、その二十年余りの間に急造された近代都市巡りでもまぁいいか???とも考えております

それに深セン市内の移動なら安い料金での地下鉄利用が可能ですから安上がりな観光も可能ですし、また以前大好きだったコピー商品も大々的に販売されているとの事ですから昔の楽しみの復活も・・・

それと以前から持ち越している人民元が400元程度あります。このカネを両替する事無く使えるのも楽しみです

 

コメント

準備開始

2016-06-23 21:56:35 | Weblog

昨日二度目の香港行きのチケットを予約購入したと書込みしました

そして今日は昨夜からの雨が午前中まで降り続いた関係もあって湿度は限界を越える蒸し暑さでジメジメ状態です。その為に外出する気にもなれずに午前中は完全休養というよりかは自宅でゴロゴロしていました

そんな状況なので退屈しのぎに早速香港のホテル探しの開始です

香港のホテルは非常に高くて部屋は狭く台湾と比較すると本当に嫌になってしまいます

前回初めて香港に行った際もホテルが高くでヘキヘキした思いがあり、その時は初めての香港ですから右も左も判らないままに空港から移動しやすくて比較的安いホテルを選択したものの、やはり価格の割には満足出来るホテルではありませんでした

だからこそ今回は多少の慣れもありますので慎重に経済的な立地条件の良いホテルを見つけるべく各種ホテル検索サイトで調べ始めました

さてさてどのようなお気に入りのホテルが見つかるのかが楽しみです

コメント

ワタシも行きます

2016-06-22 21:26:19 | Weblog

一昨日に秋にもう一度香港に行ってみたいと書き込みしました

そして丁度LCCのピー★さんが今日から特売をするとのメールが届いたものですから早速調べましたところ、何と関空・香港が一人4980円のチケットが希望する時期の分があり、申し込みしようと家庭内調整をしていましたところ

嫁さんより何時・どこに行くの?との質問を受け、正直に申し上げましたところ『ワタシも連れて行って!』との宣言

そう言えば北海道ドライブの際は大きなスポンサーになってもらっていますので今回も?と考えすんなりとOK

そして始めたのがピー★さんの料金カレンダーを目を皿のようにして4980円対応の日程を決め申し込みを進めました。往復の受託手荷物追加料金・座席指定料金・カードでの支払い手数料等等を加算すると何と支払い総額が45000円近くになりました

それでもって丁度台風の影響を受ける時期でもあり、仮にそうなって欠航とでもなれば保証はありません

もう一度冷静考えレガシー航空であるA★Aさんの二名様分のチケットを調べましたところが、全て込みで64000円でOK

2万円の差額が発生しますが、A★Aさんの場合は受託手荷物が二名ですから2個預けることが出来、また往復の機内食サービスもありますが、ピー★さんの場合は受託手荷物は1個だけの追加料金で計算しており、これが2個となると5600円の追加

機材の関係もありピー★さんの場合は3人掛けシートに対してA★Aさんの場合は2人掛けシートが選択出来、気兼ねなく4時間近い移動時間をモニターで映画を見ながら過ごせます

それと関空発の出発時刻、ピー★さんの8時50分に対しA★Aさんの場合は10時50分で2時間の違いがあります。カメさんにとってはこの二時間は大変有難い時間です

なにしろ四国徳島から関空に行くには3時間必要ですのでピー★さん利用の場合は4時過ぎには自宅出発する必要性があるのに対して、A★Aさんの場合はそれより2時間余裕があります

これらの差を考えると今回はA★Aさんを選択して予約申込しました

これでビールが飲めます

画像はA★Aを最後に利用した2014年5月の青島便で提供された機内食

コメント

東日本が羨ましい

2016-06-21 20:56:20 | Weblog

久し振りに中学時代の友人と長電話をしてしまいました。もちろんカメさんから架けたのですが、電話料金は心配後無用なんです?

なにしろカメさんは現在携帯電話契約コースをかけ放題プランにしている関係上、国際電話と一部の通話以外は時間をなんら気にする事無く長電話が楽しめます

その長電話の相手は就職してからは関東圏に長年住んでおり、残念なことにもう関西には戻らないとの事ですが、元来中学時代からこれまた鉄ちゃんり端くれでして、それもどちらか分類すると乗り鉄派?

関東に住んでいて国鉄民営化以降、JR東日本の企画する超お得なきっぷが販売される都度購入し、それでJR東日本管内の大半は乗り潰したと豪語しています

最近になって暇が出来たものですからカメさんも昔の鉄癖が目を覚まし、18きっぷの旅を始めたことを話しましたら豪く賛同をしていただいたものの一緒に行動する予定はないとのつれない返事

その理由はJR東日本の『大人の休日倶楽部』なる会に入会し、それを利用して特別企画のフリー券を購入して旅に出るとの事

聞くと今月末か来月上旬にその切符を購入して東北・北海道新幹線を利用し函館から札幌を経由して知床温泉に行くとの計画。

現在横浜に住んでいるので朝一番の北海道新幹線に乗れば当日中に網走には到着出来、無理をすれば知床斜里まで行く事が可能との説明。

それを聞いて、やはり首都圏に居住する者が一番有利であると認識しました

四国からではとてもとてもJR利用では新幹線をフルに使っても当日に行けるところは函館が限界かもと認識しましたが、反面九州方面にはやや強いかも

コメント