タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

フアランポーン駅は鉄道博物館として再出発する!

2021年09月26日 | タイの名所、名物、料理

 タイの人たちには「フアランポーン駅」として親しまれていますが、正式な呼称は

「クルンテープ(バンコク)駅」です。外国人の間でも、そうですネ。昨日からの続き。

 

フアランポーン駅の建設は1910年に始まり、その六年後に最初の列車が到着しました。

1916年の開業から100年以上が経った長い歴史を感じさせる建物、ステンドグラスから

漏れて来る光が懐かしい。長い独特なプラットホームと、タイ国らしいのんびりとした

 

雰囲気はワクワクさせ、旅情を大いに掻き立てるものでした。欧米人はじめ外国人にとっても、

鉄道旅行のロマンの一つとなっていたんではないでしょうか。独特の雰囲気がありますよネ。

 

バンコク都の街中にポツンとある洋風な建物は当然の流れでした。 タイ国を近代国家に導いた

チュラロンコン王(ラマ5世王)が在位したのは1868年から1910年です。即位すると、欧米に視察

 

旅行へ。そこで タイの立ち後れを実感し、改革に着手しました。現在の王宮などの建物も洋風に

しています。 その時代の流れが、フアランポーン駅もそのような建築になったんでしょうネ。

 

当時、多くの依頼を受け19世紀末頃にタイで活躍したイタリア人建築家マリオ・タマーニョが、

ドイツのフランクフルトの中央駅からヒントを得て、設計したもので フアランポーン駅は、

タマーニョの最高傑作と言われているそうですからネ。欧米人に好かれるのも理解できます。

 

ビフォーコロナのピーク時には、年間3,700万人がフアランポーン駅を利用していたといいます。

多くの人が行き来し狭く感じましたが、バンスー新中央駅が開業すれば、東南アジア最大の

ターミナル駅となるので心配無用です。来年あたり落ち着いたバンスー駅も見てみたいですネ。

 

 <バンスー中央駅>

フアランポーン駅が閉鎖することでメリットもあるようですヨ。それは、タイ国鉄の中長距離

列車は、バンコク都内中心部を通過しなくなる為、渋滞緩和が期待できるとしています(苦笑)。

 

同駅は貴重な建物であり、タイ国鉄は今後、商業施設を併設する鉄道博物館にして保存

されるといいます。博物館として生まれ変わったフアランポーン駅も名物になるでしょう。

 

 <JR北海道から譲りうける列車>

そう言えば今月初め、JR北海道は2016年以降に廃車になった17の車両をタイ国鉄に寄贈する

というニュースが流れていました。これらの列車が到着後に安全検査と改修を行ない、タイで

観光列車として運行できるようにするとのこと。 輸送費と改修費はタイ国鉄が負担します。

 

2022年以降の運行開始を予定しているこれらの列車は、歴史あるフアランポーン駅よりも

近代的な今風の駅となるバンスー新中央駅のほうが、お似合いかも知れません。楽しみです。  


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 首都の顔 フワランポーン駅の... | トップ | 中島啓太クンは きっと、ファ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

タイの名所、名物、料理」カテゴリの最新記事