迷レンズ探訪

あまり陽の目を見ないレンズやカメラを取り上げていきます。

ケロちゃんちのレンズ KOWA SER 50mm F2

2018-08-25 23:36:09 | Miscellaneous Lens
薬局のカエルのケロちゃんやマイクロフォーサーズ用プロミナーレンズでおなじみの興和ですが、1960年代から70年代にかけて35ミリ判レンズシャッター式の一眼レフSERシリーズを販売していました。その標準レンズは明るさ違いで3種あったようですが、そのうちのF2の明るさのレンズ、KOWA SER 50mm F2です。


レンズシャッター式一眼レフと言えばトプコンが有名ですが、コーワSERシリーズも28mmから200mmまでレンズを取り揃えていました。ただ35ミリ判レンズ交換式一眼レフを販売していた期間が比較的短かったようですので、今ではお目にかかる機会はかなり少ないようです。私のレンズも、汚い状態でレンズ単体でリサイクルショップのジャンク箱の中におかれていたものを救出してきました。
ビハインドシャッターで、ボディ側に絞り環がついているので、レンズ単体ではピントリングを回すくらいしかできません。


 レンズ構成  4群6枚
 最短撮影距離  0.7m
 フィルター径  49mm

レンズは手に入れたものの、マウントアダプターは市販されていないので作るしかありません。作成用にボディを探していましたが、なかなか見つからず、ずっとほったらかしになっていました。マウントアダプター用のパーツ捜索をあきらめ、レンズにマウントを付けて改造することを考えました。フランジバックが長いと予想されるので、ジャンクレンズから取り出したM42マウントを使ってデジタルで撮影できるようにしました。


写りはというと、少し色乗りは地味ですが、しっかりした写りをしています。


近距離で絞り開放ではちょっと二線ボケのようなものも少し出ます。


こういうボケもなかなか面白いですね。

いずれも SONY α7+KOWA SER 50mm F2

※分解や改造は自己責任でお願いします。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 縦長の摩天楼 | トップ | コニカFマウントレンズをデジ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Miscellaneous Lens」カテゴリの最新記事