なかなか面倒なことになってきた

2014-03-30 16:18:03 | インポート

gooのブログに引っ越すのはいいのだけど、もう何年も使っていないのであちらのやり方も忘れてしまっている。こちらはもうじき終わりだし、向こうの使い方をきちんと覚えないとまずい。

あちらも便利なブログなのだが、今ほどブログ全般に慣れていなかったころに使い始めたサービスで、結構ややこしかったのを思い出した。やっぱりこちらと同時に向こうも使わないと使い方が怪しくなっている。慣れていかないとちゃんと使いこなせない気がする。で、少しずつ向こうもいじっている。

gooには3ヶ所、ブログがあるのだが、そのうちの2ヶ所は童話や物語を置いてあるからそれは動かさない。1ヶ所だけブログとして使えるのを今、練習用に使い始めているわけだ。6月すぎてこのplalaのサービス終了後のころにはgooの有料メールサービスも受付開始になるし、それと一緒にブログのほうも有料に変えたいと思っているので、まだ当分この形で行くつもりだ。

そのときに、まったく新規ではじめるか、今、練習用に書いているものをこのまま有料に変えるかまだ決めかねている。どっちにしてもgooは使い方に慣れるまで時間がかかる。アメブロやグーグルのbloggerよりわかりにくい。サービスが幅広い分、初心者やしばらく離れていた人間には時間がかかる。使いこなせれば非常に便利なブログサービスなのもわかっているので頑張らねば。

とにかく一日一回は書いて慣れていくしかない状況だ。

 

コメント

風邪のぶりかえしで一日中家にいた

2014-03-29 22:42:12 | インポート

ニュースから。

うーむ。これは・・・何か相当巨大な変化が起きてる感じ。地震がこわい!!
  http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/snk20140329518.html?fr=rk

 

コメント

借り物の写真だけど面白い

2014-03-28 23:01:44 | インポート
どうせ、後わずかで消えるブログなのでこんなのも。

    
コメント

変身の術

2014-03-28 22:52:57 | インポート
どこに隠れた???

    






※ 消えた記事はこちら http://d.hatena.ne.jp/dabocat/
コメント

うっかり忘れるところだったけどすごく重要な出来事

2014-03-27 20:24:56 | インポート
うちのおばはんて、本当にドジ! まったくこれじゃ困るわ。さっきニュースで袴田事件の袴田さんが釈放されて車に乗り込む姿が出てたのよ。たぶん、袴田事件のことを覚えてる人のほうが少ないんじゃないのかしら。今のこの時代にも本当に冤罪で死刑になるところだったのね。それでも何十年も無実を訴えって人生の大半を牢獄で過ごしちゃったのよこの方。こういうことが現実にあるのよ。


コメント

えんかく(遠隔)サポート

2014-03-27 19:33:08 | インポート
こんばんは~、マリーで~す。

うちのおばはん、ほんとに風邪ひいちゃって調子が悪い上に今日は天気もよくないから一日中おうちにいたのよ。ほんでもってこの前、plalaからケーブルテレビのj.comに乗り換えてから、使い方のわからないところもたくさんあって、今日はおうちにいたからサポートに電話してわからないところを聞いてみたのね。そしたら、それじゃ「えんかくサポート」はいかがでしょうかって言われて、オーケーしたら、面白いことになったのよ。

契約してると、遠くからこちらにあるパソコンに向こうの係りの人が入って機械を操作してちゃんと使えるように設定してくれるの。これなら、ただ電話で向こうの指示を受けながらうろうろ自分でいじるより早いし、正確だわさ。j.com、ほんとにすごいってあの人も感激してたの。

j.comって、本当いうとどういう会社なのかもよく知らなかったんだけど、一応ちゃんと調べてみたら、KDDIとかケータイのauの関連会社なのね。道理でうちのおばはんにケータイもauを薦めるわけだわ。

KDDIもNTTもはるか昔は、おなじ電電公社だったんだから、どっちかっちゅうと、うちのおばはんなんかは白犬のお父さんの会社より信頼感が強いのよね。今、テレビの分、plalaより全体の料金は高くなってるけど、えんかくサポートみたいなすごいサービスつきならそれぐらいしょうがないって、あの人、とにかく感心しちゃったみたいよ。もっともケータイはあたしがいるから当分変えないと思うわよ。

まあ、今日はこんなところで終わりかなあ。やっぱりどこにも出かけられないと話の種もないじゃないの。早く風邪なおしてほしいわ。明日は金曜日だけど、晴れて気温が上がればたぶん吉祥寺教会くらいはいけると思うんだけどさ、雨とか気温が下がるとなかなか体調がよくならないのよね。さてどうなるんでしょうか。

てなことではなしはおしまい。ほんじゃまたね。




コメント

見たい映画

2014-03-26 22:55:09 | インポート
ウォルト・ディズニーの約束、体調が良くなったら絶対見に行く。メアリー・ポピンズが映画のメリーポピンズになった経緯、ぜひ見たい。2ペンスを鳩に、あの名曲がどういう風に生まれたのかも見たい、知りたい。あの本が映画化されたとき、すごくうれしかったけど、話の設定が本で読んだイメージとだいぶ違っていたのも事実だ。今回のこの映画はその辺もちゃんと解き明かしてくれるもののようだ。早く見に行きたいなあ。


コメント

あらら、本式に風邪だ

2014-03-26 08:16:28 | インポート
おっはようございま~す、マリーで~す。

うちのおばはんさあ、夕べ、どうも調子が悪かったのよねえ。ほんでもって今朝起きたらやっぱり本格的な風邪ひきさんよ。しょうがないからお医者さんに行くって言ってるわ。昨日だってさあ、いつもだったら自分でもくだらないかなあと思う話だったら後から別の話を書くのにブログも書き換えるどころじゃなかったのよねえ。

調子良くないから今日はもうこれで更新できないかもしれないんですって。熱があるから頭は痛いし、咳はひどいしで、もうだめって感じ。しょうがないからあたしがここまでしゃべったけど、この後、今日はお休みになりそうよ。朝からごめんなさいね。でもたまにはこういうこともありよね。

じゃあ、悪いけど今日はここまでよ。ほんじゃまたね。


コメント

半信半疑

2014-03-25 16:27:25 | インポート

NHKオンデマンドの見逃し番組を見ているうちに、NHKスペシャル「超常現象」というのがあった。NHKがやたらな話を出していいのかと思ってしまうのだが、それでもつい見てしまい、ついでに、確かにそういうことってあったりするから困るんだなあ、などと考えが二転三転する始末だ。

確かにこの世の中にはどうも変なことも時々起こるような気がする、というか起きると思う。でもなぜかなんてわからない。それを本気で科学的に検証し調べようという方々もいるという話だった。

前知らせとか、夢見が悪いとかなら経験したばかりだから、それはあるだろうなあと思ってみていると、科学者の見地では人間の頭脳だか心だかの働きには、パソコンではないけれどお互いに同期しあう働きもあるらしいというのだ。身内はもちろんだが、人間同士ということでもあのアメリカの9.11テロのときのような大事件のとき、まだ何があったのかわからない時点でもすでに他人同士でも多くの人がこの事件で目に見えないショックを感じていたことを示す研究資料が出ていた。

だいたいカトリック教会には奇跡ということが昔から信じられているくらいで、その中には本物もあったわけだ。あの有名なピオ神父様の実に信じがたいような話もちゃんと記録があるのだから、そんなものはありえないなどと簡単に片付けてよいとも思えない。

今は否定され歴史のかなたに消されているイヴォンヌ・エメ修道女に起こったことも、この先科学の見地から見直される時が来ないともいえない気がする。同じ時間に同時に別の場所に現れる、そんなこともこの先、量子論の研究がさらに進んだら、あんがい実際に何が起こっていたのかわかってくるかもしれないわけだ。彼女の場合、レジスタンスとかいろいろ面倒な背景もあったから、単に宗教のレベルだけで捉えられなかったのかもしれない。

このことでわかるのは、なんというか、人間という存在の不思議さだ。そして、そんな夢みたいな話、馬鹿らしいと片付けられても不思議ではないけれど、それでも確かに奇妙なはなしというのはやっぱりありえるのだ。

 

コメント

実はまだパソコン2台の更新と調整中、その後ちょっぴり追加

2014-03-24 21:50:59 | インポート

というわけで本日はほぼお休みです。ただ、簡単に昨日の続きを書くと、当分まだあせらずのんびり、心の動くまま、風の方向を見ながらで、あわてて動き出したりはいたしません。

twitterにfさんとおっしゃる、在世会員の方がおいでなので連絡を取って様子を伺ってみたいとも思っているところです。ホームページもおありだし、webになれた方のほうがお互いに話が早そうです。彼女、facebookはやらないのかな?大阪教区の川邨神父様とか共通の知人もおいでだし、そう悪くはないと思います。

どちらかというと外堀から埋める作戦でいってみようかというところです。いずれにしてものんびりゆっくり風の吹く方向に、です。

※ 追加でこの後、夜中にふと目が覚めてfacebookにメモをしておいたものも入れておく。

何もなくても自分が本当にやりたいことをやっていたら不満はあま<WBR>りないねえ。精神科の今はなき小此木先生が、心の中の自分の理想<WBR>の異性のイメージを、人は現実の異性に投影して、愛を育てていく<WBR>のだとかっておっしゃっていらっしゃった。そこから類推してみる<WBR>とそれはもしかすると人間の社会生活の全体にも言えることなのか<WBR>もしれない。つまり、たとえばその人の信仰とか宗教生活のありか<WBR>ただってそうかもしれない。同じキリスト教をしんじていながら、<WBR>一人一人その内容は微妙に違うものになっているのは、そのへんか<WBR>らきているのだろう。である以上無理に人真似をするより、自分の<WBR>心の中の理想を信じて追い求めたほうがよい時だってあるわけだ。

 

 

コメント