タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

渋野プロはゴルフ界だけでなく 日本人に希望を与えている!

2019年08月11日 | 日本のゴルフツアー あれこれ
 
 都内の寄席で最近、寄席の芸能・紙切りで 渋野日向子プロのリクエストが多いんだとか。

「紙切り」は観客の目の前で、1枚の紙からハサミで人物、風景などを作りあげる芸です。
観客から注文を取り、わずか数分で作品を完成させますが、渋野プロと「小泉進次郎議員と

 
 <寄席の芸能・紙切り>

滝川クリステルさん」のリクエストが、1番2番を争うそうです。小泉議員と滝川さんは
分りますが、ゴルフを知らない多くの人まで “世界一の笑顔” に魅了されているんですネ。

二人の寿報道が出て渋野プロはマスコミに対し、“注目するなら そっちに行って、
って感じです” と本音とも冗談とも言っていましたが、そうはならないようです。

 

昨日の「北海道 meiji カップ」では、体調不良を抱えながらも11位から出て3バーディ、
1ボギーの70で回り、通算4アンダーの140で9位に浮上しました。これで全英の試合を
含めて24ラウンド(国内20)連続でオーバーパーがないというから素晴らしいですよネ。

近年の日本の男女ツアーでは、優勝しても次の試合では あっさりと予選落ちしてしまう選手が、実に多い
ですよネ。また初優勝から2勝目を遂げるのに時間がかかったり、遂げていない選手も少なくありません。
渋野プロは ここが大きく違いますネ。「ワールドカップ」で勝った後、すぐ2勝目を挙げています。

 
 <資生堂 アネッサ レディスで2勝目>

もし「北海道 meiji カップ」で、日米2週連続優勝をつかめば、日本女子では1987年に
岡本綾子さんが、国内優勝後に米国ツアーで優勝して以来32年ぶりになるといいます。

まさか優勝はないでしょうが「樋口久子以来42年ぶりのメジャー制覇」に始まり、今度は
「岡本綾子以来32年ぶりの日米連続優勝」と、マスコミの間でお二人の名前が 久しぶりに飛び

散っています。さぞかし お二人も嬉しいでしょうねぇ~ 20歳という孫にあたる年齢の渋野プロが
二人の偉大さを、改めて 引っ張り出しています。若い人は お二人を知らないでしょうから ・・・

 

凱旋試合として臨んでいる今、“注目されているけれど、プレッシャーに感じていなく、なんとも
思っていない” といいます。快挙達成の前から、変わることなく自然体を貫けているから立派です。

国内で賞金女王に輝いた翌年の2008年から13年まで米国を主戦場とした上田桃子プロ。米国で勝利を
挙げることはできませんでしたが、渋野日向子プロについて語っています。「国内ツアーでも凄く良い

選手と感じていたが、全英の優勝は本当に凄い。ショットからパッティングまでスキがないし、
4パットした後でも攻め続けることができる精神力。心の部分でも20歳と思えない」と絶賛です。

 

「宮里藍ちゃんにしても、有村智恵にしても米ツアーに行っていた選手からすると、メジャーで勝つには
例えば『英語が必要』とか思っていたが、そういう概念が崩れた。正解はないことを彼女に教えられた」
と話しています。 渋野日向子プロの活躍は、日本のプロたちをもメジャーに近づけましたネ。 

ゴルフ界だけでなく若い人は『出来ない理由』を先に上げがちです。彼女のメジャー制覇は、
あちこちで 良い教訓になっているようです。 それがゴルフですから嬉しいですネ。  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト


コメント   この記事についてブログを書く
« これでタイのタクシー、ソン... | トップ | シリキット王太后陛下は87歳... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本のゴルフツアー あれこれ」カテゴリの最新記事