今年もお世話になりました

2012-12-31 15:35:23 | インポート
こんにちは~、マリーで~す。

今日はもう一年の最後じゃないの、うちのおばはんに任せとくとなんだかわけのわかんないことばかり書いてるから、あたしが〆ることになったの。

今年もうちのおばはんのつまらないブログに付き合ってくださって本当にありがとうございました。どうよ、こういうのが一年の最後のご挨拶ってもんでしょう。まったくあの人ときたらさ、大晦日だって言うのにここにきて体調を崩しちゃって、まったく、たぶんこれじゃあお正月中はおうちで寝正月でいくしかなさそうよ。くたびれすぎたんだと思うけど、脚やくるぶしが浮腫んじゃってるのよねえ。これ、横になってるか脚をうえに高く上げてるかすると、血の流れがもとに戻るの。出歩かないで休むのが一番の薬よ。

あの人、今日だけはまだ夕方と夜中に出かけるつもりらしいけど、帰ってきたら明日は夜までなるべく横になってたほうがよさそうよ。来年はまたどんな一年が待ってるのか知らないけど、うちのおばはんも、これを読んで下さってる皆様も健康第一ですよ、無茶しすぎちゃだめですよ~。

そんなわけで来年もまたよろしく、ほんじゃまたね。


コメント

何だか不思議な感じ

2012-12-31 13:22:43 | インポート
今日は大晦日、今は午後の一時過ぎ。夕方には例年のように一年の感謝のミサにいくつもりだ。不思議なのはそのあと、数時間たつと明日になるわけだが、明日はもう2013年になっていて、夜中の0時から先は来年だ。当たり前といえば当たり前だが不思議じゃないか。過ぎた時間は何処へいったのだろう。新しい一年は何処からくるのだろう。とにかくいずれにしてもあとしばらくすれば次の一年の扉が開く。
コメント

明日は大晦日

2012-12-30 18:47:04 | インポート
こんにちは~、あれ? この時間はもう、こんばんは~、かしら? マリーで~す。

お外もすっかり暗くなっちゃって、寒くて冷たい雨が、しとしと、しとしと、降ってるんだけど、時間はまだ5時ちょっと過ぎなのよね。夏の頃はこの時間でもまだ明るくて暑かったのに、秋が過ぎて、冬になって、明日で今年の1年も終わりってなると、真夏の頃の暑さなんて嘘みたい。うちで寒くなって喜んでるのはさあ、たぶん、熱に弱いパソコンくらいなもんじゃないかしらね。

うちのおばはんも寒いとすぐ体調崩しちゃうし、神経痛に悩まされるのよねえ。冬でいいことっていったら、いったい何があるのかしら。スポーツの好きな人だったら、スキーとかスケートとかの楽しみがあるっていうかもしれないけど、うちのおばはんなんか、子供の頃から本の虫でスポーツより机に向かって本を読んでるほうが好きだったんだもん、まあちょっと違うみたいよ。
クリスマスとお正月でおいしいご馳走が食べられる季節?あの人、いまや血圧のことがあって減塩でしょう。甘いものは大好きなのに減量しろって言われてるでしょう。これもちょっと問題みたい。

考えてみるとさあ、夏と昼間、冬と夜って、なんか似てない?夏が明るくて騒がしくて賑やかな昼間の時間だとしたら、冬は暗くなってきて、周りも静かで、自分と向き合って考え事なんかしちゃう夜の時間みたいなんだわさ。

夜が眠りや休息のために必要なように、冬も、きっと必要な時間なんじゃないかしら。生まれたばかりの赤ちゃんが眠りながら日一日と育って大きくなっていくみたいに、大人の人間も一生かけて人間として成長していくために必要な季節なのかもしれないなあ、なんて思っちゃう。もっともうちのおばはんみたいに年々、横に成長しちゃって着られる服が無いなんてのは困るけど。

とにかく明日の夜は真夜中の新年の始まりのミサに行くって言うんだけど、今になってあの人、四ツ谷に行くか、吉祥寺に行くか迷ってるんだもん、ほんとにしょうがないわ。吉祥寺は人があんまりこないから寂しいのよね。早く家に帰れるけど、知ってる人がいないわびしいミサにいくか、帰りが大変で帰り着く時間が遅すぎるくらい遅くなるけど、知り合いのいっぱいいる四ツ谷に行くか、さてあの人、どっちにするんでしょうか?答えは明日のお楽しみだわさ。

てことで今日はおしまい。ほんじゃまたね。


コメント

懐かしい情景

2012-12-30 16:30:17 | インポート
むかし、むかし、そのむかしの日本の家屋ではよくみかけられた形

    
普段の掃除も面倒だが、暮れの大掃除となると、子供たち一同も手伝いに駆り出されたものだ。懐かしい情景。


コメント

年末だ

2012-12-29 21:41:26 | インポート
こんばんは~、マリーで~す。

世間はもう年末年始のお休みにはいってるってのにさあ、年末だってなんだってあたしの出番は無くならないみたいなのよ。まったくうちのおばはんときたらさ、人使いじゃないや、ケータイ使いが荒いんだからもう。ついさっき、あの人と一緒に四ツ谷から帰ってきたとこよ。もうちょっと休ませてくれたっていいじゃないよねえ。

今日はあの人、昼間は一応部屋や台所を片付けたりして、さすがにいつもよりきちんと掃除してたの。それはいいんだけどさ、換気扇を掃除してて、羽を止めるねじを落として、どこに行ったのか見つからなくなって、大家さんご夫妻にまで探すのを手伝ってもらう大騒ぎになってたのよ。挙句の果てに、大家さんが見つからなければもうしょうがないから何か代わりに使えそうなもので留めとくしかないって、探しに行ってすぐよ、何のことは無い、目の前のスリッパの中に入ってるのが見つかったのよねえ。

あの人がドジなのはいつものことだけどさあ、ちょっと間が抜けすぎてるんだわさ。ほんでもってまだあるのよ。教会で上着のポケットにあたしと一緒に定期入れを入れていたのをなぜか定期だけバッグのいつもと違うところに入れちゃって、自分で忘れて、またまた帰りに一騒ぎよ。だから、あたしと同じところに入れとけばいいのにまったくもう、つきあいきれないわよ。

だけど明日は日曜日でしょう。月曜日が大晦日で、四ツ谷は夕方のミサが一年の感謝のミサになってるの。でもって火曜日は元日で、教会では深夜の零時から始まって、日曜日と同じ時間にミサがあるの。つまり予定では連日、教会に行くわけよ。だから毎日、あたしも目覚まし時計機能であの人をたたき起こす仕事があるんだわさ。いやでもつきあわされちゃうからかなわないわ。

せめてあたしや定期を落としてなくしたりしてないだけましかもね。この先もそれだけはしっかり用心してもらいたいわよ。なんか今日はあたしの愚痴で終わりだけどお許しあれ。

ほんじゃまたね。


コメント

静かだなあ

2012-12-29 12:00:09 | インポート
世の中すっかり、年末年始の休暇に入ったようで、twitterもfacebookも一挙に旅行やお出掛けの記事が増えている。このブログのアクセス数をみても今年の終わり間近をつくづくと感じているところだ。 まあ、しかし、こちらはなるべくちょこちょこでも休まずに書き込む予定なので、お暇があったら覗いて見ていただけたらと思う。 とりあえず、ご挨拶まで。
コメント

今日も寒い

2012-12-28 20:40:08 | インポート
こんばんは~、マリーで~す。

とうとう今年も、明日と明後日と、明々後日でもって一年がおしまいよ。一年の間にはいろいろあったんだけど、それでも過ぎてしまえばあっという間なんだわさ。とにかくチェルノブイリの事故から今日までずいぶん年月がたっちゃったもんだって、うちのおばはんはさっき溜息なんかついてたわ。あの人の今の状況の始まりになった原因なんだもんね。

それにしてもさあ、今日も寒いのね。ちょっと前まで暖冬だとかって言ってなかった? 全然暖冬の感じじゃないじゃん。天気予報を見ると明日からは少しは暖かくなりそうだけどさ、うちのおばはんなんか、下着に貼り付けられる携帯用カイロを使わないとただでさえ血行がよくないからすぐ神経痛がでてくるみたいよ。そのくせ汗かきで暑がりなんだから始末に負えないわ。きっとさあ、あの人、体脂肪を落としたら体質も変わるんじゃないのかしら。あたしがそういうとあの人機嫌が悪いけどね。

明日は土曜日でしょう、あの人の聖歌隊は今年の歌い納めなんだけど、昨日からまたもや喉が痛いうちのおばはん、明日は行ってもあんまり歌えないと思うな。咳ばっかりしてるのよ。たぶん、咳止めを飲んでいって、席を暖めてるだけになりそうよ。それでも聖歌隊に行くと、聖歌の言葉やメロディが神様とお話しする助けになるんだっていうのよ。あたしには良くわかんないんだけどさ、神父様のお説教の言葉なんかも時々は、良い助けになるんだとかって言ってるわ。

とにかく、ごミサっていうのが神様とお話しするのに大事な場みたいなの。それにしちゃあ、あの人、よく気をちらしてるんだけどなあ。ん、そこにいることが大事なの? ああ、そう。あの人、怒り出したからこれはこのへんで止めとくわね。明日は歌えても歌えなくても真面目にごミサに行くつもりみたいだし、余計なことを言うとまずい感じ。行きたくても行きたくなくても神様とお話しに行くこと自体が大事なんだから、お前は黙れって言われちゃった。

でも、あの人、すぐにtwitterのNHK_PRさんのとこなんか開いて、あ、今日はタイムスクープハンターがあるから絶対見なくちゃ、なんて言ってるのよ。どっちがほんとのあの人なんだかよくわかんないわ。きっと、両方ともあの人なのね。まったく変てこなおばはんよ。

でもまあ今日はそんなことでこれでおしまいね。 ほんじゃまたね。


コメント

今はむかし

2012-12-27 17:14:02 | インポート
子供の頃は、善と悪がはっきりしていてわかりやすかったねえ。

  
コメント

喉もと過ぎれば

2012-12-27 16:09:32 | インポート
これは3.11の時の大地震直後の阿佐ヶ谷駅の様子。あの日、あの時は阿佐ヶ谷の歯医者さんの帰りだったのだ。

  

今、地震や火山の専門家たちがそろってまだ今後、起こる可能性のある大地震や火山噴火の危険を語っているというのに、政権をとったらもう早速に、原発の新設を取りざたしているのか。まったく政治屋は怖いなあ。


コメント

NHK_PRさんの本のこと

2012-12-26 21:24:46 | インポート
こんばんは~、マリーで~す。

なんかあんまり真剣な話ばかりになると良くないから、今日はまったく違う話よ。うちのおばはんさあ、今はあんまり熱心じゃないけどtwitterのほうも時々書いてるの。

ほんでもってこの頃はもう、自分が書くより知り合いの方たちの書いたものを読むほうが多いの。その中でも特に面白いツイートは別にブックマークしてるくらいよ。一般の方たちだと、猫先生やあんとに庵さん、ma_cocotteさん、tina_naさんに、如月さんに山さんかなあ、特によく読みに行くのは。それにあとはカトリック信者の友人知人のとこよ。

それ以外のマスメディア関係も面白いところが多いけど、よく見るところとなると、やっぱりNHK_PRさんでしょう、TBSのブーさんや日テレさんのとこも結構見てるみたいよ。最初から知ってるアカウントなのよね。

でもって、今度NHK_PRさんが本を出したの。「中の人などいない」っていうんだけど、出版社は新潮社よ。twitterやってない方にはたいして関心ないかもしれないけどさ、うちのおばはんが言うにはやっぱり3.11の時のNHK_PRさんがどう考えて、どう悩んで行動したのかとかはもっと広く知られてもいいんじゃないかっていうの。

NHKって公共機関だし、規則もいっぱいあって、やたらに勝手なことはできないのよね。だけどあの時は本当に大勢の人の命にかかわる時だったのよね。その時、twitterのNHK広報局さんはどう動いたか、NHK自体はどう判断したか、興味があったら是非ともこの本読んでみてちょうだいな。

癖のあるNHKらしからぬアカウントだって自分でも言ってるくらいだけど、本当のお仕事では、番組の脚本を書いたりとかもしてる方らしいのよ。だったらそんなの当然じゃない。創造的な仕事ってありきたりじゃできないもん。

とにかく面白い本よ!!

ほんじゃまたね。


コメント