親子の面会交流を実現する全国ネットワーク

私達は、親子が自由に交流出来るよう、面会交流権の拡大や共同親権・共同監護社会の実現を目指して活動しています。

●ハーグ条約遵守確保のための新たな米国議会議案【HR1940】が提案されました

2011年05月27日 07時52分39秒 | Weblog
クリストファー・スミス下院議員が、ハーグ条約の遵守を確保するための新たな米国議会議案【HR1940】を提案しました。(5月23日)

http://www.govtrack.us/congress/bill.xpd?bill=h112-1940

H.R. 1940: To ensure compliance with the 1980 Hague Convention on the Civil Aspects of International Child...


To ensure compliance with the 1980 Hague Convention on the Civil Aspects of International Child Abduction by countries with which the United States enjoys reciprocal obligations, to establish procedures for the prompt return of children abducted to other countries, and for other purposes.
コメント (27)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ●ハーグ条約順守 日本を疑う... | トップ | ●Article 13(b) of the Hague... »
最新の画像もっと見る

27 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハーグ条約を骨抜きにさせるな (ハーグ条約を骨抜きにさせるな)
2011-05-27 21:14:20
同居親の行動によって、別居親との関係が不当に破壊される現状をなんとかしたいです。

現在の国内法(案)は、ハーグ条約の背景にある親子交流の断絶防止を、骨抜きにしようとしています。

なんとかしたいです。

DV法を悪用して、離婚で親権を有利に得ようとしたり、有利に離婚しようとするのと同じ理屈ですね。

これが実務でまかりとおっています。

子どもの最善の利益を優先する法律家の養成がが必要です。
日弁被連 (日弁被連)
2011-05-27 21:48:59
日本への不信感噴出=子の連れ去りで公聴会-米下院
 【ワシントン時事】米下院外交委員会人権小委員会は24日、国際結婚の破綻後に外国人の妻に子供を連れ去られた米国人の夫らに意見を聞く公聴会を開いた。出席者は、この問題をめぐる日本人の対応は「不可解で不快」などと不信感をあらわにした。
 元海兵隊員の男性は、日本人の元妻が2人の子供を日本に連れて帰った後、子供たちに一度も再会できていないと説明。男性の両親が訪日し、在京大使館を通じて接触を試みたものの無視され、「精神的に打ちのめされた」と語った。 
 男性はまた、日本が親権争いの解決ルールを定めたハーグ条約に加盟しても、事態は改善しないと指摘。日米両国は「法と人権に基づいて直接協議すべきだ」と強調した。
 同じ公聴会に出席したこの男性の顧問弁護士は、ハーグ条約のような多国間の枠組みではなく、米政府は日本と2国間条約を締結するよう要請。小委のスミス委員長(共和党)は「素晴らしい提言だ」と評価し、引き続き当事者から意見聴取を続ける考えを示した。(2011/05/25-11:20)
Unknown (Unknown)
2011-05-29 04:55:35
ハーグ条約なんて良くないよ。共同親権の国では、離婚後も元夫、元妻の親権が続くので、何をするにも干渉される。子供のお小遣いさえ一人では決められない。離婚後、引越しするのも裁判所の許可が必要。日本でもっと良い就職先があっても、日本に帰国できない。親(子の祖父母)の葬式にも行けないということが現実に起きている。ハーグ条約は子のためにならない。

あと、片親親権がいやなら、離婚に同意しなければ良いじゃない。日本では、離婚に同意しなければ、裁判で強制的に離婚するのは非常に難しいのだから。まさか離婚に同意して、親権が不満だとか言ってないよね。
あっそ (あっそ)
2011-05-29 09:45:58
あっそ

あんた理解浅い (あんた理解浅い)
2011-05-29 09:47:50
理解あさい人によくある発言なので無視でいいですね。
Unknown (Unknown)
2011-05-29 16:59:16
親が、我が子をかわいいと愛する気持ち。子どもが、親を慕う気持ち。 当たり前のことと、思わない人が現実にいます。 法律で縛りすぎるのは、よくないですが、そんな卑怯なことを平気でしている人間を縛ることは必要です。
Unknown (提訴)
2011-05-29 20:32:11
あと、片親親権がいやなら、離婚に同意しなければ良いじゃない。日本では、離婚に同意しなければ、裁判で強制的に離婚するのは非常に難しいのだから。まさか離婚に同意して、親権が不満だとか言ってないよね

ああこれね 離婚できない女性が自称DV被害者に変身するケースもあるしね。
それに無理やり別居すれば破綻主義で簡単に離婚できます。
知ったかぶりでハーグ条約を非難するのは日本人女性の誘拐行為の被害者に失礼です。
言っていることが失笑ものです。
Unknown (Unknown)
2011-05-29 22:28:37
そうです。子どもを、突然、何の予告も話し合いもなく、連れ去り引き離すことで、子どもを利用し精神的な持久戦に持ち込めば、連れ去りをした親の計画通りに離婚になります。 その陰で、親族が協力している現実もあります。 子どもを、突然、連れ去られ引き離しにあっている親の苦しみや悲しみが、どんなものか想像できますか? 卑怯なことを平気でする親は必ずと言っていいほど、子どもをダシにして、どんな手段をも使います。 子どもにとっては、どんな親でも父親であり母親です。子どもを、親の板挟みにしたくないから、引き離された親は、何も言えません… そんな、親子にとって理不尽なことを許すわけにはいきません。離れていても、家族で、親子でいたいのです。 離婚しなくても、子どもを、かわいいと思えない親はたくさんいるでしょう? そんな、親と同じにしないでください。
Unknown (提訴)
2011-05-29 23:54:17
まさか離婚に同意して、親権が不満だとか言ってないよね。

ああ言い忘れたけど、僕、調停経験者じゃない若造?ハーグ条約にDVだーと反対する金魚のフンの部類?そんな僕に教えてくれるけどね、
日本の調停では子供に会いたかったら金払え、
親権譲れ 断れば子供に会わせない
そんな脅迫交渉が裁判所で普通にあるんだけどね。そのうえ現状維持で親権者の適正も無視して親権者になれるんだよね。
母親が8割も親権とる母子家庭大国日本では子供の親権はバーゲンセール 子供の虐殺に母子家庭 
くだらんケチをつける前にお勉強しなさい。
出鱈目言うねー (2011-05-29 04:55:35)
2011-05-30 02:04:10
>破綻主義で簡単に離婚できます。
へー。簡単に離婚できるようになったんだ。前調べたときは、別居期間は相当長かったと思ったが。知ったかぶりとは誰のことやら。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事