タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

バンコクのBTS プロンポン駅周辺が 東京の表参道に ?

2019年07月12日 | タイの名所、名物、料理
 
 BTS(高架鉄道)のプロンポン駅周辺、着々とショッピング エリアに近づいています。

同駅があるスクンビット通り(ソイ22~26)界隈を「シンガポールのオーチャード通りや
東京の表参道のようなショッピング地区に育てよう」という目論みがあるようですからネ。
もう この界隈は ホント 住むところでは無くなりますヨ。 表参道とは参りましたネ。

 
 <エムクオーティエ>

同駅と直結した高級商業施設「エンポリアム」の真向いにプロンポン駅を挟んで、これと
瓜二つのショッピングモール「エムクオーティエ」がオープンして4年が経ちました。

これでプロンポン駅とその周辺が一変してしまいました。さらに 現在、ソイ22とベンチャシリ
公園の間に100億バーツをかけて、2022年の完成を目指している「エムスフィア」が建設中です。

 
 <エムスフィアの建設現場>

サイアム パラゴンも傘下に持つザ・モールグループにより建設されている大規模プロジェクト
「エムスフィア」の完成で、“世界に誇れるワールドクラスの商業施設エリアを” という
コンセプトどうり、同駅周辺が 東南アジア有数の巨大シッピングエリアになりそうです。 

一時期、インターネット上で プロンポン駅が、エムの頭文字をつけた “エム(EM)・ディストリクト駅”
という名前に変更されるという噂が広まり、BTS社が それを否定する事態になったことがありましたネ。

 
 
運営するザ・モール・グループは、3施設周辺を「エム・ディストリクト」と称して一大
ショッピング地区にする計画です。それで、“エム・ディストリクト駅”という名前が
出てきたのでしょう。 3カ所を 合わせると東京ドームが5個入るというから驚きです。

三つ合わせて65万平方メートルの延床になり、世界のブランド品、タイの有名ブランド品など、3カ所で
1,000ブランドを集結させるとか。また、6,000人収容の「EM LIVE」が建設され、世界中でスタジアムや
アリーナを運営しているAEG社と組み、タイのエンターテイメントのハブをも目指すといいます。

 
 <ここに東京ドーム5個が入る?>

ザ・モールグループは、今後5年間の計画を発表。グループ関連のショッピングモールにタイ人、外国人を
合わせて1年に5億人の来客を見込み、また今後5年で800億バーツ(約2,800億円)をかけて、新規
事業などを展開するとしています。多くの巨大モールが乱立する中、そんなに上手くいくか疑問ですけどネ。

二つ目の「エムクオーティエ」がオープンした際、当時 ザ・モール・グループ率いるスパラック氏は、
“プロンポン駅周辺をタイ人の富裕層や外国人向けショッピング地区の確立を目指す” としていました。
しかし 今や、富裕層の間でもオンラインショップの売り上げを伸ばしている時代です。

 
 <スパラック氏(左)>

大規模なショッピングモールについても、様々な趣向を凝らすことが必要で、そのあたりは
ザ・モールグループの腕の見せどころとして、注目されるでしょうネ。どうなりますか ・・・  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

コメント   この記事についてブログを書く
« タイの高齢化社会に向かい 雇... | トップ | タイの女子 ランクン選手 ト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイの名所、名物、料理」カテゴリの最新記事