シュナウザーハーブ農園

新農園で新生活。父さんがクワで耕し 私が種をまく。カラスがキジが じっと見てる。天国のマサムネとのんびり楽しもう。

この色 このつや このかおり

2008-02-29 10:03:28 | Weblog


昨年の末 素敵な方から庭で収穫したという沢山の柚子をいただき 色々調べて長く楽しめるように・・・と『まるゆべし』なるものを作りました。
この写真は12月26日 作った日のものです。

あれから2ケ月 キッチンペーパーで包み ひもを掛けて外に吊るして 食べ頃になるのを待ちました。2~3ケ月経つとよい!と書いてあったので ぎりぎり食べ頃突入。

うやうやしくお皿に載せて 撮影です。



では もう少し近くへ寄って。なんと!!輝いてる。





世紀の一瞬 入刀。



赤味噌と砂糖 それにくるみを混ぜ込んだものが柚子とよ~く馴染んで どちらが前へ出るでもなく ちょっと控えめに それでもって 自己アピールも忘れず。

手間もさることながら 2ケ月待ったということが 香り豊かな柚子をさらに更に美味しく そして愛しいものにしてくれました。

父さんが帰宅したら 早速いただきましょう。
そして柚子を分けてくださった方へも 届けましょう。


コメント (1)

振られたことなんか 気にしてない

2008-02-28 15:44:20 | Weblog
風に立ち向かって マサムネと散歩して来ました。
髪がグチャグチャになるほど 強い風です。
日差しは 思わず目を細めるほど強く 真っ青な空はどこまでも透けて見えるよう。

3歩進めば道の向こう側へ行きたくなり 5歩進めば後ろが気になる。
草むらで立ち止まったと思いきや 突然前進。
むこうからワンコが来れば 一応学習の成果か? すぐには近寄らず しばらく落ち着いたふりをして 相手の出方をうかがいます。




女の子なら さすがマサムネ!寄って行く。男の子なら吠えまくる・・・

きょうは赤と黒のチェックのコートを着たシュナウザーの女の子とすれ違いました。
マサムネは興味津々。
でも女の子は反対側からやってきたコーギーに目を奪われてしまって マサムネには そ知らぬ顔。振られたりマサムネ・・・・・女の子って 結構冷たい。

ジグザグの散歩100メートル進めば 200メートルは歩く散歩。



帰宅すると体はポカポカ。3月ももうすぐ。 

コメント

桃の節句 近し

2008-02-27 13:31:02 | Weblog
先週の金曜日 フラワーアレンジの教室で 桃を生けました。

つぼみが落ちやすいから 丁寧に扱うように!と先生から注意がありました。
そう 生けている間にも ぱらぱら落ちてくるし 帰宅してリビングに置いても 落ちる、そして 桃の節句を迎える前に散り落ちたり 咲かずに枯れたり・・・     

結局 桃は枝ばかりになってしまい 処分することになりました。
霧を吹いて 水分を保ってやると 長持ちするらしいことを 今知ったけど 時既に 遅し・・・

庭にある桃が咲くのは 桃の節句から 調度一ヶ月過ぎたころ 4月初めです。アレンジに使う桃は温室で加温されて咲いた ”お嬢様”な桃。仕方ないかあ。



お雛さまを飾るもよし 桃を添えるもよし。ひなあられ 桜餅 草もちを食べるが さらによし。って心境・・・
コメント

もしかして ぼくのせい?

2008-02-25 17:14:31 | Weblog
さきほども「新聞持ってきて~」と言えば 猛ダッシュで玄関へ行って自分の身の丈ほどの夕刊をくわえて 運んでくれたマサムネ。
廊下で新聞の端を踏んでしまうと そこでくわえ直しをするので その時点で新聞の原型が崩れて ボロボロ状態になってしまうこともーたまにはあるけど・・・

まあそれも ご愛嬌 ページを探しながら 読みつないでいくよ。

それより困ったこと 発生。
父さん ぎっくり腰発症。

毎夜マサムネは 父さんが寝る後を追って ベットへ入れてもらっています。掛け布団の中にもぐってみたり 体が温まりすぎると 布団から抜け出して 上に乗ったり。
父さんは お腹の上や 足元にマサムネを従えて 自由に寝返りもできず寝ていたよう。


きっとこの無理な体勢が積み重なって 持病が出てしまったんだねえ。
「マサムネ 今日は来ちゃあ ダメだぞ!」
マサムネが後を追って来る前に 心を鬼にして ドアを閉めたんだけど またしても マサムネは当然入れてもらえるはず! とドアの前で「開けて 開けて!」と可愛い鳴き声。

はて どうしたものかねえ~






コメント (1)

春一番なら 許せる

2008-02-24 13:54:55 | Weblog
一応自然が相手の趣味ですから 特に週末は天気予報を見てるつもり。
「土曜日は3月下旬の陽気で暖かだけど 日曜日は一転寒くなる」
迷わず 土曜日朝から 準備して農園へ向かいました。
あれ!ガルデナーいない。???
そのうち 誰もいない訳が分かり出したけど 時すでに遅し・・・杉が恐ろしいほど東北の方向にしなる。




ここの処の乾燥気味の天気のなせる業 サラサラ土が遥か向こうから一団となって やって来る 来る。
目を被う眼鏡を掛けても すきまから砂が入ってくるものすごい風。
農作業どころでは ありません。
「何しに来たんだろうね?」
でも とても外には居られないので持って来た荷物を風がおさまってる隙に車に積み込み帰宅することにしました。

帰途 ”今から農園へ行こうと思ってる”というガルデナーから携帯へ連絡があり
「ダメダメ すっごい風だから 来ちゃダメ」
車中のラジオでこの南風は『春一番』と知りました。



やっとの思いで持ち帰った我が農園産すばらしいキャベツ。
苗を植付け すぐにネットをはったので 虫食いなし。
でも ひとつ難点がーーそれは堅いこと。



キャベツ大好きなインコに外葉をご馳走してあげました。なんたって 無農薬。
ところが この大きく丈夫なくちばしでも 食べあぐねている様子。
そんなに堅いかなあ~

そこへマサムネが近づいてきました。
背伸びをして インコのキャベツをしっかり横取り。
コメント (1)

爆走マサムネ

2008-02-22 21:26:43 | Weblog
コートを着て散歩に出て 困ってしまうほど暖か うららかな金曜日です。

先日突然解散となってしまった「人物画同好会」の先生が「おいで!」と誘ってくださった「静物画同好会」に今日見学に行きました。

チンゲンサイ 赤とうがらし 花瓶を真ん中の台に置いて その周りに真剣な顔が並んでいます。鉛筆が動き そのあとを消しゴムが追い。

先生に花瓶の位置を相談する人 お隣の絵をのぞく人 私に話し掛けてくれる人・・・
人物に興味あったんだけど 家にいて一人鉛筆を持って描くはずもなし。

次回から道具を持ってきます。仲間に入れてください!とお願いして 帰宅しました。
『継続は力なり』です。お知り合いが増えるのは 嬉しいこと。


夜 父さんが家の近くまで帰ってくると 携帯で知らせてくれます。慌ててマサムネと外へ出て 父さんの姿を探します。マサムネの方が早く姿を確認するや 行きたい!とリードを引っ張ります。「マサムネ~」の声の方へまっしぐら。全速力で走ることがなかなか出来ないので この時間だけマサムネへのプレゼント。見ていても 気持ちいい走り。回りに人がいると プレゼントはお預けとなります。

コメント

トマト紹介

2008-02-21 19:07:35 | Weblog
冬に美味しいフルーツトマト。



四国からお取り寄せなので 送料が掛かってしまうけど甘くて 酸っぱくて濃いトマトです。水に沈むのが美味しいと言われるけど 2個水に入れると 1個浮いて1個は沈む。ってことは 未だ最高の出来?ではないのかも・・・
コメント

つばき 2輪

2008-02-20 15:50:08 | Weblog
家の中にいると 予報で聞いた『3月の陽気』が感じられず ヒーターがなかなか消せずにおりました。
マサムネが散歩に行こう!と前を行ったり来たりして催促します。廊下を飛び跳ねるように喜んで 玄関へ走っていって待ってます。

そうだね~2時だもんね~
仕方なく出かけたのに 外の暖かさ!予報通り

フットサル テニスに興じる人たちの歓声が真っ青な空に 似合います。コートを手に持って歩く人もいて 本当に春のよう。







はて これは何でしょう。散歩を終えて 取り替えた水を思いっきり飲んだマサムネの鼻。いつも冷たく 濡れています。よほど気持ちいいのでしょう。ぐっすり昼寝をしているマサムネなのです~



コメント

この町の変わり様

2008-02-19 15:39:59 | Weblog
 

先日出来上がった津田沼駅へのまっすぐな道 マサムネと散歩がてら歩いて見ました。いつも見ていた風景ですが 畑の真ん中に出来た道です 始めて足を踏み入れました。ショベルカーがうなりを上げてライフラインのパイプ?を埋める工事をしていました。



遠くに見えるブルーシートは発掘調査をしているのですが フェンスが張り巡らされて まったく近寄ることができず 残念。


でも大昔の人たちがこの地で生活していたのなら きっと住みいい所だって証拠!何が地中から出てくるのやら 展示公開してくれたら嬉しいなあ・・・

こんな雑草(ホトケノザ)の生えるスペースが まったくなくなってしまうのでしょうか?
コメント

梅 咲く

2008-02-18 18:13:31 | Weblog


『梅一輪 一輪ほどの暖かさ』
狭い庭に咲いた白梅の写真を撮ってきました。
今朝の気温ー1℃ 決して暖かくなったとはいえない 最近の陽気ですが 時を知ってか清楚な花を見せてくれています。

東の空にはもう月が見えています。
コメント