タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

女子のメジャー戦、今度は勝みなみプロが制覇!

2021年10月05日 | 日本のゴルフツアー あれこれ

 1968年にスタートした「54回 日本女子オープン選手権」を制したのは勝みなみプロでした。

第一回目の優勝者は、後に「全米女子プロゴルフ選手権」でも優勝した樋口久子さんでしたネ。

 

アマチュアの時からの夢の舞台で、一番欲しかったタイトルを通算6勝目で、ついに

成し遂げました。最終日、2位を1打リードの単独首位からスタートし 6バーディー、

 

 <四冠のトロフィーで喜び一杯>

1ボギーの66で回って通算14アンダーとし、2位に6打差をつけての圧勝でした。

念願だった「日本一の女子ゴルファー」の称号を、ついに 手中に収めました。

 

これで、2014年「日本ジュニア」、15年「日本女子アマ」、同年「日本女子オープン」ロー

アマチュア(11位)に続き、日本ゴルフ協会(JGA)主催競技 すべて制覇したことに ・・・

 

この日本タイトル四冠を達成しているのは、過去に宮里藍さん、諸見里しのぶプロの二人だけ。

さすが 畑岡奈紗プロと共に1998年度生まれの黄金世代をけん引してきた勝みなみプロです。

 

高校一年生で出場した2014年の「バンテリンレディスオープン」で史上最年少優勝を

飾っていましたっけネ。17年7月の最終プロテストに一発合格してプロに転向しました。

 

近年は、トレーニングで肉体改造を図り、ショットの精度を武器に、今季のドライビング

ディスタンス254.71ヤードという、原英莉花プロに次ぐ「飛距離アップ」の賜物でしょう。

 

このメジャー優勝で、日本ツアーの三年シードも確保しました。来年の秋には、米国ツアー出場権を

かけた予選会に挑むようです。そう、このように一歩ずつ世界への階段を登って行ってほしいですよネ。

 

<昨年の覇者 原英莉花プロは11位タイに>

まぁ~ 女子ゴルフは、主役選手が 入れ替わり立ち替わり に登場しますネ。賞金ランク

2位の小祝さくらプロは、まさかの予選落ちでした。9月のメジャー戦「日本女子プロ

 

選手権コニカミノルタ杯」では 圧倒的な強さで優勝し、メジャー大会連勝がかかっていた

稲見萌寧プロは、52位タイで戦いを終えています。でも賞金ランクの1位は変わりません。

 

稲見プロ、相当 疲れているようです。調子が悪い上に、日本女子オープンで良い思い出はなく、

烏山城CCも苦手なコースと、悪い意味での三拍子が揃ってしまった、と本人が語っています。

 

いつもは、大会最終日の翌日も練習をするルーティングをやってきましたが、疲労感が半端

じゃないなので、コンディションを回復すべく、このルーティングを崩し、少し休むようです。

今季ワーストの77も叩き、らしさを発揮できず。 でも 彼女も普通の女の子で良かったです。  


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 男子ゴルフ、今度は久常涼プ... | トップ | タイは来年から外国人旅行者... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日本のゴルフツアー あれこれ」カテゴリの最新記事