KISHOの東京・沖縄・奄美日記

沖縄にいながら奄美と東京を巡るヒゲ親父の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

よいお年を

2012-12-31 15:58:55 | Weblog
大晦日、イナムドゥチを作った。これで正月を迎える、しかし冷えるね。皆さん、よいお年をお迎え下さい。
コメント

今年の一曲

2012-12-29 20:28:38 | Weblog
今年を象徴する一曲、東日本復興支援プロジェクト、花は咲く。この曲に尽きるなぁ・・・。歌は時代を現す。
コメント

年越し肉そば

2012-12-28 17:13:59 | Weblog
年越しそばならぬ年越し肉そばを波布食堂でいただいた、今日は仕事納め。何時もながら、与那覇岳か嘉津宇岳かと思わせる標高を誇る肉そばだ。
コメント

賀状書き

2012-12-27 18:12:03 | Weblog
年賀状を一気に書き上げるのはしんどい。本日、時間を作って何十枚と書き上げた。年内には投函しませう。まーきーにはオリジナルカレンダーを頼まれていたっけ・・。
コメント

方言ニュース卒業

2012-12-26 18:25:29 | Weblog
30年余に亘り方言ニュースのキャスターを努めていただいた小那覇全人さん、本日が最終回。ほぼ皆勤賞です、見事です。大変お疲れさまでした。多くのリスナーからメッセージが寄せられたが、たまにはラジオに出演して下さい。沖縄の文化、方言を広めていただいた功績に拍手!
コメント

チャリティ終える

2012-12-25 13:37:35 | Weblog

24時間生放送、ラジオ・チャリティ・ミュージックソンが正午に終える。本日晴天、気温が上がる。12月25日、奄美群島は復帰記念日、メリークリスマス。来年は群島の復帰60周年、節目の年。在沖奄美郷友会連合会も結成60周年と聞く。さて、パレットくもじ前は特設テントや椅子・テーブル撤去の業者待ち。現場立ち会いのため局関係者で唯1人残ったひげ親父、そうこうするうちに野外ステージは次なるイベント、ゴスペルライブが始まった。南国のクリスマスは暖かい、いや暑い。
コメント

点灯式

2012-12-24 17:31:47 | Weblog
年末恒例、目の不自由な方へ音の出る信号機を贈ろう~ラジオ・チャリティ・ミュージックソン、先ほど真地公民館交差点の点灯式と渡り初めを終えた。陽気は暖かい、世界遺産識名園前の十字路の信号機に音量センサー式8個のシグナルが付いた。夜は7時以降に段階式に音量が低くなるのだ。式次第に続き、渡り初めには近隣から子供たちも含めて10名余の皆さんに参加いただいた。バスは4系統が走る普段でも交通量の多い交差点、音の出る信号機が稼働して少しでも歩行の一助になればだ。写真は同時に運用する宜野湾市佐真下バス停交差点。沖縄国際大学に近く、こちらも車の往来や交通量が多い。さ、チャリティは道半ばだ、先は長い。
コメント

沖縄勢・・指定席?

2012-12-23 17:56:12 | Weblog
南国沖縄にも寒波到来・・寒くなってきた。本日は都大路を駆け抜ける全国高校駅伝、沖縄勢は男女とも北山高校が出場。男子の距離は42.195キロとフルマラソン、タイムは2時間17分10秒と立派な数字だが全国は強豪ひしめいている。この成績で47チーム中の47位・・う~ん。女子は21キロ弱だが、こちらは1時間19分56秒で46位とした。ご苦労さまでした。先ほどはパレットくもじ前に足を運んだ。明日から始まる24時間のラジオ・チャリティ・ミュージックソンの仕込みがほぼ終了。今回は28年目の取組みとなる、パレット前が放送本部、各地の拠点・愛の泉はJAおきなわ羽地SS、泊いゆまち、NEXCO西日本伊芸SA、そしてJA沖縄宮古SS。目の不自由な方へ音の出る信号機を贈ろう、全国では今年から香川県の西日本放送が加わり11のラジオ局が連携する。
コメント

加齢、腱鞘炎

2012-12-22 20:15:07 | Weblog
右肘が不具合のようだ。力が入りにくい、違和感があり正常ではない。2ヶ月ほど前からの症状で、腱鞘炎ではないかと思う。左肘も以前に似た症状で病院で診察した結果、腱鞘炎と診断されていたので、部位が移動したってことだ。ビールジョッキより重い物は持てません、という訳で本日開催年1回のオリオンビール懇親ボウリング大会は欠席にした、行きたかった?
コメント

美の親善大使

2012-12-21 18:16:30 | Weblog
昨日の報告、ミス沖縄の引継ぎ式が那覇市内のホテルであった。12月までの任期のミスから来年度のミスへと沖縄観光の担い手が引継がれたわけだ。ミス沖縄が沖縄観光に果たす役割が大きいのは県内外や外国を訪ねた回数が年間で1人で100回以上ということからも推察出来る。ある意味で多忙だが、任期明けに就職活動に携わるので苦労も偲ばれるのだ。
コメント