カネシゲタカシの野球と漫画☆夢日記

移転につき更新を停止しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ戦争・全敗!

2004年06月29日 02時39分32秒 | ☆阪神タイガース
戦争終結。。。。!

前回の中日戦は、僕が猛虎軍を率いて我がタイガースの三連敗。
今回の中日戦は僕が諸般の事情により不定期応援するもやはり連敗…

確かにブログ戦争は縁起が悪すぎますなぁ…(:_;)

小谷殿
野球討論サミットは近いうちにやりましょう!

今はプロバイダーの移行によりネットにも繋げない状態ですが、明日からのジャイアンツ戦は我がタイガースを共に応援してくださいませ!

テド大将代理をはじめとするタイガース応援ブログ軍団の皆様は、お疲れ様でした。そしてありがとうございました!

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

狂竜軍のバカチンがっ!

2004年06月27日 04時29分35秒 | ☆企画・ネタ・似顔絵・顔面ツラ野球


ぱるぱるJr.(←中学生。猛虎軍ヤングヤング部隊)の作品を、猛虎軍の水道橋博士こと、はじめま略氏がこのような素晴らしい作品に仕立て上げられたぞ。

だーれが敵前逃亡じゃい

このバカチンが!!

今日の我が阪神タイガースの選手がすべて全国より集められたるタダのそっくりさんであることに、まだ敵は気づいておらんようだな。

赤星や藤本など、たんなる地元中学の卓球部員であったし、アリアスはただのチャーリー・シーン。
福原も単なるトヨタの工場のおっさん。
普段はカローラの左前輪を取り付けているそうじゃ。

岡田監督に見えたのは、ただの犬じゃい。

手加減してやろうというこちらの意図もわからんのか。バカチンが!

まあ、唯一の誤算は今岡の代わりに招集した広島の東出がホームランをかっとばした事ぐらいじゃのう。

ともかく本物のメンバーは、今日マンガウルフ様の原稿のお手伝いで自宅に招集しておった。
たったいま特別機で名古屋に向かったので、明日は大丈夫じゃ。


狂竜軍、クビを洗って待っとれよ!!

明日もテド大将代理のブログ場外野戦場に、ものども集え集え!

わしは、いつでも見守っておる。


コメント (10)   トラックバック (18)
この記事をはてなブックマークに追加

銃を取れ 前進せよ 栄光は猛虎軍とタイガースの行く手に…!

2004年06月25日 05時09分44秒 | ☆企画・ネタ・似顔絵・顔面ツラ野球
猛虎軍大将・マンガウルフです。

仕事が忙しくて充分にお返事が返せない僕をしかってください。
全て読んでいます。有難うございます。

猛虎軍大将・マンガウルフです。

上のイラストは我が猛虎軍・ぱるぱる奴の息子殿(←最年少兵士)が描いた素晴らしき戦争画です。
「一生懸命頑張った!感動した!おめでとう!」

猛虎軍大将・マンガウルフです。

エキサイトのブログニュースにそうそうたるブログとともに登録されたのに、そこから来た方はなんのことかわかりません。

猛虎軍大将・マンガウルフです。

そんな方はココをクリックして、一番下の記事から読んでください。

猛虎軍大将・マンガウルフです。

中日ドミンゴスを応援する下品なブログとの戦争が間もなく始まります。

マンガウルフです。

藪のあまりに見事な流血劇を見て、「いい成績のままシーズンを終えるため、自分でちょっと切れ目をいれてたんじゃないか?」と失礼な妄想が頭をよぎりました。

マンガウルフです。

広島・フェリシアーノの名前を聞いて、「フランスの少年が初恋を抱く可憐な少女」を想像していました。

マンガウルフです。

昨日、実物をみたときに「現実は甘くないな」とつぶやきました。

マンガウルフです。

プロ初登板で中日にメッタ打ちにされた木佐貫のごとくつぶやきました。

マンガウルフです。

辞書で「棒読み」と引くと、昨日のサジキハラのヒーローインタビューが載っていると思います。

マンガウルフです。

桟原のお父さんの名前が金吾だと、今朝サンスポで知りました。

マンガウルフです。

金吾さんの談話
「昔から運が強い子なんです。(大阪)桐蔭に入学した時も周りのすごい選手が故障したりして、1年夏の新チームから投げていましたね」

・・・・マンガウルフです。

モレルのまゆ毛が繋がってなさそうで、やっぱり繋がっていると予想しています。

マンガウルフです。

そろそろグリーンウェルが帰ってくるんじゃないかと思ってます。

マンガウルフです。

去年、神宮で川尻を見ました。笑っていました。
試合前は…

マンガウルフです。

このブログを見てくださる方は6:4で女性の方が多いんじゃないかと勝手に妄想しています。

マンガウルフです。

さっきこのあたりまで書いた原稿が全て消えました。

マンガウルフです。

ちなみに「ナンだ!?」のジョニー様の記事をパクってます。

マンガウルフです。

テンプレートを僕のブログとお揃いにしてくれた皆様が大好きです。

マンガウルフです。



はためく旗を、はじめま略殿がつくってくれました。

ついでにIEを使っている方。
この位置から左上にある、ブックマーク欄の「タイガーステンプレート」をクリックしてください。

今岡と同い年、はじめま殿の魔法です。

マンガウルフです。

中日ファンとのブログ戦争が始まります。

マンガウルフです。


皆さんの団結を期待します。

マンガウルフです。


この土日はテド★えにっきに集合です。

マンガウルフです。


タイガースは優勝します。

マンガウルフです。


マンガウルフです。

マンガウルフです。

マンガウルフです。

マンガウルフです。

はいどーもー、マンガウルフです。。。

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  計 
阪神101010101010101020100
中日0000000000

コメント (27)
この記事をはてなブックマークに追加

虎が3連勝!懐かしいこの響き!そして戦争告知じゃい!

2004年06月23日 22時54分53秒 | ☆企画・ネタ・似顔絵・顔面ツラ野球
猛虎の打線が帰ってきた!!
イケメン下柳(当社調べ)が気合のピッチングだ!

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  計 
広島2000000002
阪神30001001×5


下柳は初回に失点するも、これはいつものご愛嬌。
今日は4番からの金本・アリアス・桧山・矢野・藤本がなかよく一打点ずつです。
みんなお仕事ご苦労様!

【今日のテレビ解説・吉田義男 佐々木修 楠淳生の印象にのこった点】

★夕暮れの炎のような空をテレビカメラが映す。

楠「これ、ポスターじゃないですよ。」
吉田「 きれいですね~。夕暮れと言うと、サンセットですか?
楠「吉田さん、そのままです」

よっさんがいつの間にやら長嶋監督の域に来ております。

★楠氏は「へこんでいた」という若者言葉を連発する。

以前から気になっていましたが、どんどん出現頻度が上がっているような気がします。

用例→
「佐々岡、巨人戦でめった打ちにあってへこんでいた時期があったんですが…

いいのか?アナウンサーがそんなに軽くて。

★藤本のアテネ出場内定について

楠「いや、藤本もまさか自分がオリンピックに出場するとは夢にも思ってなかったでしょうね」
吉田「あ、そうなんですか?」

よっさん、知らなかった模様。


というわけで、週末に向けての告知です。

ものども「テド★えにっき」に集結だコノやろう!!
我がブログとソックリになっておるぞい。
上の旗もテド大将代理の作品でありまする。

gooブログのタイガースファンの総数を調査した「BLOGはじめますた」のはじめま略殿(←緊急参戦)の記事もそこから読めます!

ちなみにこちらの「レックスブイエックスの野球と車★夢日記」もご参照ください。
気合が入っておるぞ!あっぱれじゃ!

あと敵の狂竜軍・コタニ元帥はこんなものも用意しておりまする!
参戦の意思のあるものはどんどん書き込みをしてやりましょう!


で、初めて来たのにそんなこと言われてもというお方はこちらのカテゴリーの一番下の記事からごらんください。

たぶんというか、絶対に面白いと思います。

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

日本代表 勝つ気あるのか??

2004年06月23日 17時06分41秒 | ☆野球
さて、アテネの日本代表のメンバーの24人が発表されたようなのですが、率直な僕の感想。

勝てるのか、これ??

もちろんまだ決定ではないのでしょうが、いかにも中途ハンパという印象があります。
ちょっと順に見ていきましょうか。

【アテネ五輪代表予想メンバー】

【投手】

和田 毅 (ダイエー)
松坂大輔 (西武)
岩隈久志 (近鉄)
清水直行 (ロッテ)
小林雅英 (ロッテ)
安藤優也 (阪神)
岩瀬仁紀 (中日)
上原浩治 (巨人)
石井浩寿 (ヤクルト)
黒田博樹 (広島)
三浦大輔 (横浜)

なんていうか…

この中で今季のシーズンを通してマトモに仕事をしているのは岩隈と三浦ぐらいなんじゃないのかという感想。
石井(ヤクルト)はおそらく無理でしょう。
他のメンバーも今季は安定感に欠けていたり、ケガで離脱していた時期があったりと、不安のほうが多いメンバー。

三浦を入れるぐらいだったら佐々木(横浜)を入れれば安心だし、黒田(広島)を入れるぐらいだったら中日の山本昌なんて面白いと思うんですけどねぇ。

とにかく先発型の投手が多くて、なんだかバランスが悪いです。
まあ、優秀な中継ぎ投手が現在非常に少ないという事情もありますが、落合(中日)なんて選んでほしかったですね。

ていうか、投手枠をひとつ減らしてもいいと思いますよ。
もっと野手で「こいつ!」「この技!」という仕事人を一人選んで欲しかった。
(例えば広島の前田・阪神の赤星・極端に言えば中日・川相あたりでしょうか?)

【捕手】

城島健司 (ダイエー)
相川亮二 (横浜)

いざとなれば木村拓(広島)と和田(西武)がマスクをかぶれるので、本職は2人。
控えとわりきって相川を選ぶぐらいなら、外野手で選ばれている村松を除外して、オリックスから三輪か日高を入れればいいのに。

だったら抑えに大魔神を選出できたはずです。
あるいは内野手に種田か内川も選べたはず。

【内野手】

中村紀洋 (近鉄)
小笠原道大(日本ハム)
金子 誠 (日本ハム)
藤本敦士 (阪神)
宮本慎也 (ヤクルト)

セカンドは金子か藤本ということでしょうか?
なぜ今岡を入れなかったのでしょうか?
なんか、手薄という印象が残るメンバーです。

【外野手】

和田一浩 (西武)
村松有人 (オリックス)
谷 佳知 (オリックス)
福留孝介 (中日)
高橋由伸 (巨人)
木村拓也 (広島)

この中のだれかがDHで出場するのでしょうね。
なんか…中途半端な気がするのは僕だけ?


僕なりの結論。
一球団2人枠は予想以上に足かせとなったかな?

オリックスなんて枠を使い切るための人数あわせで外野手2人が選ばれたって感じですしね。いや、2人ともイイ選手ですよ、もちろん。

なんか各球団のシーズン中の営業を気にしながら選んだんじゃなかろうか?という印象を持ったのは僕だけ???
コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

阪神気が付けば連勝・気付けば3位

2004年06月22日 22時12分08秒 | ☆阪神タイガース
こんなもん、絶対負けたらアカン試合でしたよ。
広島先発のイケメン左腕・高橋建が序盤から苦しい立ち上がり。
一方の阪神先発の杉山投手は、3回まで4者連続三振を含むナイスなピッチング。

ところがいきなり崩れます。
序盤、解説の方が「この投手は球速もあるし、藪に似ていますね。」と称していましたが、突然炎上するところまで似んでよし。

4回にホームランを含む6安打を浴びていきなり3失点で降板。
打者が一巡して見極められたか?
立ち上がりの安定感を考えると信じられない崩れ方でした。

しかし、そのウラのタイガース!
満塁の場面で初代イケメングランプリ優勝者・矢野選手の走者一掃タイムリー2ベースがとびだして逆転に成功!

続く5回はヒット2本ながら四球と、高橋建の本塁送球エラー、そして投げようとモーションに入った際にボールを太ももに当てて(?)手からポトンと落とすという、草野球でも見られないようなまさかのボークで、この回もタイガースは3点を追加。

この時点でスコアは7対3。

楽勝と思われた試合でしたが、中継ぎとして登場した金澤とモレルがそれぞれ2失点で同点に追いつかれます。
救いは3本もホームランを打たれながらも全てソロだったこと。

8回にツーアウト2塁から
今岡のタイムリー2塁打が飛び出してなんとか勝ちこし。

最後は安藤・ウイリアムスでなんとか逃げ切りました。
とくに9回のウイリアムスは、センターを抜けるかというヒットをラロッカに打たれながらも赤星の好守によりセカンド封殺できたのが大きかったです。
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  計 
こいのぼり0003022007
寅さん10033001×8


去年はこういう展開で無類の強さを見せたものですが、今年はスキだらけですね。
「東京ドームで勝ちをつけてやれなかったから」という岡田はんの親心で登板した金澤が、2アウトから下位打線に2本も同じようなホームランを打たれていたのが残念。
モレルもやっぱりマユゲがつながっているように見えました(←関係なし)。

なんとか連勝。いつのまにか3位に浮上。
優勝争いに首の皮一枚でつながっている我がタイガースです。
え、中日がウサギを破って首位に浮上した?
「ふーん…。」
ま、今のうちに潰しあいしててくださいな。

さて、話題は変わって週末に予定されている対狂竜軍とのブログ戦争ですが、敵はこんな記事をしたためております。

なんとこんなものまで用意してきました。

友達のいないコタジーニ元帥ですから、ウサギに勝って機嫌がいいうちになにか書き込んでやってください。涙と鼻水を流して喜ぶはずです。
ま、週末は無様に砕け散ることでしょうから…

でね、週末にこのブログに代わってブログ大戦争の猛虎軍臨時総司令部が決定いたしました!

テド★えにっきさんであります。

もちろん我がgooブログ盟友のテド様のブログですが、テンプレートまで期間限定で変更してくださっております。

みなさん、この土日はテド様のブログへゴーです!!
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

漫画狼将軍より猛虎軍構成員各位へ

2004年06月22日 00時05分35秒 | ☆企画・ネタ・似顔絵・顔面ツラ野球
【猛虎軍大将・マンガウルフより】我らの偉大なる阪神タイガース球団は、週末の26日・27日に、宿便…まちがえた、宿敵・中日ドラゴンズとの首位決戦(←希望または妄想)を控えておる。

今回も、「マジメにぼやいてみよう」の小谷隆元帥が率いる竜ファン軍団とのブログ戦争を派手に繰り広げる・・・・・・

つもりだったのだが!!

なんとその両日によっぽどの私用が入ってしまい、ブログの更新すら危ぶまれております。

さらに言えば、いつも有益な情報をコメント欄に残してくださるサンタパパ様のバンド、Socksのライブも観にいけない模様である。

あー、サンタパパ様!行くつもりだったのにゴメンナサイ!!!

お詫びにSocksさんの告知をここで。(←詳しくはHPにてどうぞ!)

6月27日(日) 
開演:19:00(予定)
出演順:2番目の予定(19:30頃)
料金:前売:2,000-  当日:2,300-(予定)  
場所:渋谷 TAKEOFF7
TEL:03-3477-5876
東京都渋谷区宇田川町4-7 スタジオパルコ 3F
JR山手線・営団地下鉄銀座線他 渋谷駅 徒歩10分
渋谷ハチ公口を出て、東急ハンズを目標に来てくれれば、ハンズの真ん前、スタジオパルコがあります。
1Fは HERLEY-DAVIDSON。


本題に戻ります。

ともかく、ちょっと仕事の進行状況と私用を合わせて考えるに、ブログ戦争をしている余裕がなさそうなのです。申し訳ない!

次の中日戦はオールスター明けですので、そのときには必ずぱるぱる二等兵から預って保管してある、とっておきのイラストも公開させていただきます!!(←これは個人的に早く公開したくてたまりません。素晴らしいイラストです。)

で、ものは相談なんですが…


どなたかマンガウルフの代わりに小谷殿とオトナゲなく大戦争をしてくださる猛虎応援ブログはござらんか??


このままでは猛虎軍が「腰抜け」と呼ばれかねない状況である。
あっちは六甲ひきずりおろしの第2弾を絶対に仕掛けてくるはず!

「我こそはオトナゲない小谷元帥とオトナゲなく戦ってやる」というブログの主は、コメント欄にその旨お書き願いたい。

条件は「阪神ファンで、この土日にブログが更新できる」という点のみです。
もちろん記事にて大々的に告知いたします。

このブログの全部の似顔絵を自由に駆使してくださってかまいませんから。
ユーモアセンスあふれる方の名乗りをお待ちしております!!

なお、ブログ戦争をご存知ない方はこちらをクリックしていただいて、その一番下の記事からご覧下さい。
コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

プロ野球「シンデレラボーイを探せ!」グランプリ・個人ランキング発表!

2004年06月20日 22時04分34秒 | ☆企画・ネタ・似顔絵・顔面ツラ野球
さあ、いよいよプロ野球・イケメン投票の「個人ランキング部門」の発表です。
なお、この発表に先立って「チーム対抗ランキング」がございますので、まだ見ておられない方は是非こちらの記事を先に読んでいただくことをオススメします。


では結果発表にうつります!

票が入った選手数=67名
2票以上入った選手数=45名
3票以上入った選手数=25名
4票以上入った選手数=18名
5票以上入った選手数=14名

このデータは前の記事の繰り返しですが、3票以上集まった選手は第9位となります。


【第9位(3票)】
斉藤 隆(横浜)

城石 憲之(ヤクルト)

五十嵐 亮太(ヤクルト)

高橋 建(広島)

川上 憲伸(中日)


赤星 憲広(阪神)


井口 資仁(ダイエー)


井川 慶(阪神)


あ、井川さん…。おめでとうございます。


【第8位(4票)】
瑞季(ダイエー)

斉藤 和巳(ダイエー)

栗原 健太(広島)

デニー(横浜)

古木 克明(横浜)


福原 忍(阪神)



【第7位(5票)】
さあ、ここからは全て似顔絵入りです。

金本 知憲(阪神)


鳥谷 敬(阪神)


藪 恵壹(阪神)



【第6位(7票)】
前田 智徳(広島)


和田 毅(ダイエー)

皆さんの好きな和田サマの似顔絵です。

岩隈 久志(近鉄)


SHINJO(日本ハム)

新庄も無事ランクインっす!


さあ、いよいよベスト5の発表です。


【第5位(8票)】











下柳 剛(阪神)

男の色気で同性からの支持も多かった鉄腕・シモさんがランクインです!

そしてもう一人!

真弓 明信(近鉄ヘッドコーチ)


なんでですの!?
いや、そら確かに男前でっせ?
でも現役を退けてまでランクインするって…僕もあわてて似顔絵を描きました。
85年のタイガース優勝に大貢献した不動の核弾頭でした。
お年を召してもダンディー!


【第4位(9票)】





















長谷川 昌幸(広島)


暫定1位から4位への後退です!
しかし広島のチームランキングを前田とともに3位まで押し上げた貢献は素晴らしい。堂々たる順位です。


【第3位(10票)】












小笠原 道大(日本ハム)


そしてもう一人!

川 宗則(ダイエー)


似顔絵に関して文句いわない!
小笠原、絵だけみたら「なにが3位やねん」という状態ですが、この人のかっこよさは、広島の前田選手に通じるものがあります。

で、川くん。
似てません。必死で描いたらどんどんわからんようになりました。
いつかリベンジしたいと思います。
でもね、本当に川はマスクが甘い!
描くにあたってじっくりと初めて観察しましたが、男前です。
リスペクト!


【第2位(12票)】














黒木 知宏(千葉ロッテ)

なんとロッテは黒木一人の票によりチーム対抗ランキングで9位を獲得しました。
ということは…黒木がいなければ「イケメンがゼロ」という不本意な成績に終わったかもしれない今回の投票。

それだけ彼の存在感と人柄が、プロ野球界において群を抜いているということでしょう。素晴らしい!


では栄光の「シンデレラボーイを探せ!」グランプリの栄えある第一回優勝者は…???















矢野 輝弘(阪神)

おめでとうございます!
いや、素晴らしい。
我々タイガースファンの組織票もあったでしょうが、ジョニー黒木をおさえて堂々のシンデレラボーイです。
今年36歳?年齢なんか関係あるかい!

今日は阪神も勝った事やし。
みなさん、矢野様に拍手です!


でね、ちょっとイケメン・オールスターズというチームを作ってみました。

1番・ライト・・・・真弓(近鉄)
2番・サード・・・・川(ダイエー)
3番・セカンド・・・井口(ダイエー)
4番・ファースト・・小笠原(日本ハム)
5番・レフト・・・・前田(広島)
6番・センター・・・SHINJO(日本ハム)
7番・指名打者・・・古木(横浜)
8番・キャッチャー・矢野(阪神)
9番・ショート・・・鳥谷(阪神)

まあ、真弓さんは現役当時のスペックで登場していただきます。
セカンドはヤクルトの城石とも迷いましたが、パンチ力でやはり井口でしょうね。
DHは栗原(広島)や金本(阪神)も捨てがたいのですが、横浜から唯一の選手・古木を選びました。
若手とベテランがバランス良くそろった、戦力的にもなかなか魅力的なチームです。

投手は…

先発・・・黒木(ロッテ)
中継ぎ・・長谷川(広島)
・・・・・岩隈(近鉄)
・・・・・和田(ダイエー)
抑え・・・下柳(阪神)

えっと、全体的に投手への投票が多かったので人材は申し分ないのですが、故障持ちが多いです。

よって、黒木さんと長谷川さんはそれぞれ打者一人を打ち取った時点で交代。
実質的には岩隈と和田の超豪華中継ぎ陣で試合をととのえ、抑えは下柳さんで決まりです!

いざとなれば藪も斉藤和巳も五十嵐亮太も登場いたします。
高橋建も左のワンポイントで使えます。すっげー!!


で、監督は…?
現役ではないので反則なのですが、僕の独断と偏見でこの方を使います!












誰か文句ある?
コメント (31)   トラックバック (7)
この記事をはてなブックマークに追加

プロ野球「シンデレラボーイを探せ!」グランプリ★結果発表

2004年06月20日 19時30分59秒 | ☆企画・ネタ・似顔絵・顔面ツラ野球
司会のマンガウルフです。イケメン具合でいうと、“中の下”ぐらいです。(“下の上”という方もいます。)
さあ、皆様に投票をご協力いただいた「シンデレラボーイを探せ!」グランプリの集計結果が僕の手元に届いております。
(元の記事はもちろんこちらです。

この企画、かなり皆様から好評だったみたいで、「投票が集まるのかな?」という当初の心配をよそに、合計247票の有効得票数をいただきました。
単純計算で80人強の方々からご投票いただいたということになります。本当にありがとうございます!

ルール上、現役選手・日本人選手・現役コーチまたは監督でない「御子柴(元阪神)」「カブレラ(西武)」「若い頃の西崎(元日本ハム)」「藤村富美男(←こたにさんのオトナゲナイ投票)」などは、誠に申し訳ありませんが除外させていただきました。


ではさっそく結果発表にうつります!

票が入った選手数=67名
2票以上入った選手数=45名
3票以上入った選手数=25名
4票以上入った選手数=18名
5票以上入った選手数=14名

この結果をみるに、だいたい3票以上獲得している選手は有望だと思われますね。

さて「個人ランキング」は後ほどにいたしまして、まずは「12球団・チーム対抗ランキング」から見ていきましょう。

僕が「あまり知られていないかも」と判断した選手の名前には、スポニチ様の選手名鑑にリンクを張らせていただきましたので、ご参照ください。思わぬ掘り出しもののイケメンが見つかることでしょう。

では「チーム対抗ランキング」、栄えある第1位は?




【1位・阪神タイガース・63票】
あのね、これはこのブログが「タイガースファンの方が中心に集まるブログ」という時点でほぼわかってたことなんですよね。

2票以上集まった選手で、知名度的に低いと思われるのは三東 洋(2票)和田 豊コーチ(2票)あたりでしょうか?


【2位・福岡ダイエーホークス・35票】
これはイケメン軍団の本領発揮ではないでしょうか?
この球団にはバラエティーに富んだ男前がズラーっと並んでおります。野球をまったく知らない方が純粋にイケメン球団を選んだとしたら、ダントツの1位かもしれません。

複数票を集めるも意外に伸びなかったのは城島 健司(2票)・井口 資仁(3票)あたり。
ただ、瑞季(4票)森脇 浩司2軍監督(2票)は知名度からすると大健闘!
瑞希、男前や~!

【3位・広島東洋カープ・34票】
ダイエーと一票差で惜しくも3位です。ちょっと意外でした。いつの間にイケメン軍団?といった僕の個人的印象です。

個人ランキング結果は後ほど発表いたしますので、「チーム対抗ランキング」ではマイナーな選手にスポットをあてますよ。

鞘師 智也(2票)天野 浩一(2票)末永 真史(2票)

マイナーといっては失礼ですが、売り出し中の栗原 健太(4票)にも票が集まっております。

【4位・大阪近鉄バファローズ・19票】
おっと、球団は暗い話題でもちきりですが、これは上位に食い込みましたよ!
…しかし、投票コメントをズラっと読んでいただいた方はわかると思いますが、あの元タイガースの方が頑張った結果なんですよね。(それは後ほど)

横浜から移籍の福盛 和男(1票)・ダンディーな加藤 伸一(1票)・男前ながら病院から出てきたばかりにも見える鈴木 郁洋(1票)
そして「なぜ?」と言っては失礼ながら、吉田 豊彦にも一票入っております。

【5位・北海道日本ハムファイターズ・18票】
これは皆さんご存知の選手に票が集まりました。
そのなかで木元 邦之(1票)が貴重ですね。僕もインタビュー記事やテレビ中継で見たことがありますが、男前でっせ!

【5位・横浜ベイスターズ・18票】
横浜と日ハムは同じ18票で同率の5位でした。

大ちゃん監督に1票入っています。
若い頃ならともかく、「監督」となっているので現在なのでしょうか?ナゾの1票ですね。

4票獲得しているデニーは、若い頃は本当に男前でしたね。
192センチの長身に長い手足。
かつてR.J.レイノルズに「モデルに転身すればビバリーヒルズで暮らせるぞ」と評されたそうですよ。

レギュラークラス以外では新沼 慎ニ(2票)・あと、「小さいから」というよくわからない理由で田中 一徳に1票入っています。


【7位・中日ドラゴンズ・16票】
ここは票がばらけました。
3票獲得した川上 憲伸が最高得票ですが、票が入った選手数は12人もいます。
山本昌に2票。井上一樹に2票…いのうえかずきに2ひょう??
だってコレですよ?僕の似顔絵で言うならコレですよ??

まあ、この企画を宣伝してくださったずたたん様の組織票が入りましたので、これもアリです。

でね、全国的にマイナーどころといえば中里 篤史(1票)中村 公治(1票)土谷 鉄平(1票)森野 将彦(1票)あたりでしょうか?(森野は1軍で便利に使われていますが)

マンガウルフ個人的には、票は入らなかったものの、矢口 哲朗は写真で見る限りかなりのジャニーズ系だと思いました。

【8位・ヤクルトスワローズ・13票】
主にレギュラークラスに票が集まりましたね。
知名度が若干低いと思われるのは女子アナとの交際が発覚した城石 憲之が3票と健闘。
あとは五十嵐 亮太(3票)・石川 雅規(2票)・鈴木 健(2票)と続きます。
阪神戦で好投する川島 亮にも1票入ってますよ。

【9位・千葉ロッテマリーンズ・?票】
なぜ票数を公開しないのかというと、あの人が一人で得票した数字だからです。
みなさんのヒイキ球団の枠を超えて得票が集まりました!さすがですね。

【10位・西武ライオンズ・8票】
魔球・シンカーで大活躍した永遠のレオのアイドル・潮崎 哲也が2票。
2年目の小野寺 力も2票と、頑張りました。(男前です)
そして眞山 龍がおすすめとして一票。
荒木 大輔笘篠 誠治の両スタッフにも1票ずつ入っています。
さすが元甲子園のアイドル・荒木!

【11位・読売ジャイアンツ・7票】
おそらく全国民に投票すれば、高橋由あたりが1位を獲得しそうなイケメン投票ですが、このブログではそうはいきませんでした。

「苦労した濱中おさむ」といった感のある顔面・林 昌範が2票獲得です。
清原、ヨシノブ、しんのすけ、真田、木佐貫が各1票でした。

【最下位・オリックスブルーウェーブ・4票】
やってしまいましたね、宮内オーナー。
近鉄と合併すると4票たす19票で23票。一気に4位まで踊りだしますが、それはナシです。

後藤 光尊(2票)は本当に男前ですよ、皆さん!現西武の平尾選手を野性的にした感じです。

あとは早川 大輔戸叶 尚に一票ずつです。


というわけで、球団対抗ランキングは以上のような結果となりました。広島が意外な健闘を見せたかなという気がします。

さあ、次はいよいよ個人ランキングに移ります。
頑張って、僕が苦手な男前の似顔絵も描きました!(←本当に苦労しました。)

ではこちらの記事に移動ねがいまーす!
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

プロ野球「シンデレラボーイを探せ!」グランプリ

2004年06月19日 23時59分59秒 | ☆企画・ネタ・似顔絵・顔面ツラ野球
阪神・矢野の似顔絵は「男前で描きにくい」と私事ながら言いましたが、「では球界で一番の男前は誰だ?」ということに興味をもちましたので、突然ですがプロ野球・イイ男投票を行ってみたくなりました。

題して

「シンデレラボーイを探せ!」グランプリ

現在の暫定1位は、昨日の記事のコメント欄でよっちゃん様りっちゃん様の2票プラス僕の1票を獲得した、広島カープ・長谷川昌幸投手でございます。


お気楽な企画ですが、単純にルールを説明しますと…

★あくまで成績は関係なく、“生まれつきの顔面”で勝負。ただし、実力や性格は顔面に出てくるので「岡田はんが最高!」でも「堀内監督が最高!」でも良しとします。

★一人三票まで。もちろん一票でも二票でもOKです。
(追記:「一人の選手に三票」などもこの際アリとしましょう!)

★もちろん12球団の全ての選手がOK!外国人選手は…原則的にナシとしましょうかね。その方がきっと面白いです。イチロー選手などのメジャー日本人選手はアリとしましょう。

★とりあえず現役選手にしぼりますね。監督・コーチも現職の方はアリとしましょう。

無理に選手名鑑を開く必要はありませんよ。
知っている範囲内の選手で充分です。このブログはタイガース・ファンの方が多いのでタイガース有利ですが、それも良しとしましょう。

このブログに来てくださるお客様には女性の方も多いので、女性ならではの視点でお願いします。
男性の方も負けずに「オレが女やったら、こいつには抱かれてもイイ」と妄想を膨らませて投票をお願いします。

もちろんコメント欄に、その選手に対する思い入れもどんどん書き込んでくださって構いません。


どれぐらい集まるかな?
できればケンカになるぐらい熱く盛り上がって欲しいな(笑)

投票期限は今週末の19日までとしまーす。
気軽な気持ちでどんどん投票してください!
コメント (128)
この記事をはてなブックマークに追加

虎と巨人と誤審だな、これは。

2004年06月19日 22時31分08秒 | ☆阪神タイガース
今日は急に入ったマンガのお仕事の締め切りが近いので、ファミレスにひたすら籠もってネタを考えていました。
構想が行き詰ったときには、ネタ帳(大学ノート)にサラサラっと似顔絵なんてエンピツで描いて見ます。

今日発見したのは、何も見ずにして岡田監督の顔が書けるようになっていたという事。
しかしその表情はやはり「しかめっ面」。
ベンチでよく見る表情でしか似せることができません。

よって上の似顔絵は、そんな休憩中にしたためた鉛筆画の岡田はんです。


そんな事情もありまして、本日の東京ドームの阪神戦は、8回からのテレビ観戦です。

画面をつけた瞬間、鳥谷の姿が。
「また使ってるな」と思っていると、鳥谷は四球で歩き、代打・葛城。
そして福原が降板だと…。

得点はなんと0対0
昨日同様に投手戦ですか。

パソコンで詳しくスコアを調べてみると、拙攻というか単にまったく上原を打てていないだけということが判明。
阪神・福原は連打を浴びても踏ん張る展開。

阪神はその福原の後をうけたウイリアムスが頑張りました。
で、読売さんは延長に突入して岡島投手に交代。

「チャンス到来やん」

虎党の誰もが岡島の13.50という対戦防御率に期待大!
しかし矢野がヒットで出塁するも後は凡退。

つまらん。

そして10回ウラはウイリアムスに変わって安藤くんの登板。

1アウトから清原が死球で出塁。
代走は鈴木
この鈴木なんかは超俊足で、他球団なら不動の核弾頭になれる逸材ですよ、ホントに。

しかし鈴木の足と、仁志のバントの構えに面白いようにホンローされる安藤くん。
なんとストレートの四球で1アウト1・2塁の大ピンチです。

しかし続く清水を内野フライに打ち取り、ダブダブ・ルーズソックスユニフォームのローズもなんとかセカンドゴロに抑えてチェンジ!

そしてジャイアンツの三人目の投手は、昨日も我がタイガースがヒネられた林投手

先頭の「あら、1軍にいてたんだ」状態の沖原がファールでねばって四球で出塁。
いい仕事をしますね。

しかし続く赤星が案の定バント失敗・小フライ。

さらに藤本もバントを試みるも、また失敗。
NHK解説の星野前監督が「ほんまヘタやね。寂しくなる」バッサリ切り捨て。

結果的にセカンドに沖原を送った形になるセカンドゴロ…のはずが!

なんと補球にいったセカンド仁志と接触。
仁志と堀内監督のアピールを受けて審判団は沖原を守備妨害としてなんとアウトに…!!

どこがやねん!!!!!

もちろん岡田監督も噛み付く!
長い長い12分間の抗議が続く。
ルールブックによると「最終的には審判の判断」になるらしいが、沖原は走るべき走路を走っていただけ。どちらかといえば仁志の走塁妨害だろうに。

解説の星野御大も審判団を酷評。

★「阪神の監督をしていたから言うわけじゃないが、こっちはビデオで何回も見とる。どちらかと言うと仁志の走塁妨害」
★「こういうのはみっともないね」(←審判団に対してだと思う)
★「審判団も場内への説明・シャベリが下手。何をいっとるかさっぱりわからん。」
★「ね、沖原と赤星の名前も間違えてアナウンスしとる。」(←動揺してるということを言いたい星野氏。1分後に訂正する審判)
★「そもそも赤星と藤本がバント失敗するからこういうことが起こるんです。」(←これはごもっとも)

結局は阪神ファンの怒号飛び交う中、2アウト1塁で試合再開。

ジャンパイアの実力をいかんなく発揮する審判団。岡田監督の抗議に「まあまあ」ってヘラヘラ笑ってんなよ!


こうなったら今岡に期待だ、タイガース。
しかしショート正面のライナーで結局は無得点に終わる。


そしてそのウラ、安藤がノーアウトから高橋由にツーベースを浴びる。
そしてバッターは小久保
2ストライクから高々と打ち上げた打球はキャッチャーフライ。
これで1アウト。

迎えるはペタジーニ
左の吉野に代える気配はなく、一塁を埋めることもなく、バッテリーはペタと勝負を選択。
こんな我慢ならない事があった後はこれでいい。
一発打たれても僕は悔いがない。

と思っていたら、勝負を含んだ上の四球でした。

さあ、あとはサヨナラ男・阿部でゲッツーを狙うバッテリー。

センター返しの強い打球をグラブに当てて意地で止めた安藤!
なんとかファーストに送球して一塁アウト。
ランナーは2・3塁にそれぞれ進塁。

治療のためにしばしベンチに戻る安藤くん。
ちょっと休憩。





あ、これは今日ファミレスで描いた自信作です。
審判に噛み付いた岡田はんにピッタリだな。ちょっと出遅れとったけどね。

試合再開。バッターは

昨日タイムリーで決勝点を挙げた元木。
くさい球を見逃してファーボール。

そして2死満塁で、代打・後藤。

当然ヒットでサヨナラ、押し出しでサヨナラの場面です。

ボール球が2球先行し、騒然となる場内。
3球目は止めたバットにスライダーが当たってファール。
4球目、外角高めのボール。
そして運命の5球目。


高い。ボール。押し出し。サヨナラ。

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  計 
阪神000000000000
巨人000000000011


タイガースの敗戦です。

まれに見る終盤の野球の醍醐味に、水をさした形の審判団。
バントすらできない阪神の1・2番。
23イニング連続の無得点。

釈然としない今日のゲームでした。。。
コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加

阪神巨人戦、ええ加減にせい!

2004年06月18日 21時58分42秒 | ☆阪神タイガース
残塁11。「だから何回も言わせんな!!」というタイガースファンの怒号が聞こえる拙攻の嵐。

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  計 
阪神0000000000
巨人00000010×1


新兵器のスコアボード、いいでしょ?

ヤフーのスコア速報をコピペするだけで簡単に記事に挿入できる
入力用フォーム「BLOGはじめますた」のはじめま略様が僕のために作ってくれました。
どうもありがとうございます!

せっかくのスコアボードなのにいきなり敗戦の結果を刻むしかないむなしさ…

とにかく阪神の拙攻の嵐

初回、1アウト満塁で矢野併殺。
2回表、ノーアウト1・2塁から無得点。

しかも2回は赤星のセンター前ヒットで2塁ランナーの桧山は本塁に帰れたはず。
センターのローズの守備なんか返球もいつも山なりでなんの恐れる必要もないというのに…
解説の川藤氏に「わからん」を連発されているようでは福原コーチャーもいけません。
5回に赤星がノーアウトで出塁したあとの、藤本のバント失敗・併殺も懲役もの

立ち上がりに苦しんでいる読売先発・工藤を助けてどうする。
プロ入り2回目の先発で6回まで思いっきり飛ばして快投を見せつけた金澤を助けんかい!!
(あ、似顔絵はあんまり似てませんが、そのしゅっとしたスタイルで勘弁してください)

僕が思うにこの金澤健人という投手は無類の目立ちたがり屋です。
優勝決定の日に赤星らと外野フェンスによじ登っていたことからもわかります。
注目されるジャイアンツ戦、燃える男はきっと「最低限、地上波での中継がはじまる7時までがんばろう」と思って投げていたはず。(←勝手な予想)

で、結果としてはそのまま6回まで無失点の好投。
素晴らしい!


まあ、素直に工藤投手、197勝目おめでとうございます。

そしてタイガース、ええ加減にせい。
9安打で11残塁・0点で終わりって…器用やねぇ。


さて、今日の試合前に清原の2000本安打達成の表彰式があり、例の名球界ブレザーが贈られていました。

コドモのようにはしゃぐ清原はブレザーのままベンチに座り、元木らに突っ込まれる。
しかし一度ブレザーを脱ぐも、バサッとはたいてからもう一度着るという吉本新喜劇、池乃めだかさんの往年のネタを披露。

ちょっと笑ってしまった。

あと解説の川藤氏が「2000本はすごいね。ワシなんかその一割や」という発言にもあらためてビックリ。

この人、通算で211本しか打ってないらしい。

いかに記憶だけで勝負した「浪花の春団治」だったかということに妙に感心した一日でした。
コメント (27)
この記事をはてなブックマークに追加

マンガウルフ自薦「私のblogの、これ読んで!」

2004年06月18日 12時52分37秒 | ☆野球
あなたの所の面白い記事を教えてくれと、我がgooブログの大沢親分ことえっけん様(「むだづかいにっき」)がおっしゃっています。

「仕方ねぇなあ~、教えてやるか」と思いつつも、いい機会なんでありがたくTBさせていただいた次第です。
(元はえっけんさんのこの記事です

ベストってワケじゃないんですが、たぶん野球ファンの方以外でも楽しんでもらえるかな、という記事を3つほど。
えっけんさんがコメントを残してくださった記事も含みます。

「阪神の星」小惑星に命名(解説図入り)
文中に素晴らしい解説図が入っています。
コメント欄のサンタパパ様による「天文学トリビア」も大変勉強になるロマンティックな逸品です。

「僕らの三日間戦争」
これはカテゴリーなんですが、ご存知ないかたは一番下の記事からごらんください。絶対に損はさせません!
中日ファンの小谷隆様が運営するブログ「マジメにぼやいてみよう」と、阪神タイガース対中日ドラゴンズの3連戦の際にオトナゲなく大戦争を繰り広げた記録です。

小谷様渾身の下品極まりないFLASHや「六甲ひきずりおろし」なる自作のMP3音源まで飛び出して…。

結果はタイガースの3連敗という大敗に終わり、当ブログは一時「マンガウルフの『もっとマジメにぼやいてみよう』」と名前を変更していました。(←占領されました)

「“ジェット風船”のトリビアです!」
野球をよく知らない方でも、阪神甲子園球場などでジェット風船を飛ばす応援方法はなんとなくご存知だと思います。
ところが「なぜ東京ドームはジェット風船禁止なんだろう」という箸やすめ様の素朴な疑問から、あらゆる球場の「風船許可・不許可」の状況を全て人力で調べ上げた傑作です。(←球場に電話問い合わせも含む)

この記事のコメント欄にもぞくぞくと情報が寄せられ、結果的に12球団全ての球場の状況が把握できました。


なるべく野球に直接興味のない方でも楽しんでいただけるものを選びましたよ。

あと、当ブログでは現在「シンデレラボーイを探せ!」グランプリと題して、プロ野球選手・イケメン人気投票を実施中です。
知っている範囲の野球選手で結構ですので、ぜひ投票にご協力お願いします。

わかった?えっけんさん。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤクルト一気飲み失敗。ぼちょぼちょこぼす。

2004年06月17日 22時25分16秒 | ☆阪神タイガース
大阪D 終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
ヤクルト 2 0 1 0 0 1 0 0 0 4
阪 神 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
投 手
【ヤ】 ベバリン―田中―五十嵐亮 
【神】 藪―桟原―牧野―吉野 
責任投手
【勝】 ベバリン 6勝 3敗 0S
【負】 藪 3勝 6敗 0S
【S】 五十嵐亮 2勝 0敗 10S
本塁打
【ヤ】 岩村18号 稲葉9号  
【神】  


--------------------------------------------------------------------------------
珍しくスコアを貼り付けてみました。
「え?ずれてる?」
そんなものは指で数えて追ってくださいませ。「阪神の負け!」になんら変わりはありませんから。
僕は今ハートブレイクなんです。

もうね、似顔絵に色つけるのも面倒になるくらい重い空気が大阪ドーム全体にただよっていました。
やっぱ屋根のある球場は悪いムードも外に出て行きませんね。

チャンネルを阪神戦にあわせるといきなりの2点ビハインド。
4回のノーアウト満塁のチャンスも矢野・関本が三振・併殺の猛凡賞決定(←著作権かきぴー様
ヤクルト先発・ベバリンに歯が立たなかった…というよりもナイン全体に覇気がない・重い

「ネバーネバーネバーサレンダー」はどこいった?
ていうか、この英語ってちゃんと成立してるのだろうか?
「ネバー=決して~ない」でしょ。
ネバーが2回だったら「~ないことは~ない」で3回なら…いいのか。

要するに「反対の賛成の反対なのだ」っていうバカボンパパの論理と一緒か。
そんなことはどうでもいいです。心から。3回言いたかったんですよね、星野さん。

今日のヤクルトのキャッチャーは古田ではなく米野でした。
古田さんは選手会会長として近鉄問題で頭がいっぱいなのでお休みだったようです(←ウソ)。
この部分でも勝てたはずだったのになぁ。
配球にとまどったのかな?よくわからん。


ていうか今日の岡田はん、牧野から吉野にピッチャー交代のときに「え、代えるの?」っといったとまどいの表情でベンチを出て行ったぞ。タイミングがあやしかった。コーチとの連携はうまくできてるのかな?
ちょっと変でした。

3連勝と2勝1敗ではぜんぜん意味がちがいます。
今日勝てば5割復帰のはずの大事な一戦をあっけなく落としたタイガース。
リガンは離脱しましたが、牧野がいれば大丈夫。
あとは打線さえつながれば…っていつまで同じことファンに言わせるの?

もういい、鍵かけて寝るよ。
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

阪神連勝、久しぶりやけど…

2004年06月16日 21時19分34秒 | ☆阪神タイガース
近鉄問題にゆれる大阪ドームで開催された今日の阪神・ヤクルト戦。タイガース先発は下柳。一方のヤクルトは対戦防御率を2.33に抑えられている苦手・川島投手です。

結論からいえば2対0でタイガースの勝利!
連勝はなんと5月22~23日の読売戦以来といいますから本当に波に乗れないタイガースです。

じゃあ今日の試合で波に乗れたかというと、「?」マークがいっぱい。
一言でいえば相手のミスに助けられた試合でしたね。

なんせタイガースはたったの2安打
ヤクルト・川島投手以下、三人のピッチャーの自責点はなんとゼロです。

5回の一点はノーアウトから矢野の2塁打のあと葛城・関本が凡退。しかし下柳の打席で変化しなかった川島の外角球をなんと古田がパスボール。もうけものの一点です。

そして7回の一点も、名手といわれる土橋の2つのエラーでいただいた貴重な追加点。
(ちなみにこの回、エラーで出塁した金本を桧山が送りバントで2塁へ送っています。タイガースの、投手を除く野手のバントは今季たったの16個だそうです。少ない!)

しかしミス続出って、どうしたんでしょうヤクルト?
合併問題に名前がでてきて、みんな気もそぞろなのかもしれません。

下柳は中10日開けただけあって休養充分。安定したピッチングで6回3分の1を4安打8三振の好投。
代わった安藤とウイリアムスがなんと5者連続三振!
見ていて気持ちよかったです。

しかし…!

レッツゴー三匹の最後をしめくくるはずのリガン様が、なんとラミレスを抑えたあとヒジにトラブルを訴えて緊急降板!
なんと「レッツゴー四匹」になってしまう異常事態です。

しかしさすがは台湾球界の守護神モレル。
ランナーは2人出すも、最後はエラーの汚名挽回に燃える土橋をレフトフライに打ち取ってゲームセット。

さすがモレルさん。
良く見るとマユゲがつながっているだけの事はあります。


まあ、苦手・川島を結局は打ちあぐねたタイガース。
結果は勝利だっとしても、リガンの降板も含めて心配な要素が多いです。

2安打での勝利。

まあ、こんな日もありますね。



というわけで、現在僕のブログでは「シンデレラボーイを探せ!」グランプリと称して、球界一のイケメン探しをしております。
ぜひお気軽に投票してください!
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加