デジカメコレクション デジカメ大好き

デジカメをいろいろとご紹介 腕が悪いくせにカメラのせいにして買ったデジカメが100台超えました

紅葉 GRDⅣ

2018年12月12日 | RICOH
今日で高幡不動の紅葉写真もおしまい。長らくお付き合い頂きありがとうございました。最終日はもう1台持っていったRICHO GRDⅣの写真。なるべく特徴を活かして、E-PM2と違うカットを選んでみました。

まずは菊まつりの残りから




五重塔と


青空と




近づいて




マクロもきれい


ポジフィルム調


GRDⅣで撮るとバリエーションが拡がっていいですね。思えばこの秋、晴れた紅葉狩りはここだけでした。たくさん写真撮っておいてよかった。

RICOH GR DIGITALⅣ
コメント

それだけのために

2018年11月18日 | RICOH
今日はまた中古のカメラを入手した話。今回は久しぶりにヤフオクで、出品者に申し訳ないくらい格安で手に入れました。それは2015年2月発売のCanon SX610HS、2000万画素、光学18倍ズームの中古でも10000円以上するいいカメラです。なぜ格安だったかというとフラッシュが点かないというだけで、入札者がほとんどつかず、普段からフラッシュはあまり使わない私が頂戴したという次第です。しかも私のこだわりの箱つき、きっと転売品ではなくワンオーナー品だろうと。ではいつものように開封の儀。

3年前のだから箱もきれいです


開けるといきなり保証書が


もちろん取説も


付属品も揃っています


バッテリーだけでも数千円するというのに


お気づきのとおりボディは赤


NIKON S9100以来の赤購入
それにしてもすげー赤だな


液晶も


シャッター周りもきれいです


もちろん起動しました レンズもきれい


それにしても格安とはいえ、フラッシュも点かない、しかもど派手なレッドのカメラを欲しかったかというと、その理由はひとつ「クリエイティヴショット」。1ショットでオリジナル+5枚の斬新な画像をカメラが勝手に作ってくれるというモードが付いているからです。実はSX530HSにも付いていて、昔はまったことがありまして、でも530HSはずんぐりしているので普段持ち歩きづらい、薄型でこのモードが付いているのを物色していたのですが、最近のしか付いてないので10000円以上するものばかり。それだけのために10000円は出せません。それだけのために赤くてもフラッシュ点かなくてもお迎えしたいう訳です。

ここの真ん中が「クリエイティヴショット」
このモード専用機にしようかな


使い道がなかった赤いストラップも着けました


さっそく試撮にいった写真はまた明日。今日の写真はいつものGRDⅣ、マクロモードで撮りました。






コメント

蘆花恒春園

2018年11月08日 | RICOH
今日は少し前の写真。42マウント試し撮りで訪れた蘆花恒春園に、実はGRDⅣも持っていってしっかりスナップ。マニュアル露出、マニュアルフォーカスに悪戦苦闘する影で、サクっとMY設定2で撮ってきました。ただその日の日差しは強烈で、フードの無いGRDⅣ、手でハレ切りしてました。けっこうかっこ悪いけど。



母屋です




梅花書屋


秋水書院


裏に回ると


竹林


夫婦の墓所


大きな石をえぐるように彫られた仏像


やはり執筆活動には武蔵野の静寂、四季を感じる庭園が必要だったんでしょうね。今でこそ世田谷区ですが100年前は粕谷村、青山からこの地に移り住んだころ、この界隈には26戸しかなかったそうです。





最後に逆光ならではの写真。失敗写真なんでしょうがフレア、ゴーストが美しかったので。





RICOH GR DIGITALⅣ
コメント

レベル40

2018年10月23日 | RICOH
写真を撮り歩きながら「ポケモンGO」をやっている話は前にしましたが、2年数ヶ月の時を経てついに最高レベル40達成間近になりまして。ちょうどその日もGRDⅣを持って歩いていたので、よしその瞬間を撮ってやろうとカメラを景色からスマホに向けて。そしていよいよそのときが。

あと35Ptで達成


達成は強大なポケモンでと思っていたのに
出てきたのはかわいいハネッコ


弘法ポケモンを選ばず 勝負


よし当たった


無事確保


150Pt よし達成


自分のキャラを青い光が包みうっすら40の文字が


レベルアップ!


間違いなく40に あっゲージが消えた


今まで捕まえたポケモン


今持ってる強い順


始めたのは2年前の夏でした 1日あたり24510Pt


捕まえた総数 1日あたり53匹


そして歩いた距離は4612km、ほぼ本州を1周したぐらいの距離です。そう考えるとすごいですね。でも1日あたり5.7km、あれったいしたことない。やっぱりチリ積もですね。1日10km歩くと1年で本州一周できるんですね。定年になったら行ってみようかな。「ポケモンGO」とカメラを持って。



RICOH GRDⅣ




コメント

M42マウント

2018年10月20日 | RICOH
今日はM42マウントアダプターを着けるM4/3ボディを決めた話。まずボディ内手振れ補正の無いパナのボディは却下、オリンパス機の中でもE-M5同等のセンサー、エンジンが使われていて、M42レンズのサイズ感からE-PM2にすることにしました。いいカメラなのですがパナのGM1Sを買ってからほとんど使っていなかったので。

今は17mmF2,8が着いています。このレンズも
パナの20mmF1.7購入後あまり使っていません


背面


オールドレンズにはまずカタチから
貼り革キットを購入しました


早速貼ってみました


裏のダイヤル周りも


パナの12-32mm角型フード付きを着けてみました


ストラップも往年のアサヒペンタックスに変更


アダプターを着けて完成です


まずはPENTAX50mmを




続いてロシア製50mm




最後に長玉 PENTAX200mm


これは長い 先端もフードではありません


ボディが彼方に見えます


う~ん 早く撮りにいきたい気分、でもフルマニュアルでうまく撮れるかな?とか、フルマニュアルなのにダイヤルも付いていないE-PM2でよかったのかな?とかも頭をよぎります。まあ何事も練習あるのみですね。練習、練習。今日の写真もGRDⅣ、パソコン前特設スタジオからお届けしました。




コメント (1)

スクリューマウント

2018年10月19日 | RICOH
このところ手抜きブログが続き申し訳ありません。実はあることを画策してあるものを物色しておりました。それは今年の目標「マウント制覇」の最終章、レンズ沼にもっとも近いM42マウントをなんとかしたいということ。今でこそ電子接点もあれば、外れ防止のバヨネット式になっているので各メーカーそれぞれマウントは違うのですが、M42は1mmピッチのねじが42mm口径で切ってあるだけ。様々なメーカーがこのマウントのレンズを作りました。おそらく世界で一番レンズの種類の多いマウントでしょう。もちろん高価な銘玉もありますが、数百円で買える単焦点レンズもゴロゴロあるマウントです。

今のミラーレス一眼や一眼レフでM42レンズを使うためにはアダプターが必要です。もちろんフルマニュアルですが。ボディの選択は焦点距離換算2倍は気になるのですが休眠ボディの多いM4/3、アダプターを安価で購入しました。

これがM42スクリューマウント


M42→M4/3


M4/3マウント側


レンズも都内を駆けずり回り、安いものを3本買ってきました。まずはASAHI PENTAX50mmF2.0。F1.4は高かった。









2本目 ASAHI PENTAX200mmF4.0 とにかく長い。






3本目はロシア製?50mmF3.5、その小ささが気に入りました。






どのボディに着けたかはまた明日。この写真はRICOH GRDⅣで撮りました



コメント

裏通り

2018年10月17日 | RICOH
吉祥寺というと公園通りとかサンロードとか華やかな通りが目立ちますが、やはりここにもあります裏通り。それはその昔近鉄デパート、今はヨドバシカメラの横の路地を入ったあたり、洒落た飲み屋が続きます。



モダンな街灯












ここから先は行っちゃいけないって
子供のころ言われてました(嘘)


中央線をくぐって


南町を進むと


もはや説明不要?


通りをそれて中央線沿いへ


キラリナ吉祥寺 井の頭線で帰ろう


RICOH GR DIGITALⅣ



コメント

ほんのり

2018年10月16日 | RICOH
このところめっきり寒くなってきましたね。中野紅葉ヶ丘公園のもみじが、ほんのり色づいたというのでGRDⅣを持っていってみました。天気は生憎の小雨混じりの曇天、写真撮りたいのにこれ以上降らなきゃいいなあという空でした。

入り口はまだ青々


そういえば先のほうが少し紅いかな


この橋の向こう側にあるようです


左側に見えてきました おっ紅くなってる


小雨に濡れてより紅くなっているようです


ビビッドに変えて撮ってみました


橋の反対側から


この木だけ特別紅いようです


一般的に平均気温が20℃を切ると一気に紅葉が進むといわれています。今年の紅葉は早そうですね。そろそろ予定しないと。鎌倉にしようかな、箱根がいいかな。

RICOH GR DIGITALⅣ
コメント

浜離宮 前編

2018年09月27日 | RICOH
今日からは先日行ってきた浜離宮の写真。この庭園は江戸時代は徳川将軍家の別邸、明治以降は宮内庁の離宮、戦後東京都に下賜され今は都立公園になっています。

大手門橋 下を流れる築地川


築地川はここから海までの短い川です
対岸は築地市場


大手門から入りました


振り返ると電通本社ビル


広くて緑の多い


高層ビルの立ち並ぶ庭園です


四方を川と海に囲まれて 築地川の水門


木陰に彼岸花が残っていました




先に進むと海端に 江戸時代の灯台跡


隅田川に通じる水門です


江戸時代はここから江戸湾へ


明日に続きます


RICOH GR DIGITALⅣ







コメント

Old but New

2018年09月17日 | RICOH
私が今年の目標「マウント制覇」のために旧い一眼レフを買い漁っているのは周知の事実ですが、Nikon D70SでFマウントを手に入れ、ほぼ完了と私自身思っておりました。そんなときに馴染みのキタムラから「ご依頼のものようやくありました」との連絡、待ちに待ったものがようやく下取りに出されたようです。

待ちに待ったものとはニコンの皮を被った富士フィルム、FinePix S3PROです。筐体はニコン、マウントもニコンFマウントですが、センサー、画像エンジンは富士フィルム、Nikonレンズが使えて富士フィルムの色が出せる、富士がXシリーズを出した今、二度と発売されることのないデジタル一眼レフです。

今回一番気にしたのは程度です。そもそもそんなに台数の売れたカメラではなく、しかも14年前の発売だから状態のいいものが残っている確率はかなり低い。すでにメーカー修理も終わっているので壊れたらおしまい、でも中古でしか買えない。そんなとき私は箱付きを狙います。箱があるっていうのは売ることを前提に大事に使っているか、若しくはあまり使っていないかだと考えられるから、そして今回も箱付きでした。



スペック Windowsが古い


取説もあり、ストラップも外してある 良品の期待大


星空撮影のガイド ノイズが少ないカメラでした


本体と充電器 袋入りじゃん


ボディはわりときれいです


この銘板が欲しかった


「スーパーCCDハニカム SRII」の証し


ニコンFマウント 早速レンズを着けてみました




シャッターもきれい 交換してるのかな


縦用シャッター標準装備


メインダイヤル メニューがさびしい


軍幹部の液晶


背面はNikonとけっこう違います


ファインダー アイカップはありませんでした


メニュー画面は富士のコンデジと似てる


サブ液晶の日付 合わせてないのに合ってます
最近まで使ってたのかな 合わせてくれたのかな


XDとCFのデュアルスロット


今日の写真もいつものGRDⅣで撮りました。お礼にS3PRO1枚目はGRDⅣを。おっフラッシュも点くししっかり撮れてる。



重いのだけが玉にキズ、と思ったら案外軽い。縦グリップ付きの40Dより軽くて持ちやすいです。今年の紅葉はスーパーCCDハニカム SRII 対 X-Trans CMOS、富士フィルム同門対決でもしてみようかな。






コメント