親子の面会交流を実現する全国ネットワーク

私達は、親子が自由に交流出来るよう、面会交流権の拡大や共同親権・共同監護社会の実現を目指して活動しています。

●Japan's 'silent tsunami' severs parental ties, wrecks children's lives (The Japan Times Online)

2011年09月02日 02時34分01秒 | Weblog
ジャパンタイムズに以下の記事が掲載されました。
ケビン・ブラウンさんの自転車旅行のことも書いてあります。

Japan's 'silent tsunami' severs parental ties, wrecks children's lives The Japan Times Online

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fl20110830hn.html


I am the cofounder of Children First (childrenfirst.jp), an NPO that focuses on children's issues. Every three minutes another child loses all contact with one of their parents after divorce. Every seven minutes another child is a victim of school bullying. Every 12 minutes another case of child abuse is reported to protective services. Every week at least one child dies as the result of abuse.

Children First is working to overcome these issues and other problems affecting children. But we can't do it alone. We need the help of Diet members and policymakers to change things so Japan is a better place for children.

Most people are aware of bullying and abuse. These two issues make the headlines often. But a problem I and many other parents find more alarming is that every three minutes a child loses contact with one parent due to divorce.

On March 11, more than 16,000 people died; about another 5,000 are still missing. Hundreds if not thousands of children lost at least one parent on that day. Since March 11, more than 82,000 children have lost contact with one parent due to divorce.

This is a silent tragedy that is spreading like a cancer throughout Japan. It is preventing children from reaching their full potential. It is destroying families and family values. It leaves children confused about the future and it reduces their chances of having a normal life. It leaves some parents and children to deal with unimaginable grief. It is a silent tsunami that many people don't know about. The family courts and the Japanese legal system are allowing this tragedy to continue.

In 2006 the Supreme Court made a DVD titled "What Couples with Children Must Think About When They Live Apart." Surprisingly, the family courts don't show this video to parents. Quite the opposite: They hide the existence of this DVD and family court judges make rulings that go directly against the message contained in the DVD — that children need both parents to be happy. Some family court lawyers are unaware that this video exists.

Now, the average parent gets four hours of visitation per month with his/her child. This is hardly enough time to form a bond or make a difference in a child's life. Some parents use parental alienation to destroy the relationship the child once had with the noncustodial parent.

According to the United Nations Convention on the Rights of the Child (UNCRC), children are entitled to have a relationship with both parents. If for some reason the parent and child are separated, the state (Japan) must re-establish contact with the left-behind parent. Of course, this never happens. So, the family court has failed twice. They don't follow the advice of the Supreme Court DVD and they ignore the UNCRC, which is equivalent to a law.

I think it is time to review the rulings of judges throughout Japan and get rid of the ones who make bad rulings. I have been told by lawyers that judges sometimes don't even look at the case files and are unprepared for what takes place in court. Bad judges need to be removed from the bench.

Mr. Prime Minister, I am asking you to take the necessary steps to remove bad judges as well as pass laws that guarantee children will have a long and meaningful relationship with both parents. Furthermore, I would also like you to pass laws that do a better job of protecting children from abuse and bullying, as well as implement better policies for reporting abuse and bullying. Teachers and bureaucrats are the key to eliminating abuse and bullying. I hope you give them the necessary tools to make a difference.

Currently, I have an active court case but that should soon change. On Sept. 13, the judge will make a ruling on my case regarding divorce and custody. If history is any indication, there is a 100-percent chance that I will lose. I plan to ride my bicycle from Kumamoto, where my court case is, to the Supreme Court in Tokyo. I will demand that family law be changed. I will stop at prefectural offices along the way and garner support from governors. I have taken eight weeks off of work for this cause. You can follow my progress on the Children First Japan Facebook Page (www.facebook.com/pages/Children-First-Japan/115396388532379) or the Joint Custody in Japan Facebook Page (www.facebook.com/oyako) and you can also find more information about my trip on my blog Children First Japan (kwbrow2.wordpress.com).

KEVIN BROWN
Nagoya

【写真の説明】

Left behind parents who have lost contact with their children after divorce or separation from their Japanese spouses march through Tokyo with their supporters on Aug. 23. The demonstrators urged Japan to sign the Hague Convention on the Civil Aspects of International Child Abduction and amend its current child custody laws. Left Behind Parents Japan planned the march to coincide with U.S. Vice President Joe Biden's visit to Tokyo. SIMON SCOTT PHOTO



(以下、親子新法連絡会仮訳)

日本の”静かな津波”が親子の絆を断ち切り、子ども達の人生を台無しにする

次期首相に

私は、子どもたちの問題に焦点をあてるChildren First(childrenfirst.jp)という団体の共同設立者です。

3分おきに1人の子どもが、親の離婚後に片親に会えなくなります。7分おきに、学校で子どもどうしのいじめが起きています。12分おきに1人の子どもが児童虐待にあいます。1週間に1人以上の子どもが児童虐待で亡くなります。

Children Firstは、子ども達に関するこれらの問題や他の問題も解決できるように活動しています。しかし、私達は一人では活動できません。子ども達にとって日本がより良い国になるように様々な事を変えるためには、国会議員や政策担当者の支援が必要なのです。

ほとんどの人々がいじめや虐待に気づいています。この二つの問題は、しばしば新聞の見出しになります。私や多くの両親がびっくりすることは、3分おきに1人の子どもが片親に会えなくなることです。

3月11日に16,000人を超える方が亡くなりました。まだ5,000人以上の方が行方不明です。少なくとも数百か数千人もの子どもが片方の親を失いました。3月11日以降、親の離婚により82,000人以上の子どもが片方の親との接触ができなくなっています。

これは、日本中に癌のように広まっている静かな悲劇です。それによって、子どもたちは最大限の可能性を広げることができません。家族が壊され、家族重視の価値観が壊されているのです。子どもたちが将来まで混乱することとなり、普通の生活を送る機会を奪っています。親子が接触できないことで、両親や子どもは想像を絶する悲しみに苛まされています。それは多くの人々が知らない静かな津波です。家庭裁判所と日本の法制度によりこの悲劇が続いているのです。

(以下、エキサイト翻訳)

2006年に、最高裁判所は、「子供と一緒にいるどんなカップルが、ゼイ・リブであると離れて考えなければならない」と題をつけられたDVDを作りました。 驚いたことに、家裁はこのビデオを両親に見せません。 かなりの正反対: 彼らはこのDVDの存在を隠します、そして、家裁裁判官は子供が幸福になるように両方の両親を必要とするというDVDに含まれた直接メッセージに不利に働く判決をします。 家裁弁護士の中にはこのビデオが存在するのを気づかない人もいます。

今、普通の親はその人の子供と共に1カ月あたりの4時間の訪問を得ます。 これは子供の人生において債券を形成できないか、ほとんど効果があることができないくらいの時間です。 両親の中には子供が子どもの保護監督権のない親と共に一度持っていた関係を破壊するのに親の疎外を使用する人もいます。

国連児童憲章(UNCRC)によると、子供は両方の両親との関係を持っている権利を与えられます。 ある理由で親子が切り離されるなら、州(日本)は後に残している親との接触を回復しなければなりません。 もちろん、これは決して起こりません。 それで、家裁は二度行き詰まりました。 最高裁判所DVDのアドバイスに従いません、そして、彼らはUNCRCを無視します。(UNCRCは法に同等です)。

私は、悪い判決をするのが、日本中で裁判官の判決を見直して、ものを取り除く時間であると思います。 私は裁判官が時々ケース・ファイルを見ていなくてさえいなくて、また法廷で行われることのために準備ができていないと弁護士によって言われました。 悪い裁判官は、ベンチから取り除かれる必要があります。

さん首相、悪い裁判官を免職して、保証子供には両方の両親との長くて重要な関係があるという法案を可決するために必要な措置を取るようお願いしています。 その上、また、私は、子供を虐待から守って、いじめの、より良い仕事をする法案を可決して、乱用といじめを報告するための、より良い政策を実施して欲しいと思います。 教師と官僚は、乱用を排除するキーであり、威張り散らしています。 あなたが効果がある必要なツールをそれらに与えることを願っています。
ナカノ2011年08月30日 17:13
(訳の続き)

現在、私には、アクティブな裁判例がありますが、それはすぐ、変化するべきです。 9月13日に、裁判官は、離婚と保護に関する私のケースの上で規則を作るでしょう。 歴史が指示のいずれかであるなら、私が損をするつもりであるという100パーセントの見込みがあります。 私は、東京で私の裁判例がそうである熊本から最高裁判所まで私の自転車に乗って行くのを計画しています。 私は、家族法が変えられるのを要求するつもりです。 私は、道に沿って県庁に止まって、知事からサポートを集めるでしょう。 私はこの原因のための仕事を8週間取り去りました。 あなたは日本のフェイスブックページ(www.facebook.com/oyako)でChildren First日本のフェイスブックページ(最初のwww.facebook.com/ページ/子供日本/115396388532379)かJoint Custodyで経過を見守ることができます、そして、また、私のブログChildren First日本(kwbrow2.wordpress.com)で私の旅行に関する詳しい情報を見つけることができます。

ケビン・ブラウン
名古屋

【写真の説明】

後に残されて、彼らの日本人の配偶者からの離婚か離別の後に彼らの子供から連絡が絶えたParentsが、8月23日の彼らの支持者と共に東京を通って行進します。 デモンストレーターは、国際的な子の奪取の民事面に関するハーグ条約に調印して、現在の児童保護法を改正するよう日本に促しました。 左のBehind Parents日本は、東京への米国副社長ジョー・バイデンの訪問と同時に起こるように行進を計画していました。 サイモンスコットPHOTO

(写真は同記事から転載させて頂きました)
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« ●「家裁通信簿をつけよう!」... | トップ | ●ケビン・ブラウンさんの自転... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Prime Day - Amazon Music Unlimited $ 3 (MelvinCab)
2018-07-13 02:26:12
Go music 3$
1Xbet (JamesVulge)
2018-09-08 05:48:33
1XBET зеркало С Нами выигрывают
1Xbet (JamesVulge)
2018-09-14 05:21:50
Заходи ,не тяни http://refpaoxs.host/L?tag=s_93587m_1234c_46853&site=93587&ad=1234&r=ru/live/

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事