Ryojinブログ

剣道のこと、オオカミ復活運動のこと、そして紀州犬のことやいつも行き来している大好きな京都のネタなども綴っていきます。

貴乃花の引退に思う2。

2018-09-30 11:05:05 | 随想・・・。

 貴乃花の引退が決定的になった瞬間驚いたことに各一門が揃って「自分たちは貴乃花を受け入れる用意があった」などとほざきだした。

「そうやったらはじめから言わんかい!」となり腹立ちましたね。

  それに輪をかけてスポーツ新聞などが貴乃花批判的な論調に変化し始め「ある親方・・」「ある相撲関係者・・」とかの口を借りて批判する、このスタイルはよく使われるようですが「ある・関係者・・」などホントにいるんかいなと僕などは甚だ疑問で、作り話というのはこうやってできてまたそれを鵜呑みにする輩もいて物事の筋道や原因が明確になる前に個人への中傷のような形で読者を増やす、とまぁそんな感じでしか受け取れません。

  阿武松親方の説得を圧力と受け取ったなどというまことしやかなばかげたニュアンスの記事などを見ると情けなくなってくるわけで。阿武松親方もたまったもんじゃない迷惑な話だと思いますけどね。

よっぽど相撲協会に対し取材上の遠慮でもあるんだろうなと思う訳です。情けない!

そしてこの騒動の渦中でこの事件の根源である日馬富士の断髪式だってよ、おまけにあの朝青龍も出席するんだって、まったくどうにかしてるわなぁ相撲協会。

今回のこの本末転倒的な結末にものを言える人なり貴乃花に同調する人なりがまったくいないと云うのが何度も云いますがこの組織(・・というか僕からしたらただの集団ですけど・・)のまったくダメなところで、やっぱり国技とか言っているんだからさっさと国の管理下に置く方が良さそうですね。

大相撲は根本的にその形、すなわち本場所性とかを変えなければならない時期にきていると思います。

  八百長がなくならないのは当たり前といえば当たり前で、元々格技とかスポーツ的な面より興行的な要素の方が強い世界であるのは明らかな訳で、一方であの著しく体力を消耗し身体を痛めつける相撲の激しさは並大抵のものではないというのも本当ですから。

まぁ、相撲と云うのは僕的には「虚の中に実(強靱な体力や技)がある」みたいなものとでも云えるですがね。

体重別制、場所制度の抜本的な見直し、トーナメントなどを取り入れていく方法等々、まぁ色々と改革はしなくてはならないでしょうね。

あんな過酷な制度では身体が持ちませんね、だから八百長がはびこる。

悪循環です。

八百長など何だかみんな何処かで判っていてそれを承知で楽しんでいるのが大相撲と考えればそれはそれでいいのでしょうが。どこかプロレス的な要素ありますからね。

いかにもガチンコみたいにしていますが、そうでないことって結構あると思います。

だから優勝回数大記録と云われても、連勝記録がどうのと云われてもどこか醒めてみてしまうのですよね。

  で、貴乃花、彼くらいでしょうガチンコであれだけの記録を残したのは・・・そこからなんですよ、かれの頑なさは・・・。

とまぁこの辺で止めますが、モンゴルが台頭し出してそれをきちっと押さえ指導できる親方集がいなくて、その辺りから大相撲が変になりだしましたね。

  Youtubeで横綱貴乃花と大関朝青龍の最後の相撲みてください。

勝敗が決した後の両者の態度まさに「雲泥の差」ですから。

取り留めがないので終わります。

コメント

貴乃花の引退に思う。

2018-09-28 10:06:11 | 随想・・・。

  色々と色んな人がテレビやネットで言っているけど、ここはあらためて僕的に思いを書いてみます。

事の発端は日馬富士の暴行事件、そしてそれをうすうす(はっきりかも・・)判っていながら本場所に出場させてしまったと云う協会の見識の無さ、またそれをうやむやにしようとした陰湿さとあまりにもガバナンスが機能しない稚拙さ等々協会そのものの古くて既得権益のみを優先するような体質、体制と云うものが露呈してしまったことが始まりでした。

  まぁ、それ以外にも相撲協会には過去の八百長問題などあったけど、それもなんだかうやむやにしてしまい、更に野球や何かの賭博関与問題で世間を騒がせ・・とにかく組織としての機能がどこか歪んでいる・・何といっても公益財団法人ですからね。

誰か言っていましたが、今回の一門の統一問題などもおかしな話でこんな大事なこと内々で決めてしまうという認識のなさというか無知さ、今まで知らなかった人の方が多いのじゃないですか?こんなこと協会の立場公益法人ですよ、きちんとその前にこうこうと外部に公開されなくてはならない問題ですよね。

それすらできていない。

  今回のこの貴乃花引退問題はこれこそパワハラの極致だと僕は思っています。

それもこれといったはっきりとした張本人がいなくて組織というか集団全体の何だか暗雲のような圧力・・そんなふうに感じるのは僕だけでしょうか。

恐ろしいことにそのこと、すなわち「こんな事って大変なパワハラなんだ」と云うことにですよ、それにすら気づいていない・・・何というかまったくアホ、バカの集まりだなぁこりゃ。

貴乃花のあまりにかたくななストイックさにも少々問題があるともいえるけど、その事きちんと捉えて調整できるような人物が協会にいないのですね。

我が身可愛さの「触らぬ神に・・・」みたいな匂いがぷんぷんするのですよ。僕には・・・。

要するに「人」がいなすぎるのでしょうよ。

  芝田山が貴乃花に代理人など使わず直接自分でやって来いなどと言ってるけど、だったら協会も理事長自らその責任者として、ある程度の妥協をして話し合いの席を設ける何なりとせんかい!とまぁ思ってしまう訳です。

  でもしかし、貴乃花は辞めてもこれからも相撲とは関わっていくでしょうし、どんな形にせよそれは僕的には結構楽しみな気もしていますがね。

ただ老婆心ながら彼が外部で育て上げた子が大相撲に入って貴乃花の弟子ということで差別されたりしないだろうなぁ、などという一抹の不安も残るのですよね、何せこんな集団ですから・・・。

しかし、期待していますね、これからの貴乃花の相撲との関わり方にです。

  その内協会も否応なく体質改善をしなくてはならない時期必ず来ますよ。

そのきっかけが今回の事件なると云うことも言えますから・・。

殴り書きで申し分けないですが、まとまりもなくこの前から僕なりにうだうだと考えていたこと、書いちゃいました。

  一部過激な表現ありますが悪しからず。何せ大した数の読者いませんからね(^^;)

炎上もないでしょうし、一回炎上してみたいわ・・・(^_^;)

 

 

 

コメント

頑張れ稀勢の里・・。

2018-09-21 12:36:42 | 随想・・・。

なんですけどね・・。

  毎日冷や冷やしながらも10勝はいけそうで、まぁいそれでいいかみたいな気分です。

それにしても負けるときの内容が良くないですよね、特に逸ノ城戦は酷かったなぁ。

対照的に白鵬の強さが際立っていて、なんだか優勝は決まり模様であまりおもしろくもなくて最近は見たり見なかったりですね。

白鵬は凄いですね。

一時色々言われましたが、それも何のその、どこ吹く風でエルボーも張り差しもやらなくてもあれだけの相撲取れますから大したもんです。

右手の凶器とまで云われたサポーターこの際外しちゃえばいいのにね。

  さて、稀勢の里・・ファンには申し訳ないですけど今場所はなんとか乗り切ったとしても僕的にはあまり長続きはしないだろうと思います。

日本人力士として期待を一身に背負ってほうほうの体で横綱にまで登りつめたものの安定感という点ではとても危うい力士であることはまちがいありません。

体格と馬力だけで相撲をとってるという感が否めません。

もはや引退は近いだろうとと考えます。

  白鵬も今場所全勝優勝でもしてぱっと引退しちゃえばと思ったりもするのですけど・・・協会の都合もあるでしょうしね。

若手もうーん、もうちょいみたいで、ピカッと光るもの魅せる力士もいることはいるのですが・・。

  それと昨日の勢と遠藤戦あれはどうみても物言いでしたね、審判員も貴乃花以外あまりぱっとしないような面々で少し貫禄に欠けるようにみえます。

  前にも言いましたが相撲も剣道ももはや「終わりの始め」みたいな気がしています。

剣道も今月韓国で開催された世界大会で見事優勝はしましたが、韓国などもう紙一重にまで力が拮抗してきましたからね、アメリカやヨーロッパもどんどん力を付けています。

現行のようなスタイルの大会のままなら剣道は純然たるスポーツとなりもう何処の国が勝ってもおかしくないようなそんな時代が来そうです。

「温故知新」そんな言葉が脳裏をよぎります。

  で、大相撲のこと少し気になっていたので書いてみましたが、こと剣道の話題があまりにもニュース性が乏しくて残念と云うこともあり、世界大会のことにも触れてみました。

まぁ、いずれにせよどこかで醒めた自分がいるのですがね・・・。

 

 

 

 

 

コメント

パワハラというファシズム。

2018-09-15 13:40:47 | 随想・・・。

  パワハラ、セクハラ、アカハラからマタハラまでなんでもかんでもハラスメントの対象で、マスコミはこぞってそれの摘発に躍起になっています。

まぁ、特にスポーツ界などは遠い昔からの因習のようなものが残っていて、それは偏に軍隊式組織の延長であるわけで学校も会社も、どこもかしこもその名残の上に組織が成り立っているとしか思えません。

遡れば戦前戦中から明治以前、更に江戸時代の封建制の名残と云っても過言ではないでしょう。

  要するにこの国はそういうところからの脱皮がまったくできなかったのでしょうね。

ましてやスポーツにおける実績や特に武道の世界では段位制度という圧倒的なヒエラルキーが存在します。

最近はあまり効かなくなりましたが段位というのは剣道や柔道だけではなく卓球やレスリング、相撲にまでありましたから・・。

その中でも特に剣道は他の武道や一部スポーツのように段位が形骸化することなく純然と存在し、その階級制は今も絶対的なものとして存在しています。

僕、当事者ですから・・。話は剣道のことだけではありませんから悪しからず。

  その事はさておき、ただですね、どうも最近の風潮は「この際みんなでどんどんやっちゃおう!」あれもこれも・・みたいで僕的にはどこかファシズム的な匂いがして違和感を覚えるのですよね。

また逆に古くからの体制を今この機会に一気に壊して立て直してしまおうと云う権力の影も感じるのです。

東京オリンピックを控え、ある意味あらゆる組織、特にスポーツに関わる組織の一新と過去からの脱皮と云うのであればまぁそれはそれで致し方ないし自然な流れかも知れませんがね。

  今回の一連の騒動であからさまになってしまったこの国の一見強固そうで実は脆くて危うい組織や共同体の在り方を見直すと云う方向にスムースに移行できればそれに超した事はありませんが、相変わらずどこのどんな組織にも存在する体育会的な上位下達構造の根は深いですからね。

高校や大学のスポーツ組織というかクラブ活動的な在り方、そんなものから見直さなくてはならなくなってきました。

スポーツなど自由にやれなければ意味ないですからね。

自由と云ってもその中には当然個人が求めるであろう厳しさもあり、また楽しさもあるわけですが、それを含めてのことです。

個人の人格や個性またその人間性を無視したような、人の心の中にずけずけと平気で入ってくるような指導体制はやっぱり如何なものかと思いますね。

その点我々はまだまだ先進国とは云えませんね、経済だけは先進国でしょうが生活や文化という点では縦の深さが余りにも浅いそんな気がします。

際限のない経済発展のことばかり云う前にもっと足元の基盤である文化や精神的豊かさを求める時代に来たのだと思うのですがね。

  と云うことで、一連のパワハラ騒動から僕なりに漠然とですが考察してみました。

 

コメント

元モーニング娘の飲酒事故。

2018-09-14 15:59:39 | 随想・・・。

  今日テレビであの事故の映像が発表されていて驚きましたね。

完全にひき逃げで弁解の余地があるものではありません。

僕はその映像を見て二点別の視点で感ずるものがありました、というより嫌な気分にさせられました。

  まず、あのような映像そのものが存在し、それが大っぴらになるという現象ですね、裏返せば何処かしこで監視されていると云うことに他なりません。

今回のような犯罪の証拠としては絶大なものがあるでしょうが、この社会、逆に何処で誰に見られているか判らないような、そんなうすら寒さも同時に感じるのです。

まぁ、僕だけではないでしょうが、いつの間にかそういうことが普通になってきた監視社会の中で我々は生活を営んでいるという一種の覚悟のようなものがいるかも知れませんね。

そのこと自体は犯罪の早期解決やまた交通事故における被害者や弱者と云われる人の救済に役立つことも多々あるでしょうし、またそれが目的でしょうが・・・。

  それともう一点、これには驚きを隠せなかった、というよりがっかりしたと云うか、げんなりしてしまったと云うか、それは事故直後のまわりの様子のことです。

映像には幸いにも事故に巻き込まれる事がなかった数人の中学生か高校生らしき人の姿も映っていましたが、衝撃的なのは当の事故ではね飛ばされ倒れている人が間近にいるにもかかわらず誰一人それを助けようとも様子を伺おうともせず、まったく無視して何事もなかったかのようにその場を去って行く彼女らの姿です。

以前、何処かで、とある国での出来事として、交通事故で倒れている人を誰も助けようともしない、そんな映像が流れていました。そしてなんと酷いお国柄なんだ・・見たいなフレーズで結ばれていました。

それと同じような光景をこんな形で見ることになるとは・・で、かなり衝撃を受けてしまいましたね。

それこそうすら寒いような気分なりましたよ。

  あーあ、所詮「日本ではマナーが云々とか、やれ日本人はこんな事はしない云々・・」とか云っていくら自画自賛しようとも、こんなふうに唖然とするような現実を突きつけられると、なんともまぁ切ないような情けないようなそんな気分になってしまう訳です。

欧米の社会では決して見られないような場面だと直感的に感じました。

我々も日本だ、日本人だと特別な感情で自己満足に浸っている場合ではありませんよ。

社会のこんな場面のほんの小さな現象でマクロな社会の構造が垣間見える事ってあるんですよね。

日本列島人的良き伝統や美徳は大切にしなくてはならないのは当然ですが、こんな現実も見逃してはいけない、こんなこと思いました。

  元モーニング娘か何か知りませんがバカなタレントが飲酒ひき逃げ事故・・というまったくアホとしか言い様のないような事件の影で、何とも嫌な現実を見せつけられましたね。

 

 

 

コメント