N003の実事求是な日々

日々の出来事、旅の事、そしてメインは自分の事を載せていますι*`・ω・´*ノ
このヒマラヤ山脈は自分で撮って繋げました

今日も長文を書くきがおきず、近況

2008-10-27 21:30:54 | 日記
とりあえず1つだけ言える事は
「RPG」を作り始めたということ
もちろんRPGツクール的なツールを利用したゲームではなく
全てプログラムで自分で作成する、というもの
そしてもう1つ言えることが、あまりにも本気すぎて終わるめどが経っていない
毎日着実に進んでいるはずなのに、とにかく
RPGつったら職業でしょ!?ってことで職業を色々考えた挙句
33種類になって(まだ少し増えるかも)それぞれのスキルを考えているんだけど
全部で250種類ぐらいスキル考えないといけなくなって・・・
まあ別にそれはいいんだけど1日1~3種類ぐらいしか進まなくて
スキルが決まるだけであと10日遅くて30日かかる・・・
さらに後でバランスとか整えないといけないし、プログラム的なものは何も進んでなく
まあプログラム的な方はスキル考え終わってからでいいかなーとか・・・
今やっと8種類の職のスキル作り終わってあと25もおおおおぉお!?って気分だけど(考え始めて4日目ぐらい)
ネットとかで色々調べるから雑学的なものがすごいついていくというw
まあそれまで軽い感じではずっと考えていたのをって感じだから
案が全然無いわけでもないし、頭の中ではもう戦闘してるから
それを形にすればいいだけってのは楽なんだが
ちなみに戦闘システムは恐らく今までにない形だと思う!
攻略本作ったら200ページ超えるぐらいの内容にはしたい!!!!!!!(無謀w)

ってか十分長文になってしまったか
とりあえず寝る!
コメント

原付、紀伊半島一周旅行の旅・in和歌山(二日目、発見~)8月15日

2008-10-25 19:58:39 | 旅行
初めて予言が的中した!
と、これといって無いので早速スタート!

もう何往復しただろうか、恐らく二桁に至ろうとし
バイクの方に近づいて行った瞬間、右手に硬いものが
・・・・・・・・・・・・ああああぁぁっっ!!
このとき多分外でこれだけ大声でわめいたのは人生初だろうと言えるぐらい
俺の中ではありえない大きさの声がでた
そして、笑うしかなかった
俺の探していた「それ」は既に見つかっていたのである
正確に言えば灯台下暗しの究極系になるわけだが
名探偵コナンを全巻所持していながらなぜ気づかなかったのか
ジーパンの2重構造のポケットの小さい方に鍵が入っていた
これはまさに何巻か忘れたけどこれを利用して鍵をここに入れて
密室殺人をしていた時に使用されたポケット!
ジーパンのポケットって大体2重構造になっているのか?
どうかは知らないが存在していたポケットに気づかないとは(多分全体で30分以上は探していたのに)
JAFのお兄さんには悪いが俺がまぬけとしか言い様が無く
しばらく笑うしかなく;w;
まあ、これで同じ轍は二度と踏まないし人生経験としてアリであろう
その授業料が9700円だったのだが・・・(9400円だっけ?)
そしてお兄さんと別れを告げ、気を取り直して寝床探しに
とりあえずラーメン店を探しているときについでで探した広そうな公園に行くことに
15分ぐらい?迷いながらも到着したんだが、公園っていうかなんか・・・
完全に管理されていない竹林でどこから入ればいいのか分からないし
入ったら入っで10Mぐらい進んだらもう100%手入れされてない感じで
蛇とか余裕でいるだろうなって場所で
周りを1周するも特に良い場所が見つからず
と、向こうの方にも何か見えたから行ってみることに
そしたらなんかキャンプ場とかある公園があって、5平方キロメートルくらいありそうな公園が!
とりあえず中に入ってみると、やはり人工的な場所で電気がほとんど着いてない場所は不気味
奥のほうに行ってみると、丁度昨日、今日、明日が休みらしくて
誰も来ないらしいので、ここでいいかなってことになったんだが
キャンプ場を使用するときは連絡を入れてください、そうじゃない人は
罰がうんたらかんたら書いてあって、まあ当然なんだが
悩んだ挙句やめることに、そしてコンビニに行ったときにピンと閃いた
そこには大きな川がありこれだ!と、河川敷で寝れば確実にOKだろう!
1つだけある問題はもし寝ている間に大雨で増水してってなったら100%ニュースに出れるけど
天気予報で明日は晴天ってことでOK
そして降りれるところを探して降りる
ベストポジションをゲット!
雨が降ってもまずOKな橋(かなりでかい)の下で寝ることに
そして、遂に最終日 長かった、っていうかブログ書いてる時間のが断然長いんですけど!
な感じで次回~、恐らく最終回ではないw


今日の一言「最近お風呂が凄く気持ちいい!!」
まあそりゃ夏が終わって涼しくなってきたからでしょってな感じなんだけど
やっぱり忙しいあとの風呂はかなりリラックスできてヨイ
俺は昔から忙しいことに憧れていた訳なんだけど
まあまだ本当の忙しさは知らないから、本気で忙しいってどんなんだろうなー
と最近は夢(?)見ながら風呂に入る毎日
エヴァで風呂で思い出すことは嫌なことが多いと言っていたが
俺は特にそうでもない、逆にあんまり考えない気がするなぁ
水をじっと眺めるのが好きだからなのかもしれないけどw

コメント

近況

2008-10-24 22:24:36 | 日記
最近は・・・まじですることが多くて更新が
昨日とか夜8時に寝たし;
とにかく長文を書く元気が無いので・・・
明日は多分いける!
コメント

原付、紀伊半島一周旅行の旅・in和歌山(二日目、鍵~)8月15日

2008-10-15 21:19:15 | 旅行
今日でちょうど2ヶ月なのでなんとなく書く気になった!
思考の迷宮とは良く言うが(言うか?)たまにそれに陥るときがある
ひとつ言いたいのは悩みとは少し違うと言うことで・・・
本人は別に苦しくなく(俺の場合)いつまでたっても結論がでずに
何かすることが現れてそっちに意識が行くことによって自然消滅するわけだが
皆って普段どれぐらい考えているのかが少し気になったり
まあ昨日から同じような話ばかりなのでこれは今回でしまいに!

スタート!
日は完全に落ちて当たりは漆黒の闇・・・ではなく人工的に光を放つものが
いくつかあるわけだけど、んじゃいくかーってポケットに手を突っ込んで
いつものように鍵を
鍵を

無い!
まあ鍵って世界中でアンケート取っても無くしやすいものTOP10に絶対入るようなものだとは思うんだけど
旅行先でバイクの鍵をなくすのは家でなくすのとはレベルが違うわけで
とりあえずバイクを降りてから店の入り口の間には確実にあるということは判明している
何度も思考した結果これだけは100%断言できる
幸いなことにお店からの光でその辺り一帯はある程度明るくて
余裕で見つかるとは思った、しかし落としたら絶対に音で気づくはずなんだけど
4,5度バイクと店の入り口を念入りに行き来する
が、無く・・・このときにシートの下の荷物入れにあるのではないかと気づく
だが鍵が無いのであけれるはずも無くてこれはもはや最終奥技を使うしかなくなる
お母さんに電話をしてJAFの電話番号を聞く
そして電話する!
まず鍵をなくしたと伝え、バイクのメーカーと色(これの意味が良く分からないが)
と何CCかを聞かれ答える
そして次は自分の現在地を伝えるんだが夜だから看板も凄い見づらくて
周りにある病院とか店とか色々言うがいまいち決定打に欠けるらしい
そしたら友達が
「自動販売機に住所書いてあるよ」
と言う、なんだと!
そんな便利なものがあったのかと、そばにある自動販売機を見るとまじであって
かなり正確な場所を教えることができた
そうすると30分ぐらいで到着しますってなって一安心
そんで折り返し電話しますって事になったんだが
携帯の電源がお亡くなりになる・・・
これはかなりの非常事態で友達の携帯でかけなおし
事情を色々説明してとりあえず大丈夫に
そうしたらレッカー車みたいなのが来て5ぐらい年上っぽいお兄さんが出てくる
ものすごい親しげにしゃべりかけてくるので凄い気が楽だった
そして色々説明を聞いているとシートの部分をあけるのは意外と手間らしく
実は秘術があると言われ、これを聞いたときは「まさか」だったw
本当は言っちゃいけないらしいんだが(なのでここでは言わないw)その秘術を使ったが鍵の気配がなく
シートをあけてもらうことに
その間に俺は周りをもう一度探すことにした
そして・・・

次回「鍵の在り処と、寝床探し」

今日の一言「無から有への移行」
これの意味はまあ各々の判断で・・・w
特に気にする必要も無し!
コメント

原付、紀伊半島一周旅行の旅・in和歌山(二日目、ラーメン~)8月15日

2008-10-14 20:28:44 | 旅行
俺の性格の1つに考えすぎるというものがある
対象は他人の言動で一度疑問に思うとある程度結論が固まるまではとことん追求してしまうというものだが
他人の言葉、仕草、などで少しでも疑問を持った行動を見聞きすると
一人になった時頭の中でずーっと考える、大体1時間以内(早くて数秒)で結論はでるんだけど
まず最初に絶対的に悪い方に取る、そして何種類か悪い結論がでると
次は良い方に取る、そしてその二種類の複数の結論を照らし合わせてどれが一番現実的か
相手の性格(俺が知っている限りの)とかを合わせてみて最終候補を決めるんだが
基本無意味なんだよね、そもそも考え方自体が違うわけで俺の思考回路を基準で
考えて結論が出てもそれが向こうにとっても同じかといわれるとほぼ100%違う
そしていつも気づかされるのが
「俺が一人で考えすぎていただけだった」
皆はそれほど考えて行動していないという事なのだが(たぶん)(友達同士の話)
昔はこれに振り回されていたんだけど最近これを利用できるようになった
俺自身の行動はそんなに考えて行動していないのになぜこの現象が起きるのか
その根本的な謎は未解決である・・・恐らく永遠に
自分ですら100%理解できないのに他人を100%理解するのは無理ということか!

今回は前書きが長くなったがスタート!

後ろからか細い声で
「すいませ~ん」
と、複数の女性の声が
振り向くとデジカメを持っていて、なるほど
が、なんとなく目線が友達の方に向いていた
このとき俺は金縁のサングラスをかけていたので俺の方には少し声が
かけづらかったのかなと思った。(多分考えすぎ)
そんで友達が写真を撮り終わった瞬間ぐらいにまずその女性たちの方に
ラーメンが到着、耳の挟み具合によるとその人たちが1番目で
少し離れた場所のテーブルに居る人が2番でうちらが最後に注文をした
女性二人もラーメンを頼んでてなんかデジカメでラーメン撮ってたから(確か)
旅行なのかなと
そしてついにラーメンが到着!というほど待ってなかったけど
俺はラーメン、友達はラーメンとチャーシュー丼
友達はまずスープらしい、俺は・・・
特に決まってないけどまず1回少量の麺を食べる事が多いかな
そんでそのあとに友達がスープ飲んだのを見て気がついたようにスープに
・・・・・・・・・・・・・・
2ヶ月前に食ったラーメンの味なんて覚えているわけが!
とりあえずおいしかったですとしか;w;
そんでスープも全部飲んで勘定払って
さて寝床を探すべし!ってときにこの旅最大の事件が

どうしよう、続きは次で・・・前書きがちょっと長すぎるんで;w;
後書きもあるし!

今日の一言「人生は動かなきゃ損だ。動いてみてはじめてそう思える。が、動き続けてもどうかと思う。
寝るってことはそういうことだろ?人生の睡眠(休憩)も必要だと思う。」

俺自身精神的に大人になったと思うのはここ1年あたりだと思う
なんでそうなったかというのは明確な理由があるのだがまだ母親にしか言ってない
というか母親以外は多分理解してくれないだろうから他の人に話す事もおそらく無いだろう
1つ言えることは「完全に独り」になったことかな
俺はテレビはもう皆無と言っていいほど見ない、そのときは新聞も
ネットもあまり、自分以外の全ての情報を絶つ事ができた
社会との繋がりを100%完璧に断ち切って完全に自分(の世界)を外界の情報で
掻き乱されること無く邪念に振り回されずに作ることに専念できたと言うべきか
特に理由があって独りになったわけではないのだが、結果的に良い方向にいってくれたと今は思っている
ぶっちゃけていえばその時は社会的にはニートに等しい状態だったのだが
その期間が無ければ今の俺はありえなかったであろう
アメリカのどこかの原住民にイニシエイション(initiation)の儀式があるらしい
独りで自分の好きな場所を見つけてそこで数日間過ごすのだ
そしてそこで見た夢などを長老に伝えて語り合うらしいのだが
その場所は死ぬまで秘密にするらしい
この話は俺がそれをする前に聞いた話なんだけど、だからって真似しようと思ったわけじゃない
全て偶然の出来事だった、でも俺はこの経験は死ぬまで忘れないであろう
コメント

原付、紀伊半島一周旅行の旅・in和歌山(二日目、和歌山市での夜)8月15日

2008-10-12 18:16:11 | 旅行
やはり連続では無理だった!
まあ人生イロイロあるんですイロイロw
イロイロあったほうが面白いしね、ていうかブログの存在忘れてたんだが
とりあえずスタート

で、お城の周りの道をお城半周して裏側にある本屋さんに行って地図で
ラーメン屋さんの位置を確認したいらしいから行くことに
こいつがまたラーメンラーメン野郎でこのたびも半分ラーメンのために・・・
かどうかは知らんが、とにかくラーメンラーメン
俺は特別好きでも嫌いでもないけど特に希望も無いから着いていく
そんで、本屋に着いてバイクのサイドミラーで確認したら
髪の毛がYABBEEEEEEEEEEEEEEEEことになって
俺が
「海でサングラスとかして日焼けしてる人でたまに目の部分だけ焼けてない人いるよね」
っていったら
「そりゃあんただ」
って言われて、見たら
サングラスはずしたら目の部分だけ日焼けしてNEEEEEEEEEE
なことになってて
逆パンダに・・・考えた挙句グラさんは外さずにヤンキーのまま行くことに
だが髪の毛がしゃれになってないくらいおかしくなってたから
まずトイレに直行、人が居ようが居まいがかんけーねえ、髪を洗うべし!
これでやっと人間になれると気分も落ち着きタオルで頭を乾かしていると
同じぐらいの歳の男が横でずーーーーっと髪の毛を微調整してて
そんなんしてもなんもかわってねーだろとか思いつつもずーーーーーっと
3分ぐらい横でいじってていい加減邪魔くさくなってきて
もう十分乾き始めていたんだがそいつがうざいからそのままずっと拭く振りを
しててやっとどっかいったと思ったらまた戻ってきてさらに30秒ぐらいいじって
やっと・・・やっと消えてくれたんだがあいつは結局何がしたかったのか
いまだに理解不能;w;
ちなみにサングラスしているので俺の目はあまり見えなかったであろうが
結構見てた、いや直視はして無いが視界の端で見てた!
そんで本屋に突入して旅行コーナーの場所でラーメン屋さんを調べると近くに数件
そしてねぎがスープ見えないぐらい恐ろしく盛ってあるラーメンが売ってる店に決める
ねぎが好きらしい?
そんで店の前に着いて15分ぐらい適当に待つ
開店前でもちょいちょい人が来て開店と同時に俺ら含めて6人ぐらいが入る
そしてカウンターに座ってメニウを見る!
ネギが恐ろしく盛ってあるのはラーメンと書いてあるやつだけで
他の~ラーメンとか言うのは見掛けは普通だった
そんでまあやっぱりってことでラーメンを頼むことに友達はラーメンとナンチャラ丼(半分)を
そんで適当に待っていたら
次回背後には気をつけろ&先週書いたにもかかわらず書ききれなかったお金と経験と出会いの話

年上の人の話はうざくてもあるていどは聞いておいたほうが得、と俺は思う。その人が何年何十年かけて培ったことをたった数秒で、ものに出来るチャンスかもしれないからね。
お父さんの兄弟は多くて(この年代は普通に多そうだけど)お父さん含め男が4人で女が2人なんだけど
おばさんは結構会う、若い頃は正直おばさんおじさんなんてしゃべりかけてきても
困惑するだけだったんだけど、今はイロイロ聞けてなかなか良い関係になっている
とは思うのだが、正直兄弟喧嘩がたまに発生するせいで凄く居心地が悪く・・・
俺の部屋が居間の真横で音筒抜けの部屋だからだろうが(ていうか接客部屋w)
・・・あんまり深い話はよそう、言っちゃいけないことまで言いそうな気がする!
コメント

原付、紀伊半島一周旅行の旅・in和歌山(二日目、~和歌山市突入)8月15日

2008-10-09 21:15:59 | 旅行
今週はちょっと原稿書くペースが早くて連続していきます。
気分もそこそこ満ちておるしな
明日は多分更新無い!(って書いた方があるかもしれないから書く!)

んで、出発
ぶーーーーーーーーーーーんなわけだが・・・
途中から腕に違和感が出始める
そう、昨日今日と快晴なのだ
しかもバイク、に乗って60kmとかだしてるとかんかんでりでも涼しいのだ
気づかない
レッドゾーンに陥るまでは…
前回原付鳥取旅行のときの教訓をまるで生かしきれていない
いや、サングラスつけてる分利口になったが!
太陽は真上になくてやや南側に弧を描きながら東から西に行くわけだから
西→北西→北の順に向かって動いていると左半分よりやや右よりの中間ぐらいまで被害が及ぶ
もちろん昼までなら西→北向きはあんま正面に太陽がこないわけだが
昼は余裕で過ぎているわけで
しかも意外と信号にかからず(てか無い?)友達は前走っているから止まってって言えないし!
かなり山の中だったんだけど30分ぐらい左手を完全に日のあたらない場所に
移動させて片手運転をしてた
そんでやっととまって腕がやばいから見つけたら服屋さんに寄ってとやっと伝えれて
だがどうみてもしばらくデパートどころかコンビニすら怪しくて
まあコンビニなんて服売ってないんだが(俺が知る限り)
またしばらくぶーーーーーーーーーーーーん
やはり俺は海か山かと聞かれたら100%山だと言える
名前に海があるとかそんなん関係ない!
やっぱり表情とか違うし、季節いつでも行けるし(ある程度は)
具体的な差を書いてみたものの決定的な何かはよくわからないけど
やっぱ山がいい!(あれ、こんな話するの2回目だったっけな)
で、山道をぐねぐねしながら上がり下がりしながら
なんか見るから凄い三日月の海岸があって多少人が居たんだが
まあんなことはどうでもいいんだが、それを山の上のほうから見下ろしたときの
絶景っていうか快感(人を見下す快感とかそんなんじゃなくて)っていうか
すげーよかった、まあ腕はジンジンしてたんだが…(この当たりで目的地の半分ぐらい?)
その頃からはもう右腕もやばくなりはじめてさすがにアクセルは回してないとまずいから
スーパー前傾姿勢になってメーターの所に顔が乗るぐらい前に乗り出して運転;w;
そんで道路が都会っぽくなってきて(車線増えた?)しばらくすると
しまむらの文字が!
このときすぐには服屋さんと気づかなくて(そういうファッションとか芸能情報とか疎いから!)
友達に確認してようやく服屋に
別に女性用の服専門店じゃないと思ってたんだが、入ってみると女もんの服しかねえ!
だが、女性用服専門店ではないはずだからさがしてみる
長袖の上から羽織れる俺好みのデザインのやつを
無い・・・無い・・・無い・・・Tシャツならあるんだがそもそも羽織るやつが無く
やっとみつけたがチェックのやつばかりであんま気に入ったのがなくて
ここまできてまさか無い!?とおもってたら1着だけまさに俺に買えといわんばかりの位置にかけてあって
もうこれしかない!と飛びついて即購入
メタルキングのよろいゲット!これでこの旅でメタルキングヘルム(グラス)
と合わせてメタルキングシリーズが2つもそろった、本当のメタルキングヘルムは
フルフェイスなんだけど高そうだしなんか自分がかぶったのを想像して微妙だったからパス!
装備できないなら最強の防御力を誇っていても意味が無い!(メタルキング系は結構誰でも装備できるがそこは別!)
そして遂に和歌山市中心部突入!
失ったものは金、得られたものは経験、出会い
そして逆パンダ
あと変な男

今日の一言「自分に興味を持ってくれる人にしか興味を持たない性格だと人間関係が凄く楽!」
もちろん性別には関係なく、芸能人とか正直どうでもいい
会える他人に興味は持つが会えない他人など存在していないのに等しい
まあ、本当はいつも外食で食べてるものとか着ている服とかパソコンテレビ、
ゲームなど社会的に関わっている人は数え切れない人数なんだろうけどね
うーん、どうでもいいは言いすぎだったかな
特に気には留めないっていうぐらいで!
コメント

原付、紀伊半島一周旅行の旅・in和歌山(二日目、紀伊大島)8月15日

2008-10-08 22:20:30 | 旅行
2,3日友達の家に居たので更新はSTOPしてました!
やってたゲームもクリアした!
なんだろうなんか最後ら変は妙にやる気が失せていた、他に興味があることがあったからだろう・・・
ちなみに俺は他人がゲームをして苦戦しているところを見る(傍観でもOK)のが凄く好きだ
ゲーム以外で苦戦しているところを傍観するのは好きとかじゃない!ゲームオンリー!(後半やる気が失せていたのはこのせいなのだがw)
後4回・・・この意味を知るのは俺のみ
今もそしてこれからも
じゃあ書くなって事だが;w;
んなぁことはどうでもいい!続きスタート!

そんで螺旋階段上って頂上に!確か数人家族連れみたいな人が居てたんだけど
俺らが行くと同時ぐらいに下に降りてったから独占状態に!
そこから見た景色はもう、、、さっきから見てた景色を高いところから見た景色
だったんだがw
さっきから見てたから特になんとも思わなかったなw
そんでしばらくふけって降りようとしたら新しい人たちが上がってきてて
待つ 待つ
向うの方を見ると新しい観光客が10人程度ばらばら歩いてきているのが
見えたから早めに降りて
そこの展望台の敷地内からでようとしたとき双子っぽい黒いドレス?
みたいなのを来た女の子が二人お父さんの両脇にいて
すれ違うときに顔を見たんだが、ひとりは普通だったんだけど
もう一人がもうなんか映画とかドラマに出てきそうなほどの無表情で
機会でできているんじゃないかってぐらい・・・
まあそんなに深くは考えずこの話題はすぐに他の話題に一蹴された
そしてその話題は行きに見つけたアイスクリーム屋さん!
店の前でしばらく見ていると店員っぽいおじさんが必死においしいとか
名産だとかここしかないとか呼びかけてくるもんだから恥ずかしくなってきて
買うことに!
俺は350円のキンカン味(上にキンカンの半分カットが乗っている)を
友達はマンゴー味の400円のやつを買った
一口。これは、UMAI!
キンカンの程よい濃さとソフトクリームともアイスともシャーベットとも取れぬ
微妙なクリームの状態がなんともいえずやわらかい甘さと酸味が口の中に広がって
後味も引きずらずさっぱりで・・
食べているときは今までで一番おいしいと思った(っていうか俺はそもそも味比べしないから、おいしい=1番なようなものだがw)
友達のマンゴーは普通ので、どこにでもあるようなやつで
俺の方のアイスを1口あげるとこれはうまいと言っていた
安くて美味いとはこのことだ!
そんでバイクのとこに戻って食べ終わり地図を開いてある程度確認したら次は
和歌山市まで直行(直線で約100kmぐらい)することに。
次回、太陽に翼を焼かれた主人公と糸の翼を手に入れた主人公
の巻き!

今日の一言「俺が思うに最低でも5回(日)は会わないとその人のことは分からないと思うんだよね!」
学校で言うと前とか後ろとかのヒトとしゃべり初めるのってそんぐらいからじゃん!?
もともとしゃべる気が無いのは別だが
ていうかそろそろ2ヶ月が経過しようとしている
大丈夫か!?(何が?)
コメント

原付、紀伊半島一周旅行の旅・in和歌山(二日目、紀伊大島)8月15日

2008-10-01 23:52:13 | 旅行
昨日更新しないと断言したにもかかわらず次の日に更新という、、、
ぶっちゃけ自分でも自分の行動パターンが読めないので仕方が無い・・・;
というか多分断言したから逆に頭に残って思い出したとかそんな感じだ
ゲームもまだクリアしてないし!

紀伊大島へは結構ながい橋を渡らなくてはいけなくて最初の8割は一直線なんだが
最後の部分はこうぐるって回りながら上に行くなんか特殊(あんまり大きな橋渡ったことがないから分からないけど)なかんじの橋を通過して紀伊大島に!
しばらくは両脇森モリでちらっと右を見たら小学校っぽいのが!
こんなとこに学校があるんか!?
というかそもそも人が住んでるとは思ってなかったからかなりの衝撃があった
緑と観光地しかないと思ってたのに
そしてまたしばらく進むと看板らしきものがあってトルコ軍艦遭難記念碑とかいうのがあるらしかったからいってみることに
駐車場があってそこから向うは乗り物禁止らしいからバイクをとめて歩き!
にしても暑くて、歩くとましなんだが止まってるとかなりやばい
バイクの座席も10分でも置いてたらもう手でさわれんぐらいになってる
しばらくあるくとアイス屋さんがあった、が通り過ぎた
そんでまたしばらく歩くと橋があってしばらく海を眺める
とことん綺麗だ
そんでまた行くとトルコ人(と思われる)人が夫婦(と思われる)でトルコ土産(と思われる)を売っていて
なんかじゅうたんとかあったんだけどおもっきり橋の手すりとかにかけて日干し?
かなんかしてた
そして聞きなれない言葉でなにかを・・・
そのあたりでこんどは右側に白い丸い球(バスケットボールより少し大きめで石でできている)がいっぱいおいてある柵に囲まれた
でかい碑があった
碑までは10Mもなかったんだけどだれも入ってなくなんとなく碑の下に行きづらくてちょっと興味あったが遠くから見るだけで通過
こんどは左側に凄いデザインのトイレ(ぱっと見全部石でできている小さめの家)があってそれの奥には展望台らしきやつが
近づくとかなりホラーっぽいカギのかかったぼろっぼろの小屋と
ホラー映画にでてきそうなグロテスクな植物(パイナップルの木みたいなののきもちわるいやつ)
があり少し不気味な感じだった(夜は絶対きたくねえw)
かなりの晴天だったから良いにしてもこれは・・・という雰囲気で
でもやっぱり暗さとか違うだけで怖さが全然違うね!
そんで5Mぐらいの展望台の上に行くことに
白い螺旋階段があり全然整備されていない感じだった
くもの巣とかはりまくりで
しかも狭くてどちらかから人が来たら待っていないといけなくて
もう少し広く作れよ、とか思いながら上ることに
頂上は・・・次回!

今日の一言「今世界は暗雲たる未来を抱えているがさて俺はどうしたものかな・・・」
自分には関係ないとか言ってるやつは正直・・・
考えても行動しなきゃ意味無いとか言うけど考えもしないやつよりはましと思う
考えもせずに行動をしても意味ないし、やっぱまず考えることからでしょ
コメント

原付、紀伊半島一周旅行の旅・in和歌山(二日目)8月15日

2008-10-01 00:38:14 | 旅行
とりあえず忘れないうちに早く終わらせようと思う・・・もう1ヶ月半が経っているし。

そんでしばらくそのまま42号線を南にひた走っていると友達が(前を走っていたる)急に止まってなんか「人がいっぱい居た場所あったけど戻ってみる?」って言ってきたから何か気になったので戻ってみることに。
そんで戻ってみると、岩礁地帯っていうんだっけ、砂じゃなくて地面が全部岩でできている海岸(岩礁の意味を調べてみたけど微妙だった)。とりあえずそれがあった。
そしてその少し向うには縦長い岩が6~7個あってそのすぐそばまでは歩いていけるんだけどその岩があるところよりすぐ向うは3M以上の深さの海辺で向うに行けばいくほどどんどん深さが増していた。
その岩には名前がついていたんだがなんだっけな、そうだ!
橋杭岩だ(まあ地図で調べたんだがw)
確かに杭みたいなかんじで綺麗に横一列になっていて上に橋が架けれそうだった。
だからこんな名前なのかなと一人納得していた。
そしてその岩の近くに、なにかゾワゾワした群れが少し見えて
友達は即座に反応した。
あれは・・・あれはフナムシ!!
俺は特に苦手ではないと思っていたもののまじまじみると確かに・・・
キビシイ、これを凝視することはさすがに耐え切れなかった。
友達はこれが大嫌いらしく、つってもギャーギャー騒ぐほどではないんだが
遠くにいるぶんには・・・
よく見ると大きさの違うやつらがちらほらいて色も違う
小さいのは大体黒かった、そしてその3倍はあるかというやつらは赤かった
女王ありのフナムシーバージョンみたいなものなんだろうか
おっと・・・こいつらの話はこれぐらいにしようなんか思い出してきたからw
そんでそこで水綺麗だなーっていいつつ出発することに。
もちろん(?)17アイスがあったのでそこで・・・ワッフルだったのは覚えているが味は覚えていない、やつを食べた!
あ!そうそうそこでさっきから一緒に居たバイクの人が声をかけてきて
どこからきたのとかどこにいくのとか些細な話をした。
なんか旅先で同じく旅行しているヒトとしゃべるのは凄い気持ちがいい。
これが同士っていうものか!
そしてほどほどにしゃべって出発、次は本州最南端クレ崎とそのすぐ横にある紀伊大島!

今日の一言「今回は次回更新日はまた少し先になると断言できます!」
凄い面白いゲームが手に入ったので・・・ですw
最初にあんなこと書いたのに、なんてこと。いい意味で裏切る結果になれば良いな!
コメント