カメさんのチャイナ♪チャイナ♪

中国大好きなカメさんの自由空間

花と列車

2018-03-31 22:03:22 | Weblog

サクラ満開となった今週。

花粉症の酷い状態の中、昨日はサクラ撮影に出掛けパチリしてきたので今日は遠方まで行ってまいりました

行った方向は愛媛県の大洲

目的はこの画像をご覧ください

 

大洲城とお城の周りに咲き誇っているサクラを背景として、肱川鉄橋を通過していく特急宇和海です

この構図は地元銀行のホスターで見た事があり、今回はそれをパクってしまいました

でも春霞で白っぽくぼやけているので好きになれない画像となってしまいました

次の画像は特急ではなく普通列車

 

次に向かったのは同じ予讃線ですが、いまや完全に地位が低下した伊予長浜廻りのローカル駅『喜多灘駅』

この駅は今の時期、サクラと列車がマッチすると思って訪問し撮影してまいりました

まずは宇和島方面行きの下り列車

 

つづいて松山方面行きの上り列車です

コメント

今年はもう満開

2018-03-30 21:02:31 | Weblog

昨年の3月30日のブログにてサクラの開花が遅れていると書込みしました

しかし厳冬であった今年の春、突然先週あたりから気温がグングンと上昇し行き、今週などは初夏を感じさせるような暖かいから日中は暑さを感じさせるような日差しの毎日が続いています

当然の事ながらこんだけ暖かくなるとサクラの開花は一気に進み、今や自宅の周りのサクラの木の大半が開花から満開状態になっています

例年ならばこのサクラの開花を見に行き撮影してくるのですが、今年は暑さと花粉症が酷い状態なので外出を躊躇い日中は自宅待機モードです

しかし今日は夕方のウォーキングの際にカメラを持参して数枚撮影してきました

桜並木の道

 

 

それぞれのサクラはほぼ満開状態でして見ごたえがありました

明日は別の遠くに行き鑑賞と撮影してくる予定です

コメント

二つの半島

2018-03-29 19:42:47 | Weblog

鹿児島県の観光名所として鹿児島湾を挟んで薩摩半島と九州最南端の半島である大隅半島の二つがあります

 

 

今回の南九州ドライブ旅行三日目と四日目の2日に掛けてこの二つの半島観光をしてまいりました

三日目の都井岬観光を済ませた後に一路大隅半島を目指して100キロ余りを走行して16時に大隅半島に到着

 

到着した佐多岬駐車場から岬展望台には徒歩20分でアップダウンの散策道を歩いて行きますと到着

そこからの景色は絶景そのもの

肉眼で屋久島・種子島が見えましたが画像では確認出来ません

 

 

そして夕刻佐多岬から鹿児島市内方面に移動していると夕日が開聞岳に沈んでいく光景に出くわし一枚パチリ

 

翌日、鹿児島市内からその開聞岳のある薩摩半島の先端である長崎鼻に移動しましたが、残念な事に長崎鼻の先端に設けられている灯台は塗装工事でカバーが架けられて見えません

 

でもこの長崎鼻からは開聞岳が春陽に映えて美しく見えました

 

長崎鼻に来ると必ず立寄るのが西大山駅です

この西大山駅には2年前の11月以来の二度目、正しくは昭和48年の夏に国鉄バスに乗車して来た記憶がありますので正しくは三度目になります

 

そして西大山駅の次に向かったのはやはりこれまた枕崎駅

 

これらの場所はカメさんにとっては最近何度か来ておりますが、嫁さんにとっては初めてでして大変喜んでくれました

ついでにカメさんも十二分に楽しませてもらいました 

コメント

都井岬への道

2018-03-28 20:44:49 | Weblog

南九州ドライブ旅行の3日目は宿泊先の宮崎市内から一路南下して都井岬に行ってまいりました

当日の朝、宮崎駅前付近を散歩しましたが絶好の観光日和になってくれています

 

宮崎市内を8時半に出発して、国道220号線を日南方面に美しい海岸美を観ながら南下。途中有名景観地である堀切峠で一枚パチリ

鬼の洗濯板は満ち潮ではっきりと見えなかったのが残念です

 

そうして二時間ばかり走ると南郷町に到着し、ここで国道448号線に入り道の駅なんごうで休息です

この道の駅なんごうは流石に美しい位置にあり、眺めは最高の部類に該当します

 

しかしこの後がいけません?道の駅から数キロ走ったところが通行止めになっており、都井岬には一度戻って迂回路を通る必要があったのです

途中案内が出ていたみたいでしたが完全に見落としていました

 

それでも美しい日南海岸を楽しめた訳ですから文句はありません

再び南郷の町に戻り、迂回路に入り都井岬を目指します

 

そして予定より一時間半遅れのお昼前に目的の都井岬に到着

都井岬からの眺めも最高

 

そして都井岬と言えば野性馬

 

よい観光の思い出となりました

しかし此処の馬、野生なのに観光客に慣れ切っているのかして驚きません!

悠然と草を食べていました

コメント

宗太郎駅散策

2018-03-27 21:00:28 | Weblog

今回の南九州ドライブ旅行二日目に日豊本線の秘境駅と噂されています『宗太郎駅』に立寄ってまいりました

 

この宗太郎駅、この春のダイヤ改正に伴い更に停車本数が削減されてしまい事実上鉄道だけを利用しての訪問は改正前より更に不可能な状況になりました?

その理由はこのダイヤをご覧になれば理解できることでしょう!

何しろ上りが午前6時台と20時台に各1づつの2本。下りは6時台に1本だけで一日当たり上下3本のみの停車となっています

延岡方面から朝の一番でやってきて、10分余りの滞在で再び延岡方面に戻る???

 

駅の位置は国道10号線から側道に入り込んだ場所ですからクルマだと訪れるのが簡単でして、また駅の付近にはご覧のように何軒かの民家がありますので、完全な秘境駅ではありません

 

駅には駅舎こそないものの雨よけ用の小振りなブロック造りの待合室も設けられています

 

改札口には利用者は極めて少ないでしょうが、可愛い運賃箱が設けられています

 

ホームから延岡方面の光景はご覧の通りでなんと公衆電話も設置されているのが確認出来ます

 

佐伯方面はご覧の通りでして、この宗太郎駅は山間に位置している関係上、上下ともに少し離れるとトンネルになります

 

さてこのような停車本数の少ない宗太郎駅、地元の方にとっては鉄道利用で移動する機会はないと考えられますが、さりとて他の公共交通となるとバスでの利用

そのバス停が駅前にありましたので画像を撮って来ましたが、これまた鉄道と同じ3本と言った状況ですが、時間帯は日中に集中していました

 

どちらにしても地元の方の移動はマイカーなんでしょうね?

コメント

九四国道フェリーの旅

2018-03-26 20:46:09 | Weblog

四国に住む者にとっては本州への移動に現在では本四架橋を利用するのが当たり前ですが、端の完成までの長い間はフェリーを利用する以外方法の無い状況だったものですから、四国のドライバーにとってはフェリーは身近な交通機関でもありましたが橋の完成と伴に大半のフェリー航路は廃止となってしまっています

そんなフェリー冬の時代でも四国の西側から九州・大分に向うフェリーは橋に比べて距離的・経済的な面からして健闘しています

その中の一つの航路が今回の旅行で利用した九四国道フェリーです

この九四国道フェリーは国道197号線の一部として大分市から海上経由して高知県に通じる国道としての役割があります

 

位置関係としてはご覧の通りで30キロ余りの海上区間を一時間10分で移動

 

今回の旅行では3月21日に愛媛県の三崎港から乗船しています。三崎港のフェリー乗場はご覧の通り

 

三崎港を海上から臨むとご覧の通り

 

使用されています船舶は小型のフェリーですね

 

クルマでの乗船は一台ずつ進入していきます

 

そしてご覧のようにぎっしりと積み込まれていきます

 

乗船時間が短いですが売店も設けられていました

 

また自動販売機も設置されていますが代金はちょっと手が出ません

 

展望デッキも設けられていますから豊後水道の景色が楽しめます

 

でもカメさん往路の利用の際はご覧の通りの天気でしたから何も楽しめませんでした

 

フェリー移動は乗船中体を休めることが出来るので楽なんですが、帰宅してから塩害対策として洗車をする必要があるのが面倒ですね

今日洗車しました

 

 

コメント

野外メシ

2018-03-25 22:27:01 | Weblog

南九州ドライブ旅行の最終日、今日は八代のホテルを出発して佐賀関のフェリー乗場までの移動ですが、その途中にちょっとだけ廻り道して由布岳を見に行きました

八代から由布岳までは焼く150キロあり、すべて一般道を通る関係上、山間の国道ばかりを走ることになりました

この山間が問題でして、山林はすべてスギの木が植わっています。そして今日も気温が高く微風状態だったものですから走行中は窓を締め切り、外気は遮断しているにも拘らず車内ではクシャミの連発

そんな状態で昼前に由布岳の見える久大線・南由布院駅に到着です

 

この駅で移動途中の養鶏マーケットで購入して来た『かしわ便当』を食べながら春真っ盛りの由布岳を眺め今回の旅の終焉を楽しみました

 

しかしこの弁当、本当に美味しいです。とくに卵焼き

コメント

口コミは引き分け?

2018-03-24 21:15:58 | Weblog

南九州ドライブ旅行は四日目を迎え、今日は鹿児島の薩摩半島を観光して夕方に熊本八代まで来ております

さて今回の旅行でけちなカメさん夫婦ですが、多少地元グルメを味わってみようとして昨日は串間市内の口コミで有名なレストランに入り、そこで地元グランプリで優勝したと言う『ブリ丼』を頂きました

 

さすが口コミでの評価が高いだけあって大変美味しく、これだけを食べにまた来てみたい気分になりました

そして今日は枕崎に行き、そこでやはり口コミで高い評価を得ている飲食店に入り、これまた二大有名メニューである黒豚トンカツ丼とカツオ漁の本場である枕崎を代表するかつおのタタキ定食のどちらにするか最後まで悩みました

そして嫁さんがトンカツ丼、カメさんがタタキ定食と別々に注文し食べ始めました

まずタタキ定食

 

このお店のオリジナルポン酢を使用しているとの触れ込みでしたが、カメさんの舌には味が馴染めず、またカツオそのものも時期が悪いのか全くの肩透かし?

 

それに対して嫁さんのカツ丼は少しだけ味見させてもらいましたところベリーグッドです

 

これなら二人ともカツ丼にしておけばよかったと反省しきり

やはり口コミをある程度の参考にするのはいいでしょうが、あとは自己責任です

 

コメント

400キロの強行軍

2018-03-23 22:24:53 | Weblog

南九州ドライブ旅行三日目の朝、宮崎駅前のホテルで目覚め外の様子を確認しましたら雲一つ無い快晴でした

今日は最高の観光が出来ると予想したとおり強行軍にはなりましたが最高の観光が出来ました

先ずは宮崎を出発して都井岬に向かう途中で何箇所の風光明媚な海岸線を楽しみ昼前に都井岬に到着です

 

この都井岬で野生の馬の様子やら何やらを楽しんだものですから予定以上の滞在時間となり、次に向かったのは大隈半島の最南端である佐多岬

都井岬から最短ルートでも軽く100キロ以上の距離があり、到着したのは夕方の4時半

この時間から観光です

 

すばらしい景観が楽しめ、佐多岬を出発したのが夕刻の6時前

それから今夜の宿である鹿児島中央駅近くのホテルまで130キロを走り抜け、ホテル到着は3時間後の8時半過ぎでした

なんとこの日の走行距離は387キロになってしまいましたが天気が良いものですから最高の南九州のドライブ旅行となりました

明日も良い天気みたいですから楽しみ楽しみ

コメント

鉄観光もしました?

2018-03-22 20:40:29 | Weblog

 南九州ドライブ旅行2日目の朝は大分中津のホテルで目覚めました

昨日は終日雨の天気だつたのですが、今日はどうなつたか?

 

 

これで観光が出来ます

まずは杵築城に行き、城と周辺の武家屋敷の観光

 

続いて向かった先は臼杵の石仏

 

これで観光は終了して宮崎に向かって移動

途中のカメさん自身の為の観光として日豊本線の宗太郎駅に立ち寄りました

 

続いては国鉄時代にリニア試験線として日向地区に設けられました遺物?見物

今やソーラパネルの設置場所として活躍中でした

 

しかし天気が回復してくれて助かります‼️

コメント