タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

東京五輪ゴルフ、女子は3人出場が理想的だけど!

2020年01月02日 | タイのゴルフ、あれこれ
2020年の新年が明け、何がトピックスかって、何といっても東京オリンピックです。

私の注目はやはりゴルフですネ。そのゴルフで女子は、日本の五輪出場枠、三人になる
可能性が出てきています。 19年12月30日付で更新された世界ランクで、19年の賞金

 

女王を獲得した鈴木愛プロが一つ順位を上げ15位に浮上してきました。日本人トップの畑岡
奈紗プロが6位、渋野日向子プロは11位。日本勢はついに、15位以内に三人が入りました。

日本女子選手が世界ランクに三人も入るレベルになってきました。韓国勢の女子のようです。日本の
レベルもここまで来たんですねえ~ 2016年のリオ オリンピックにゴルフが競技種目に112年ぶりに
復活されて以来、出場資格が云々されてきました。ですが、初めて「2」から「3」へ、三人の枠入りです。

 

あくまで、現時点での話。 最終的には6月末の時点の世界ランクで決定となりますけどネ。
周知のように、基本的には各国二人です。こうして、同ランク15位以内に同一国から2人以上
入れば、最大4人までが出場可能です。 4人目となると夢の世界となってしまうかな ・・・

現時点で日本勢は、54位に稲見萌寧プロ、61位に上田桃子プロ、62位に河本結プロ、66位に
比嘉真美子プロと続きます。 注目は河本結プロでしょうか。河本結プロは、昨年末の米国QT

  

ファイナルステージで 9位タイに入り、今年から米国ツアーに本格参戦しますからネ。
滑り込みでの五輪出場権獲得に向けて、意欲満々で、正月明けにも渡米するようです。

渋野日向子プロも、来月にタイのパタヤで開催される「ホンダLPGAタイランド」はじめ、
出場できる米国ツアーには、メジャー中心に試合数を絞って出場する方向だといいます。
6月末の五輪出場選手が、正式決定するまでの半年間 どうなるか、目が離せませんヨ。

 

タイの女子についての注目は、何といっても “オリンピック開催以来の姉妹出場なるか”
でしょうネ。 そう、アリヤ(12位)とモリヤ(38位)のジュタヌガーン姉妹です。

3番目はポルナノン・ファトラム選手の81位ですので、あと実質5カ月間しかありませんので、
姉妹出場は現実味を帯びてきました。 もし実現すれば、これも大きな話題となるでしょうネ。

 

東南アジアでは、タイのスポーツは上位に入りますが、オリンピックとなると、期待できるのは
お家芸とも言えるボクシング、テコンドー、重量挙げかな。バトミントンも強かったんですが、

日本の台頭で隅に押し出されてしまいました。しかしゴルフでは、世界ランク1位に
なったこともあるアリヤ選手ですから、大いに期待できるでしょう。 これも楽しみです。   



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2020年は日タイにとって 良い... | トップ | ワチラロンコン国王陛下の新... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2020-01-03 04:27:30
リオは2016年ですね
Unknown さんへ (nagaichi)
2020-01-03 06:43:05
ご指摘ありがとうございました。
何をどう間違えたのか、早速 訂正しておきました。
これからも宜しくお願いします。

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事