タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

ZOZOチャンピオンシップに日本人が19人も出場!

2021年10月21日 | 日本のゴルフツアー あれこれ

 いよいよ今日から開幕する米国男子ツアー日本開催の「ZOZOチャンピオンシップ」。

アコーディア習志野CC(7,041ヤード、パー70)にて、各日 上限5,000人の有観客で

 

開催されます。賞金総額は995万ドル(約10億9,450万円)、優勝賞金は179万ドル

(約2億430万円)。やはり規模が違いますネ。 また 予選カットはありません。

 

何と言っても松山英樹プロのプレーを再び見られることが一番の楽しみですよネ。

東京五輪で銅メダルのプレーオフに敗れ、4位になってから約三カ月。マスターズ

 

王者が帰ってきました。日本人初のマスターズ王者となって以降、事実上、初めて

日本のファンの前でプレーする “凱旋試合” に。東京五輪の時は無観客でしたからネ。

 

 <松山プロは今日、五輪 金のシャウフェレ選手とプレー>

4月のマスターズで、3年8カ月ぶりに優勝するなど、主戦場は米国ツアーとはいえ、日本の

冬場などに国内ツアーにも出場していましたが、昨年以降はコロナ禍で五輪の出場だけでした。

そう、最後に国内で勝ったのは、16年11月の「三井住友VISA太平洋マスターズ」でしたネ。

 

二年前の同大会ではタイガー・ウッズ選手と優勝を争い、2位に入りました。ゴルフファンに

とって、これ以上の演出はありませんでした。今回、ウッズ選手は居ませんが、祖父が日系

 

二世で「豊」のミドルネームを持つ、現在 好調なリッキー・ファウラー選手のプレーを、

日本で見ることができます。今度はファウラー選手と松山英樹プロの競いを観てみたいな。

 

今大会はコロナ禍ならではの事情があり、思わず 多くの日本人選手の出場が可能となりました。

78人の出場選手に滑り込んだのは、比嘉一貴・大岩龍一・永野竜太郎・岩田寛・稲森佑貴・

ショーン・ノリス(南アフリカ)の6人で、全員が日本ツアー側からの選手です。

 

全員がウェイティングからの繰り上げ出場でした。二年ぶりの日本開催にあたってPGAツアーの

選手たちはチャーター機で移動します。搭乗前の検査などによって来日できなくなるケースが

あり、その場合は日本ツアーのランキング順に出場権を繰り下げる決まりになっていました。

 

PGAツアーの選手が欠場すれば、本来PGAツアーのウェイティング選手が枠を埋めることに

なります。が、72時間以内のPCR検査など検疫措置をクリアすることは難しいとの判断です。

実際に繰り上げ出場に望みを託して、日本へ来た選手は居なかったようです。

 

コロナウイルスは悪いことばかりでなく、頑張っている6の選手には素晴らしい贈り物を

寄与しました。 今回は日本勢は19人も出場しますので、応援のし甲斐がありますネ。  


コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« バンコク都の二回目ワクチン... | トップ | タイ基準の低リスク国リスト... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大物プロは軒並み欠場 (山中)
2021-10-21 11:49:56
ZOZOチャンピオンシップ 賞金額はメジャー並みですが、出場選手を見たら、ワールドランキング上位20人のうち、出場するのは、たったの3人だけとは、寂しい大会になりましたね。
コーリン・モリカワ(ランキング3位)
サンダー・シャウフェレ(5位)
松山英樹(19位)
2019年の大会には、タイガーウッズほか、錚々たるビッグネームが勢揃いしましたが、コロナ禍もあったのか?米国ツアーの裏街道ツアーみたいになってしまって残念です。
https://sportsnavi.ht.kyodo-d.jp/golf/stats/pga/rank/65.html
今田竜二が招待出場になり、なんだか、お遊びゴルフ大会みたいになって、興覚めです。
ところで、nagaichiさんは帰国中ですから、観戦にお出かけになられるんでしょうか?
前回は大型台風が来て、大変な事態になりましたが、今回は天候は良さそうで何よりです。

コメントを投稿

日本のゴルフツアー あれこれ」カテゴリの最新記事