もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)
年間100本の劇場鑑賞、音声ガイドもやってました。そんな話題をきままに書きます。ネタバレもありますのでご注意を。
 



タイトル:出口のない海(佐々部清監督)・松竹
ジャンル:戦争ドラマ/2006年/121分
映画館:TOHO伊丹シネマズ(151席)
鑑賞日時:2006年9月30日30人
私の満足度:65% 
オススメ度:65%

<序>
大好きな「チルソクの夏」の佐々部監督作品。
尊敬する山田洋次監督のオファーを受けての戦争映画。
いままでの作品の流れからはやや違和感を感じるが
はたして?

<うろおぼえの冒頭、いつもよりかなり飛んでいます。>
青い海のなか。画面左上の隅に、黒っぽい船底。
右手前に、潜水艦が入ってくる。
上から黒いドラムカン?が落ちてきてと思ったら、ドカーン。

「総員配置!」サイレンとともに「総員配置!」が連呼される。
壁には、直径50cm程度の丸穴があり、そこをくぐりぬけて
移動する人。潜望鏡をのぞきハンドルを握る人(香川照之)。
無線室では計器を見つめる人。爆撃がづづく。

ファミレスのような4人掛けのボックス席が二つ。カーキ色の軍服、
肘までの袖に短パンの若者たち。
「やられてまうんか」「こんなところで」
右手に野球のボールを持った男(市川海老蔵)が、机の上で小刻みに
バウンドさせているが、爆弾の振動で大きく艦内が揺れ、ボールが
転がってゆく。

 (爆撃を避けて若干の浮上、爆弾は潜水艦にぶるかるがその時点では
  爆破せず落ちてゆく。爆撃音が下に聞こえるようになり、
  やがて静かになる。)

「両舷停止!」

「手洗い歓迎だったな。」と艦長。
「伊藤はいります。」(塩谷瞬)
「これおちてました」とボールを渡す。
「ありがとう」顔のアップから、マウンドで振りかぶる姿へ。

<ストーリー:gooの引用>
時は1945年4月。青年が、一隻の潜水艦に乗り込んでいく。
彼の名は並木浩二。戦況苦しい日本を前に、自ら志願した極秘任務を
果たそうとしているのだ。野球ボールを握る彼の胸に、思い出が去来する。
高校時代、甲子園優勝投手として周囲の注目を集め、大学に進学したこと。
大事な肩を痛めたこと。しかし夢をあきらめなかった日々。
そして日米が開戦。同級生らが志願しはじめ、並木も海軍への志願を決める。
彼の任務は人間魚雷“回天”としての、敵艦への激突だった。

<感想・完全なネタバレあり> 
「回天」がこんなに複雑なものだったとは、そして命中する確率の低い兵器に
全てをかけざるを得なかった「バカバカしさ」が丁寧に描かれていました。
だけど、 冒頭からなんとなく緊張感に欠け、潜水艦の中で野球のボールを
机にバウンドさせしかも落としちゃうし。こんなんだったの????

その後も、ボレロという喫茶店、恋人の登場シーンの衣装、口紅・・・・
確かにあったんでしょうが、どうも戦時中の典型ではないと思われる
シーンにとまどう。

そのまま、違和感が抜けずに、戦闘からラストへ。
意外であっけなくもあったのだが、クライマックスともいえる「手紙」の
シーンで本来大泣きする筈が、不発に終わりました。

これが直後の感想。その後、いろいろと関連するものを見てみた。

家に帰ってから「七生報国」の意味を調べた。「回天」に乗り込む
若者達の鉢巻に書いてあった。恥ずかしながら意味はしらなかった。
「例え死んだとしても 七度生き返って国のために報いること。
太平洋戦争中によく用いられた。」( http://d.hatena.ne.jp/ )

「映画芸術」416号に、評論家西部邁氏の評が載っていた。
ボロクソに書いてあったが納得できる部分もあった。
(特攻という)『公的な瞬間には、それにふさわしい公的な言葉を』

パンフでは、市川海老蔵が何が難しかったと聞かれ
「普通の演技をすることですね。」と答えていた。
またyahoo動画で塩谷瞬は「きばって感情ふりしぼるのではなく、
その場ででた感情で勝負したほうがいいということを、言葉
じゃなくて(監督との)会話のなかで悟った。」と語っている。

振り返って、いまから考えると、私は「回天」の若者たちに
「七生報国」の精神が見られないと知らぬまに不満をぶつけた
ように思う。なにも知らないのにである。冒頭のシーンでも
おそらく「回天」しか攻撃の手がないなかで、潜水艦としては
待つしかなかったのであろう。61年を経て描かれる若者に
一体どこまで「強いる」のかとふと気づく。

実際にこの映画で描かれていたのは公と私の間での葛藤ではなく、
公の服を着さされ、生と死の間でゆれる心。そう考えると
ラストシーンの長い現代風の手紙も、戦闘中ではなく、訓練中の衝突後
死を待つのみというギリギリのところを、実際には有り得なくとも
最も可能性の高いところとして選択し、炸裂させたものと考えたい。

公を描かなかったこととあわせて、この映画ではラストに2つの
謎を含ませている。ひとつは、主人公の死、もうひとつは、
海に投げられたボール。原作も読んでないので、私なりに
勝手に想像してみたい。

主人公の死は、なぜ起こったか?
最初の「回天」での出撃命令で、主人公は「回天」の故障により
出撃できず。しかし、父の言葉「敵を見たことがあるのか?」が甦り、
もし出撃できていれば、確実に自分が死ぬとともに、
家族も恋人もいるかもしれぬ敵を殺してしまったかもしれぬことに
苦悶したのではなかったか?もともと、主人公は
「回天を伝えるために死のうと思う。人が兵器の一部になったことを。」
と言っているのであるから、(「家族や恋人を守るため」との言葉は
なかったと思う)そのために相手を殺す必要はない。
そう考えると回天を伝えるための事故死を装った自殺も考えられると
思うのだが、どうだろうか?

もうひとつの謎は、主人公から受け継いだボールを、現代になって
海に投げ返した老人(元整備士の伊藤、ですよね?)
その直前、現代のプロ野球、そして背番号55をつけた
小学生が大リーグの話をしながら通りすぎるシーンがある。
考えてみれば、当時敵国のスポーツであった野球が
いまや日本人も本場で活躍するようになり、そのドラマチックな
変遷を思えば、感慨無量。その思いを伝えようぼボールを投げたと
したいのであるが、老人の表情は暗かったような気がする。
というわけで、よくわかりませんでした。
私の個人的趣味からいえば、前半部分に子供が野球で遊ぶ場面が
入り、その少年がなぜかこのラストでもでてきて、老人が
「このボールもらってくれないか?」と渡すというのが好きなん
ですが・・・。

これだけ書くとある程度頭のなかも整理できてきたので
もう一回見てみたいなあという気になってきました。

40代で、このような本格的な戦争ドラマに取り組むというのは
想像を絶する大変なことだと思います。脚本・キャストもどこまで
監督の意向がはいったのかわかりませんが、佐々部節爆発とは
いかなかったのでは?でも、この映画の影響がいいいみで
すでにクランクアップしている佐々部監督「夕凪の街 桜の国」で
結実するよう来年7月の上映まで、楽しみに待ってます。

<その他もろもろ>

◆佐々部監督作品で映画デビューした上野樹里・尾高杏奈 の登場シーン

神宮外苑で壮行会のあった日、主人公の並木は実家に帰る。
木造の2階建て、格子戸のなかの玄関で、座って靴お脱ぐ並木の
後ろから、足音を忍ばせて妹(尾高杏奈)が降りてくる。
妹「おにいちゃん。お客さんよ。」
振り返る並木、後ろの階段を美奈子(上野樹里)がゆっくりと
降りてくる。うすいクリーム色に赤い点の散らばるワンピース。
妹「きれいでしょ。お母さんの若いときのよ。」
美奈子「久しぶりにスカートはくと、落ち着かなくて。」

雨でぬれたので、洋服をかりたという設定であったが
なんとなく時代から浮いた感じがしないでもない。
でも上野樹里は存在感はありました。この帰りにお母さんから
口紅をもらったというセリフがあり。次に登場の、並木を
駅で見送るシーンでは紅い口紅をつけてくるのですが、この
シーンは「チルソクの夏」を連想させる遊び心では?
「チルソクの夏」では、「ナチョラルメイクやけん」などと
いいながら口紅をするシーンがありました。

一方の尾高杏奈は、四日間の奇蹟では気づかなかったのですが
なんとかわいいというか、明るいことか。芋たこなんきんで
藤山直美(田辺聖子)の15歳からを演じるなんてもったいない!?

◆ 音楽:加羽沢美濃
ピアノのひとだけあって、ピアノの部分が美しい、映画館で聞いた
ときより深夜に公式ホームページを静かに読んでいるときの方が
その美しさが引き立っているように思います。
http://www.deguchi-movie.jp/ 

◆田村三郎
「回天」について、若者たちに説明を行う先生。
どこかで見たような。。。と思いパンフで確認すると
「チルソクの夏」で、陸上部の先生を演じてられた方でした。
少し太られたかな?

◆香川照之と伊勢谷友介
潜水艦の艦長役の香川照之は、職人的な感じがよくでてました。
「回天」乗組員で陸上部でオリンピックをめざしていた伊勢谷友介は
「俺が走るのをやめたのは、走る道がないからだ」というキザな
セリフも、そういいながら海辺を走る姿も、モデル体形にお似合い
でした。でも、この二人、同じく終戦末期あたりを描いた「赤い月」で
恋敵であったこともあり、思い出してしましました。これもいまいち
のれなかった理由かも。

◆最後に佐々部監督作品:私の好きな順と私の満足度
チルソクの夏:100
四日間の奇蹟:75
カーテンコール:75
陽はまた昇る:70
出口のない海:65
半落ち:60

出口のない海 - goo 映画
出口のない海@映画生活

※写真は、MOVIX京都です。やっぱり松竹系だけに宣伝がおおきいですね。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 45 )



« イルマーレ(20... ただ、君を愛... »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございました (ミチ)
2006-10-27 09:08:47
こんにちは♪

昨日BSで「チルソクの夏」を放送していました。

「出口~」も悪くはないですが、「チルソク」はいいですよね~。

私も佐々部作品の中では一番好きです!
 
 
 
TBありがとうございました ()
2006-10-27 09:47:21
私も佐々部監督の作品の中では

『チルソクの夏』が一番すきです。

ちょっと~・・と思うのが 『四日間の奇蹟』

『出口のない海』は淡々としすぎていたけれど

「反戦」の意志は伝わっていたように思いました。

個人的には海老蔵さんがダメだったです。

こちらからもTBさせていただきます。宜しくお願いしますm(__)m
 
 
 
トラックバックありがとう (ori(vega02))
2006-10-27 18:24:10
多分私より大分若い方と思いますが、このような観方もあるのだなと思いました。決して否定的な意味でなく。あの頃を生きていた私などは冷静に観る以前に中に入り込んでしまってそう冷静には観られなかったのかもしれません。家族の日常の生活など必ずしも違和感はなかったですよ。私が解らなかったのはやはり主人公の死に関するところです。事故にしろ自殺にせよ回天は外部から蓋をせねばならないのですから、その事を考えると不可解です。



この映画を作った人はあの父親の言った「敵を見たことがあるか?」がメインテーマの一つであったと思うのですが、これは今の時代だからこそ言えることで、

当時ここまでの想像力をもって行動出来た人がどのくらい居たでしょう?今の北朝鮮を見ればわかるように心にそんな余裕はないのが普通でした。



七生報国はあの頃我々女学生でも年中口にしていた言葉で、特攻隊に行く前のうちの親類も最期の書置きもその言葉でした。いわば当時の決まり文句「決死の覚悟でやるぞ」くらいの意味です。
 
 
 
ミチさん&猫さんへ (もっきぃ)
2006-11-12 01:18:29
やっぱり「チルソク」いいですよねえ。私は10回以上見てます。山口県では、七夕の上映会がつづいているみたいで一度言ってみたいです。

海老蔵さんは、なんとなく住んでる世界が違うのか、よくもわるくも、テンポがまわりの人と違うような気がしました。


 
 
 
ori(vega02)さんへ (もっきぃ)
2006-11-12 02:01:45
丁寧にコメントいただきありがとうございます。

私の場合、冷静というより、少し醒めて見すぎて、
肝心なところが見えてないかもしれませんね。
戦争については「七生報国」に限らず、知らないことばかりですが、映画を通じていろいろ考えていきたいと思っています。

コメントをいただき、この映画も、もう一度見たいと
いう気持ちが強くなってきました。

 
 
 
TBありがとうございました (MIYAUCHI)
2006-11-13 06:09:33
こんにちは。
Tbありがとうございました。
なるほど、そういう見方もあったのですね。
勉強になりました。
佐々部監督の作品では私も「チルソク」がナンバー1だと思っています。しかしながら「カーテンコール」そして、今回の「出口、、」ともに不完全燃焼のような気がします。気分が盛り上がる部分に「ずれ」が生じて本来涙が出てくる場面に涙が出てこないという感じがしました。ま~これが佐々部作品なのかもしれませんが。「半落ち」もそんな感じでしたね。
 
 
 
TBありがとうございます。 (森漫)
2006-11-13 20:21:19
 早速ですが、「チルソクの夏」を観てみようと思います!
 
 
 
こんにちわ。 (michi)
2006-11-16 08:37:17
TBありがとうございます。
私からのTBが不調のため、コメントにて失礼致します。

帰らない事が前提の特攻兵器として志願するって、
どんな気持なのか考えると、胸が苦しくなりました。
当時は国民の意識も今とは違うのでしょうが、
もし私だったら気が狂ってしまいそうで。。。
戦争映画って直視しづらいんですが、
戦争はやはり何も良い事なんてないし、二度と繰返して欲しくないなと思いました。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
弱音を吐く事が許されなかった時代の男らしさ。『出口のない海』 (水曜日のシネマ日記)
太平洋戦争末期、海の特攻兵器と呼ばれた人間魚雷「回天」に乗り込んだ若者の姿を描いた作品です。
 
 
 
『出口のない海』 (京の昼寝~♪)
その日彼らは死ぬために回天に乗った。愛する人を人たちを守れると信じて・・・。     ■監督 佐々部清■原作 横山秀夫(「出口のない海」講談社刊)■脚本 山田洋次・冨川元文■キャスト 市川海老蔵、伊勢谷友介、上野樹里、塩谷瞬、香川照之、 ...
 
 
 
出口のない海 (ネタバレ映画館)
俺を軍神にさせてくれ!そうすりゃ靖国に奉られ、少なくとも家族には数十年間軍人恩給が支払われるんだ!
 
 
 
出口のない海 (猫野トクコの生活)
ビバ斉藤君!ビバ田中君!ビバ平和君!
 
 
 
出口のない海/市川海老蔵、伊勢谷友介 (カノンな日々)
この映画は実はすごく楽しみにしていたんです。楽しみというのはちょっと違うかな。別に海老蔵が好きなわけでも佐々部監督作品が好きなわけでもありません。それはこの作品が『人間魚雷「回天」』を題材に描いているからです。終戦間近の第二次世界大戦において日 ...
 
 
 
映画「出口のない海」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「出口のない海」 太平洋戦争末期、海の特攻兵器と呼ばれた人間魚雷“回天”に乗り込んだ若者たちを描く戦争ドラマ。原作は横山秀夫の同名小説。 戦局が悪化する中、徴兵の猶予を与えられていた大学生・並木浩二(市川海老蔵)の友人たちの中にも自ら ...
 
 
 
出口のない海 (映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ)
舞台挨拶つきの試写会に当たって先に観た末っ子が 「お母さんは きっと泣くよ」と言っていた。 それが 彼の感想。 (相手が観ないうちに 詳しい感想は言わない・・というのが 我が家のルール・笑) 主演が 市川海老蔵 という事と 予告に出てくる 船の上での ...
 
 
 
出口のない海 (Extremelife)
人気作家・横山秀夫の同名原作を、「半落ち」に続いて佐々部清監督が再び映画化した感動の人間ドラマ。人間魚雷“回天”の乗員に志願した若者たちに焦点を当て、様々な葛藤の末に重い決断へと至る心の軌跡を丁寧な筆致で描き出す。主演は、本作が記念すべきスクリ ...
 
 
 
出口のない海 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「出口のない海」は、戦争によって希望に満ちた輝く未来を断ち切ちれた青年が、二度と帰れない壮絶な使命に向かって突き進みながらも、最後の瞬間まで夢を捨てず、生きるとは何か、何のために死ぬのかを問い続ける姿を描く感動の物語です。 現代の若者と何ら変 ...
 
 
 
戦時中の、ある青春「出口のない海」 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
「半落ち」に続いて 横山秀夫原作の映画化に挑戦した 佐々部清監督の「出口のない海」を 試写会で観てきました。 市川海老蔵を主演に 最後の秘密兵器「回天」の 乗組員を 伊勢谷友介・柏原収史・伊藤充則が演じます。 共演に、上野樹里・塩谷瞬などの若手を中心 ...
 
 
 
出口のない海 (Barbarossa Blog)
最近は本当に映画を観る時間がなくって困っております。観たい映画が山盛りなのに・・・ってことで、頑張って「出口のない海」です。エビゾーたん主演。舞台で多忙なエビゾーたんのスケジュールをかいくぐるように撮影したようですが。なかなか良かったと思います ...
 
 
 
出口のない海 (まぁず、なにやってんだか)
新聞屋さんにチケットをもらったので、「出口のない海」を観に行ってきました。 戦争ものは泣いてしまうのがわかっているので、今日はタオル持参で。 並木(市川海老蔵)と北(伊勢谷友介)の会話ってキザっぽくてバンカラを意識しているのか、棒読みなのか微 ...
 
 
 
『出口のない海』試写会/中野サンプラザ (ゆるろぐ。)
『天を回らし、戦局の逆転を図る。名づけて回天である。』  時は1945年4月。青年が、一隻の潜水艦に乗り込んでいく。彼の名は並木浩二。戦況苦しい日本を前に、自ら志願した極秘任務を果たそうとしているのだ。野球ボールを握る彼の胸に、思い出が去来する。高校 ...
 
 
 
【劇場鑑賞99】出口のない海 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
甲子園の優勝投手、オリンピックを目指した長距離ランナー、母親想いの陽気な若者、歌が得意な青年・・・ その日、彼らは死ぬために回天に乗った。愛する人たちを守れると信じて―― 1945年、夏――それでも青春だった。
 
 
 
「出口のない海」命と引き換えに伝えたかった戦争への思い (オールマイティにコメンテート)
「出口のない海」は太平洋戦争末期に日本が潜水艦特攻を敢行して命を散らした将兵のそれぞれの思いが綴られた映画である。戦争は何時も上の決定と利害によって始まるが、その為に多くの尊い命を散らした事と愚かな発想に辿り着いた日本の上層部の愚かさを改めて知 ...
 
 
 
試写会「出口のない海」 やっぱり、悲しかった。。。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
8月15日にも紹介、午後十時の記事でも前説はしたので、いきなりレビューといきましょうか肥後橋のリサイタルホールにて。前に日本沈没試写会で訪れてひとりで感動してたとこです今日もわりといっぱい入ってましたが、youとともに真ん中のナイスポジションで観れ ...
 
 
 
出口のない海<試写会> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
友人に誘われて試写会で見てきました。 <東劇> 監督: 佐々部清 脚本: 山田洋次 冨川元文 音楽: 加羽沢美濃 スニーク試写会(当日会場で作品が分かる試写会)でした。 ですので、興味度が低いままの感想です。 ※ちなみに原作は読んでません。 うー ...
 
 
 
出口のない海 (いろいろと)
出演  市川海老蔵、上野樹里、香川照之ほか おもしろいという映画ではなく 感動す
 
 
 
出口のない海(日本) (映画でココロの筋トレ)
海老蔵さんが映画界へ進出! 6月22日、「出口のない海」の完成披露試写会に行ってきました! ( → 公式HP  ) 出演:市川海老蔵、伊勢谷友介、上野樹里、塩谷瞬 、香川照之 上映時間:121分 1945年4月、並木(市川海老蔵)は、自ら秘 ...
 
 
 
終わりがないのが終わり ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
出口のない海 鑑賞 30点(100点満点中) 横山秀夫の同名小説を実写映画化。監督は同原作者の『半落ち』でも監督を務めた佐々部清。 横山秀夫の小説の特徴は、天才的なロジックによる物語構成と生々しい情感描写とが絡み合って一体化している、その独特な作 ...
 
 
 
片道切符を手にして。 (ひょうたんからこま)
『出口のない海』(2006年・日本/121分)公式サイト&公式応援サイト以下ネタバレ「夢を追い続けた甲子園の優勝投手は、なぜ二度と帰れない作戦に身を投じたのか?」自分の未来を選択できなかった時代がある。まだ、恋の意味すらもわからない若い命。出口のな ...
 
 
 
「出口のない海」 (ネタばれ注意) (Iced Double Tall Caramel Latte)
f/x IT media tankの中の人のお誘いにより、試写会にて鑑賞。 公開前の映画に対する感想は初めてかもしれない。 てなわけで、思いっきりネタバレを含んでますんで、劇場で鑑賞する意向のある方は、以下を読まないことをお勧めします。 もちろん、読んだ後の抗 ...
 
 
 
映画 「出口のない海」 (ようこそMr.G)
映画 「出口のない海」 を観ました。
 
 
 
【試写会】「出口のない海」 & 舞台挨拶 (だってミ~ハ~なんだもん)
「出口のない海」の試写会に行ってきました。 映画の前に主役の市川海老蔵さん、佐々部監督の舞台挨拶がありました。 司会進行はHOMEテレビのアナウンサー(名前忘れました) 甲子園で優勝したものの肩を壊した投手という役柄の海老蔵さんに野球経験のことをイン ...
 
 
 
出口のない海 (skywave blog)
人間魚雷「回天」、魚雷を抱えて人間が突っ込む特攻兵器。そして、その操縦も命がけ。この映画で、日本海軍の最新鋭秘密兵器と胸を張る「回天」が、あまりにお粗末過ぎる代物なの
 
 
 
映画「出口のない海」を観に行って来ました!! (馬球1964)
先日、地元でも撮影された「出口のない海」を観に行って来ました!!
 
 
 
出口のない海 (5125年映画の旅)
第2次大戦末期。かつて甲子園で優勝投手にもなった大学生・並木は、同期生の北が夢を捨て、軍に入ったのをきっかけに、自分も軍に志願する事を決意する。そして彼らが志願した任務は、人間魚雷「回天」による特攻だった。彼らはなぜ、自らの命を捨ててまで戦お ...
 
 
 
出口のない海 (Akira's VOICE)
反戦という言葉が浮かび上がらない戦争映画。
 
 
 
『出口のない海』 (ミックスランチ2号)
天を回らし、戦局を逆転する 最後の秘密兵器人間魚雷「回天」に乗って出撃した若者達を描いた 『出口のない海』主演・市川海老蔵(十一代目) であります。
 
 
 
出口のない海 (CINEMA DEPOT's BLOG)
1945年、夏──それでも青春だった。「出口のない海」9月16日公開。現代ミステリーの傑作と絶賛された横山秀夫の小説を映画化、大ヒットを記録した「半落ち」から2年。日本中を深い感動で包んだ名作を撮り上げた佐々部清監督が、日本映画界を牽引する存在となった ...
 
 
 
出口のない海 (小部屋日記)
(2006/日本)【劇場公開】 ちょっと忙しくてブログをさぼっておりました・・・あぁ(-_-;)ゝ 一週間分取り戻すぞ~ 久々に邦画を鑑賞。 国のために死ぬということはどういうことなのか? 私は第二次大戦中、神風特攻隊のことを聞いて、自ら体当たりで敵にぶつか ...
 
 
 
出口のない海 (愛猫レオンとシネマな毎日)
この映画は海軍の人間魚雷「回天」に志願した若者たちのはかなく散った青春を描いた作品。 回天は脱出装置もなく、前に進む事しか出来ない。操縦も難しく、出撃するまで多くの訓練が必要なのです。(映画の中で詳しく教えてくれます) そしてイザ出撃しようと乗 ...
 
 
 
「出口のない海」葛藤のないドラマ (再出発日記)
特攻隊員の物語。ただし海軍である。人間魚雷「回天」の話。「何故特攻に志願したのか」「何故敗戦が濃厚になったとき、なおも死ぬことにこだわったのか」それがテーマであるにもかかわらず、納得出来る形で描れていない。「結局彼は時流に流されたのだ」本当はそ ...
 
 
 
出口のない海/試写会 (如意宝珠)
出口のない海   http://www.deguchi-movie.jp/ 監督: 佐々部清   製作: 久松猛朗   プロデューサー: 野地千秋  佐生哲雄 製作総指揮: 迫本淳一 原作: 横山秀夫 『出口のない海』(講談社刊) 脚本: 山田洋次   冨川元文 撮 ...
 
 
 
出口のない海 (UkiUkiれいんぼーデイ)
お国のために命を捧げるって、戦争映画では何度も観ますが、何度観ても洗脳って怖いと思ってしまいます。 死ぬのも地獄なら、生きて戻ることも生き恥をさらすとされた戦時中は地獄です。 ・・・戦争ほど酷いものはありません。 それにしても本作、佐々 ...
 
 
 
出口のない海(2006/日本/佐々部清) (CINEMANIAX!)
【新宿ジョイシネマ】 1945年4月、1隻の潜水艦に極秘任務を帯びた4人の若者が乗り込んでいた。敗戦が色濃くなった日本は、最後の秘密兵器 “回天”に戦況挽回の望みをつないでいた。それは定員1名、脱出装置なしの小型潜水艦。そこに大量の爆薬とともに乗員が乗 ...
 
 
 
出口のない海 (メルブロ)
出口のない海 上映時間 2時間1分 監督 佐々部清 出演 市川海老蔵、伊勢谷友介、上野樹里、塩谷瞬、香川照之 評価 6点(10点満点) 会場 イイノホール(試写会)    GTFで観賞。「ただ、君を愛してる」の次の上映なので、エンドロールを見ずす ...
 
 
 
映画「出口のない海」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
上映が始まってすぐにフィルムパートナーズのテロップが…。 何だかイヤな予感が…(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
 
 
 
出口のない海 (BLACK&WHITE)
原作:横山秀夫   監督:佐々部清  出演:市川海老蔵、伊勢谷友介、上野樹里、塩谷瞬、柏原収史、伊崎充則、香川照之 主題歌:竹内まりや『返信』 二度と帰れないと知りながら人間魚雷『回天』に志願した青年たち。 愛する
 
 
 
出口のない海 (DVDジャンル別リアルタイム価格情報)
甲子園の優勝投手、オリンピックを目指した長距離ランナー、母親想いの陽気な若者、歌が得意な青年。人間魚雷「回天」に身を投じた若者たち。彼らは何故二度と帰れない作戦に志願したのか…。4人の若者の姿を通して“生きる”ことの意味を問いかけた、横山秀夫原作 ...
 
 
 
出口のない海 (スピカの世界~2nd stage~)
昨日からなんかそわそわ。 ちょうど遠足の前日といった感じです。 おかげで寝不足です。 実は舞台挨拶のチケットは今週の11日の月曜日、12時からネットで一斉発売。 今まで舞台挨拶というと、チケット発売日に買いに行き、また当日朝早くから並ばなくてはいけなく ...
 
 
 
映画@出口のない海 (sattyの癒しのトビラ)
1945年4月、1隻の潜水艦に極秘任務を帯びた 4人の若者が乗り込んでいた。 敗戦が色濃くなった日本は、最後の秘密兵器 “回天”に戦況挽回の望みをつないでいた。 それは定員1名、脱出装置なしの小型潜水艦。 敵艦への自爆攻撃を仕掛ける、人間魚雷だ。。 4人 ...
 
 
 
mini review 07032「出口のない海」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ : ドラマ 戦争 その他 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 121分 公開日 : 2006-09-18~ 監督 : 佐々部清 出演 : 市川海老蔵(11代目) 伊勢谷友介 上野樹里 塩谷瞬 柏原収史 伊崎充則 黒田勇樹 平山広行 尾高杏奈 永島敏行 ...
 
 
 
『出口のない海』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某出版社で当選した 『出口のない海』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★☆☆☆☆》
 
 
 
映画 「出口のない海」 を観た (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
出口のない海ポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る この映画は太平洋戦争末期に海の特攻兵器である人間魚雷“回天”に乗り込んだ若者たちの姿を描いた作品である。海軍航空隊の特攻攻撃につての映画「君を忘れない」がある。 海からの特攻攻撃について描い...