ひとり歩きのハイカラ味来人

北海道は日本海側の田舎マチ<増毛>
人生の折り返しポイントを大きく過ぎてしまった太っちょ男が綴る食べ歩き日記。

紅葉

2018-10-23 21:48:46 | カラフル
徒歩通勤2日目。



昨日もそうだったのですが、小さな虫が飛び回る季節になっていました。
ウジャウジャって程ではありませんけど。
なのでジャンパーをしっかり着込み、帽子も深めに被ります。



そうそう、少し遅めで。
いつもなら薄っすらと汗をかくほどのスピードなのに。
疲れは禁物ですから。



龍淵寺のイチョウがまだ青々としています。
黄色くなるのはまだまだ先かな。



秋が深まるのは一瞬のこと。
毎日興味深く見守ることと致しましょう。

コメント

残るもの

2018-09-26 00:52:49 | カラフル
最近屋上に上るのが日課になってるかな。
いい感じの空が期待出来そうな時はほぼ。



徒を開けた途端、一斉に飛び立って行くカラス。
自分の目に映る光景はもっと迫力のものなんだけどなぁ。
カメラに収まった画像はそうでも無し。



でも撮りたいのはそこじゃ無いし。



夕陽は見えないけど朱に染まる空がいいの。
刻々と変わって行く色合いが何とも言えません。



雲があることがさらに魅力的に思わせるのかな。



いい年をした太っちょオヤジが夕焼け空に感動する画。
なんか変だね。
自分でもそう思います。



でもね。



この感覚を無くしたら何が残るんだろう。
コメント

オンコの実

2018-09-14 18:20:00 | カラフル
いつもの通勤コース。
神社裏にある願王寺の境内の周りにあるオンコ。



赤い実がいっぱいです。
確か昨年もそんなことを書いたっけ。

甘いから食うぞぉ、ってね。
まさか、この年で食べることはありませんけど。



それと真ん中の種の部分には毒があるのですか。
小さい頃も実だけ食べてたような記憶。

ま、ブドウも種は吐き出す派なので。
しぶとく生き残ります。
コメント

夕日の続き

2018-09-12 12:39:57 | カラフル
一昨日の夕焼け画像はまだ続きがありました。



太陽に近付ければ空は朱色一色なんだけど引きで撮ればそのほとんどは黒いの。
でもね、その方が光っているところを見つけると嬉しくなるんだな。



どこかの施設でしょうか。
この場所なら黄金岬近くの荻野病院かな。



などとよそ見している間も太陽は沈み続けます。



ほら。

水平線間際のスピードは随分と早く感じるけど、時間の進み方はいつも同じハズ。
もっと大事にしよう。



この日の晩ご飯は親子丼。
いつもの通り豚肉ですがね。



それがまた好きなワタクシです。
コメント (4)

アサガオ

2018-08-21 21:55:29 | カラフル
朝の通勤コース。
元陣屋の所に咲くアサガオ。
紫色でいいのかな。

昨年もたくさんの花を咲かせたのですがね。



今年は全然。
どうしたんだろう。

ま、多い少ないは関係無いっしょ。
今年も会えたことが大事だから。
コメント

コケコッコ

2018-08-15 00:15:00 | カラフル
近所の道路工事の話。
今はもういいところまで仕上がっているのですがね

業界はお盆休みですか。
静かです。

これはそのちょっと前のもの。
まだ路肩のブルーシートが無い状態だから。



あとは路盤舗装と路肩の張り芝ってとこですか。
ま、ここら辺は黙っていても雑草が生えますので芝を忘れても大丈夫かと…。



道端に咲くコケコッコの花。
タチアオイってのは正式名ですか。



花びらをむしって鼻や顎にくっつけた記憶。
付け根はネバネバしているんだったかな。

お金もゲーム機も無かった時代。
だからって写真も少なかった。

デジカメがあったらなぁ。
どれほどの写真を撮っていたんだろう。
コメント

プロの味

2018-08-14 19:11:01 | カラフル
ふらっと立ち寄ったのは“ふるふるとまと”。
農園主がトマトをパック詰めしていましたから。
ちょっと冷やかしがてらの寄り道です。



「どうなの?調子いいかい。」



別に返って来るセリフを期待するワケでも無いんだけど。
頑張っているのは姿を見りゃわかるんだから。



このトマトがいいんだよなぁ。
甘さが凄いの。
うちの畑のと形は似てるけどさ。
味は全然…。

いや、プロのものと比較するのは止めとこう。
うちにはうちのおばあちゃんの味ってものがあるんだから。

それにしてもふるふるのトマト。
まずは食べてみるべし。
コメント

ガクアジサイ

2018-08-10 08:20:17 | カラフル
職場の近くで咲くガクアジサイ。



普通のアジサイとは雰囲気がちょっと違います。
こんもり感が普通のアジサイならこれは何と表わせばいいのでしょう。



蜜集めですか。
ハチが忙しそうです。
コメント

花畑

2018-08-08 20:15:00 | カラフル
箸別ルート7合目。



いよいよお花畑に到着です。
薄紫色の花はチシマフウロ。
この場所は、山開きの時期だとまだ雪渓が多く残っているところなのだとか。



今はもう…、きれいな緑の絨毯が続きます。
どれほどの人がここを通るのでしょうか。

凄いなぁ。
汗が流れ続ける太っちょオヤジは感心するのです。



黄色いのはシナノキンバイ。
でしたっけ?
この紫っぽいのは、わからんのです。
まだまだ勉強しなきゃいけませんな。



ここでは他にもエゾオヤマノリンドウとかミヤマアズマギク、タカネナデシコなども見られました。
今度はここまででいいかなぁ。
山頂までの欲が無い太っちょオヤジです。
いや、違うな。



登り切る体力が無いんだわ。
トホホ。

振り返ると思います。
よくもここまで登って来たなと。



豆大福。
甘くてやわらかくて美味かったな。

食べる時だけ幸せを感じます。



さあ、次は9合目の上。
それにしても暑過ぎです。



転ばないよう気を付けて行こう。
コメント

紫色の

2018-07-24 21:30:00 | カラフル
こんなに多くのラベンダーを見たのは何年ぶりでしょう。



たぶん初めてじゃ…。
いや待てよ、40代の頃も無かったね。
でも30代の頃には子どもたちを連れて…。

来たことがあったんじゃ無いかなー。
と何の根拠も無く適当なことを書いてしまいます。
このブログを始めてまだ8年ですから。
アルバムでも引っ張り出して…、暑いもの止めときます。



ラベンダー畑は植え込み方で密集しているように見えるのと、そうじゃ無いのとに分かれます。
なので絨毯のようなラベンダー色を撮るには立ち位置が大事になるのです。



暑いけど頑張って探すの。

そんな時に限ってサンダル履きなワタクシだけど。
結構な斜度のある通路。

緊張します。



日差しが強かったので画像チェックも出来ず…。

ううーん、もう少し絞り込んで深みを出したかったですな。
反省します。



汗を拭きふきカメラを構えるワタクシ。
自撮りする外国人の方々の邪魔にならぬよう気を付けて歩きます。



一面がラベンダーな斜面は2つだったかな。
時間と気力があれば、そのどちらもぐるっと回って良いアングルを探すところですがね。
何度も書きますが暑いんです。
近いところからのものでガマンさせていただきます。



カタッコトーン、カタッコトーン。
遠くで列車の走る音。



どこどこ?



あら、いい画が撮れました。



さあご飯を食べに移動です。
この場所で行列に並ぶのもいいのでしょうけどね。
中富良野のマチを探すのも…。

よし、車に乗ろう。
コメント