相撲史に関心・興味のある方どうぞ

相撲史に関心・興味のある方どうぞ

監察委員の眼が光って引分けも

2017-01-30 13:14:38 | 日記
※昨日までのトータル訪問者数
   368,517IP

 昭和四十九年秋場所における
8勝7敗の幕内力士→九州の地位
検証。

大関 貴ノ花→論外
 〃 大麒麟→ 〃
関脇 大 受→据置き
前五 栃 東→前二
 〃 若ノ海→前三 
同八 富士櫻→前六
 〃 天 龍→前七
同十一 琉 王→前十
同十三 玉ノ富士→前十一

 当場所、惜しくも負越しの7勝…は
関脇魁傑、小結旭國のほか平幕に5人
も記録。
 十一日目、二子岳─三重ノ海が水入り
取直しの末ついに引分けた。但し、『大相
撲』誌「観戦記」に拠れば、内容的には
評価されなかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンチ彦山派が「権道」を改... | トップ | 加筆・訂正して「春日山」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事