HAYASHI-NO-KO

甲斐駒ヶ岳からの中央アルプス

ヒナキキョウソウ (雛桔梗草)

2018-05-25 | 春 紫色系
草むらに点々と咲いている。余り草丈を伸ばしすぎると倒れ込んでしまうほどに茎はか細い。花は茎頂に咲くから、風に揺れ揺れる。ヒナキキョウソウ (雛桔梗草)  キキョウ科キキョウソウ属 Triodanis biflora Greene 別名にヒメダンダンギキョウ(姫段々桔梗)(2018.05.22 船上)☆キキョウソウの「窓」ヒナキキョウソウと比べて、果実はずんぐりと大きい。果実一つあたりの種子の数も多 . . . 本文を読む
コメント

ミチヤナギ(道柳)

2018-05-25 | 緑色系
去年秋に、高校時代の通学路近くの畦で撮った。今年は早々と、野菜畑で撮っている。蕾の赤が意外なほどに鮮やかに見える。ミチヤナギ(道柳) タデ科ミチヤナギ属 Polygonum aviculare(2018.05.20 松江)--------------------------------------------------------------去年のミチヤナギ . . . 本文を読む
コメント

ナワシロイチゴ(苗代苺)

2018-05-25 | 春 赤・桃色系
咲く場所は幾らもあるのに、去年は花も果実もすっかり忘れていた。今年もそろそろ咲くはずだ…と、ハマヒルガオを撮りに出掛けた途中で思い出した。ナワシロイチゴ(苗代苺)バラ科キイチゴ属 Rubus parvifolius(2018.05.20 林崎町)☆去年-------------------------------------------------------------二年前の果実 . . . 本文を読む
コメント

キキョウソウ (桔梗草)

2018-05-25 | 春 紫色系
そっくりな花を咲かせるので遠目で区別する時には花が一つずつ咲くのがヒナキキョウソウ…そう聞いているのだけれど、そうでもなさそうだ。近寄って見れば果実の「窓」で区別は出来そうだ。▲ ヒナキキョウソウとは違って、開花したものの上部にも蕾。▼▲ 花が終わった直後。▼▲ ヒナキキョウソウも同じで「閉鎖花」をつける。萼片が3枚程度と少ないので開放花と区別出来る。▼キキョウソウ (桔梗草)&nb . . . 本文を読む
コメント

ウスベニカノコソウ(薄紅鹿子草)

2018-05-25 | 春 赤・桃色系
2018.05.15 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

センダン(栴檀)

2018-05-25 | 春 紫色系
一斉に花開く…のだろうか。勿体ない気がする。大樹だからこそ、そう思うのだけれど少し時間差を持ってくれると助かる。勝手に芽生えて直ぐに大きくなる樹だから勝手に占領された人たちにとっては迷惑だろうけれど。▲ 葉が茂りすぎると花が撮りづらい…、近くで撮ればなんとかなる。▼▲ おしべの花糸は合着して筒状になっている。紫ばかりが目につくけれど、青みがかった上部も捨てがたい。▼▲  . . . 本文を読む
コメント (2)

スズカケノキ(鈴懸の木)

2018-05-25 | 春 樹木 果実・葉
フウとは違って、さほどには大きくは育っていない。それでもしっかりと去年の果実は残っていたし今年の雌花も咲いていた。今はここまで葉も茂って、鈴懸の原形が下がり始めている。今年も幾つもの鈴懸が出来るのだろう。スズカケノキ(鈴懸の木)スズカケノキ科スズカケノキ属 Platanus orientalisアメリカスズカケノキ Platanus occidentalis モミジバスズカケノキ Platanus . . . 本文を読む
コメント

フウ(楓、台湾楓、三角葉楓)

2018-05-25 | 春 樹木 果実・葉
一月余り前に、雄花序と雌花を撮った同じ場所。葉もすっかり茂っている。フウ(楓・タイワンフウ) フウ(←マンサク)科フウ属 Liquidambar formosanaフウは台湾楓或いは三角葉楓、アメリカフウは紅葉葉楓と呼び替えている。(2018.05.21  中八木)☆▲ 今年の春、雄花序と雌花▲ フウの冬芽・葉痕▲ モミジバフウ(紅葉葉楓 アメリカフウ)の冬芽・葉痕------ . . . 本文を読む
コメント

トゲミノキツネノボタン(刺実の狐の牡丹)

2018-05-25 | 春 黄色系
野菜畑が一時期、雑草畑になることがある。ここは常時、何かしらの野菜が出来ている。畑の雑草類はその肥料を糧に、温々と育つ。点々と畝の間を埋めていたトゲミノキツネノボタンの特徴的な果実の棘部分がこんな色に変わり始めている。たぶんこの姿を撮るのは初めてのことだ。☆トゲミノキツネノボタン(刺実の狐の牡丹)キンポウゲ科キンポウゲ属 Ranunculus muricatus(2018.04.14 松江)☆でき . . . 本文を読む
コメント

オリーブ(橄欖)

2018-05-25 | 春 赤・桃色系
オリーブやブルーベリーなどは自家不和合性(じかふわごうせい、英語 self-incompatibility)がある…とまでは解説されていないけれど二種以上の木を植えてやらないと果実が出来にくいと言われる。ただ記念樹などに多いものは果実を作る目的で植えることは無いのでわざわざ二本以上を並べては植えないのだろう。(2018.05.22 西新町)☆ オリーブ(橄欖) モクセイ科オリーブ属 . . . 本文を読む
コメント