タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

バンコク都の二回目ワクチン接種、7割が終了した!

2021年10月20日 | タイの海外安全情報

 昨日、バンコク都は19日時点でワクチン接種を二回完了した都民が70%を超えたと発表。

同日で接種完了者は5,437,553人となり、バンコクの総人口の70.63%に達したとのことです。

77都県のうち、県別で接種二回の完了が7割を超えたのはプーケット県に続いて2カ所目。

 

タイ王国政府官報によりますと、20年12月31日現在のバンコク都の人口は、5,588,222人。

当然ですが、77都県のうち、バンコク都の人口が最多です。(タイ全土では66,186,727人)

 

ただビフォーコロナの人口は、都に登録していない、或いは出稼ぎの人たちを含めると

800万人とも一千万人とも言われていました。コロナ禍でバンコク都内から離れた人も

多いでしょうから、現在 実際のバンコク都の人口は、700万人前後が妥当でしょうかネ。

 

人口が集中しているバンコク都、当然 感染者も また 多く確認されています。昨日の都内の

新規感染者は全国トップの1,037人でした。(タイ全国では一万人を割って9,122人)

 

 <バレーボールの選手もシノベック接種後に感染しています>

 

さて、バンコク都のワクチン一回接種者は、既に100%を超えているようですが、

中国製のシノバックワクチン接種の人が多いでしょうから、油断はできませんネ。

 

住民登録していない出稼ぎの人も多いので、正確な人口を計るのは難しいですが、

とは言え、タイ政府やバンコク都知事が言及していた、外国人旅行者を隔離無しで

受け入れるための条件、市民7割のワクチン接種をクリアしたことになりました。

 

 <病院を視察するアサウィン都知事>

それを受けてか、バンコク都のアサウィン知事は、来月からの正式な観光客受け入れに

備えて、受け入れを支援する委員会を設立する条例に署名しています。委員会には、観光

 

スポーツ省、公衆衛生省、外務省、入国管理局、タイ空港の代表者が参加します。また、

タイ商工会議所、タイ工業連盟、タイホテル協会なども顧問として構成されるとのこと。

 

先月は、ワクチン接種率が低すぎるとして10月の受け入れを、タイ政府に懸念を示し

ていたアサウィン都知事でしたが、“今回は体制が整った” として力強く語っています。

 

「ワクチン接種していれば隔離無し」と なっても、日本が低リスク国に入らなければ、

意味ありません。近日中に その対象国が発表されるようですが、多分 大丈夫でしょう。  


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« タイ国は中国製シノバックワ... | トップ | ZOZOチャンピオンシップに日... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

タイの海外安全情報」カテゴリの最新記事