カネシゲタカシの野球と漫画☆夢日記

移転につき更新を停止しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

表紙カットにパチスロの気配がゼロです。

2006年08月20日 10時34分24秒 | ☆マンガ・漫画
もうすぐ連載一年になる「実戦フルスイング!!」というパチスロ漫画用の表紙イラストを今月も描きましたよ。
この漫画の主人公は「カネシゲ選手」でして、毎月パチスロを3日間連続で夕方から打つというストーリーなんですが…


表紙カットにパチスロの気配がゼロです。


ちなみに今月発売分の表紙カットには古田バージョンのカネシゲ選手を描きました。
その前はイチローバージョンでした。
一生懸命描きました。
描いている最中、パチスロ漫画であることは完全に忘れていました。
で、今回はマリーンズ・西岡バージョンと。

そもそも編集長の中川カントク(広島ファン)は自腹切って前田モデルの金属バットを読者プレゼントしてるし、漫画の欄外の注釈はムダな野球用語解説でいっぱいだし、わけがわかりません。


かつてパチンコ必勝本ドリームスで連載していた「頑張れダルビッシュ君」といい、「野球に関する漫画を描きたい」という僕のささやかな夢がこんな変なカタチで実現するとは思いもしませんでした。



というわけで、今回ご紹介した「実戦フルスイング!!」は毎月16日発売の「パチスロ裏技最強テク・マニアックス」(雄出版)という雑誌でご覧になれます。
是非一度コンビニなどで手にとってみてくださいね。
コメント (7)

「巨人をダメにした野球界」という記事がとっても面白かったのでアホと言って見た+新連載のお知らせ

2006年08月17日 09時04分54秒 | ☆提言・苦言・球界再編
えーっと、以下はアレです。長いですが、全文引用させていただき、最後に自分の意見をのべさせていただきます。


■巨人をダメにした野球界。

【PJニュース 08月17日】-巨人ジャイアンツのファンである。巨人の試合がテレビで見られなくなった。巨人の記事が新聞で踊らなくなった。巨人がついに最下位になった。なんと悲しい事か、なんとつまらない事か。生活の歯車の一部が欠けてしまった。明日への活力を失ってしまった。どうしてこうなったんだ。誰がこんな巨人にしたのだ。今こそ言わせて欲しい。

 自分の付けたスコアブックに赤バットの川上哲治、青バットの青田昇にサインをしてもらった。そう、歌手の灰田克彦がそばにいたっけ。天にも昇る気分だった。長島茂雄の敏捷な猫のような腰つき。王貞治の微動だにしない一本足打法。少年雑誌には野球ゲームがついていたし、キャラメルを買うと巨人の試合が後楽園に見に行けた。勿論、プロのスポーツは野球と相撲しかなかった時代だけど。

 プロスポーツの世界には、超一流スーパースターが絶対必要だ。彼等が存在してこそ、人生の楽しみエンターテインメントを満足させてくれる。その条件はそのスター一人でお客を呼べる事。魅せる技術を持ってる事。いい男である事。超えたオーラを持ってる事である。巨人ビイキとしては、生え抜きである事。

 今の巨人にはいない。かつては、野手では、川上、長島、王、原、松井。投手では、沢村、藤田、堀内、江川、桑田、上原がいた。そして、この巨人をやっつけようと投手では、金田、別所、村山、江夏、星野、野茂、大魔神、松坂、野手では、野村、落合、張本、清原、新庄、イチローがいた。いまだ、現役の選手もいるし、後に憧れの巨人に高額で入った選手もいる。

 ここに挙げた超スーパースター選手たちが、日本のプロ野球を引っ張って来て、面白い、楽しい野球を見せてくれたのだ。

 今の巨人は外様のイ・スンヨクと上原が超一流だが。小久保が一流。生え抜きの、阿部、高橋、二岡が二流。工藤は別格の一流。と、イ・スンヨクだけが空回りしていて、怪我をする選手が続出してる。怪我をする選手は、一流以下である。生え抜きの高橋、阿部が何故もっと一流になれないのか・・・。

 かっては他球団で一流半だった選手を再生したって、短い限定付きだ。二軍の新人も出た勢いだけで、三流の域を出ない。外人選手も二流以下。二流は二流。三流は三流だ。原監督も可哀想にお手当の毎日である。巨人は勝つという伝統に押しつぶされている現状だ。理解のあるナベツネさんもお手上げのようだ。それともう一つ坊主憎けりゃ袈裟まで憎いじゃないが、現在のユニフォームがダサイ。

 以前のホームはGIANTSのロゴに白。ビジターはTOKYOにグレイ。これの方が品格と伝統を感じる。戻すべきである。

 巨人の衰退の原因はなにか。ドラフト制度である。かつては巨人が強すぎてとか、金があるとかで弱小球団のために均等化を狙ったのであるが、いまや、その通りになったであろう。お望みの巨人を弱くしたのだ。「元に戻せ」と言いたい。それから、選手は自分の行きたい憧れの球団で働くのが人間として当然だろう。そのモチベーションを奪う権利はあるのか。人権問題だ。だから、気力のない選手が多くなる。フランチャイズとか、金とかこれからは、問題ない。

 大リーグのヤンキースではないが、それなりの歴史を持った強い球団は引き継がれ、野球の魅力の歴史を作って来た。日本の巨人も強くなければ、巨人を倒す醍醐味も生まれない。ライバル意識も育たず、格闘スポーツでなくなる。それと、超スーパースターは大リーグへ己の更なる上を目指し、金と名誉を求めて日本から去って行く。将来は大リーグでは人格者にまでなれる。

 しかるに、日本はしがない解説者ぐらいだ。この漫然たる流れに身を置く日本プロ野球界は甘ったれてる。ちかごろ新規産業が球団参入してるが、金儲けより、野球を面白く、楽しくしてくれないと、サッカーをはじめ他のスポーツに落とされてしまうだろう。

 巨人に生え抜きの超スーパースターを育て、あるいは導入する。巨人が強くなければ日本の野球は衰退する。間違いない。【了】

※この記事は、PJ個人の文責によるもので、法人としてのライブドアの見解・意向を示すものではありません。また、PJニュースはライブドアのニュース部門、ライブドア・ニュースとは無関係です。

パブリック・ジャーナリスト 池野 徹【千葉県】






ア ホ か 。


まあ、こういう方だって立派な野球ファンだとは思いますが、あまり胸を張って大きな声で語るべき意見ではないと思います。

この池野氏は「巨人の衰退の原因がドラフト制度」とか言っておられますが、戦力の均衡をはかるドラフト制度が機能しはじめてからもジャイアンツはちゃんと強かった。

ちなみに第1回ドラフトが行われたのが1965年。
この年のジャイアンツのドラフト1位は堀内恒夫。
つまり堀内以降に入団した選手は皆基本的にドラフト制度を経てジャイアンツに入っているわけで(ドラフト外入団とか江川のケースは置いといて)。
それでもちゃんと強かったって、巨人。
何回優勝してるの?
何回Bクラス落ちたの?
だいたいあなたがいちゃもんつけてるドラフトだって完全ウェーバー制ではないんだし。
なんやかんや言ったって、人気と金のある球団が有利なんだし。


ていうかドラフト制度にジャイアンツ衰退の原因を求めるのが間違い。
むしろ93年にジャイアンツ主導で導入された「逆指名ドラフト+FA制度」のセット導入こそが、長期的視点からみてジャイアンツの足腰を決定的に弱くしたというのが真実に近いのではないでしょうかね?


それでいて池野氏はドラフト制度を撤廃して自由競争時代に戻せと言う。
要するに金で巨人の強さを取り戻して、プロ野球人気もバッチリ回復万々歳ってことですか?
とりあえずそういうセリフはまともな外国人を連れてこれるようになってから言って欲しいのですが…。

だいたい巨人に限らず逆指名入団の野手がイマイチ突き抜けてスターになれない理由って、入団前から大金もらってポジション与えられてチヤホヤされてっていう裕福ゆえの甘えが原因じゃないのでしょうか?
あと巨人にたたき上げのスター選手がイマイチ育たないのは、他球団のスター選手やアマチュアのスター選手をFAや逆指名で多数獲得したことで、ファームが完全にヤル気を失ったからじゃないでしょうか?
(なんでこんな一般常識をいちいち説明しないといけないんだ!)


ていうか、この記事はライブドアPJニュースによるジャイアンツへの嫌がらせとしか思えない。
だってこういう意見が掲載されて1番迷惑こうむりそうなのが良識あるジャイアンツファンの皆さんだと心から思いますので。



でもご安心ください。
この池野氏の記事中に登場する「巨人」というのは、あなたがた真の巨人ファンが応援する読売ジャイアンツとはまったく別の野球チームですから。


だって我々が知っている巨人には

イ・スンヨクなんていませんもの…。


sssssssssssssssssssssss


あと以下は新連載のお知らせなど。

・8月後半に東京と大阪で予定されていた盆地で一位の2つのライブは両方ともスケジュール調整の都合によりキャンセルとなりました。ご了承くださいませ。

・セカンドブログ「虎式カネシゲタカシ」もたまにこっそり更新しておりますので、たまにこっそりのぞいてやってもらえると嬉しいです。

・5月から3号連続の読みきり企画として「パチスロ7」(蒼竜社)に掲載していた漫画「ジャグラー通信番外編」が、人気爆発につき晴れて連載になりました。


(こんな感じのマンガ雑誌です)

リニューアル後のタイトルは「有限会社ジャグラー」
自分で言うのもなんなんですが、本当に読者の皆様から圧倒的な支持をいただき人気爆発中の漫画なんです。面白いです。
コンビニなどで見かけたら是非!




ちなみにこんなキャラクターたちが登場します。
(左からテッテレ課の佐々木課長・ピエロ和夫社長・経理の石川はん)



・ あとアスキーさんから出ている「MacPeople」という雑誌に毎号僕のイラストが載っています。「自腹でどん!」っていう企画ページです。ちなみに思いっきりウインドウズ環境で描いています!


・もうすぐ1周年!「パチスロ裏技最強テク・マニアックス」(雄出版)で好評連載中の「実戦フルスイング!!」もよろしくです。
いま日本で1番マニアックな野球ネタを披露するパチスロ漫画っす。

以下はマニアックな一例。








コメント (15)   トラックバック (3)