Ryojinブログ

剣道のこと、オオカミ復活運動のこと、そして紀州犬のことやいつも行き来している大好きな京都のネタなども綴っていきます。

八段審査を終えて。

2017-11-30 11:08:20 | 剣道のこと

  今年最後の僕的ビッグイベント、東京での八段審査会も終わりました。

残念ながら今回は一次も突破ならず残念でした。

  相手とまったく合わなかった、と云うのが正直あります。

相手のことどうこう言ってもしょうがなく、こんなことはほんとよくあることで、要するに「一人相撲」をとってしまったような感じですね。

初太刀の面、完璧に打ち切り、心に余裕が生まれこれはもう必須の合格パターンなのですがね・・ところが相手の動きが予想と大きく違いました。そこからが狂ってしまいましたね。

参りました、ホント・・。

  で、前日はいつもの新宿のホテルに宿泊、ここは30年来の定宿で、フロントも随分様変わりしましたがまだ見知っている人もいるし、レストランのマスター、多分オーナーだと思います・・彼が昔の知人の名前を出して話し掛けてくれたりして、懐かしい心持ちになりましたね。

  翌日の審査は比較的近い日本武道館だし、また今回から審査も午後の部になったので時間的にも少々余裕があり、いつものように懐かしの新宿3丁目を散策して二件ハシゴしました、と云っても飲み過ぎたりはしませんがね。

そんな余裕はありませんから、気分的に・・。

この近辺はいつも喧騒渦巻くような不夜城振りで大層な賑やかさですが、どうしたものか何故か一抹の寂しさを感じてしまうようになりました。

一人でいるせいかもしれませんが、昔は出張の度にいつもこの辺をうろついて何軒か行きつけの飲み屋やお寿司やさんなどもあって、それが今も変わらぬ姿でそこにあったりするのですが、何となく敷居が高くなってしまい、ついスルーしてしまいました。

まぁ、翌日のプレッシャーのことが原因なのですが・・・。

  と云うことで、今回の審査、1日目受審者1028名で合格者5名という結果でした。

合格率0.5%ですって(^_^;)ったくしょうがない数字ですが、それでもやっぱり毎回めげずにやっているんですね剣道家って・・。

どこにその中に入ろうとするパワーの源があるのでしょうか、人に認められたいという願望なのでしょうか、何か計り知れないもの感じることあります。

そういう僕もその一人なんですが・・。

 と云うことで東京審査会の顛末でした。

朝9時頃に会場入りし、僕の審査が終わったのが結局2時半頃でした。一応発表を待って結果を確認してから着替えたりなんだかんだやっているうちに二次審査が始まりました。

忸怩たる思いでそれをしばらく見学してから帰路につきました。

東京17:10発、名古屋で約1時間待ち19:47名古屋発、尾鷲には22:20頃・・家に着いたら22時半廻っていました。

あーあ、長かったなぁ・・・(-_-)

 

 

コメント

稀勢の里・・あー白鵬。

2017-11-23 19:55:09 | 随想・・・。

  大相撲、それでなくとも世間を騒がせ、多くの相撲ファンを落胆させ一体どうなるのかとやきもきさせている中、昨日の白鵬の土俵態度はどうしようもないものでした。

それより前に稀勢の里、およそ横綱の相撲とはほど遠い内容で負けが込み休場、あまりの不器用さに唖然としてしまいます。

出てきたら負けるのではないかという気持ちの方が先に立ってしまうのですから・・・。

そんな横綱今まであまり知りません。

無理があったのかなぁ・・日本人横綱にこだわった結果かなぁと思わざるを得ません。

稀勢の里は個人的には応援してしまいます。ただ最近彼がとる相撲にあまり関心が無くなってしまい、どこか諦めに似た感覚でした。

それに引き換え白鵬の強さはまったく別格で、ただ一人孤高の境地に達していて他の力士とはあまりにかけ離れた存在で、まさしく他を寄せ付けないという表現がぴったりなんですが、あの物言いの抗議はみっともなかったですね。

あれは嘉風の完全な「後の先」の勝ちなんです。間違いありません。

嘉風が最初から意識してやったかどうかは別としてです。その対応を見誤った白鵬は呆然としていましたが、そんな事もあるのですよ、勝負には・・・。

あれほどの横綱でも見誤るから番狂わせが起こるのです。

あれは油断以外の何物でも無いですね。

白鵬は「参ったなぁ」見たいな顔をして平然と引き揚げるべきでした。

格をひとつ落としてしまいましたね。

  といっても僕は白鵬は好きです。一代年寄は国籍のこと云々云う前に、あれだけの実績を積み重ねている力士には認めるべきです。

そんな事にこだわっているから、やれ閉鎖的だとか古い体質だとか云われ、挙げ句の果ては法人格を取り上げ文化庁の管理下に置きべきだみたいなことまで言われてしまうんです(若干同意ですが・・)

それと、今の日馬富士の暴力問題が貴乃花親方の問題にすり替えられようとしています。

なんですか、あの相撲記者、女性ですか・・・横なんとか、記者歴何十年か知りませんが、訳のわからない偏ったことばっかり言っていて不愉快ですね。

協会の回し者ですか?または協力者とでも思っているのでしょうか?

まったくもって不愉快です。

  それにとっくの昔に辞めた関係無い旭鷲山を引っ張り出してあれこれ話をさせるマスコミの安易さにも辟易します。

まさしくバッかみたいですね。

  とにかく今やと云うか昔から大相撲は国民的娯楽なんです。

最低限その辺りは相撲協会、人気に調子に乗ってないで内部から体制を見直せばと思います。

貴乃花親方・・ちょっとストイック過ぎるきらいはあるけどあのくらいの覚悟でなければ改革はできませんよ、まったく。

  昨今の相撲を取り巻く状況への大いなる愚痴でした。

悪しからず。

コメント

情けない・・。

2017-11-19 12:25:05 | 随想・・・。

  今日スマホ(自慢のアイフォン8)が突然フリースしちゃいまして、色々調べて対処するも全然固まってしまったままで何ともなりませんでした。

で、その事にあたふたとする自分が情けなかったのです。

  何かまわりに置いてきぼりをされたみたいで、今自分がどこで何をしているのかも伝えられないし、誰にも連絡とれないし・・とれないことはないのでしょうが固定電話はないし、多分公衆電話を探すのも苦労だし、家内は不審がって出ないだろうし・・などと色々と考えてしまい、要するのどうしようもなく、怖さとは違う孤立感というか不安感・・・そんなものを持ちましたね。

まぁ、すぐに慣れちゃうのでしょうが・・・。

しかし我々はもはやPCはもとよりスマホや携帯電話の無い世界には戻れそうもありませんね。

まさに危うい電源という生命線ありきの世界の上に存在している、そんなこと実感として持ちました。

  当たり前の現代のスマホ生活、こんなもの何時何処で簡単に崩壊してしまうかもわかりませんもの。

僕の知り合いで一人だけ携帯を持ってない男がいます。

  これが不便でしょうがない(^_^;)

結論、docomoの僕が図々しくも近くのauショップに駆け込み店員の女の子に直してもらいました。

ネットで調べて何度も試したのですが・・・。

同じことやっていたように見えましたが、とにかく復旧できました。その子が女神に見えましたよ、ホント(^o^)

やれやれです。

そして何事も無かったかのようにいつもの時間に戻りました。

 

コメント (5)

ノミの限界。

2017-11-17 19:07:08 | 随想・・・。

  とても興味深いことを知りました。

セルフイメージ、というか自分自身の限界感のようなものについての問題提起です。

表題のノミ、あの小さなサイズであるにも関わらず通常1メートル近くもジャンプできるというとてつもない能力を持っているのですが、これを3日間ほど小さな瓶の中に入れておくと、そこから出した後はなんとその瓶の中での距離しか飛べなくなるそうです。

もう二度とその能力が発揮できなくなるんですよね。できるはずの大ジャンプができなくなる・・・。 

  それはどういうことかというと、まぁ先の通りセルフイメージがここまでしかできないという自分の限界を作ってしまい、今いるその環境の中でしか生きられないというか、そこから出られなくなってしまう・・そういうことです。

自分で自分の限界を知らず知らずの間に作ってしまっている。

そういうことですね、このノミの話とても考えさせられました。

年齢関係無くもう一度自分の作っているイメージや環境のことちょっと見直してみようと思いましたよ。

何かの参考になれば幸いですね。

コメント

タトゥ-、入れ墨のこと。

2017-11-11 17:10:15 | 随想・・・。

 僕はタトゥーを入れている人のその趣味はまったく理解ができません。

正直嫌いなんですね。

その道の人が入れるのとはまったく訳が違い、今やファッションの意味合いでごく普通の若者などがタトゥーを入れているんですよね。

何を勘違いしているのか、僕的には今までそれが綺麗だと思ったこと一度もありませんがね。

※高倉健の演じるヤクザの入れ墨はカッコ良かった・・が、あれは真似をするものじゃない、と云うことぐらいは判っていた(^_^;)

  特に外国人にその好みが多いようで、夏場など見かける外国人はほとんど何処かに入れていますね。

みっともないという感覚しか僕には湧いてきません。

肌の色は黒くても白くても多少たるんでいようがそのままの自然なのが一番良いと思うのは僕だけでしょうかね。

  綺麗な若い女性がその肌をタトゥーで飾って・・?いるのをみると僕はあー勿体ないなぁとしか思えないし、色気も感じません。

先日もあるところで若くて綺麗な娘さん二人が道端の花の写真を撮っているのを見かけました。半袖のシャツから覗くその肌はまるで大理石のような綺麗な若々しい肌でした。

その時ふとみるとその二の腕に真っ赤なバラか何かの入れ墨が覗きました。僕はそのギャップに一瞬目を疑い、その瞬間思わずげんなりとしてしまいましたね。

  なんて自分の綺麗さが判っていないのか、ただただあきれてしまいました。もったいないことするよなぁ・・と。

  格闘技の選手なども多いですね。素晴らしく鍛えたその身体はそれだけで充分美しく魅力的なのに、ほとんどの選手が入れていますね。

特に女性なんか、ホント汚いとしか見えないのですがねえぇ。怒られるかも知れませんが・・。

  とにかくペイントかシールで一時的にしゃれて(あの大体同じようなデザインや色合いなどまったくおしゃれなどとは思えませんがね)で止めとけばいいのになぁとつくづく思うし、実際そういう人もいるのでしょうが、あの悪趣味としか思えないようなタトゥー、この世で見たくないもののひとつなんですよね、僕的には・・・。

  おいおいそこの若いのぉ、あんな趣味に流されるなよ!

と僕は言いたいのですよ。

と云うことで、タトゥー嫌い人間の戯言でした。

悪しからず(>_<)

 

 

 

コメント