カメさんのチャイナ♪チャイナ♪

中国大好きなカメさんの自由空間

また奉仕作業

2016-10-31 21:20:55 | Weblog

いよいよ来月4日と言うより今週金曜日から8日間の台湾旅行が迫ってまいりました

いくら今回は一人の気まま旅行ではなく嫁さんも知っている知人との旅行だからと言っても、何分8日間の日程で留守するものですからやはり気を使います

そこで今日は家庭奉仕の一日として嫁さんの僕となって家事のお手伝い

9月中旬より庭の草抜きを頼まれてたものの、暑さが続いたものですから先延ばしを繰り返していましたところ、昨日の日曜日には隣りのご主人も一日掛けて自宅の庭掃除を一生懸命勤められていました

その様子を見た嫁さんから早く行うように!と言われたものの、昨日は自治会の役員を務めている関係上、役員だけによる秋の町会清掃に朝から駆り出されて疲れてしまったのでスルーしてしまいました

そんなことがあったものですから今日が10月最後の日でもあり、ケジメをつける意味でも今日は絶対に庭掃除と決め取り組みました

雑草を抜き、植木の枝を切り落としたりして庭はスッキリとした光景に変身出来、嫁さんは大喜び

しかしカメさんはその間に飢えた薮蚊の再三による攻撃に遭遇して苦労したのは言うまでもありません

次回の庭掃除は来年5月かなぁ

コメント

男性だったのか?

2016-10-30 21:13:34 | Weblog

今月始めから中国語講座に通い始めていると書き込みました

毎週一度ですが既に4回の講座を受け、徐々にですが耳が懐かしい中国人講師による本場の発音が聞くことが出来るものですから思い出しつつあります

そんな中で講座に使用しているテキストの会話文章を見てビックリポンです?

その会話は日本人と中国人との簡単な内容の会話ですが、それに搭乗する中国人の名前がなんと『王☆』さんです

この王☆さんはカメさんがツーボーの街で知り合って数年お相手をしてくれたワンちゃんと同姓同名なんです

テキストの会話を読んでいますとその王☆さんが女性なのか男性なのか判断が付かなかったのですが、続きを読んでいて王☆さんを彼【他】と表記していたので男性であることが判明

しかし改めて中国人の名前はその漢字を見ただけでは男性・女性の区別がカメさんにしては全く判断付きかねます

容姿を見れば直ぐに判断できるのですが・・・・・

 

コメント

ハロウィン列車

2016-10-29 19:41:39 | Weblog

今年もハロウィンの季節となり、テレビでは10月31日より今日の土曜日が曜日的に一番盛り上がるのでは報道しています

そのハロウィンに関して今日は先日のバースデイきっぷを利用して乗車してきた土佐くろしお鉄道宿毛線での体験を少し書込みしてみます

高知駅から乗車した特急あしずりが終点の中村駅に到着し、中村駅から宿毛線の各駅列車に乗り換えましたところ一両だけの気動車車内に乗り込んで少しビックリです

車内の飾り付けがハロウィンに合わせた飾りつけをしているではありませんか?

 

内容的には少しショボイと言ってしまえば精一杯努力されている関係者に対して失礼なんですが、やはりこれも経営の苦しい第3セクターとしては手作り感満載の顧客サービス

 

そうして中村駅から20分余り走行で終点の宿毛駅に到着しました

 

ところがこの宿毛駅の改札口をよくよく観察してみますとここもハロウィンムードになっていました?

窓口の周りに張られているポスターを良く見てください

 

ある意味ほほえましい雰囲気です

コメント

11月の台湾旅行日程

2016-10-28 21:58:33 | Weblog

来週から北陸の方と一緒に行く台湾旅行の最終日程が決まり、本日日程表を作成して北陸の方に送信しておきました

昨日も書き込みしましたように旅行期間中に利用する新幹線・在来特急に関しては全てネットでの予約は完了しておりますので、あとは現地に行ってからパスポート提示してきっぷの受け取りをする必要があります

さて日程は次の通りとなります

 

台湾旅行日程表

 11月4日 (金)

CI171便 富山空港12時50分発  桃園空港15時40分着

CI157便 関西空港12時50分発  桃園空港15時00分着

桃園空港 → 台中 バスまたは新幹線利用

台中19時頃到着予定  台中泊  ホテル 台中☆★飯店 

 11月5日 (土)

午前中 台湾鉄道 集集線観光 水里駅 → 日月潭 (バス移動)

午後 日月潭観光 → 台中(バス移動)  夕方 宝覚寺観光

台中泊  ホテル 台中☆★飯店 

 11月6日 (日)

午前中 台中発 9:17 → 高雄左営着10:25 (新幹線)  

午後高雄市内観光 蓮池潭・寿山公園・愛河 六合観光夜市散策

高雄泊    ホテル 高雄☆★飯店 

11月7日 (月)

午前中 高雄市内観光

午後 高雄発12:40 → 花蓮17:24着(特急利用) 

花蓮泊    ホテル 花蓮☆★飯店 

 11月8日 (火)

終日タロコ渓谷・七星海岸観光

花蓮泊    ホテル 花蓮☆★飯店

 11月9日 (水)

午前中 花蓮発 8:38 → 台北着10:35 (特急利用)

午後 台北  →  野柳公園(バス移動)  夜 台北市内夜市散策

台北泊    ホテル 台北☆★飯店 

11月10日 (木)

台北  →  十分・九分観光 ( 鉄道・バス利用 )

台北泊 

ホテル 台北☆★飯店 

 

1111 ()

ホテル出発5:30 → 桃園空港着 6:30

CI170便 桃園空港8時00分発   富山空港11時50分着 

 ホテル出発7:30 → 桃園空港着 8:30

CI152便 桃園空港9時50分発   関西空港13時20分着

 

現地連絡電話番号

 

+886  0975-◎★☆-758  カメ

+886  0975-★☆◎-783 貸出予定

 

以上のようになりました

コメント

着々と進行中

2016-10-27 21:43:07 | Weblog

四国のJR全線完乗したばかりだと言うのに来週後半には北陸の方との台湾旅行が近付いてきています

以前にも書込みしましたように北陸の方の台湾旅行での希望体験として台湾新幹線乗車を依頼されており、それを含めて日程を決めた結果、台湾到着の日に空港より台中に移動する手段として桃園から台中まで新幹線利用とし、また台中から高雄に移動する際にも新幹線と決めました

到着初日の桃園・台中間の利用は到着時間が不確定でもあるのできっぷの予約をせずに成り行き任せでの乗車

それに対して台中・高雄間は日程をほぼ決めているので乗車予定時刻から事前に予約申込を先日しました

それが早期予約割引の制度を利用して通常料金から20パーセントの割引でした。

上手くいけば最大割引の35パーセントが利用できるのでは?とも助平根性を出しましたが、これはチト無理でした

ついでに高雄から花蓮までの在来鉄道の指定券と、同じく在来鉄道では一番入手が困難と言われています花蓮・台北間の特急も併せて予約・カード決済で購入まで出来ました

これで現地でのホテル並びに長距離移動は全て完了

そして先日書込みしましたように通信手段も携帯電話番号の料金追加も手続きできておりますので、あとは当日を待つだけ

出発まで一週間となりました

あとは大変身勝手な考えですが、一時的で結構ですので急激な円高になってくれれば最高です

コメント

未明のチョット訪問

2016-10-26 22:02:58 | Weblog

今回のバースデイきっぷを使用したJR四国完全乗車の3日間の旅

この機会を利用して、2年前から開始した趣味の一つであるJR四国の全駅撮影をするように意識し、実行していきました

特に有人駅ではホームに立ち入るのに入場券購入が条件となり、無駄な出費を軽減する為にも今回の旅行で高知駅・窪川駅・宇和島駅・松山駅等の有人駅は乗換え時間を利用して撮影することが出来ました

それ以外で意識的に何時でも制限無く立ち入り可能な無人駅を2駅だけ無理して訪問・撮影してきました

それは松山駅の東西の隣接する駅、高松寄りは三津浜駅、宇和島寄りは市ノ坪駅

これらの駅を訪問した理由は簡単。四国がローカルとは言うものの松山のような県庁所在地は市街地が混み合い、クルマで駅舎撮影に行く際には駐車スペースに苦労したり、また道路が混み合って無駄な時間を費やしてしまうと言った問題があります

それなら松山駅に隣接する二駅だけでも今回撮影しておけば大変楽になると考え2日目の朝に実行しました

これを実行するために時刻表を眺めて撮影可能な時間として朝の6時以降ならなんとか可能であると判断し、当日松山駅を5時59分発の普通で三津浜駅に行き、折り返しの松山行き列車で松山駅に戻り、直ぐに伊予大洲駅行きに乗り換えて隣りの市ノ坪駅に行き、10分余り滞在して再び松山駅に戻って2駅の撮影は完了

その際の三津浜駅の画像を貼り付けておきます

コメント

3日目は太平洋を望む

2016-10-25 20:50:51 | Weblog

バースデイきっぷの3日目の日程は土讃線の後免駅までの移動は初日と同じ内容です

徳島線の特急で土讃線との乗換駅の阿波池田駅に移動。今日の阿波池田駅は一昨日とは違って秋の好天です

 

阿波池田駅で高知行きの特急南風に乗換え一時間で後免駅に到着

この後免駅で土佐くろしお鉄道の奈半利線に乗り換えます

 

今日の高知は天候が回復してくれたので奈半利線からの景色は最高です

太平洋が大変美しく望めます

 

そうして土佐くろしお鉄道の終点 奈半利駅に到着し、たいへんもったいないのですが折り返し列車で再び後免に戻ります

 

後免駅から岡山行きの特急南風の乗り慣れたグリーン車に乗車

 

後免駅から乗車すること約2時間で瀬戸大橋を渡り、最初の停車駅児島駅に到着

この児島駅までがJR四国の管轄エリアですからここで下車して高松行きの快速マリンライナーに乗車なんですが、利用した座席がグリーン車のパノラマシートなるかぶりつき座席。まさに運転手の真後ろに設置されている4席だけのシート

眺めはこんなんですよ

 

高松からは特急うずしおで池谷駅に一時間の移動

池谷駅から鳴門線です。この鳴門線を乗車することによって3日間でのJR四国の営業路線は完全乗車

3番乗場が鳴門行き列車

15分程度走り、終点の鳴門駅に到着して3日間の旅は終了しました

 

それにしても今回の旅が可能になったのはこのきっぷ。これがなければ青春18きっぷだけでの四国完全乗車をするには5日以上必要となり、今回のように簡単にはいかなかったでしょう

 

 

 

コメント

今日は6本

2016-10-24 21:46:48 | Weblog

昨日に続き今日もバースデイきっぷの威力を発揮して6本の列車に乗車してきました

昨日とは違って今日は朝から快晴の一日

そんな中、朝一番に松山から昨日乗車して来た予讃線・内子線を経由して伊予大洲に向う特急宇和海に乗車です

この日の宇和海、なんとJR四国自慢のアンパンマン号の車両

 

各駅列車だと一時間半近く掛かる松山・伊予大洲間を激走で約40分で到着

今日の伊予大洲駅は絵になります

 

伊予大洲からは内子線が開通するまでの元々の予讃本線を走りますが、この路線は今や完全にローカル線

救いは海岸線を走るので景色は下灘駅に代表されるように申し分ないのですが、なにしろ運行本数も少なく、運行列車も1両のワンマン

 

それでも快晴の下灘を観ながらの一時の旅路を味わい松山駅に到着

ここからはJR四国自慢の特急しおかぜに乗車しましたが、朝方発生した人身事故でダイヤが乱れ、その遣り繰りの関係でカメさんの乗車する列車編成が何と新型車両に変更になっていました

 

しかも新型車両の乗車座席はグリーン車

最高の気分で宇多津駅まで2時間余りの乗車。宇多津から高松までは姉妹特急のいしづちの自由席に乗換えです

 

高松駅からは乗り慣れた特急うずしおですが、しおかぜのグリーン車体験をしたものにとっては・・・・です

 

しかしそのうずしおから徳島で降車して牟岐線の特急むろとに乗換え乗車したとたん更に気分は落ち込みます

 

そして特急むろとの終点牟岐駅に到着し、ここからJR牟岐線の終点であるカイフ木までの間は各駅しか運行されていませんのでまた乗換え海部へ

海部駅からの折り返しもこの列車で各駅に止まりながら帰っていきました

 

もう絶対にグリーンなんかには乗らないことです

コメント

初日は七本

2016-10-23 20:39:46 | Weblog

バースデイきっぷを利用したJR四国全線完全乗車の旅、今日が初日でスタートしました

最初は徳島線を走る特急剣山1号。土讃線との乗り換え駅である阿波池田駅にて撮影です

 

次に阿波池田駅から乗車したのが特急南風1号

四国山脈から高知平野に降りるとめちゃ速い。120キロでの爆走です

撮影は高知駅にて

 

高知から中村までは特急あしずり1号

これも南風同様の2000系気動車ですから快走ぶりは窪川駅から土佐くろしお鉄道区間に入っても衰えることなく中村駅まで快適そのもの

画像は始発の高知駅にて撮影

 

中村駅からは土佐くろしお鉄道の宿毛線を普通列車で往復

生憎中村駅からは雨が降り撮影に支障がでてしまい困りました

画像は土佐くろしお鉄道の終点の宿毛駅にて撮影

右側の列車が中村から乗車してきたクルマで、帰りは左側のクルマで中村に戻りました

 

中村駅からは再度特急あしずりに乗車です

撮影は窪川駅にて撮影

 

窪川駅から宇和島駅までの予土線は観光列車である四万十トロッコに乗車です

 

トロッコ列車に二時間余り乗車した後、宇和島駅から松山駅までは特急宇和海

この列車も南風・あしずりと同様に2000系の気動車ですから速い・速い

 

こうして初日は朝の7時から夕方6時半までの列車三昧の一日でした

 

コメント

天気が心配

2016-10-22 21:55:39 | Weblog

明日から3日間のJR四国全線乗車の旅です。と言っても明日と明後日の二日間が松山での宿泊の1泊2日であり、最終日は日帰りの旅

そんな訳ですから改まって旅支度をする必要も無く、今日は慌てることも無く通常の一日として過ごしましたが、問題は天気

列車に乗るだけですから少々天候が荒れても列車の運行に影響が出ない範囲内なら問題は無いのですが、ただ明日は予土線名物の観光列車であるトロッコ列車を利用予定

指定席も確保できているものですから清流四万十川を観ながら秋の行楽列車を楽しむことが出来るのが、これが雨だと伴走の気動車に乗車となりますので楽しみは大幅に半減となってしまいます

今日は午後からずっと小雨が降り続いており、明日の四国南部の天気予報は終日曇りとの事

雨が降るよりはましなんですが、出来れば午後からでも回復してもらって秋空に映える四万十川を楽しみたいものですが・・・・

 

コメント