西園美彌 Blog ~情熱的にGoing My Way~

バレエ・モダン・コンテンポラリーダンサー 振付家 西園美彌(Miya Nishizono)のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

帰国します

2016-02-06 10:00:44 | ドイツ生活
3月31日、帰国します。

もう、得たこと学んだこと考えたことがあまりにも多すぎて、それに大っぴらにできないこともたくさんあって、直接会った人にしか話さない方が良いかもと思います。誤解を生むから苦笑

海外に来ても、自信のない性格は変わりませんでした。当然といえば当然か…笑
むしろ自信なくしました。でもそれで良かったと思っています。

結局はどんな性格であれ、どんな資質を持って生まれたとしても、そんな自分とうまく付き合っていく術を自分なりに考えて、実行するしかないんですよね。

海外の自由な空気の中で、改めて自分の本当にやりたい事は何なのかを考え、何に自分が惑わされていたを理解しました。

大きく変わったのは、日本以外が“世界”なのではなく、日本も世界の一部。そして世界は広くて、価値観も生き方も自由であるということ。

私はこの経験を子供達に伝えていきたいです。

残りの日数、とにかくたくさん踊って過ごします!
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« Pina Bausch-Tanztheater Wup... | トップ | 石井みどり作品「春の祭典」... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
待ってまーす (もり)
2016-02-17 22:50:40
もう1年経つんですね~
怪我で当初の計画とは違う1年になってしまったでしょうが、きっといろんな事、踊り以外の事も沢山吸収しているんでしょうねU+1F3B6
残り2か月もないけれど、最後まで有意義な時間を過ごして下さいU+1F60A
Re:待ってまーす (miya-nishizono)
2016-02-19 06:59:38
もう1年経つんですね~
怪我で当初の計画とは違う1年になってしまったでしょうが、きっといろんな事、踊り以外の事も沢山吸収しているんでしょうねU+1F3B6
残り2か月もないけれど、最後まで有意義な時間を過ごして下さいU+1

もりさん

ありがとうございます!!

はい、こちらで本当に様々な経験をさせてもらいました。
ダンサーに関連することはもちろんのこと、友達と過ごす時間や普通の生活や家族の風景などにおいても。世界に対しての見方や感覚が変わりましたし。

家族の家に住まわしてもらうことは留学生としてはかなり甘えた環境と見なされるでしょうけれど、家族との時間はかけがえのないものですし互いの関係が良くなったというものもあり、そういう意味でも重要な一年でした。

残りの日々も、楽しみたいと思います!!
Unknown (柴田)
2016-03-23 16:58:03
お久しぶりです。一年間、お疲れ様でした。とうとう帰国されるんですね!!またお会いできる日を楽しみにしています。D-lifeには戻られるんでしょうか??娘は10月から土曜日のコンテ児童Bに入会しました。是非是非、先生の貴重な経験を子供たちに伝えてください。親子共々またよろしくお願いします。
Re:Unknown (miya-nishizono)
2016-03-23 22:58:26
柴田さん

ありがとうございます!!
D-Lifeで働けるかはいまのところどうなるか分かりません。関わらせていただくことになるとは思いますが、今のところ指導者は足りているとのことでしたので。

なので自分で初めてみるのも手かも?と思っています。…せっかくの経験を生かす場がないというのは悲しいので。地域で小人数での親子体操やストレッチ、ダンスの指導のニーズがあればやろうかなと考えています。

またお会いできるのを楽しみにしております(*^o^*)
Re:Unknown (miya-nishizono)
2016-03-23 23:02:44
続)
お子さんも入会されたんですね!というか、そんなに大きくなったのですか!(驚)

親子でダンスを楽しめるって素敵ですね…!強い身体と豊かな心を育んでいけるといいですね(^_^*)
Unknown (柴田)
2016-03-24 13:48:50
そうですか、D-Lifeに戻るわけではないのですね、残念。もしかして、帰国後は一度実家に戻られて新転地でのアパート探しからでしょうか?先生の活動、応援してます♪がんばってくださいね。
Re:Unknown (miya-nishizono)
2016-03-24 22:19:37
柴田さん

いえいえ、D-Life復帰希望のつもりですよ~!
ただ現時点でD-Lifeはスタッフが足りているということなので、果たして雇っていただけるのかは、これからなのです^^;
Unknown (柴田)
2016-03-28 13:58:30
「D-Life復帰希望」と聞いて、うれしいです!!先生のレッスン、楽しみにしています。

コメントを投稿

ドイツ生活」カテゴリの最新記事