ひとり歩きのハイカラ味来人

北海道は日本海側の田舎マチ<増毛>
人生の折り返しポイントを大きく過ぎてしまった太っちょ男が綴る食べ歩き日記。

松ヶ枝餅

2018-05-02 23:55:00 | 飲み食べ
宮地嶽神社を参拝した後は…。



行く時もちょっと迷ったんです。
美味そうだな、って。

でも参拝した後にいただかなきゃ神さまに失礼かと。



下調べではどこのお店がどんな風か、ってこともザックリ覚えていたのですがね。
ここまで来ると悩みます。

で、結局は神社に一番近いお店に寄らせていただきました。

ホントは焼き立てを楽しみたいのです。
でもなぁ、もう閉店時刻らしいし。

どれもラップに包まれていましたから。
ちょっとしっとりめ。



さあ、そろそろ福岡市内に戻ります。
ナビ情報では約1時間。

松ヶ枝餅を食べたばかりではありますが…。
ああ、腹減った。



先を急ぎます。



宮地嶽神社から車を停めたバス停付近の駐車場までの道。
歴史を感じる古い家屋が目に付きます。
だけど人通りはそうでも無かったな。
逆に寂しいと感じてしまうもの。



旅行の間、キビキビと走ってくれたレンタカーはダイハツ製でした。
排気量も知らずに借りましたけど。
コンパクトだけどそれで十分。

高速道も順調に進んでくれてありがたかったです。
コメント

そこのところ

2018-05-02 22:31:29 | 考えたら
この道の先に夕日が沈む。



JALのCMで見た光景です。
きっと参拝している皆さんもそんなイメージでカメラを構えるのですね。
ワタクシどももそれを見ていなければ立ち寄ったのかどうか…。



カメラオヤジは旅行メンバーを入れるものと入れないものを撮るのです。
だから時間は倍掛かるんだな。
ま、それにしてもホンの1分弱のこと。
手際良く作業を進めればアッという間ですから。



どこに立ってもらって何と一緒に撮るのか。
どこまでをカメラに収めるのかってことですわ。

そこのところをいつも考えるの。
太陽の光の差し込み方を気にしながら。
逆光対策はとても大事。



おっ、外国からのお客さまですな。
随分と賑やかだもの。
そして横に広がった皆さんをかわすのもまたひと苦労です。



なかなかね、避けるって習慣が無いんだな。
最近は日本人にも言えるけど。
思いやり文化を持つ日本だから…、反省しよう。
コメント

何でも大きいの

2018-05-02 20:30:00 | たてもの
旅行初日でしたからね。
まだまだ体は軽かったです。
いや、実際には重いね。
気持ちだけ軽く感じるという意味ですから。



石段も鼻歌混じりで登り切ります。
流れてくる汗さえ気にしなければ全然問題無いんだけどなぁ。
タオルが手放せない太っちょオヤジ。

ううーん、ここだけが問題です。



いよいよ山門をくぐって神さまへ参拝です。



旅行雑誌に掲載されていた通りの極太の注連縄。
そうそう、これこれ。
気持ちが高まります。



だけど神聖な場所ですから。

平常心を装わなければなりません。
静かに…、あくまでも静かに進みます。



旅行は全体的に過密気味のスケジュール。
ここの滞在時間も1時間弱、と言うか40分くらいかなぁ。
はるばる来ているのに時間に制約されてしまう。

いい年したオヤジですもの。
もっと余裕のあるツアーを検討しなきゃ。



家族は御朱印をいただきに社務所へ。
その間、ワタクシは境内をぶらぶらします。



ま、見渡せる広さですけど。

獅子舞仕掛けのおみくじは休止中。



おもしろそうだったのになぁ。
ちょっと残念です。



そうそう、ここの境内には大きな鈴と太鼓が奉納されています。
実際に使えるものなのでしょうけどね。
鳴らされることってあるんだろうか。



大太鼓は光の加減で撮りづらかったです。

コメント

冷たいもの

2018-05-02 19:15:00 | 飲み食べ
連休中。



家から出ないとマチの様子はわからないもの。
田舎マチの増毛だってそこそこの入り込みです。
車もたくさん停まっていたなぁ。
ありがたいです。

そう、セブンでお昼を買うのも少々難儀しますから。
売れてます。



連休前半は暖かめ。
なので冷たい麺類をチョイスします。
うどんとラーメン。



いいんでないかい。
どちらも美味そうです。



ついでに…。

そういうワケでも無いのでしょうけどね。
コーヒーゼリーはデザートですか。



もちろんいただきます。

コメント

あずましいのかな

2018-05-02 17:50:00 | おおらか
春先の夕日は霞がち。



夏のクッキリ感は期待出来ません。
でもね、それはそれでまた風情のあるもの。
その時々の情景を味わいます。



巣に帰るのですか。
そもそも巣ってどんなところに作っているのやら。

あずましいのかなぁ。



水平線に沈む姿を待ちましょうか。
だけどまだ時間が掛かりそうだし。



別に急いでいるワケでも無いのです。
暫し波の音を聞き続けて休みましょうか。



明日も頑張ろう。
コメント

駅近

2018-05-02 12:55:00 | 飲み食べ
いつもは“なみ喜”にお邪魔することが多いワタクシですが。



今回は信州庵。
リーズナブルってのが一番だけど白い麺の喉ごしもいいの。
それぞれのテーブルに天かすや刻み海苔が常備されているのもグー。



今回は札幌駅近くのホテルモントレ辺りに近いお店にお邪魔してみました。
駅近くでは珍しく15台分の無料駐車場付き。
便利です。



常に車で乗りつける田舎オヤジにはポイント高いなぁ。



注文したのは“おろし蕎麦”。
だけど大盛りじゃ無いんです。
珍しいでしょ。



そう、つくね丼もお願いしましたから。
この玉子のとろとろ感もいいです。



細めで風味的には“なみ喜”の勝ちだと思うんだけど…。
気軽さならこっち。



海苔や刻みネギも使いたい放題だし。



小食を目指す太っちょオヤジにはちょっと気になるお店です。
ま、今回も完食しておきました。

コメント

彩未

2018-05-02 12:25:00 | 飲み食べ
たまにラーメン。



今回は彩未。
スーパーに並ぶ袋麺を買っているのですが、旭川の天金と競っているかな。
どちらかと言えばやさしい味派。



味噌も醤油もオススメなのでございます。
お好きな方をお選びください。
コメント

昨日の夕景

2018-05-02 08:25:00 | おおらか
昨日の夕景。



いつもの屋上からの景色ですがね。
暑寒の山並みを撮るのが好きなんです。



で、昨日は岬側に向かい雲が低く帯状に下がっていました。
ほほう、これは珍しい。
ひとりで感心するカメラオヤジです。



神社の境内はこんな感じ。
少ないですが桜も咲いています。



そうそう、暑寒別岳にかかる雲も帯状でした。
しかも山頂から扇状に広がっているんだもの。
これまた珍しい。



連休中は山スキーを楽しまれる人たちで賑わった山荘。
駐車場も満杯だったようです。
今日の午後からでも見に行こうかなぁ。



高いところから見える景色はおもしろいです。
これは増毛港。
赤灯台のある先端部分には無数の人影。



釣りでしょうかね。
それにしても随分と多いんじゃないでしょうか。



皆さん事故の無いようお気を付けください。
コメント

使えるもの

2018-05-02 01:47:27 | 考えたら
家でのメールチェックやインターネット上の操作はパソコン派のワタクシ。
だってガラケーですから。



家族が買ったDタブってのもありますけどね。
使いこなせないのでございます。
コメント

気になること

2018-05-02 01:12:20 | 飲み食べ
モスで気になること。



変わった画があったので、とりあえずパチリ。
トーストにバターを塗るのは久しぶり。
小さなカップ入りのバターはそのままナイフでパンに塗ればいいのでしょうけど。



こだわりオヤジは皿に移してちぎったパンを塗りつける作戦をチョイス。
でもなぁ。

思ったより固かったです。
最後までナイフで切り分けなければならなかったし。



あ、午前10時半までならコーヒーのお代わりは無料です。
もちろんお願いします。



ううーん、美味い。



ところで。

写す角度で立体的に見えるのだそう。
チャレンジするべし。
コメント