カネシゲタカシの野球と漫画☆夢日記

移転につき更新を停止しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

甲子園で巨人に勝利 「金本はミスター・タイガースである」

2004年07月31日 21時57分40秒 | ☆阪神タイガース
僕個人的な意見ですが、本日無事に700試合連続フルイニング出場を決めたタイガース・金本選手は「ミスター・タイガース」であるとここに断言したいと思います。

今日のポイントとなった4回裏の攻撃。

ノーアウトでランナー関本を一塁において打席には4番の金本選手。
連敗中の全責任を負い、調子がでてきたと思えば中日・岩瀬投手からデッドボール。
満身創痍の4番打者が、この1点ビハインドの場面で選んだ作戦が
なんとセーフティ・バント。

巨人先発・桑田も意表をつかれ、打球は転々と仁志・ペタジーニの間に転がり、まんまと作戦は成功。

その必死で一塁を走りぬける金本の姿に、僕はミスタータイガースの称号にふさわしい何かを感じました。

そして何かを感じ取ったタイガース・ナインはその回に逆転勝ち越しの2点を奪いました。
なんと福原もタイムリーを打ってしまうのだから、これは金本マジックです。

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  計 
巨人1000000203
阪神00020020×4


8回からの安藤投手がソロ2本を献上しましたが、最後はウイリアムスがおさえてゲームセット。
巨人・シコースキーは今日も全力でベンチに走って帰りましたが、アリアスに頭部死球を与えたことによる退場だっただけに、「当て逃げ」ということばがピッタリ。


さあ、生え抜きがどうだとか、この際僕は言わない。
桧山を待ち、今岡を待ち、濱中を待ち、いま桜井をも待つ僕たちは、目が曇っていたかもしれない。

金本はミスタータイガースである

あ、賛同が得られないですか?
まあシーズン前半もサッパリな時期がありましたものね。
だいたい去年は3番打者でしたし。

じゃあ、百歩譲ってミスター・タイカープとします。


コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

朝まで生テレビ「プロ野球編」の感想です

2004年07月31日 17時15分06秒 | ☆提言・苦言・球界再編
さて、昨夜から今朝にかけて放送されました「朝まで生テレビ」はプロ野球界の再編問題がテーマだったわけで、ごらんになられた方も多いかと思います。

結論から言えば、朝生の悪いところとはいえ消化不良・議論がそれすぎ

ぼくもichikenさんにならってとりあえず出演者ごとの採点を。

【司会: 田原 総一朗】50点(野球知らない度85点)
野球に詳しくないのはともかく、議論が白熱したときになぜか三宅氏に振ってしまう悪癖。(←確実に笑いはとれるものの、議論は途切れる)
野球を知らない知識人の問題意識って、こんなものなのかなというサンプルだったのかな。

【三宅 久之 (政治評論家)】12点(ナベツネ度96点)
ナベツネの盟友として登場。もちろん野球問題の知識は田原氏とどっこいどっこい。
番組中の仕事の6割がライブドア・堀江社長のラフなTシャツ姿に「ネクタイ締めて来い!」と恫喝することのみ。
違うことしゃべったかと思えば「日本は空前の好景気ですよ」などと、あきらかに電波系。

【堀江 貴文(ライブドア社長)】65点(セクシー度78点)
終始三宅氏にTシャツ姿を「下着じゃないか!」注意されまくり、周囲からもたしなめられた堀江氏。

発言内容自体はとりたてて目新しいものはなかったものの、経営戦略はしっかりしてそう。

ただ以前から気にはなっていましたが、発言の端々に「服装は関係ない」「なんで雑巾がけなんてやらなくちゃならないのか」「パリーグは一度ガラガラポンして、オークションして売ればいい。みんな買う」的な、トゲと毒のある発言がまずいと思いました。

服装もそうですが、「郷に入れば郷に従え」という言葉があるとおり、その商売の先人への敬意と礼儀はとても大切だと思います。
僕だって、あまりにすっとんきょう(←三宅氏お宝発言)な服装を公の場にしてくる人間は、いくら能力があっても信用できないと思いますもの。
それが世間の常識になると、日本はますます「公」と「私」を欠いた子どもの社会になってしまうと個人的には思っています。

プロ野球参入戦略としてもちょっとマズイでしょう。

【江本 孟紀(プロ野球解説者)】60点(セクシー度42点)
ポロシャツで登場。やっぱり最初三宅さんに怒られてたようです。
もう一つ僕の中では印象がうすかった。

【古田 敦也(プロ野球選手会会長)】85点(目充血度70点)
前日の収録だったとはいえ、他のどんな出演者よりも疲れていたであろうシーズン中の古田氏。

充分に選手会の提案を主張する時間がなかったのが残念ですが、ナベツネ氏のイタコと化していた三宅氏に「気に入った。こんどナベツネに会うようにいっときます」と言わしめました。(←忘れると思うけど)

冷静な語り口調でわかりやすく問題点と置かれている立場を訴えることには成功していたと思います。
充分及第点。
できればこれぐらい勉強し、外に向かってしっかり発言できるプロ野球選手が各球団に10人ずつぐらいは必要。
マンガばっかり読んでる場合じゃないぞ、プロ野球選手!

【栗山 英樹(プロ野球解説者)】50点(存在うすい度80点)
いい事は言ってました。

【二宮 清純(ジャーナリスト)】60点(早口度86点)
メジャーのこと言ってました。
内容はあるものの、伝わりきれていない印象。早口がマイナスポイント。議論には向いていないかも。

【坂井 保之(プロ野球経営評論家)】75点(荒井注度80点)
実際に複数球団の経営に関わってきた経験から、現場の本音をさらけだしてくれていました。
「そういうのがいかんのや」という内容を含んでいましたが、タテマエのない貴重な本音。
ちょっとうさんくさくみえましたが、きっといい人なんでしょう。

【東尾 修(プロ野球解説者)】65点(ほろ酔い度89点)
終始くだを巻いているようなベランメェ口調に危険な香り。
「パリーグは西武とダイエーは頑張ってきた」という立場。番組終了直前の堀江社長「パリーグはガラガラポンしてオークションして売ればいい」発言にブチギレ。
「そんなねぇ、失礼だよあんた。」と迫った瞬間の目は、本当に恐ろしかった。

【遙 洋子(タレント,作家)】41点(阪神バンザイ度82点)
いい事も言ってるが、話の流れも読まず勝算なしの議論のふっかけにマズさ爆発。
どうも地に足のついていない発言が多く、いないほうが良かったかも。

【広瀬 一郎(経済産業研究所上席研究委員)】96点(MVP)
僕も含めて一番視聴者には馴染みのない方ですが、Jリーグの経営戦略に関わっている人物として、野球とサッカーのプロ育成の理念の違いや、産業としてのプロ野球経営戦略についてわかりやすくソフトな口調で終始語っておられました。

「野球産業の商品は“面白いゲーム”。例えば巨人が3点差で勝ったから次は10点差で、その次は20点差で勝てるようにしようとしたとします。もうゲームという商品にならないですよね」
「“プロを育てる”という観点からサッカーの新人研修は2泊3日で、将来設計からファンとの対応シミュレーションまで含めて徹底的にやっている。野球はいきなり暴力団対策から。あと元選手の講演きいて終わり」

非常に興味深い初耳の数々でした。

で、トラのシッポ様情報でネット上の広瀬氏のコラムにリンクを張っておきます。僕もあとでじっくり読みますよ。





まあそんなわけで、わかりきった問題点を浮き彫りにするばかりで
有意義な議論の発展はとくにありませんでしたが、テレビ朝日に「もう一度是非やって欲しい。もっと議論を」という声を届けることは、ファンの関心の高さをマスコミに届ける意味でも大事でしょう。これも立派な合併阻止活動だと思います。
僕もさっそくメールを送っておきます。みなさんも是非どうぞ。

朝まで生テレビ・サイト

その際に不要なパネラーを整理する必要性も意見したいと思います。


また、昨日アップした「プロ野球勢力図」にやや変化をつけています。
プロ野球問題の整理にお使いいただければ幸いです。(画像著作権はフリーにしておきますが、あくまで現在発売中の「週刊ベースボール」(ベースボールマガジン社)の図をもとにしておりますのでご注意ください。)


というわけで皆様、「朝生~プロ野球編~」の次回に期待しましょう

ごきげんよう、さようなら。




















★プロ野球参考記録★

【ヨネスケ (落語家)】3点(オヤジ巨人度120%)
問題外。
彼はプロ野球ファンではない。巨人ファンだ。

ちなみに3点の内訳
「1点」→遅刻しないで来た
「1点」→とりあえず起きていた
「1点」→チ○コは出さなかった。

チャットでも盛り上がったのですが、「CM明けでヨネスケの席にぬいぐるみが置いてあったらいいのに」「いや、デカイしゃもじを置いておけ」と思ったプロ野球ファンは全国でのべ1千万人を突破したらしいです。(←当社調べ)


                         以上っす。
コメント (25)
この記事をはてなブックマークに追加

プロ野球勢力図をアップします。

2004年07月30日 22時00分38秒 | ☆提言・苦言・球界再編
さて、僕が応援するタイガースの敗戦はなかったことにして(笑)、近鉄・オリックス合併問題に端を発したプロ野球再編問題を整理していただくために、現時点での「プロ野球勢力図」をアップいたしました。

これは今週発売の「週刊ベースボール」8月9日号に掲載された「語録付き 戦国球界勢力図」に少々手を加えたものです。
大変わかりやすく、本当に混乱する球界問題を整理する意味で大変貴重な資料だと思いましたが、著作権問題もありますゆえに僕が手直ししたものをここに掲載させてもらいました。

下のリンクからご覧下さい。
拡大して参照いただければ幸いです。

プロ野球勢力図(7月30日現在)

また、今夜2時10分からの「朝まで生テレビ」はプロ野球再編問題について古田選手会会長なども交え、熱い討論がかわされるようです。
詳しくはこちらの記事からどうぞ。

朝生をご覧になる方、プロ野球再編問題がこんがらがってきて良くわからないという方、ぜひこの勢力図をご参考くださいませ!



虎砲のピカリン様などのご指摘もあり、一部加筆修正しました(7月31日朝6時)
1リーグ・2リーグの問題に合併問題がすりかわっている・またはごっちゃになっている現状のプロ野球界ですが、少し冷静に分けて表記しました。

僕は1リーグ制には反対の立場です。

現在のパ・リーグの経営を改善しなければ2リーグ存続は難しいでしょうが、まずは経営問題を抜きにして理想を考えると2リーグ制の方がより面白いと僕は思います。

まず理想を語り、それに近づけることこそが経営努力というものだと思いますし、無責任な立場だからこそ、ファンは理想を語ることが大切だと思いますので。

まあ、実現することもないので僕も考えませんが、3リーグ制・4リーグ制なんてのも面白いのかもしれません。(←言って見ただけです。根拠なし)

僕自身はリーグの問題は「100歩ゆずって取り返しのつく問題」。

そして合併問題は「どうしたって取り返しのつかない問題」だと思っております。


すべては日本プロ野球界の構造・体質が諸悪の原因ですので、「その構造と体質に大反対」という声は、ほぼ全てのファンに共通する声ではないでしょうか。

1リーグ・2リーグの問題は、合併問題をうやむやにさせないためにもとりあえず置いておいて、近鉄とオリックスの合併に大反対の意を唱えることに全力を注ぎたい思います。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

「朝まで生テレビ!」に古田選手が出演 今夜は眠れないかも

2004年07月30日 19時08分59秒 | ☆提言・苦言・球界再編
記事タイトルの通り、テレビ朝日系列で今夜26時10分より放送される「朝まで生テレビ!」は「激論!日本のプロ野球が滅亡する?!」というタイトルで、昨今の合併問題がテーマになるそうです。

【出演者・パネラー】

司会: 田原 総一朗
進行: 長野 智子, 寺崎 貴司
パネリスト: 江本 孟紀(プロ野球解説者)
栗山 英樹(プロ野球解説者)
坂井 保之(プロ野球経営評論家)
二宮 清純(スポーツジャーナリスト)
遙 洋子(タレント,作家)
東尾 修(プロ野球解説者)
広瀬 一郎(経済産業研究所上席研究委員)
古田 敦也(ヤクルトスワローズ,プロ野球選手会会長)
堀江 貴文(ライブドア社長)
三宅 久之 (政治評論家)
ヨネスケ (落語家)

一番の注目は「ヨネスケが場の空気を読めるかどうか」
(うそです。)

しかし、球界再編問題の発生源である経営者側と討論がしたいのに、もちろんそちら側からの出演はナシ。
まるでイラク派兵問題などを自民党のメンバーだけで「賛成」「賛成」と一方的に討論しているようなもので、あまり建設的とはいえないかも・・・。

でもアンケート結果などが新聞で発表されれば、署名と同じで少しは効果があるかもしれませんね。
是非とも具体的・効果的かつ建設的な議論を!


ちなみに番組サイトはこちらです。
視聴者からの意見も募集しているようですよ。
(ぼくも書き込みましたが、「マンガウルフ」で送信したので紹介はされないかな?)

ともかく、僕も今日は阪神・巨人戦のあとに、じっくりと観ようかなと思っております。
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

鳥谷のチョンボにサンテレビが突っ込み?

2004年07月30日 14時22分52秒 | ☆阪神タイガース
ちょっと、昨日とその前は近年まれに見る大忙しで、更新はおろか、ネットにつなぐヒマすらも満足にない2日間でした。この記事をアップしてからコメントレスなどをゆっくりかえさせていただこうかなと思っています。申し訳ありませんでした!

(出版業界だけに限らないかもしれませんが、「お盆進行」ってやつで普段よりもあらゆる締め切りが早かったりしまして・・・。)

さて、この2日間の阪神対中日戦は壮絶な延長の連続でしたね。
僕はおとといの試合は、途中から。
しかも仕事をしながらのテレビ観戦ですよ。
「なんで9時の時点でまだ半分しかイニングが進んでないのだ」と、ちょっと得した気分になりましたが、お客さんや選手はたまったものではなかったでしょう。

だからこうすればいいのに

あと、昨日の試合に関してはマンガの取材のためにまったく観戦できなかったの僕ですが、おとといの試合で印象に残った部分。




【鳥谷のチョンボにサンテレビが突っ込み?】

 おととい28日の試合終盤。

23時を前にして、突如中継の画像と音声が途切れ、カラーバーとともに「サンテレビジョン」の文字。
(ケーブルテレビとはいえ、配信されているのはサンテレビからの映像そのままのはず。同じ現象ってありました?)

まあ、放送トラブル発生ってやつです。
20秒ほどしてすぐに中継が再開されましたが。。。

そしてその直後に飛び出した鳥谷のチョンボ
11回表。
先頭打者の中日・アレックスのなんでもなく見えるフライの目測を誤り、2塁打にしてしまった鳥谷。
ふらふらと小走りに打球を追うものの、10メートルほども離れているであろう地点にボールはポトリ。

「うそ、何やってんの?」と言わんばかりに金本が駆け寄ってボールを処理するも、アレックスは2塁到達。

気まずそうな鳥谷の顔面は蒼白。

追い上げムードが高まっていた甲子園に、ため息と思い空気がどっと流れはじめたその瞬間・・・!

「放送中にお見苦しい点があったことをお詫びいたします」と絶妙のタイミングでテロップが。

もちろん画像が途切れたことへのお詫びだったのですが、僕にはサンテレビから鳥谷への“愛の突っ込み”に見えてしまいました。
笑いました。




あ、以上です。

今日は関西は雨ですかね?
巨人戦はゆっくりチェックしようと仕事に励むマンガウルフでした。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

プロ野球選手会が合併反対のネット署名をはじめますた!

2004年07月27日 21時59分33秒 | ☆提言・苦言・球界再編
タイガースは4連敗。僕は金澤が投げているあたりからテレビ観戦しましたが、今日もチャンスに打てない試合展開だったようで。
中日は投手も含めた野手陣がいい守備みせておりました。
巨人もなんとか9回のピンチを抑えて広島に勝利したようで。。。

でね、こんなTBをはじめま略先生からいただきましたよ。

日本プロ野球選手会、ホームページでネット署名をスタート!

そしてその署名ページはこちらだそうです

なかなか球場に行けない皆様も、これなら簡単。
ご意見募集の入力フォームもあります。

是非署名に参加しましょう。


僕も、このTBを見た瞬間にさっそく署名をしてまいりました。
記事を書くよりもはやく!

ちょっとページが重いこともあるようなので、混みあう時間帯にはご注意ください。

毎度タイトル画像はずたたん様より拝借。
今日の桃ちゃん(←中日・井上一樹さんのことです)、代打であっというまに出番終わってました。

そして、はじめま博士。
貴重な情報をどうもサンクスです!


コメント (25)
この記事をはてなブックマークに追加

阪神電車でぶっとばせ!「ご乗車ありがとうございました~」

2004年07月25日 22時50分37秒 | ☆阪神タイガース
黄色と赤のにくいやつ!阪神電車でぶっとばせ!甲子園までぶっ飛ばせ!


最初のギアは今岡だ。
内角打ちは朝飯前。
レフトの前までぶっとばせ。

お次のギアは赤星だ。
レッドスターのお出ましだ。
ライトへ引っ張れ駆け抜けろ!

さらにレバーは関本へ。
絶好調の猛打賞。
意地と度胸でぶっとばせ。

そしてゆっくり金本と
いう名のブレーキ入ります。
阪神電車はとまります。
爆勝街道とまります。

「尼崎~。あまがさき~。ご乗車、ありがとうございました。」

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  計 
ヤクルト0051021009
阪神0000004206


7回に連打の嵐も、やはり金本選手が置いてけぼり。
アニキ、力みがみられます。

そしてその7回、藤本に替えて代打・片岡っていうのが僕は気に入らなかったです。
いくらトリー谷が先頭打者ヒットで出塁して得たチャンスだったとはいえ、点差と可能性を考えたら・・・

「藤本そのまま→鳥谷に代打・片岡」がおそらくベストでしょう。


というわけで、「勝負は8月」なんてセコイこと言ってると8月はもっとやばいぞと思うわけです。
「阪神・魔の6月」という言葉こそ去年は払拭しましたが、「死のロード」という壁はあの優勝した去年ですらも立ちはだかったのですから。




というわけで、今日の似顔絵のタイトルは「フィジーからきたフジーさん」です。

モデルはいません。
あ、たぶんいません・・・・。
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

「イガーくん絵描き歌」が曲入りフルアニメーションに大出世!

2004年07月25日 12時42分21秒 | ☆阪神タイガース
全国1千万のタイガースファンの皆様・そしてなかなか爆勝できないイガー君ファンのみなさんに朗報です。ついに話題の「イガーくん絵描き歌」にかわいい曲がついて、フルアニメーションになりました。

「イガー君絵描き歌」

作画・歌詞:「マンガウルフの野球と漫画☆夢日記」マンガウルフ
アニメーション:「BLOGはじめますた」はじめま略博士
作曲:「BLOG STATION」Ken先生

で、こちらからごらんになれます。

【削除と追記:04.12.31】
しばらくリンク切れを起こしていたのですが、Kenさんが新しくアップしてくださいました。
こちらのページからご覧になれます。(追記ここまで)


ちなみにKen先生の「イガーくん絵描き歌」に関する記事はこちらです

でね、Ken先生はさほど野球には詳しくないものの、「なんか楽しそうだ」という理由でこのBLOGを見てくださっているのですが、事もあろうかイガー君を知らないにもかかわらずこの曲を作ってくださいました。
全て作り終わってから「ところでイガーくんって誰?」と、おちゃめなコメントを残されています。

ですので、このアニメと曲を聴いて気に入ってくださった野球ファン方は、是非ともKen様のブログ(gooではとても人気のあるBLOGです)に飛んでいただいて、井川君について教えて差し上げてくださいませ。
(僕も一応、参考資料を提示してまいりました。)




しかし、やっぱりブログっておもしろいですね。

一つのニュースや話題について、TBし合ったり、コメントを残したりして盛り上がるのもブログの良さですが、今回のように一つの素材(僕の落書き)をおもちゃにして、どんどん発展させて完成させるという遊び方もできるのだなと、「ブログ戦争」以来ですがまた改めて感じました。

はじめま略博士・Ken先生、どうもありがとうございました!




そうそう、話は変わります。
「rokkoUOroshi~TigersBlog」でおなじみのかきぴー様が、とうとうJUGEMに愛想を尽かしたらしく、サイト閉鎖・移転の可能性があるらしいです。
(JUGEMのブログでなにがあったのかご存知ない方は、こちらの記事から察してくださいませ)

というわけで、当面こちらのかきぴーどっとこむへ、今までのブックマークから変更していただくとアリガタイ&間違いないとの伝言です。

かきぴー様は現在、タイガースの応援の傍ら、サイトの再構築作業に専念しておられるそうです。
難民生活は不自由でしょうが、お帰りをお待ちしております。




そうそう、まだ話題があった。
現在こちらのgooBLOGのトップページに、僕が描いたホッジスさんのイラストがピックアップされているんですよ。

もと記事はもちろんこちら

で、二つのイラストを見比べてみてください。
ピックアップの方のホッジスさんは、目つきが悪い

以上です。

でも、このピックアップに画像が掲載されるのって、実はけっこう夢だったんですよね。
しかも隣は「うさこ日記」で有名なうさこさんのイラスト。
なんか、申し訳ない気分です。

あ、そうそう。
昨日のホッジスは合格点でしたが、試合結果についてはあえてふれません。
ま、そんな日があってもいいじゃないですか。。。

ともかく、絵描き歌サイコーということで。

是非とも皆様こちらに行って、野球オンチ(失礼)のKenさまにイガー君の感想+イガー君基礎知識を是非残してさしあげてくださいませ!

コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

イガー君絵描き歌で敗北でも癒してピース(動きます)

2004年07月23日 21時42分16秒 | ☆阪神タイガース






またまた「BLOGはじめますた」のはじめま略氏の魔法が飛び出しました。
絵描き歌、動いちゃいました。

後日追記:なんと曲もつきました。ぜひともこちらでどうぞ

最終回・2アウトランナーなしから、アリアスがバックスクリーンに飛び込むソロ・ホームラン。

打たれたのはヤクルト守護神の五十嵐。
そのときスピードガンは157キロを記録していました。

わずか2球で金本・桧山を打ち取ったことで、アリアスに力勝負を挑んだものの敗北です。
いくらスピードボールを投げたって、コースが甘いと弾き返されます。

そして続く矢野も三遊間を破る痛烈なヒット。

で、俄然盛り上がる甲子園は藤本の三振でゲームに幕が下ります。
泳がされながら外角高めの速球に空振り。

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  計 
ヤクルト0000000112
阪神0000000011


井川が古田に許したタイムリーヒット。
これは内角のややハズシ気味の球をうまくレフトに弾き返した古田を褒めるべきです。

そして、結果論からいえば、9回から登板したマイヤーズが、ランナーをためてから岩村に許した内野安打による1点が重かった。

で、采配に文句を言うなら、最終回の藤本の次に用意していた代打が八木ではなく葛城。
岡田監督と八木の不仲説ってどうなのよ?

しかし、ヤクルト・川島は堂々の新人王候補。
もう我らの“トリー谷”がいくら頑張っても、開幕当初の巨人・阿部並みの活躍をしないと追いつけそうもありません。

まだあどけなさの残る顔面。
特にベンチから最終回の戦況を眺める八重樫打撃コーチの横に並んでいる川島は、その対比によりいっそうあどけなく見えました。

てなわけで、皆さんもイガーくん絵描き歌に挑戦。
今日の敗北を癒しましょう。





















コメント (29)
この記事をはてなブックマークに追加

巨人がパ・リーグ移籍へ?~僕たちはプロ野球を愛で殺すとき~ 

2004年07月23日 18時07分50秒 | ☆提言・苦言・球界再編
スポニチアネックスがこんなタイトルの記事を掲載しております。
渡辺オーナー仰天構想 巨人がパ・リーグ移籍へ

(ちなみにタイトル画像はずたたん様よりいただいております。)

既にこの記事を読まれた方も多いと思います。
まだ先走った感のある記事ですが、ある程度予想できている動きだと思います。

(追記:こんなニュースもあります。
横浜、10球団なら1リーグ制賛同へ
巨人、阪神案を受け入れず対立鮮明に


で、僕は極端に思うのですが…

一度プロ野球は死んだ方がいい。できればファンの手で殺したい。

もうね、企業スポーツとして「構造」=いわゆる「土台」が間違っているんだから、その上につぎはぎで何を積み重ねてもダメですよ。
急場しのぎにはなっても、いつかはまたダメになる。

いっそプロ野球は河川敷から…




などと、ここまで書いてまた挫折してしまった。

「また」というのも、最近の僕は合併問題について何度も記事をアップしようとしては、途中で消してやめてしまっているのです。
申し訳ないが、語れば語るほど、「もうどうしようもない」という気持ちがどんどんと沸いて来て、プロ野球が嫌いになりそうなんです。

野球が嫌いになることはなくても、プロ野球は嫌いになりそうなんです。

合併問題を記事にして真剣に語ることは、本当に疲れる作業です。
それでも、いろんな方がブログで記事にされていたりします。

そして、署名運動などで全国を走り回っているファンの皆様には、本当に頭が下がる思いです。
これらは全て、「キミよ、俺たちで変われ」というファンから経営者へのメッセージのはずです。

しかし、いくらファンが走り回っても、経営陣はこちらの声なんてまるで無視して、読売の放映権料の取り合いをしています。


しかし、彼らにも同情すべき点はあります。
企業スポーツの構造がある限り、「俺たちはまっとうなことをしているだけ。経営者として当然だろう」といわれれば、確かにそうなんですよ。
急場しのぎといわれようが、どれだけ非難をうけようが、「儲け」と「利権」を考えないといけないのが経営者の宿命なのです。

じゃあ、やっぱり一度リセットしたほうがいい。

で、以前の記事にトラックバックをいただいていたat most countableさんの記事に僕が残したコメントをそのまま貼り付けて、記事の代わりにしたいと思います。(ちなみに、管理人のめたか様は、阪神・星野SDに直接メールを送られたようです)




ずいぶんとお返事がおくれてしまいましたことをお詫びいたします。
はじめまして。マンガウルフと申します。

さて、昨今署名活動などファンの動きが活発化している野球界に、メールという方法で提言をしていくというのは面白い案だなと思います。

ただ、僕自身がやるかというと…。

今回の合併騒動からの一連の流れを追っていくにつれ、どんどんと疲れて醒めていく自分が手に取るようにわかるんですよ。
「もうどうしようもなさそうだ」と。

僕は阪神ファンですが、他の阪神ファンの方よりはパリーグの試合も大好きで、ケーブルテレビでもよく観戦しています。
で、北海道に移転した日本ハムの試合に感動したり、西武の試合終了後のウイニングロードに感動したりと、喜んでいたところにこの騒動。

もう僕はプロ野球ファンとして、「一度愛でプロ野球を殺さなければいけない」と思い始めています。
そして、地獄の淵からよみがえって来いと。
かならず帰って来れるはずだと。

そして、一年後か二年後にプロ野球が復活したときに残っているものだけが、きっと本当に大切なものなんだから…と。

今回の騒動での一番の問題は「ファンへの説明責任を経営者がまったく果たしていない」ということだと思います。
Jリーグのマリノスとフリューゲルスの合併問題のときは、当事者の選手・チーム・そしてファンが何度も話し合いの場を設けて真剣に討論し、なるべく傷つく人が一人でも少ないようにと。努力をくりかえしたといいます。

そんな、ファン心理の基本的なこともわからないプロ野球の経営者たち。
ファンへの説明責任を星野SD一人に押し付けているような経営者たち。
そんな根本的におかしな人たちがトップにいる限り、「プロ野球は一度死んだ方がいい」「できればいっそ我々の手で殺した方が…」とまで最近僕は思っています。

ちょっと支離滅裂な文章かもしれませんが、このコメントに手を加えたものを僕のところで記事にするかもしれません。
失礼しました。

投稿者: マンガウルフ (7月 23, 2004 03:05 午後)




以上がコメント欄からのコピーです。

映画「スチームボーイ」のキャッチフレーズに「僕は未来をあきらめない」というかっこいいセリフがあります。
それにプロ野球になぞらえていえば…

僕は未来をあきらめない

ならば今、破壊しよう

もっと輝く未来のために


いつもながら、乱暴ですみません。
今日もタイガースを応援します。

コメント (21)   トラックバック (16)
この記事をはてなブックマークに追加

マンガウルフの「こんなサーバー増強作業はいやだ」

2004年07月22日 13時05分47秒 | ☆BLOG/その他
あれ、「マンガウルフの野球と漫画☆夢日記」をクリックしたらこんな画面がでてきたぞ。

なになに…





なんだ、そうだったのか。

どれどれ・・・?





なんだ、あとちょっとで終わりそうだな。


「カチッ」


あれ、画面が変わったぞ。










「・・・??」




~そして次の日のニュース~








「記事、使いまわしかい!」




阪神も横浜に劇的な快勝。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

というわけで、gooBLOGのスタッフの方の努力により、サーバーの増強作業は無事に完了いたしました。

野球終わりの午後10時ぐらいから、このページを開いたり、コメントを書き込むのに不具合が出たりと大変だったのですが、これで安心です。

スタッフの皆様、深夜の作業本当にお疲れ様でした。

(もちろんこの記事はシャレですので、「あのマンガウルフがまたくだらないことを」と、笑って許してやってください。)

それにしても、アップする画像の大きさが一つ一つ選択できるようになったのですね。
これってもしかしたら、ものすごくありがたいかもしれません。

無料なのに、マジすごいです!(←宣伝も忘れないマンガウルフでした)
コメント (10)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「gooBLOGセレクション」 栄えある第一号ブロガーは僕なんです。

2004年07月20日 17時25分34秒 | ☆BLOG/その他
いつもタダでやりたい放題お世話になっている、goo BLOGさんが、「gooBLOGセレクション」というブログを立ち上げられました。
ここでは“いろいろなgooBLOG内のユニークな人気ブログを紹介し、作者の個性に迫る”ということらしいのですが、その“ユニークな人気ブログ”に認定していただき、“作者の個性に迫られた”、栄えある第一号ブロガーが実は僕なんです。

なんとも光栄なことで恐縮です。
これもひとえに、このブログをいつも見てくださる全ての皆様のおかげだと、心底より思っております。

社交辞令ではなく、ほんとうにありがとうございます。
これからもよろしく御願いいたします!




さて、肝心の「gooBLOGセレクション」の記事はこちらです

いやー、いきなり僕のとぼけた顔面の写真が情けないです。

ちなみに、この取材を受けたのはちょうど僕のブログが引越しのためにお休みしていた時期でした。
引越しプラス仕事の疲れが、お肌の調子を狂わせていました。

で、頭にも引用させていただいた写真は、池袋のビル街の片隅で通行人の「だれじゃい」という目線を気にしながらの撮影でした。
恥ずかしかったです。


さて、取材していただいた内容は「gooBLOGセレクション」の記事の方で読んでいただくとして、こちらではその補足をいくつかしたいと思いますね。

>大阪出身のマンガウルフさんですが、標準語でのインタビューでした。

なんか、東京に魂を売ったように思われるかもしれませんが、上京して4~5年ほどたっているのと、“よそ行き”の話し方をすると標準語に近くなるようです。
普段は結構、関西弁丸出しでっせ。

>1つの記事を書くのは1時間ぐらいかかって、

これ、僕の発言ですがもちろん時と場合ですよ。
どうしてもイラストを新しく更新する場合はそれぐらいかかりますが、それも含めて20分ぐらいの時もありますし、3時間以上かかる場合もあります。

ちなみに・・・
20分の例は昨日の記事
3時間の例はこんなカンジです


>――マンガウルフさんの記事では、いわゆる中傷的なものやトゲのある発言はありませんから、荒らしてやれ、という感じではありませんよね。すごくいい雰囲気になっていると思います。

これは文中のgooのスタッフの方の発言ですが、最近野球界がおかしなことになっているので、時と場合ですね(笑)。


>僕からアドバイスですか、うーん……。何を目指すかにもよるんですが、アクセスがたくさんほしいなら、「才能」、「時間」、「情熱」のどれかをかけることですね。才能がなければ情熱でカバーするとか、時間をかけてたくさん記事をかくとか。

これは前にも「むだづかいにっき」のえっけんさんのところなどで発言していた内容なんです。

このあたりの件につきましては「アクセス数についての考察」という、僕の古い記事を補足にしていただければ幸いです。

僕も「野球にかける情熱」と「それなりの労力」を記事に注入することで、お粗末な才能の部分をカバーしております。


>自己紹介を書きましょう。

くれぐれも個人情報を公開しすぎないように(笑)。
いや、せめてサラリーマンであるとか、趣味であるとか、好きな食べ物ぐらいは公開していただければ、初めて訪れたブログでもイメージがふくらんで親しみがでるかなと。

書き手のことを知ると、同じ記事だってきっと楽しく読めますからね。


>ブログ戦争の小谷さんとは、小谷さんの運営されているインターネットラジオ「これい~な」でバンドの曲をかけていただいたり、いろいろお世話になっていて、話している中で、こういう企画をやってみようと。

話している最中に「やってみよう」となったいうより、“あちらさん”がケンカをふっかけてきたようなもんです(笑)。
「中日ファンとのブログ戦争」も全て成り行きだったことは、このブログを毎日見てくださっていた方はよくご存知だと思います。

あ、ちなみに「あちらさん」とはもちろんこちらさんのことです。



さて、補足はこれぐらいにして、裏話的なものをちょっと。


★gooBLOGは思ったよりも少数人数で運営されてるんだなと思いました。

いや、僕がネットに関して詳しくないだけなんですが、本当に少数精鋭のスタッフの方が頑張って働いておられます。
頭が下がる思いでした。

★スタッフの方はスタッフブログのコメント欄はちゃんと全て目を通しておられます。

僕が「コメントにはなるべく返信するようにしています」と発言しているときに、「反省しなきゃ」と申し訳なさそうにおっしゃっていて笑ってしまいました。
あそこのコメント欄での意見は、スタッフの皆様も非常に参考にしておられるようですので、皆さんご安心ください。

★gooの方の名刺は裏面に顔写真入り。

スタッフの方の顔面がリアルに、しかもドアップに印刷されています(笑)。
毛穴まで見えそうです。

★他のgooブロガーの話題

これ、気になるでしょ(笑)?

「ぼくが話題にしたブログ」
こことかこことかこことかこことか・・・その他いっぱい。

みんな才能か情熱か時間のどれかをかけている、大好きなブログさんです。





てなわけですので、今後ともこのブログを宜しくお願いいたします。
その他、ご意見等がございましたら、コメント欄でお話しましょう!

最後になりましたが、このようなブログを取り上げていただいたスタッフの皆様、どうもありがとうございました!









コメント (34)
この記事をはてなブックマークに追加

心理テスト「あなたには何に見えますか?」 

2004年07月19日 23時03分19秒 | ☆阪神タイガース
心理テストです。
あなたにはこのイラストが何にみえますか?





1.黄色いツボに見えた方。

あなたは正常です。
楽しい人生を、なに不自由なく送れる事でしょう。


2.向かい合う二人の赤星に見えた方。

あなたはトラキチの疑いがあります。

タイガースの勝ち負けに人生の幸せを左右される恐れがあるため、
早急に医師に診察をあおぎ、治療することをお勧めいたします。


        猛虎大付属総合病院 院長 まんがうるふのすけ
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

阪神3連勝!貯金が2!そして9時過ぎから阪神戦をみた駄目な私

2004年07月19日 21時45分46秒 | ☆阪神タイガース
昨日はせっかくタイガースが宿敵・ドラゴンズに快勝したというのにブログの更新ができませんでした。
締め切りに追われていたのです。

さて、今日こそは頑張ってタイガースを応援しようと思っていたら、なんと起床時間が夜の9時。
みなさま、おはようございます。
生活のリズムがただれています。
お仕事はためるもんじゃないですね。



さて、そんなわけで今日は9時過ぎからのタイガース観戦です。
よって、情報量が少ないことにご了承ください。

テレビをつけた段階で4対1でタイガースがリード。
なんだ、素晴らしいじゃないですか。
理由はしらないけど、鳥谷が盗塁していました。
プロ入り初盗塁だそうですね。頭からつっこんでいました。

さて、そこから赤星がタイムリーを深々と左中間に!
ダメ押しの1点で5対1とタイガースがリードです。

で、9回に登板したモレルを漂白したようなマイヤーズという選手がいきなり崩れていましたが、満塁で一打同点のピンチをなんとか切り抜けてゲームセット!

タイガース、これで今季ベイスターズから3勝目です。
やればできるじゃないですか。

さて、よく展開がわからないまま寝ぼけた目をこすりつつヒーローインタビューをみると、今岡が同点ソロホームラン、片岡が逆転タイムリーの活躍ですって。

というわけで、片岡選手の似顔絵を使うのが本当に本当に久しぶりなのですが、宿敵・三浦を攻略ということで。ぶらぼー。

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  計 
阪神0000000415
横浜0010000001


あ、福原に勝利はつかなかったんですね。
桟原に2勝目がついています。

福原はオールスター戦でホームスチールを決められた新庄に、ツキを持っていかれてなかったらよいのですが・・・。

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

いまネットラジオがおもしろい!

2004年07月17日 22時17分29秒 | ☆野球
いま僕はネットラジオを聴いております。
野球ネタ満載サイトベースボールってナンだ!?のジョニーさまと松沼(弟)さんがリアルタイムでしゃべっておられます。

こちらのねとらじから聞けますよ。

タイトルは
ナンだ!?ネットラジオ「真夏の世の夢!聞き手はやめろブルガリア!」

チャットルームで僕も楽しんでいます。
こちらです

ふるってご参加ください!!
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加