MT-DRACO

My Last Summer Wine
-『少年』の心を持つクルマ趣味人へ-

Tuned by MT-DRACO デモカー嫁ぎ先募集

2024-06-16 21:30:10 | ENGINE

 

 

2024年6月16日:

クルマ趣味は愛すべきクルマと末長~く

楽しむのが基本と考えているのですが

MT-DRACO開発デモカー、

今や8台所有となっておりまして目先の加速騒音試験対応車両の

購入も考慮しなければならない状況です。

ご興味持っていただけましたら現行の開発デモカーを

お譲り致します。

先ずは現車の確認にて価格等はご相談ですが

今後の商品開発にもご協力願える場合は格安にてお譲りしたいと

考えております。

●ABARTH595 Tourismo MTA

 2017年12月登録  走行約3.2万キロ

MT-DRACO センター出しスポーツマフラー

  〃   スポーツスプリング

  〃   前後スポーツパッド

  〃   給油口周りゴールド64鍛造チタン

      その他ご希望があれば追加パーツ換装

 

 

ABARTH595C Tourismo MTA

 

 

以下の2台は加速騒音試験対応目的に車両手配検討中にて

嫁ぎ先が決まってからの手配対応となります。

基本的にセンター出しスポーツマフラー・スポーツスプリング

前後スポーツパッド装着後の納車を予定しております。

追加オプション対応大歓迎です。

 

● ABARTH595 BASE GRADE 5MT 

 2019年式 走行約8.2万キロ 車検2024年9月

 支払い総額税込み 198万円

 

 

 

● ABARTH595 BASE GRADE 5MT

 2009年式 走行約7.3万キロ 車検整備付

 支払い総額税込み 148万円

 

基本的にセンター出しスポーツマフラー・スポーツスプリング

前後スポーツパッド装着後の納車を予定しております。

追加オプション対応大歓迎です。

 

 

時期的には特に急いでいませんが同様に

FIAT500 1.2L POP BI 

FIAT500S トリコローレ号もご要望があれば

詳細等は実車を確認して頂いてご相談の上格安にてお譲り致します。

 

 

お問合せは以下です。

   ☟

mtdraco1919@gmail.com

080-6689-9950

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アバルト センター出しスポーツマフラー

2024-06-15 22:09:54 | スポーツマフラー

 

 

2024年6月15日追記:

アバルト595 base grade 5MT

ABA31214T 312B4

新規予約注文を頂いております。

相乗り注文ご希望でしたら車検証を準備の上連絡下さい。

加速騒音認定証明書&標章シール 申請の為に

以下の資料が必要になります。

① 車検証コピー

② 車両前面・後方・側面の写真

③ 車体番号石刷り

④ マフラー換装後、触媒からマフラーテールエンド迄の装着写真

 

上記①~④資料入手後約2週間後に証明書及び標章シールを発送

標章シール(シリアル番号入りステンプレート)を中間マフラー側面に

貼り付けて完了となります。

 

お問合せは以下です。

   ☟

mtdraco1919@gmail.com

080-6689-9950

 

 

 

 

 

 

6月14日:

約6か月程お待ち頂いておりましたシングルセンター出しマフラー装着。

 

トライバルオートさんに入庫、

今回のマフラーはビ・スポーク特注テールエンド

シンプルな切りっぱなしテールです。

 

一番人気?! レコルトモンツァ4本だしマフラー。

テールエンドの錆は比較的良好?!

メインマフラーの巻締め部分は腐食による排気漏れでした。

アバルト&フィアットクオリティーですから

ラテン系の楽しさを優先という事で(笑

 

純正マフラー取り外し後はあっけなく換装完了です。

 

オーナー様からのショートコメントです。

       ☟

昨日はおせわになりました

センター出しマフラー感想文

キーを廻した直後は国産普通車のような静かさ…

出勤は一般道、アイドリングやアクセルオフ時のゲロウガイ音も完全に消され3000rpmまでおとなしく、

そこから上の領域では硬質で乾いた野太く心地良い咆哮です

仕事帰りの首都高が楽しみです

取り急ぎ、感謝と御報告まで

 

レコモンやアクラボビッチに代表される

ゲロげろ音と迫力満点の濁音系重低音サウンドがお好みでしたら

MT-DRACOのSACLAM製W出しとオリジナルセンター出しマフラーは

あまりお勧め致しません。

特にオリジナルのセンター出しマフラー

硬質で乾いたサウンドとゲロげろ音を消し去るための試作プロト製作は

既存アフターマフラーメーカーではやれない・やらない

生半可ではない手間暇と費用が掛かっております。

恐らく同様のスポーツマフラーは世界中探しても見つからない自信作。

アバルトと長~く付き合いたいとお考えでしたら

ベストチョイスだと思います。

アバルト MTAと5MT

全年式・型式・原動機型式違いの加速騒音規定

保安基準適合に対応可能です。

ご興味ありましたら先ずは車検証をご用意の上

連絡下さい。

 

●ABARTH500/595/695 センター出しスポーツマフラー

    <MT-DRACOオリジナル>           ¥330,000

 

●ABARTH500/595/695 W出しスポーツマフラー 

   <SACLAM製>             ¥396,000

 

*2010年4月以降登録車

   加速騒音認定証明書及び標章シール申請費用  ¥ 55,000

 

 

 

 

 

お問合せは以下です。

   ☟

mtdraco1919@gmail.com

080-6689-9950

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ABARTH&FIAT500 ウエットカーボンボンネット予約注文  ③

2024-06-15 16:25:07 | FIAT

 

6月15日追記:

来週末、追加製作予定に付き

相乗り注文承ります。

 

 

 

 

 

5月12日追記:

アバルト&フィアット500 ウエットカーボンボンネット

来週末に製作準備に入る予定です。

既に仮予約注文頂いた方も含めて連絡をお願い致します。

相乗り注文も大歓迎ですので宜しくお願い致します。

    ☟

 

mtdraco1919@gmail.com

080-6689-9950

 

 

 

 

4月25日追記:

● ABARTH&FIAT500 ウエットカーボンボンネット

          予定販売価格(税込)   ¥187,000

          *梱包送料別途

          *クリア塗装仕様は別途ご相談

 

予定6月下旬納期分の製作準備中です。

相乗り注文募集中です。

詳細等はお問合せお願い致します。

 

 

お問合せは以下です

    ☟

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

mtdraco1919@gmail.com

080-6689-9950

 

 

3月3日追記:

TWINAIR趣味人様 からの依頼にて

委託販売中のトリコローレ号

現在ツィンエアーを所有していないので

今しばらくは MT-DRACO号として

手元に置いておこうかと考えてまして

走行距離は10万キロ以上なんですが

ショックを新品に交換すれば更に楽しめる個体。

調律チューニングを考慮しますと

やはりばね下の軽量化とボンネットの軽量化も検討。

 

ウエットカーボンの引き合いが現在2件程あるので

トリコローレ用に相乗り製作しようかと思います。

可能であれば合計5setにて部材手配予定です。

相乗り注文大募集です!!

 

● ABARTH&FIAT500 平織ウエットカーボンボンネット

          予定販売価格(税込)   ¥187,000

          *梱包送料別途

          *クリア塗装仕様は別途ご相談

 

 

こちらは3K綾織カーボンですが

外観形状は同じになります。

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

mtdraco1919@gmail.com

080-6689-9950

 

 

 

 

 

 

2024年1月27日投稿:

     ☟

アバルト用CFRPドライカーボン・ボンネットに関して

幾つかのお問合せを頂いております。

現状では異なる仕様にて3パターン。

標準仕様、3K綾織りカーボン バイヤス・センターシンメトリー

単体重量、約3kg。

 

<TC-SPEC>カイセン(市松柄) 単体重量約2.8kg。

 

このカイセン(開繊)糸カーボンは撚糸状態で更に平らに整形してます。

そして、中空ロハセルをサンドイッチ構造にて積層する事により

より軽くできる上に強度・剛性も上がってます。

 

能書きを述べるのは得意ではないので

日本複合材料学会誌の研究論文を参照。

       ☟

<ロハセルを用いたCFRPサンドイッチパネルの経時変形>

 

FUKU404-55 (jst.go.jp)

 

要するに、最先端技術を採算度外視にて採用しております。

 

そして、3パターン目の超軽量バージョン 単体重量約2.5kg

こちらはコンベンショナルな手法にて

3K綾織りカーボンのプライ数を削ってMT-DRACO用に

ワンオフ製作しました。

 

● 3K綾織りシンメトリー 塗装無し標準仕様  ¥467,500

                       受注製作

● 3K綾織りシンメトリー クリア塗装仕様   ¥528,000

                                  受注製作

● 特注<TC-SPEC>カイセン軽量仕様  ¥660,000

                      引き当て可能在庫 1set

 

 

● ABARTH&FIAT500 平織ウエットカーボンボンネット

          予定販売価格(税込)   ¥187,000

          *梱包送料別途

          *クリア塗装仕様は別途ご相談

 

 

 

現在開発進行中のクラシックMINI用のボンネットに関しては

カイセン(BIG市松柄)と3K綾織りの組み合わせを検討中です。

 

アバルト&フィアット500 そして クラシックMINI用

CFRPドライカーボンパーツにご興味ありましたら

お問合せ下さい。

 

 

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

mtdraco1919@gmail.com

080-6689-9950

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

FIAT500 チューニングステップアップ

2024-06-15 09:25:25 | FIAT

 

2024年6月15日追記:

フィアット500 ツィンエアー スポーツマフラーの

お問合せを頂いております。

10年程前の記事ですが実体験された ツィンエアー趣味人様

からのインプレッションをご紹介します。

SACLAMさんと足掛け3年と2か月掛かってしまった逸品。

 

レシプロ複葉機サウンドと

 

熊蜂さんのホバーリングサウンドです。

 

 

*CR33 Xylocopa

●FIAT500 Twinairスポーツマフラー ¥396,000

*2010年4月以降登録車

   加速騒音認定証明書及び標章シール申請費用  ¥ 55,000

 

 

お問合せは以下です。

   ☟

mtdraco1919@gmail.com

080-6689-9950

 

 

 

 

 

2014年12月3日:

新規商品企画開発でさぼり気味です^^

MT-DRACOユーザー様からのインプレッションを一部ご紹介。

本来は、マフラー交換のみをお考えだったTwinairオーナー様。

 

今日はお疲れ様でした。
しっかり試乗させて頂きありがとうございました。
繰り返しになりますが、ホント目からウロコ、感動ものでした。
是非吸気系もやりたいので宜しくお願いします。

・・・・ とインプレッション頂いて ・・・

今日、朝イチでsaclamさんでマフラーを入れて来ました。
音もレスポンスもパワーも結構変わりますね。マフラーだけでも満足ですね。
でも、当然ながら、吸気もやってある高田さんの500Sの方がレスポンスは上ですね。知ってしまったらもう止まりませんね(笑)。

・・・・と連絡頂いてから2週間後・・・

 

 

遅まきながらMT-DRACOパーツのインプレッションをまとめてみました。

まずはマフラーから。
事前に同じ500Sに吸排気系が
入っているMT-DRACOさんのデモカーに乗せて頂いており、マフラーのみなのであそこまでは変わらないだろうと高を括っておりました。
しかしマフラーのみでも驚くべき変化でした。
まずはレスポンス。数十メートル運転しただけでその変化に顔がにやけ、街乗り数キロでシフトチェンジ、アクセルのオンオフを繰り返した後は自分の意思がダイレクトに500Sに伝わり、即座に反応する喜びを感じました。
パワーアップに関してはその絶対値は小さいものの、1000kgと軽量なボディと相まって小気味良い加速が鋭さを増しているのを実感します。
音に関しては音量が大き過ぎる事も無く、こもり音も一切ありません。
アイドリング付近でのぱたぱた音はその存在感を増し、エンジンを回して行けば複葉機が急降下、急上昇するかの如くです。
レトロな感じが素敵です。

これだけでも十分な変化ですが、さらにスポーツサクションを投入した訳ですが、方向性は変らずレスポンス、パワーアップはマフラーのみの時の数割増しといった感じであり、音に関してもターボ車である事を主張する空気の流れがハッキリと伝わってくる様になりました。

何か抽象的な言葉ばかりですが、数字では表せない快感がそこに間違い無くあります。恐らくFIAT500Sにとってはこの二つのMT-DRACOのアイテムは不可欠でありましょう。

改めて自分の文才が非常に乏しいのを実感します。
こんなものでお役に立つのでしょうか?遠慮なく没にして下さい。

今後とも宜しくお願いします。

 

丁寧なインプレッション、有難う御座います。

私からの説明ですと、セールストークと思われちゃうのが嫌なんですが・・・

実用域を犠牲にせずファインチューニングすると本当に心地良いチンクライフをご提供できますよ^^;

 

 

そして遠方のお客様、残念ながら装着写真はないのですが・・・

 

 お電話では丁寧な商品説明と余談のお話、囁きを沢山聞かせて頂き、ありがとうございます。

 ツインエア購入当初は純正のままでと思っておりましたが、車高と乗り心地が気になり、みん
から等でインプレッションが好評だったMT-DRACOのスプリングを問い合わせしたのがはじまり
でした。気がつけばMT-DRACOのパーツに溢れて、中毒気味な気がしますが・・・。インプレッ
ションに関しては以下の通りです。


ダウンスプリング
 当初のふわっとした乗り心地、高速での突き上げ感等々気になり、購入に至りました。膨大なテ
ストを重ね、開発された思いがこれには詰まってますね。ある意味これが”純正”と思わせられまし
た。毎日乗ってても飽きがこない乗り味です。

 

 

 


 

 


アーシングケーブル
 数値的には変化があるそうですが、私自身が繊細な感覚を持ち合わせていないのでわかりません。
ボンネットを開いたとき時、極太のケーブルがなんとも言えない存在感があり、エンジンルームに
華を添える一役をかっており、私的には満足です。

 

 

 

 


ホイール
 インチアップによっての重量増等のデメリットや純正ホイールの15インチの時のまろやかな乗り
心地はなくなりはしましたが、スポーティーな乗り心地として捉えれば違和感なく、運転していて
轍にハンドルが取られたりすること等は特に感じられませんでした。多少乗り心地が悪化した程度
です。
 デザインに関しては、世代的にガンダムのギャンの顔に見え、愛着を覚える次第です。そして日
々の清掃作業が4スポークの為、非常に楽になりました。購入した少し後に新作ホイールが年内に発
売予定の噂を聞き、少し心変わりしそうな自分もおりますが、一期一会的な思想でそこは我慢します。

 

 

 

 

 

 



マフラー
 マフラーの開発状況等をブログで確認させて頂き、視聴もせず、フライング気味に予約しましたが
、その後、開発に紆余曲折あり、期間が空きはしましたが気長に待ったかいがありました。まず、外
観は、リフトアップした時の全体像、後ろから眺めると作りが非常に綺麗で、自己満足度は非常に高
いです。
 冷間時からのエンジンスタートでは、多少、アイドリング音量、エンジンの振動は大きくなった印
象ですが、ドコドコっと歯切れのよい音が際立ちます。走行音ですが、3,000RPM位からアクセルを
踏み込むと、5,000RPM位でシフトチェンジがされ、その時に、パパンっと結構な音で破裂音が鳴り
ます。3,000RPM~の音が高田さんの言われるれレシプロ機の音、熊蜂の音なんだなと実感できま
した。蜂とレシプロに追われ、乗る時間が長くなりガソリン代がかさむ日々です。他の方がインプレ
ッションされていたように、エアコンON時のアイドリングのドコドコ音や、歯切れのよい音がたまら
なく良いです。むやみにエンジンをかけに行き乗る頻度が高くなりました。

とりあえず、まとめて感想を書かせて頂きました。インプレッションにはなっていないですが、一言で
言うと"乗ってより楽しい"が正直な感想です。今後とも、より楽しくなるような商品開発宜しくお願い致します。

 

 

 

人生をより楽しくしてくれるチンク、其々のオーナー様の琴線に触れることが出

来れば嬉しい限り^^;

 

 デモカー試乗(視聴)ご希望の方は遠慮なく!

Mobile: 080-6689-9950

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

 

 

 

 

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クラシックMINI調律チューニング ホイール編 ②

2024-06-13 18:17:21 | Classic MINI

 

6月13日追記:

クラシックMINI用オリジナル鍛造ホイール

非常に危うい?! 新規商品企画開発になると思いますが

世の中に出したい思いが優先にて

先ずはへったくそ漫画絵ですね~

本来なら人気の10インチだと思うのですが

敢えて12✕6Jからスタートしようと考えてます。

ご意見・ご要望・リクエスト等 大歓迎です。

 

 

お問合せは以下です。

   ☟

mtdraco1919@gmail.com

080-6689-9950

 

 

2024年6月7日:

 

早朝日の出前に出発、西へ200km。

 

クラシックMINI 12インチホイール製作の

可能性を求めて奔走中です。

今回は初対面ながらモノ作り40年以上の大先輩訪問。

 

某大手ブランドのパーツですね。

 

量産2輪用パーツ。

 

エス8とヨタ8 レプリカホイールだと思います。

 

本題のご相談の後にファクトリー内を探検。

殆どアリババの洞窟でした。

学生時代、現役だったランサーラリーコンペティション

ギャランと同じ4G32

 

ホンダシビックRS 

ケーターハム所有していた頃に足車で乗ってました。

サーキットから街乗り等というコンセプトとは別次元。

 

空冷2気筒パブリカはサーキット仕様とラリー仕様の2台。

 

ヨタ8のドンガラ、いつの日にか蘇る。

 

手前はダットサンのステーションワゴン

奥はザウルス。

 

良いですね~ エス8

 

そして極め付き。

レプリカだと推測ですがエラン26R。

 

その他、部品取り用ほか10数台程

出番を待っておりました。

来週以降はお題目のホイール編のつづきに期待です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

FIAT500S 手に入れるのは今でしょう!!

2024-06-13 17:12:49 | 調律コンプリートチューニング

 

 

2024年6月13日:

日常の使い勝手と実用性、そしてクルマ趣味

パフォーマンス優先の調律チューニングベースとして

ナンバー1の選択肢は間違いなくフィアット500Sです。

 

他に選択肢のない 2気筒・同爆エンジン。

フルコンプリート車、

エンジン始動時の壊れかかった?! 耕運機サウンド!!

心臓の鼓動のような歯切れの良い ドコっ・ドコっ。

走り出すと 島巡りの遊覧船に襲い掛かるマンマユ~ト団と

紅の豚が現れます。

走り去り音は殆ど単気筒バイク!!!

オリジナルマフラーは正に複葉機サウンドです。

 

中古車になっちゃいますが今購入可能なのは

奇跡と思っていただいても間違いないと思います。

娘さん用? 奥様用?

増車してでも手に入れておきますとより楽しく・豊かな人生が

待ち受けております。

ご要望でしたらご希望の車両手配と最低限の調律チューニングを

ご提供可能です。

遠慮なく連絡下さい。

 

お問合せは以下です。

   ☟

mtdraco1919@gmail.com

080-6689-9950

 

以下参考です。

「フィアット 500s 中古」の中古車 | 中古車なら【カーセンサーnet】 (carsensor.net)

 

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スクランブル発進

2024-06-12 23:32:56 | 足回り関係

 

 

2024年6月12日:

アバルトの足回り関係を扱っているアイブローズさんからの連絡。

 先日装着したショックなんですが、オイル漏れのようです。

 

雰囲気的に作業中での連絡と思われたので状況確認。

正にPIT作業中との事。

なので久しぶりのスクランブル発進と相成りました。

 

サーキット走行2回ほどでのトラブルのようです。

明らかにリヤ右側ショックからのオイル漏れを確認。

念のため実費請求となりますが

左側のリヤショックも新品交換となりました。

 

これ迄30数SETほど販売させて頂いてますが

今回初めての不具合。

オーバーホールを兼ねて原因追及予定です。

 

通常ですと今回のコンプライアンス発生の場合

現物を返送して頂いて確認後にファクトリーに転送

再確認後に対応品を発送となり

早くても1~2週間以上掛かると思います。

 

 

 

 

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小田原ー佐久ー春日部ー小田原 往復519km

2024-06-11 21:20:23 | ENGINE

 

2024年6月11日:

本日も早朝・日の出前に出撃。

退屈な高速道路は最小限に、河口湖から清里を抜けて

佐久のエンドレスさん訪問。

今後の商品企画のご相談とロータス向け1WAY車高調の

仕様変更を打ち合わせ。

検証用のロータス、 常連趣味人様 のご協力にて

暫くエンドレスさんに駐留予定となりました。

 

漢!  戦闘モードエクシージかも(笑

エンドレスさん、相変わらず国内外からの受注急増で

工数確保が厳しいにも関わらず、MT-DRACO向け開発に

ご協力して頂いており、本当に感謝です。

 

 

ショールーム展示品だけでもお勉強になる。

 

 

1カットだけ、部外者立ち入り禁止エリア内、

コンペティション用パッドは予めベッティング処理中の図。

通常はウォーミングラップ中にドライバーがパッドへの

熱入れを行うのですが予めラボにてベッティング処理済みは

即全開走行可能になります。

 

先ずはロータス用とアバルト&チンク用

1WAY車高調の最終仕様。

そしてロータス用別体タンク付き2WAY

更には相当時間が掛かりますが

クラシックMINI用の究極の足回りと

ロータス用4POTキャリパー等々・・・・・

1年も2年も先になる予感ですが

乞うご期待といった所ですね。

 

 

 

 

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ローバーミニ カーボンボンネット  ③

2024-06-10 20:02:32 | クラシックMINI

 

 

6月10日追記:

経年変化検証目的、

ウエットカーボンボンネット

FRP6Jオーバーフェンダー

敢えてクリア塗装せずに素の状態。

先ずは何時もの天然カルナバWAX掛けです。

手作業でのWAX掛け後にハンドポリッシュ。

 

 

 

何回かWAX掛けした上で汎用のガラスコーテイング処理の予定。

ドライカーボンボンネットの方はクリア塗装済なので

経年変化での違いを比較する予定です。

 

 

 

 

5月27日追記:

台風1号発生、天候悪化が予想されるので

本日、三郷ケプラさんからインジェクションMINIを

引き取り、小田原に帰還。

小田原から東京都心を抜けて川向うは

やはり少々遠いですね~

行きは公共交通機関ドアツードア3時間、

復路は首都高渋滞にて2時間半・・・

 

現状でも十分楽しいクラシックMINIですが

更なる調律チューニングメニューが目白押しといった塩梅です。

吸気系はHKS製パワーフローに換装しているので

中高回転のふけ上がりは純正ノーマルよりも軽やかですが

3,000~4,000rpm辺りまで。

4,000~5,000rpm領域は少しばかり待ってあげないと・・

RC40、定番の野太い系サウンドでまさにクラシックMINI

絶対音量はかなり元気印、HKS製 VALTAINは今少し

洗練された心地よさがあると思います。

 

ブレーキ、オリジナル4&6ポットのシルキースムースまでは

要求しませんが今少し制動フィーリングの改善が必要。

足回り関係、これが一番難易度が高いと思いますが

ある程度時間を掛けてクラシックMINIとは思えない

しなやかな乗り味に挑戦です。

 

そして、同じく時間が掛かりますが

ミッションケースも含めて5速ヘリカルギヤ、

100kmプラスの巡行時に3,000rpm!

高速移動が間違いなく楽~になるのは間違いありません。

 

 

 

小田原にもどり、IFGさんと悪だくみ井戸端。

近日中に1000ccキャブMINIに

センターシングル出しスポーツマフラーを装着して頂けるようです。

忌憚の無いインプレッション、お待ちいたします。

 

来週以降、継続車検が終わった8ポートMINIも

小田原に戻る予定なので予め連絡頂けましたら

2台体制にて試乗・味見が可能になると思いますので

ご興味ありましたら連絡下さい。

 

 

ボンネットとオーバーフェンダー換装にて

以前よりも精悍さが増したように思います。

 

お問合せは以下になります

     ☟

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

mtdraco1919@gmail.com

080-6689-9950

 

 

 

 

 

 

 

2024年5月16日:

クラシックMINI ウエットカーボンボンネットと

FRP6Jオーバーフェンダー取り付けチェック。

 

未だオリジナル12インチホイールの目途がたっていないので

IFGさんからホイールを借用です。

マスター型製作にかなり時間が掛かりましたが

フィッティング精度は申し分無いと思います。

 

綾織カーボン、バイアス取りです。

6Jオーバーフェンダー

FRP製です。

 

 

 

ボンネット裏面、FRPゲルコート仕上げ。

 

フィッティング精度も申し分無いのですが

車両個体差等での前後左右の調整を考慮すると

ボンネットキャッチ部分へのアクセスが必要と思われるので

サービスホール穴あけ予定です。

 

来週以降、ご自慢のセンターシングル出しマフラーを

装着予定です。

 

● クラシックMINI ウエットカーボンボンネット   ¥121,000 

  (3K綾織バイヤス貼り)

 

● クラシックMINI FRP 6Jオーバーフェンダー  ¥ 49,500

  黒ゲルコート仕様

*梱包送料別途

*塗装費用別途

 

 

お問合せは以下になります

     ☟

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

mtdraco1919@gmail.com

080-6689-9950

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ABARTH オリジナルセンター出しスポーツマフラー<保安基準適合> ⑤

2024-06-09 15:04:57 | スポーツマフラー

 

 

6月9日追記:

ビ・スポークにてテールエンドデザイン特別製作、

切りっぱなしテールです。

テールエンドの変更、恐らく皆様方は

そんなに大変な作業では無いと思われますが

実は製作治具テール部分の修正等結構な費用が掛かるのですね~

なんですが、 アバルト愛情コメ・こめ趣味人様 からの

リクエストなのでかなり頑張りました。

もっとも見た目はごく普通の切りっぱストレートなんですがね(汗

 

マフラーの構成は3分割、上記画像に中間セクションが

追加されます。

 

 

 

 

 

 

6月5日追記:

出来立てホヤホヤ、オリジナルセンター出しマフラーをピック、

トライバルオートさんに立ち寄り。

継続車検整備追加作業等を確認。

アバルト趣味人様、ここ最近は走行距離が伸び悩みとの事

これからもアバルトライフを楽しんでください。

 

センター出しマフラー、アイドリング時のゲロげろ音は

完全に消し去り非常にジェントル、静かです。

一般公道3,000rpmもジェントルですが

純正との比較では硬質で乾いたサウンド。

4速 3,500~4,000rpm 刺激的ではありませんが

例えるならバリトンサックスの心地良い咆哮。

4,000rpmから上の領域でサソリさんが現れまして

胸のすく揺らぎ音を楽しめると思います。

もっとも、595MTA MT-DRACO号

現状の純正鋳造ホイールですと正直な所乗り味が

いま一つで全体的に反応が鈍く、だるさを感じてしまいます。

繰り返しになりますが、軽量鍛造ホイール・スポーツスプリング

そしてスポーツパッドへの換装が

より楽しいアバルトに変貌と相成ります。

現状純正ノーマルでこれからカスタマイズをご検討でしたら

是非ご一報ください。

パフォーマンス優先にて調律チューニングをご希望でしたら

MT-DRACOアンバサダーにて超スペシャル依怙贔屓を

させて頂きます。

 

 

梱包送料、ここ最近かなり高騰しているので

センター出しマフラーは3分割仕様です。

アバルトに積み込みOKです。

 

右側に怪しげな箱・・

お勉強用にクラシックMINI純正ドラムブレーキカバーを購入です。

10インチ用と12インチ用。

結構ずっしりの

10インチ約3.8kg 12インチ用約2.8kg

 

さ~て、どうしましょうかね~

 

 

お問合せは以下です

    ☟

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

mtdraco1919@gmail.com

080-6689-9950

 

 

 

 

6月2日追記:

アバルト用オリジナルセンター出しマフラー

明日、アバルト595 ツーリズモMTA 小田原に戻る予定です。

695ビポスト5MT両車での試乗・味見が可能となりますので

ご興味ありましたら予めご連絡頂けましたら

井戸端会議を兼ねてお立ち寄り下さい。

箱根界隈からの帰路でもどうですか?

 

 

 

 

5月23日追記:

首を長~くしてお待ち頂いております アバルト趣味人様

ようやく製作用治具が完成致しました。

早ければ6月中旬には初回分完成予定です。

 

 

懸案だったゲロゲロ音はシャットアウト

アイドリングは非常に穏やかで近隣にご迷惑をお掛けすることなく

0~3,000rpm領域では硬質で乾いたサウンド

4、500rpmからピークは胸のすく澄んだ揺らぎサウンド

たまりませんです。

 

現在追加相乗り注文募集中です。

基本的にアバルト全型式・原動機型式に対応予定ですが

先ずは 型式ABA-31214T 原動機型式312B3 加速騒音認定予定。

第2弾は 型式ABA-312142 原動機型式312A3 を予定しております。

お問合せの際には車検証をご用意お願いします。

 

 

 

MT-DRACO featuring meyster U

サクラム製W出しマフラーも予約注文お受けしております。

 

お問合せは以下です

    ☟

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

mtdraco1919@gmail.com

080-6689-9950

 

 

 

 

 

 

5月1日追記:

アバルト用オリジナルセンター出しスポーツマフラー<保安基準適合>

初回リリースは 型式ABA-312142  原動機型式312A3

を予定しております。

 

以下の型式、相乗り注文募集中です。

型式 ABA-31214T  原動機型式 312B4

   ABA-31214T        312B3

   ABA-31214B        312A9

   3BA-31214T        312B3

   3BA-31214T        312B3

   

 

上記6アイテムでの加速騒音試験対応だけでも諭吉さん約300人程

旅立ち予定の為ある程度の予約注文後の対応となりますので

気長にお待ち頂ける アバルト趣味人様 限定かもしれませんね。

又、上記以外の型式で購入ご検討でしたら

先ずはお問合せお願い致します。

 

お問合せは以下です

    ☟

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

mtdraco1919@gmail.com

080-6689-9950

 

 

 

4月29日:

 

7月初回分リリース予定の

アバルト センター出しスポーツマフラー

予約注文済みのオーナー様より特注テールエンドデザインのリクエスト。

ハス切りストレートカットのご要望です。

簡単な変更と思われるかもしれませんが製作用治具の一部修正が必要。

更に車両個体差の検証も必要な為

敏腕エンジニア氏、小田原にて細かな寸法チェックです。

 

今なら、相乗り追加注文お受けできますので

ご興味ありましたら連絡下さい。

 

 

●ABARTH500/595/695 センター出しスポーツマフラー

                                 ¥330,000

                       受注製作

 *2010年4月以降登録車

  加速騒音認定証明書及び標章シール申請費用 ¥55,000

 

 

お問合せは以下です

    ☟

mtakek9x1007@silk.ocn.ne.jp

mtdraco1919@gmail.com

080-6689-9950

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする