福井県議会議員 さとう正雄 福井県政に喝!

福井県議会議員・さとう正雄の活動日誌。ご意見・情報は mmasao.sato@gmail.com までお願いします。

コロナ感染急拡大、県が緊急事態宣言。こんな時に3基もの老朽原発再稼働を認めるべきではない‼️

2021年04月23日 | 福井県政
コロナ感染急拡大、県が緊急事態宣言をだし、県民の生活にさらにガマンの協力を要請。
大阪のような深刻な事態になる前に医療、福祉施設などでの頻回のPCR検査、医療機関への減収補填支援を通じてマンパワー確保、中小企業や自営業者支援などこそ具体化すべきです。

 なによりこんな時に3基もの老朽原発再稼働を認めるべきではない‼️

 今日は午後1時から県議会本会議が開催されます。
再稼働反対、賛成などの請願書は厚生常任委員会に付託され審議されます。
 その後、本会議が再開され、採決されます。
 本会議は福井県議会HPで生中継されます。
 最後まで、老朽原発再稼働に不安をいだく皆さんの声を県政県議会に届けてガンバリマス‼️

福井新聞より






コメント

高浜、美浜原発40年超運転めぐり、福井県議会全員協議会。私は知事と県民との面談、安全対策工事、県原子力安全専門委員会委員長の発言、関電が人件費もちで社員を県に出向。

2021年04月22日 | 福井県政
 4月21日、高浜1,2号機、美浜3号機の40年超原発再稼働をめぐり、杉本知事も出席しての全員協議会が開催されました。自民・西本県議、私、公明・西本県議、細川県議、民主みらい・辻県議、自民・仲倉県議が質疑をおこないました。

 多数の団体、県民から老朽原発再稼働には懸念の声が議会や県庁に届けられていますが、杉本知事は原発運動団体との面談を拒否しました。直接県民の声を聴き、自分の言葉で対話する姿勢の欠如です。
 また、滋賀民報で報道された美浜3号機の竜巻対策工事での溶接不備の問題では、関西電力から私に検査をおこない確認した、との回答がありました。一方、月曜日の全協で私が関西電力に質問したその日と翌日の2度にわたり、「あまりしゃべるな」などの「圧力」がかけられた、とのことです。もし、証言がデタラメならおかしな話しです。
 さらに県の原子力安全専門委員会の鞍谷委員長が山本冨士夫福井大学名誉教授との面談のなかで、福島のような大災害なら原発の安全は確保できず、大災害になる、と発言していたことも明らかになりました。
 このような状況では、県としての安全確認を継続すべきであり、再稼働容認すべきではありません。
 
 私が取り上げたおもな点は・・・
●多くの県民運動団体などから老朽原発再稼働に反対慎重などの請願や陳情・要望が県議会にだされている。知事として面談し直接県民の声を聞くべき、などとたずねました。
●月曜日の全員協議会で関西電力に質問した内容について、本日午前中に回答があった。
使用済み核燃料の中間貯蔵施設についての説明は、2017年11月時点で7000回、2021年3月時点で11900回、ということであった。しかし、具体的な進展はみられていない。
 また、美浜3号機の竜巻対策工事をめぐる滋賀民報の報道については、超音波探査などを実施しており問題ない、とのことであった。しかし、一方、証言された溶接工のところに「もうしゃべらないで」などの圧力もかけられた、と聞く。証言が嘘なら、そういう対応をすればいいのであり、まだ疑念が残る、県としてもきちんと調査すべき。
●福井大学元工学部長で名誉教授の山本富士夫先生からメールをいただきました。
4月8日(木)昼、私は鞍谷(くらたに)文保委員長を福井大学教授室に訪問した内容です。
 メールは、「私が多重防護やフェールセーフがフクシマでは全く役に立たなかった事実があるが、高浜や美浜でもフクシマ並みの事象(人為ミス、自然災害など)が起きたらどうなるかと質問したところ、彼は「フクシマ並みの原因があれば、大災害が起こることは避けられないと思う」と答えました。」というものです。
 福島事故をうけて新規制基準がつくられ安全対策工事が行われたが、県の原子力安全専門委員会の委員長自身が「大災害が起こることは避けられない」との本心を述べたことは重大ではないか。県としてもせっそくにならず、慎重に議論すべき。
●4月1日の人事異動で関西電力社員を県に受け入れたが、人件費は関西電力もち。長い県の原子力行政のなかでも初めてのことであり、重大。





県民福井より





コメント

コロナ感染拡大を考慮し、5月3日の憲法集会は中止します。本日、老朽原発再稼働めぐり杉本県知事と議論する全員協議会開会。

2021年04月21日 | 福井県政
 昨日開催された戦争する国づくり反対総がかりアクションの会議で、コロナ感染拡大を考慮し、5月3日の憲法集会は中止とすることが決められました。金子勝先生の講演を多くの皆さんが楽しみにされていただけに残念です。アクションでは「県下各地で憲法宣伝に取り組みましょう」と呼びかけています。

 いよいよ本日、老朽原発再稼働めぐり杉本県知事と議論する全員協議会が開かれます。
午後1時半から、傍聴はできませんが、県議会インターネットで生中継されます。
 自民、民主みらい、公明党、細川県議の各会派議員が質問に立ちます。私も持ち時間10分間ですが、杉本知事とやりとりします。ぜひご覧ください。

県民福井より



讀賣新聞1面より
 今日、県会自民が再稼働に同意し、本会議に意見書をだす、などと報道



 
コメント

原子力ムラ 原子力エネルギー協議会ATENAが原発運転期間の骨抜き狙う‼️関西電力 豊松前原子力事業本部長も関与

2021年04月20日 | 福井県政
⭐️高浜、美浜老朽原発再稼働緊迫‼️

 福井県議会全員協議会が4月19日に開催され、関西電力、資源エネルギー庁、内閣府、規制庁から説明を受けました。
 私が取り上げた点など順次紹介します。

●原子力ムラ 原子力エネルギー協議会ATENAが40年、60年の運転期間の骨抜き狙う‼️
  なんと森山マネー事件の中心にいた関西電力の豊松前原子力事業本部長も関与

 私は、40年と定められた原発運転期間を特別に20年延長できる仕組みで、電力事業者が申請した4基の原発すべてが規制審査で認められたことについて、電力事業者いいなりの面を批判。
 そして、県の原子力安全専門委員会の中川前委員長が80年間運転について雑誌で言及していた背景に、規制委員会と電力事業者・メーカーでつくるATENAとの協議があり、規制側がふたたび、虜になりつつある❗️と批判しました。この議論には、森山マネー事件の中心にいた関西電力の豊松前原子力事業本部長も本部長当時参加していました。
 規制庁は、60年という考え方に変わりはない、などと答えました。
 しかし、数千億円もの安全対策費用を投じた関西電力が、あと10数年の運転で終わり、ではなくその先も考えて、議論に参加していることは明らかでしょう。
 豊松氏自身が80年運転についても語っていたのですから。中川氏もその影響を受けたのでしょう。
 
 写真は雑誌「経済」より




コメント

5名即死、11名死傷の美浜原発3号機事故の教訓踏みにじる定期検査合理化は許されない‼️

2021年04月20日 | 福井県政
⭐️高浜、美浜老朽原発再稼働緊迫‼️

 福井県議会全員協議会が4月19日に開催され、関西電力、資源エネルギー庁、内閣府、規制庁から説明を受けました。
 私が取り上げた点など順次紹介します。

●国は関西電力などの利益向上へ、定期検査短縮検討か。11 名死傷した美浜原発3号機事故の教訓踏みにじるもの‼️

 私は国が議論している定期検査短縮は、原発稼働中に定期検査準備作業を下請け業者にさせている最中に配管破裂で5名が即死した美浜原発3号機事故の教訓に照らして許されない、と批判しました。
 エネ庁は、安全最優先でやる、などと紋切り型の答弁。
  
  記事は日経新聞より。


コメント

資源エネルギー庁幹部や職員がコロナ禍でも頻繁に福井県入りし、老朽原発再稼働への地ならし

2021年04月20日 | 福井県政
⭐️高浜、美浜老朽原発再稼働緊迫‼️

 福井県議会全員協議会が4月19日に開催され、関西電力、資源エネルギー庁、内閣府、規制庁から説明を受けました。
 私が取り上げた点など順次紹介します。

●資源エネルギー庁幹部や職員が2019年4月以降、100回超の福井訪問。自治体関係者や経済団体と老朽原発再稼働への地ならしか⁉️

 藤野やすふみ衆議院議員が2月に新潟県へのエネ庁職員の頻繁な新潟県訪問で東電原発再稼働に圧力をかけていることを暴露し、地元の新潟日報などで大きく報道されました。

 福井県へはどうなの❓
 藤野やすふみ衆議院議員室にお願いして、資料を入手。
なんと新潟県なみに国が2019年4月から今年2月までに100回超えて福井県を訪問し、再稼働への地ならしを行なっていたことが明らかになりました。
 なんと役所が休みの1月3日の訪問まで❗️
 私は、コロナ禍のもとで異常なやり方だ、と批判しました。





毎日新聞より





コメント

美浜3号機の竜巻対策工事で不備か⁉️溶接工事業者が滋賀民報に証言。関西電力は調査もしていないことが明らかに

2021年04月20日 | 福井県政
⭐️高浜、美浜老朽原発再稼働緊迫‼️

 福井県議会全員協議会が4月19日に開催され、関西電力、資源エネルギー庁、内閣府、規制庁から説明を受けました。
 私が取り上げた点など順次紹介します。

●竜巻対策の安全対策工事で不備か⁉️
 業者が溶接工事がデタラメ、と滋賀民報で証言した内容を関電にただしました。

 関電側は、発注した熊谷組を信頼している、などと答えましたが、実際の調査は行なっていないことが明らかになりました。
 安全対策工事の前提が崩れたまま、再稼働猛進は許されない‼️

滋賀民報より






コメント

コロナ拡大のなかで、老朽原発再稼働を決めるのはやめましょう‼️

2021年04月19日 | 福井県政
  昨日は、かねもと衆院候補、鈴木市議とともに街頭宣伝。時に風雨のなかでしたが、あたたかいご声援もたくさんいただき、ありがとうございました‼️
 新型コロナ対策やスガ政権の医療改悪問題、老朽原発再稼働問題などを訴えました。
 今日は、コロナ陽性者19人も。原発警備の警察官も2人感染。変異株のせいか、急速な感染拡大が懸念されます。
 こんな時に、老朽原発再稼働を認めるような福井県や県議会では県民からの猛批判は必至です。

 大阪では毎日1000人以上の陽性者。入院出来ない自宅療養が1万人とも❗️まさに医療崩壊。
いまのワクチンが変異株には効果が弱くなるのでは、との報道も。
スガ政権や、大阪維新の無為無策で大変な事態が全国に蔓延しかねない。

 やはり、こんな時に高浜1、2号機、美浜3号機の3基もの老朽原発再稼働は決めるべきではありません。





福井新聞より

コメント

福井県政市政懇談会ひらく

2021年04月18日 | 福井県政
 昨日は県政市政懇談会で鈴木市議、山田市議とともに議会報告、私からはとくに緊迫している高浜1,2号機・美浜3号機の40年超原発再稼働情勢などについてお話ししました。
 参加された皆さんからも、「新聞折り込みハガキをだした」など再稼働反対の取り組みや、「コロナ禍の貧困問題」「公的施設の利用制限と使用料」「市の学校統廃合計画」「ブラック校則」「医療現場でのワクチンの状況」「生活相談対応」「公民館の利用制限」などについて発言や意見が出され、私や両市議が答えるとともに、意見交換しました。
 ひきつづき住民の皆さんの切実な願いにこたえて頑張ります!

県民福井より

 やはり変異株は発症が早く従来の対応ではすり抜ける場合があるようです。
ますます医療機関や福祉事業所などでの頻回のPCR検査で早期発見、早期保護治療につなげることが求められるのではないでしょうか。




コメント

老朽原発再稼働請願扱いめぐり23日に臨時県議会開会へ。新型コロナ変異株猛威。

2021年04月17日 | 福井県政
 高浜、美浜原発40年超原発の60年間運転、再稼働問題。
 昨日の福井県議会運営委員会で、23日午後1時からコロナ対策予算と再稼働請願書審査の臨時議会開催が決まりました。
 再稼働反対や慎重審議求める請願書 現在、38件が審議されます。
 私は、所管の厚生常任委員会を開催してきちんと審議すべき、と求めました。
 
 昨日は午前中は、老朽原発再稼働反対と新型コロナ対策を訴えて街頭宣伝。
街頭宣伝中に、地元の湊小学校児童2人が陽性者に、との連絡が入りました。
県は初のコロナ特別警報をだしましたが、実際には緊急事態レベルとみなくてはなりません。
 街頭宣伝では、大阪の入院出来なくなりつつある医療崩壊の実態は、福井県でも起こりえます、徹底したPCR検査態勢の拡充、医療機関への減収補填、生活補償などを訴えているなかでの、19人陽性者、との報でしたので驚きました。

 夜は再稼働反対金曜行動で県議会報告。引き続き、知事と県議会に再稼働反対の声を届けましょう‼️と呼びかけました。








福井新聞より







コメント

高浜原発1,2号機を視察調査。福井県議会への請願書38件、陳情書19件、要望300件超、この声に応えた審議を!

2021年04月16日 | 福井県政
昨日は県議会の高浜原発視察調査。島田副議長、自民、民主みらいの各会派議員、細川議員とともに私も参加しました。
松村原子力事業本部長、木島発電所所長らから1,2号機の安全性向上対策などについて説明をうけ、防潮ゲート、緊急時対策所、デジタル化された中央制御室などを視察しました。
 私は、コロナ感染前に設計された緊急時対策所に数百人が入ることと感染対策、事故対応を号機ごとにわけることと全体の対応、装荷予定の燃料などについて質疑しました。
 各議員からも原子炉容器の金属疲労問題、対策費用、テロ対策施設未完成のまま再稼働しても数か月程度しか稼働できない問題、使用済み燃料プールの容量などなどについて活発な質疑がおこなわれました。
 今後、さらに政府、関西電力、杉本知事らから説明をうける全員協議会で議論がつづきます。

★議会への請願書38件、陳情書19件、要望300件超が届いているといいます。老朽原発の60年間運転に県民、国民の不安は高まっています。老朽原発再稼働反対!




朝日新聞より




風光明媚な高浜


コメント

40年超老朽原発再稼働緊迫‼️17日に県政市政報告会でお話しします。ぜひご参加ください。

2021年04月15日 | 福井県政
  福井県政 福井市政について、議会報告懇談会を開催します。
 鈴木しょうじゅ、山田ふみは両福井市議と私からお話しします。
 4月17日午後1時半から。福井市二の宮5丁目 日本共産党福井県委員会会議室。
 
 私からは老朽原発再稼働めぐる情勢と問題点なども報告します。
 ぜひご参加ください。





県民福井より
 昨日、今日と県議会の美浜、高浜原発視察。
議長は、来週月曜日に国や関電の説明受ける全員協議会、日を改めて知事の説明聴く全協。会派代表者会議を開き、結論の出し方をはかる、との方向を示した。
 慎重審議を‼️との根強い県民の声に応えるべき。




コメント

高浜・美浜老朽原発再稼働緊迫❢40年超老朽原発再稼働反対など5437筆の署名を福井県、福井県議会に提出

2021年04月14日 | 福井県政
 ★40年超老朽原発再稼働反対など 5437筆の署名を福井県、福井県議会に提出★

 昨日午前中は新幹線福井延伸と在来線を考える会の世話人会で総会準備などの相談。
午後は、オール福井反原発連絡会などのみなさんが差し迫っている40年超老朽原発、高浜1,2号機、美浜3号機の再稼働反対の署名 5437筆を福井県知事と福井県議会議長あてに提出しました。私も同席しました。
 参加者からは「50億のお金で県民の安全を売り渡すことはだめ」「県として県民に説明会を開き説明を」「せっそくにすすめないで」などの声があがりました。
地元からも渡辺孝高浜町議、河本猛美浜町議らが参加し、「高浜町民も多くが不安。私は再稼働反対しているが、批判の声はとどいていない」「美浜町民には根強い不安があり、避難計画、避難道路も不十分です」と訴えました。

 その後、県議会厚生常任委員会の田中委員長、小寺副委員長との意見交換会が開催されました。県連絡会の林事務局長は「署名をふまえ議会ではていねいな議論をしてほしい」、原発反対県民会議の宮下事務局長は「県議会も同意することの責任があり、県民に開かれない場で結論出すのはやめてほしい」などの意見を述べました。
田中厚生常任委員長は「たくさんの署名をいただいた。県民の皆さんの意見を聴いて判断するのが責務。まず、現地調査や関電、国から話を聞く。皆さんの意見は委員長の責任で伝えていきたい」などと答えました。

★県議会は今後、現地視察、議会運営委員会、国や関電の説明をきく全員協議会などが予定され、老朽原発再稼働へ緊迫した状況がつづきます★








福井新聞より


 反原発団体の県要請に県会自民党の重鎮 関孝治県議が仲介同席した、との記事にも驚きました。
県民の不安の声をうけとめた行動だと思いますね。
コメント

40年超老朽原発再稼働緊迫❢ 本日、市民団体が福井県、福井県議会に署名提出行動

2021年04月13日 | 福井県政
 関西電力の高浜原発1,2号機、美浜原発3号機と一度に3基もの40年超老朽原発再稼働へ日本ではじめてゴーサインがだされようとしています。福井県知事、福井県議会に多くの住民の皆さんから懸念の声が寄せられています。

 昨日は、かねもと衆院候補との街頭宣伝や打ち合わせ、会議、要望対応などでした。
今日はオール福井反原発連絡会など市民団体の皆さんが再稼働反対の署名提出行動を福井県と福井県議会にたいしておこないます。

 福島の原発事故から10年。40年もたっていない原発でも事故トラブルつづきで県民は本当に不安と心配の繰り返しでした。関電美浜3号機の事故では11名もの死傷者がでました。
さらに50年、60年と運転をつづければ、もっと大きな事故トラブルが起こるのでは?と心配の声が高まっています。
 杉本知事、県議会はこの声をしっかり受け止めるべきです。


コメント

老朽原発動かすな!市民行進。性暴力許さない!フラワーデモ。地域訪問でコロナ問題など対話

2021年04月12日 | 福井県政
 昨日は地域の清掃作業。コロナ対策で場所を限っての清掃作業でした。
 老朽原発動かすな!市民行進では林事務局長の訴えにつづき県政報告を手短におこない「県知事、県議会に老朽原発動かさないでの声を届けましょう」とよびかけました。13日には県庁、県議会への署名提出要請行動もおこなわれます。
 性暴力許さない!フラワーデモ。ぜひ参加を、と誘われて実は初参加でした。かねもと衆院候補、西村きみ子前市議も参加。スピーチはなく、スタンディングです。
 夕方からの地域訪問ではコロナ問題など対話、建設業者の方は「なかなか高価格帯の需要は戻ってない」と。主婦の方は「老朽原発動かすのは心配です」と。景気回復には、まずコロナ対策、そして消費税5パーセントへの減税です。






コメント