out of curiosity #2

二つ目のブログに突入~!
ホッケー&山歩きで日光周辺に出没ちぅ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新ブログ開設

2018-06-30 21:48:35 | 日記


2014年7月に開設したこのブログですが、4年で写真容量がいっぱいになってしまいました。

また新たに下記ブログを開設いたしましたので、

見ていただける方、お手数ですがブックマークの登録をよろしくお願いいたします。

out of curiosity #3

https://blog.goo.ne.jp/k-layla-4


今までのご愛顧、応援、ありがとうございました。

あまり変化なく続いてゆきますが、

写真撮影、登山など、少しずつでも進歩してゆきたいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

Layla
コメント

八ヶ岳 ~桜平から~ #4

2018-06-27 21:17:32 | 山登り in 長野県エリア

2018年6月18日(月)
硫黄岳より下山途中で見たオサバグサ


6月17日(日)は快晴の下、桜平~硫黄岳~横岳の稜線を楽しみ、たくさんのお花を見ることができました。
硫黄岳山荘で一泊し、翌 18日は予報通りの曇り空。 雨が降り始める時間も前日の予報より早まっているようです。

昨夜から具合が悪くなった私は朝起きてもあまり回復せず、日の出はもちろん、朝食も食べに行かず布団でゴロゴロしていました。


けれど、下山しないことには身体も回復しません。
さすがに6時ごろまで寝ていると一応動けるようになり、エナジーゼリーを飲んで出発しました。
せっかくここまで来たのに天狗岳を回る予定はキャンセルし、来た道をそのまま下山です。
トレッキングさん、ごめんね~。


なんとか硫黄岳山頂まで来ました。 カラ元気の記念撮影。w
あとは下るだけです。 ホッ。


眼下に見える崩落地のような赤岩の頭までは慎重に下ります。


途中振り返り、硫黄岳山荘に別れを告げて。


小さなヨツバシオガマが咲き始めていました。


咲く前はこんな感じ~。 ツクモさんに劣らずモフモフ。


雲が掛かる眺めも良いものです。


たくさんのミツバオウレン。
オーレン小屋の名前の由来となったのはウスギオウレンだそうですが、いたのかな?


赤岩の頭到着。 大同心、小同心がかろうじて見えています。


この砂地のような所、なんだか好きです。
遠くから見ると小さな崩落地のようにしか見えないのですが、近くで見れば結構大きい。
ここからは森の中をズンズン下ります。


途中、ピンクの色が濃いコミヤマカタバミ。


ちょっと開いている。 すべて花びらが開いたものは見つけられませんでした。


色々なコケ?を見たりして。


下ってくるとずいぶんと体調も良くなってきました。


オーレン小屋到着。 この日はカラフルなテントもありません。


入らないでね。w
体調も良くなりお腹が空いてきて、オーレン小屋でうどんが食べたいな~、と思いましたが、
カレーうどんしかなさそうだったので止めました。 さすがにカレーは。w


八ヶ岳周辺らしい、


美しいコケの森などを眺めながら、


ゆっくり歩いて下ります。











途中少しだけ雲が掛かったようになりましたが、結局雨には降られずにすみました。


早く下山したので、白駒池の方に行ってみようか、という話をしていましたが、
どうにも本調子には戻り切らない感じでしたので、


そちらもやめにして、トレッキングさんとは桜平駐車場で解散。
一応林道は並んで走り抜け、途中それぞれの方向に分かれました。


その後私は八ヶ岳山麓の「もみの湯」でお風呂に浸かりました。
早い時間からお風呂に入り、地元の皆さんがゴロゴロしていた大広間で私も横になったら、やっぱり一時間くらい寝てしまいました。
標高の高い山でもなんとか身体がもつようになるといいのだけどなぁ。。。

そんなこんなでしたが、下山時にも見つけたこのお花。(トレッキングさんがw) 思う存分撮りました。
体調は、結局いい時も悪い時もあるのかな、という感じです。 あまり皆さんの迷惑にならない範囲でご一緒できれば、と思います。
トレッキングさん、今回もありがとうございました! 















コメント (2)

しゅーりょー!

2018-06-25 18:18:13 | 日記


あー、ヘロヘロ。
12時間以上、かかってしまいました。

そういえば、キスゲはもう上の方まで咲いてましたよー。

コメント (6)

来たーーーっ!

2018-06-25 12:35:24 | 日記


とうとう来た。(ToT)

コメント (4)

八ヶ岳 ~桜平から~ #3

2018-06-23 19:05:55 | 山登り in 長野県エリア

2018年6月17日(日)
横岳 奥ノ院先より赤岳に続く稜線、富士山を望む


雲が多くなってきたので見られないかと思っていた富士山。
やっぱり見えるとうれしいなぁ。


横岳に続く気持ちの良い稜線を歩いているのですが、私は段々と疲労がたまってきたのか具合が悪くなってきたのか。。。


それでも美しい、可愛らしいお花に励まされ先に進みます。


横岳奥ノ院周辺にはまだツクモグサが見やすい所に残っているのではないかと。


もうこれだけ可愛いお花を見たら十分な気持ちでもありましたが。


この先。


photo by トレッキングさん
「階段を越えた向こうに少し見られますよ」と硫黄岳のお姉さんから聞いていた。


photo by トレッキングさん
そして横岳奥ノ院到着! 2,829m (14:46)
ツクモグサは確かにあったのですが、とても遠くで写真に撮れる感じではありませんでした。


なのでもう少し先に進んでみます。
が、その先の岩場で向こう側から来た人たちに「杣添尾根との合流、三叉峰あたりなら見られるけど既に新鮮ではない」、
と聞き、私の体力もあまり持ちそうではなかったので、この辺で引き返すことにしました。


見たかったお花は十二分に見ることができました。


空も一日青空で、本当に良かった。


このチョウノスケソウは花びらが多い。





お花がいっぱいの原の向こうは大同心。(← 訂正 小同心のようです)


クモマナズナ


横岳にはこのような場所も。


そしてハシゴ近くから遠くに見えたツクモグサ。
まだきれいなのですが、向こうを向いているのですよね。
望遠レンズは持っていなかったので、トリミングで。


その後硫黄岳山荘に戻りました。 写真は翌朝のものですが、山荘内をご紹介。
入口受付付近。 朝はここのストーブを炊き、夜、朝は談話室、食堂は暖房が入っていました。
寝室は食堂の上なので、暖かかったです。


こんなおしゃれな感じ。


寝室です。 平日のせいもあり寝室に余裕はありました。 反対側に個室もあります。
女性用、男性用の更衣室もあります。
硫黄岳のお姉さんは「宿泊者はお布団の数を超えないようにしています」とおっしゃっていました。
トイレもきれいですし、シャワーもあります。 サービスもとても良かったです。


食事も野菜が多く、とても美味しかったです。
もっとも、私は夕食のころには段々と具合が悪くなりあまり食べられなかった。。。 がっかり。

そしてこの後、今までの中でも最悪というほど具合が悪くなってしまいました。
高山病の薬は飲んだのですが、やっぱりシーズン初めは身体が慣れていなかったりするのかな。


ただ、この日は期待していた花はもちろん、今まで見たかったお初の花に会うこともでき。


夜はぐったり寝てしまいましたが、本当に登って来て良かった、うれしいなぁ~、という気持ちでおりました。



コメント (4)