ひとり歩きのハイカラ味来人

北海道は日本海側の田舎マチ<増毛>
人生の折り返しポイントを大きく過ぎてしまった太っちょ男が綴る食べ歩き日記。

月夜

2019-02-18 23:11:37 | いい感じ
仕事帰りで見つけた月。



雲に隠れてハッキリ見えないなぁ。
でも風があったから。
雲の流れも速かったです。



知らなかったけど明日はスーパームーンなんだって。
詳しく無いけどデカイんでしょ。



晴れるといいなぁ。

とりあえず忘れないようにしよう。
コメント

お茶します

2019-02-12 12:58:00 | いい感じ
麺や田中商店でえび坦々を食べたあとは…。



やっぱりお茶するでしょ。
近くのカフェにお邪魔します。



連休の真ん中。
だけど日曜の午後遅めはお客の流れもパッタリと止まります。

車で来るのが一番便利な地域ですからね。
通りに車が走っていないと途端に寂れてしまう。
そんな構図です。



まあ、おかげでカメラオヤジは好きなように撮れるのですがね。
それはそれでありがたいこと。



ううーっ、すっかり冷えてしまいました。
せっかく熱いラーメンを食べたってのに。



温まり直します。
コメント

海の氷

2019-02-11 23:57:46 | いい感じ
今時の増毛港。



国道から港に降りて行く道。
元々細い道ですから…、雪道は大変です。
どうか対向車が来ないでくれーっ。



ま、スピードダウンの安全運転ですから。
余計に周りが見えてしまう。



造船所、煮ダコ施設。
懐かしいところが多かったな。



でも埋立ても進んでいます。
子どもの頃に釣りをしていた場所はちょっと立派になったかな。



冷え込みが厳しくなったでしょ。
ハスの葉氷が珍しい。



また釣りに来ようかな。
コメント

雪のすき間

2019-02-11 22:55:56 | いい感じ
休日の3丁目通り。



車も人も…。
まだ明るいんだけどね。

ま、君が代わりに通ってくれるのかい。



交差点の除雪はちょっと特殊。
人が通れる程しか開けられてませんから。
ああ、どうせすぐに雪山になるんだから、削る部分は少ない方が楽ですわね。



角以外は広そうだけどなぁ。



何だかおもしろい。
すれ違う時はちょっと待つね。
同時には通れ無いし。



気になると何枚も撮るオヤジは横断歩道を行ったり来たり。
忙しいのでございます。
通り過ぎる車からだと邪魔なオヤジだったでしようね。



誰が開けてくれるんだろう。
こんなに気になるすき間。



そうは思わないかい。

コメント

飽きないな

2019-02-11 00:45:19 | いい感じ
歩くのは嫌いじゃ無いのですがね。
寄り道をすることは少ないかな。



それなのに何枚も撮りたいカメラオヤジでしょ。
よく飽きないなと思うこともあるのでございます。



まあ見せられ続ける側は大変かと思いますけど。



朝にはきれいに除雪されている歩道も帰る頃には10センチ程の雪。
降って来たものと言うより飛んで来たものかな。
ここらは吹雪が付きものだから。



冷たい風の中を歩いた後は熱い麺。
お気に入りの黒七味を添えていただきます。



香りヨシ。
しかも温まり方もいい。



もう一杯食べたい気持ちはまだまだ強いけど。
すぐ立ち上がって水を一杯。

ああ、落ち着くぅ。

そんな気持ちの切り替え方で頑張るのです。
コメント

偉いのです

2019-02-10 23:51:51 | いい感じ
いつの間に積もったんだっけ。



酔っ払いオヤジはうず高く積み上げられた雪山を見て呟くのでございます。
だって車道を走るトラックだって見えないんだから。

チョー安全な歩道です。



と、いい気になってます。

でもね、今から思えば結構な雪が積もってたもね。
足元にも。
飲みに出る時はゴム長をオススメします。

遅いながらもいつもよりは早めなワタクシ。
調子こいてセイコマに向かいそうなものですがね。
訓練された太っちょオヤジは真っ直ぐ帰るようになりましたもの。

偉いのです。
コメント

こっちの方が

2019-02-08 23:50:00 | いい感じ
細い坂道を上から見下ろす。



駅前まで真っ直ぐに下る道。
昔は桜の花がきれいに咲き誇る通りだったのですがね。
最近は数本が残るだけ。

ちょっと寂しい坂になりましたな。
まあ通り沿いの家も主を失ったところがちらほら。

過疎の過疎だもの。
致し方ありません。



さて、そんな寂しい場所ではありますが、ちょっと見晴らしの良いところをご紹介しましょうか。



横道に進むこと約100メートル。



そこに港を見下ろす灯台があるんです。
初点灯は明治23年12月。



出来た頃のことなんか知るはずも無いですがね。
当時は木造の白一色。
その後、下側に黒の帯が巻かれていた時代があります。

ワタクシの子どもの頃の話。



こっちの方が明るくていいです。
コメント

キラキラ

2019-02-08 19:19:14 | いい感じ
今日は寒過ぎて外出は無し。
まあ通勤は別ですけど。
ガッチリまかなって歩きましたがね。
風の当たる顔の部分が冷た過ぎてもう…。

手袋の中の手もビリビリ。
暖かそうなモコモコだったのに。
スーッと風を通すんだもの。

やっぱり安物はダメですな。



なのでこれは一昨日の画像。
寒さはさほど変わらないと思いますがね。
風が無かったから。
立ち止まるのも苦じゃありません。



街路灯の光を受けた雪。
キラキラしてたなぁ。



厳しい冷え込みは雪の結晶も大きくするようです。
それがまた美しい。

たまに邪魔になったりするものだけど。
降って来てありがたいなと思うこともあるのでございます。
コメント

遊び場だったところ

2019-02-07 20:10:00 | いい感じ
サラサラな雪をこいで歩く。



冷え込みが厳しくなっているのでしょうか。
この頃の雪はサラサラ度が違うように思います。



昨日は旧増毛小学校の校舎を遠くから撮ろうと思い忠魂碑のある広場まで出掛けました。
駅前から続く坂道をトボトボと上ります。
いつもなら途中で休みたくなるワタクシですがね。
毎日のペダルこぎ効果なんだろうなぁ。

息も上がらず快適そのもの。



そんなに高いところじゃ無いので自慢にはなりませんが、あっという間に上り切ります。
血圧も高まらず、息も上がらず。
いいじゃ無いですか。

あとはビールを好きなだけ飲めるようになれば申し分無いんだけど。



坂を上り切ると鳥居が見えて来ます。
元々は白っぽいものだったように覚えていますが、昨年の春でしたか。
改修工事がありましたからね。

少々グレーっぽいです。



小さい頃は遊び場だったんだけどなぁ。
懐かしい。



あれ、校舎を撮るつもりだったのに…。
何しているんだろう。
コメント

想い出の場所

2019-01-26 13:30:00 | いい感じ
雄冬の港。



動画で撮った方が良いんじゃ無いの、ってくらい撮りましたから。
雪の雄冬はそれほど魅力的。
もう何度でも書いちゃう。



若ければ向こう側に行って見るのですが、もういい年のオヤジでしょ。
疲れやすいから。
しかも足下も滑りやすいだろうし。

自分は動かずレンズだけを右に左に。



赤と白。
大小の灯台が船の安全を守ります。



一番大きな赤灯台は離れの防波堤。
管理も大変でしょうな。



増毛市街とここが道路で繋がる前。
貨物兼用の定期船が運行されていた時代がありました。
映画“駅STATION”の撮影で高倉健さんも滞在した雄冬。

当時の港からは随分整備されたでしょうけどね。
定期船が停泊したのはここら辺。



想い出に浸ります。
コメント