Ryojinブログ

剣道のこと、オオカミ復活運動のこと、そして紀州犬のことやいつも行き来している大好きな京都のネタなども綴っていきます。

ヒヨドリ惨殺。

2017-12-05 13:13:44 | 紀州犬

今朝、家内がしかめっ面をして洗面所にいた僕を呼びに来ました。

「鳥がぁ・・・死んでるの、玄関の前!」

えーっと云うことで、僕が押っ取り刀でそこに行くと確かに血だらけで、ずたずたにされたヒヨドリの残骸がありました。

それはまだ新しく、羽も濡れたような状態で、とにかく早速丁寧に処分しました。

ワンコ達がまわりをウロウロしていました。

で、一体誰がと考えていたのですが・・。

結論・・犯人は那智か、もしくは琥那どちらかでしょう、ほぼ那智かなぁってとこですね(^_^;)

  玄関横にはいつもワンコ達の水入れのボールが置いてあります。

その水入れは時々鳥の水浴び場になっていることがあります。よく容器に羽毛が浮いていたり、時たまパシャパシャと音がしたりしていましたし、実際何度かその様子を見たこともあります。

  以前は床下に迷い込んだアナグマを那智が自ら狭い床下に穴を掘って進入しそこで殺してしまいましたが、今度はついに鳥を捕まえてしまいました。多分水浴びに来て一瞬の隙を狙われたようです。

(そういえば前に居た紀州はタヌキを咥えて何度も放り投げて遊んでいました・・暗澹たる思いをしたことがあります)

これはきっと那智の仕業だろうと僕たちは思っていますが、琥那の可能性も否定できません。

あのネコ科動物のような動きをする運動神経は尋常ではありませんから・・・・。

コクではないと思います。この子の運動能力もかなりのものですが、猟欲と云う点では那智や琥那には及びませんから・・。

いずれにせよ今回、鳥を咥えて引き裂いたもののそれを食べてはいませんでした。

やはり那智クサイなぁ・・。

那智はクモやムカデも一瞬にして殺しますが決して食べたりはしません。

  僕が留守の時などクモを異常に怖がる家内のボディガードみたいなもので、叫び声を聞いた瞬間に飛んできてそのまま叩き伏せるか天井や壁にいる時はじっと睨んで、不思議と下に這い落ちてくるのを待って、その瞬間に前足で叩き伏せます。

家内にとってはホント頼りになる奴なんですよね。

  この子達の遊び場は全体をフェンスで囲っていますから外から何か獣が侵入するということはまずあり得ませんが、鳥は空から来ますからね。

恐るべき猟性能と言うべきか、さすがと言うべきか、いずれにせよ結構凄いですね。

被害者のヒヨドリには可哀想なことしましたが、猟系紀州犬が三匹もウロウロしているこの場所は他の野生動物にとっては危険極まりない所ですからね。

4、5日前も事務所裏にタヌキが出没していた痕跡がありました、それは「タヌキの溜め糞」という習性で判ります。

要するに同じ場所に糞を重ねてするんですあいつらは・・それにまったく臭い。

「おい、タヌ公、フェンスの下など掘ったりしてノコノコとこっちの敷地に入って来たりするなよ!頼むでぇ・・」

その後の変わり果てたお前達の片付けがかなわんのやからなぁ(>_<)

  と云うことで久々のワンコと云うか那智(多分・・)の話題でした。

なんかちょっとした自慢話みたいになっちゃいましたが、有能な日本犬はヤマドリやキジに対しても同じで、忍び足で近づき、彼らが飛び上がる瞬間に捕らえることができるらしいです。まさしくこの当たりが日本犬の凄さなんですよね。

 

 

コメント

ワンコ脱走騒動。

2017-05-17 09:15:17 | 紀州犬

  やっちゃいました。僕の油断ですねこれは。

昨日の早朝6時頃のことです。早起きのコクの自転車曳きを終え、帰宅後はそのままいつものように空き地に離してやるのですが、那智がどうも自分も連れ出して欲しいような素振りなので、そのまま二回目の散歩に出ようとリードを付け、柵を開けようとしたら知らぬ間にコナがそっと後ろについて来ていたようで、あれっと思う間にするすると開けた隙間を抜け出て、慌てた僕がコナを呼び戻そうとしていたその時、今度は今帰ったばかりのコクがこれもあっという間に開けたままの扉から飛び出てしまいました。

  大きなのが二匹揃って全力疾走で走り去って行きました。これには慌てました。

すぐにリードを二本持って自転車で後を追いましたが、もう既に視界から消えていて、どっちに行ったのかも判りません。

自転車で近辺を駆け回りました。会う人ごとに事情を言って聞き込み消息を訊ね、特に犬連れの散歩の人には、どうか知らん振りして無視してくれるよう頼み、また右往左往走り廻りました。

汗びっしょり、足ガクガクになるまで駆け巡りましたが、ようとして消息が掴めません。

そうこうしているうちにそろそろ人が出だし、ゴミを出す人や散歩の人などどんどんまわりが賑やかになってきます。

車の行き来も多くなってきます。撥ねられたりしないか、これが一番の心配です。

  ただいつもの散歩コースの途中は子供が特に多い地域だし、性格的に滅多なことはしないワンコ達ではありますが、走ったり騒がれたりしたら困るし、いよいよ「こりゃ大変だ」と焦りながら、ようやく三度目くらいに同じ場所に来たとき、向こうからコナが歩いてきました。

  僕が呼ぶと素直に寄ってきてリードを着けさせましたね。やっぱ性格いいですわ。

この子はあまりというかまったく人懐っこくはないのでかえって安心で、多分昔よくいた野良犬みたいな感じで極力人は避けるはずなのはわかっていましたが、とにかくやれやれでした。

  これでやっと一匹ゲットしてコクも近くにいるだろうとあたりを見渡しましたがまったく影も形もありません。

コナはともかく、コクは雄で力も強いし、対抗心も半端ないですから、もし他の犬が吠えかかってきたりネコを見つけたりしたらちょっとヤバイかも・・だし、車も心配です。とにかく気が気ではありません。

  もう体力的に自転車で走り廻るのは限界なのですぐに車に切り替えてまたあっちこっち、すぐに降りられるようシートベルトもせず走り廻りました。

家内は僕の失策に不機嫌というより大変な心配顔で、こっちも気になるし・・・。

そして探し回ること約一時間、もう7時を過ぎています。子供達の通学時間になってきました。

先に言った子供が多い地域に再度出向いたら、なんとコナとほとんど同じ場所をトコトコト歩いてくるコクを発見しました。

まわりにはゴミ袋を持った女性や3,4人の小学生の姿がありましたが、コクはその横をそしらぬ顔して通り過ぎこっちにやって来ました。まるで何事も無かったかのような顔で・・・。

そして促されるままにそくさくと車に乗り込んでちょこんと助手席に座っています。

まぁ、ほっとした瞬間でしたね。疲れがどっときました。

こんなことは決してあってはダメなのですが、逆にこの子達の性格のようなものが確認できた機会でもありましたね。

何せ一部では悪名の紀州犬ですから・・・(>_<)

とにかく疲れました、参りましたでしたね。

  後日談というかその日の夕方の話ですが、いつもの魚屋でその話をしていたら従業員の若者マサキ君が「そういえば今朝、黒い大きい犬が家に来てましたよ」と言うではないですか、僕も「えっ」てなもんで、それうちの子やし。彼曰く「オカダさんちの犬は顔が黒くてほか白い犬ですよね」って、僕・・「黒いのもいるんや!」

で、すぐにスマホのコクの写真見せたら「間違いありません。こいつです」ですって。

マサキ「家のワンコと遊んでましたよ」僕「大丈夫やったか?ガゥガゥしてなかったかい」マサキ「全然です、僕が近づいて行ったら全力疾走で逃げて行きましたよ。大通りの方へ・・」

よかったです。悪さはしてないようでした。

ただ、まさかの全然別の場所に出没していたようです。

  とまぁ、そんなこと「大事件・・」ありました。

今日は早速、前から気になっていて今回機能しなかった通路入り口の予備の扉(下側の隙間が大きくてそこをくぐって出てしまった)とフェンスの隙間を狭くする(コナと那智は頭が出る。コクは出せないですが・・・)改修の為に業者に来てもらいました。

予備扉は本来は訪問者がそこで一旦向こうの様子を伺うための扉で、簡単に取り付けていたのですが、やっぱりちゃんとしておきます。

  何はともあれ「よかったよかった」の幕切れでした。

 

 

 

 

 

コメント

「那智」の仔、「紀伊」写真

2017-04-24 08:47:27 | 紀州犬

先日の続きです。

せっかくなので「紀伊」の写真貼っておきます。

是非見てみたいという人もいますので・・。  

             

こんな感じです。

素晴らしい犬になっていました(^o^)

コメント

ワンコがいる幸せ・・・紀州犬の風景。

2017-04-17 08:44:58 | 紀州犬

  我が家の紀州犬、那智、黒狼(コク)、琥那(コナ)の狂犬病の予防接種に行ってきました。毎年この桜の終わり頃のこの季節、恒例の行事みたいなものです。同時にフェラリア予防も始まりますので結構お金もかかります(^^;)何せ三匹ですから・・・。

那智は6才を超えました。今が最高の状態でしょうね。これから2、3年はその犬の持つ本質がぐっと磨かれ、日本犬独特の枯れた雰囲気とでも云いましょうか、そういう雰囲気が醸されてきます。

飛び回って元気に遊んでいる姿を見るのも、それはそれで随所に野性的な輝きが見えて楽しいものなのですが、「那智」が静かにたたずんでいたり、ずっとどこか遠くを見つめている様子は、それは眺めていて飽きることはありませんね。

一体何処を見ているのか、どんなことが脳裏によぎっているのか知るすべもありませんが、DNAに綿々と伝わる日本犬の誇りのようなもの知ってか知らずか・・・とにかくその風貌は知的であり、且つ詩的で情緒的なんです。

  家の前の段々畑跡の遊び場は彼らにとっては本当に恵まれていると思います。

本当は時々山の中で自由に遊び回らせてやりたいのですが、それもままならない昨今のご時世ですからね。

  里親に出させてもらった子犬達も皆それぞれにとても幸せそうで何よりです。3歳を過ぎて犬も徐々に固まってきて、その本質が良く判ってくる頃だと思います。

幸いにも皆健康で尚かつ性格的にも温和で、とにかく何かに付け飼い主思いで賢いです。巷でささやかれる紀州犬の悪い噂(きつい・・とか怖いとか)を全部払拭してくれるような、そんな雰囲気持っています。

昔は紀州犬イコール賢い・・というイメージでしたから。これって自賛ですね。

  よく言われます。勿論それなりに日本犬に造詣のある人だけですが「この子は相当古いタイプの紀州犬やなぁ」とか「今時この雰囲気の紀州は珍しいなぁ」とかまぁ、元々の本場ならではの紀州犬に対する知識とか記憶があるんでしょうね。

それに家の子達、那智とコナは今やもうほとんど見ることもなくなった班毛ですし、コクは黒胡麻毛で、紀州犬=白毛と云ったイメージとはほど遠いですからね。

犬好きは、家の子達をを見ると一様に、うーーんいいなぁ、とか、素敵なぁとか、カッコ良いなぁとか言ってくれます。

まぁそれは悪い気しませんねぇ、それどころか自慢げについ胸を張りたくなっちゃいます。(犬バカも甚だしいですが・・)

  那智15kg前後、コナ17kgちょい、コク19~20kg位ですね、体重こんな感じです。皆しっかり体躯は引き絞まっていますから、中型日本犬としてはかなり適正体重だと思います。

雄のコクはやはりかなりの骨太で見た目より重いですね。

  この頃ふと「那智とこうしていられるのも後10年もないかもなぁ・・」と思ったりします。そのこと話すと家内は泣き出します。

もう言わないようにしています。

  那智は毎日僕の布団の横の特性ベッドで寝ます。そして朝は一緒に起き出します。階下のコクがゲージの中から大声で呼ぶからです、今は大体5時半から6時頃には起こされます(>_<)「もうかなわんなぁと」思うときありますよ、まったく・・。

那智は僕たち家族にとって心強く頼もしくもあり、そして何よりも愛しい存在になっています。

今はこの那智が我が家に来てくれた、と云うその「縁」にとても感謝していますね。

  犬バカ日誌でした。那智

写真貼っておきます。また感想などください。 コク

  コナ

 

 

コメント (2)

久々にワンコの話題です。

2016-04-11 20:20:02 | 紀州犬

  我が家の紀州犬(斑と胡麻)那智、コク、コナ・・・相変わらず元気に飛び回っています。

去年と比べ、雄のコクは特にですが、随分逞しくなりました。それに体毛も俄然薄くなってきて、犬の毛色ってこんなに変化するものなのかと今更ながらに驚いています。

  性格はいたって温厚なのですが、やっぱり紀州の雄・・・「そう簡単に油断はならないぞ・・・」とは、思っているのですけど・・・。

あいつは最近特に、知らない人でも僕が仲良く話していると、例えその人が自分の目の前に仁王立ちしていても知らん顔して座っています・・・と云うか・・そうなってきました。以前はそわそわして吼えたりフンフンいったりしてましたが・・・少々落ち着きが出てきたみたいです。

とにかく静かに座っています・・・ので、好きな人はつい嬉しくなり触ろうとしたがるのですが、それだけは遠慮願っています・・・まぁ大丈夫なんですが・・・・一応用心の為です。

  ただしかし散歩でよく出会う、犬を連れた人達の中には、この珍しくて逞しい紀州の雄が案外静かでおとなしいのを良いことに「仲良くしようね・・・」みたいな乗りで、我が犬をリードを緩め勝手に寄せてくる人がいるのです・・・これには少々辟易してしまいますね。

コクは戸惑っているのが良く判りますが、その時少しでも向こうが好戦的な振る舞いが見えたときには・・それはちょっとヤバイのです・・やっぱり・・・。

犬の心はすべては判りませんからね・・・・不機嫌な時だってあるでしょうし・・・ですので、なるべくそういうことは遠慮させてもらうようにしています。

  ただし、中にはまったく例外の犬もいます・・・例えばトイプードルの「ファビー」・・・雄です・・・この子は出会うと即座に・・何気にコクに抱きついてきます、頭は抱えるは、背中に乗りかかるは・・・と、まったくお構いなし・・・僕はコクのリードを極限まで締めて戦々恐々ですが・・・まったくへっちゃらですなんです。コクはと云うと身じろぎもせずじっと知らん顔で少し緊張のおもむきで我慢・・・かなぁ・・しています。

思わず苦笑いですが、一瞬に何が起こるか判りませんもの・・・こっちはコク以上に緊張しています・・・その気も知らずその飼い主は「お前は凄いねぇ・・・良い子だねぇ・・」などと気楽に言いながら笑っています・・・僕は心の中で「もうその辺にしておいてよ・・・」と願うばかりなんですが・・・・まぁ悪い気はしませんね。そういう奇特な犬もいるのです・・・・。

可愛い小型の愛玩犬同士ならそれでいいのですが・・・何せ日本犬・・・なかなか難しいところ・・・ありますからね。

  まぁ、そこが魅力と云えば魅力なんですが・・・。

  コクは今や僕の相棒です・・・と云うか、僕が居ないときに家内に任せてしまうのは少し酷なだけで、それでもって泊まりの出張の時などはいつも僕と行動を共にする訳です。静かで温和しいもんですが・・・・。

車に酔うわけでもなく少々帰りが遅くなってもお漏らししたり騒いだりする訳でもなく・・・ただ僕が帰ると大騒動しますけどね・・・といいつつもいつも僕のペースに合わせてくれています。

そういう良い奴なんですが・・・昨今、手前味噌かも知れませんが、益々逞しく雄大になってきたように思えます・・・・とにかく頭がでかい・・・それに前より足が短くなってきたみたい・・・それは胸が深くなってきてそう見える・・・と云うことなんですが・・・。

  毎朝の自転車散歩・・と云うか疾走・・・この前は少し下り坂の広い道で、車も早朝で少ないですし・・・と、僕も一緒に思い切り漕いでいたらあっという間に時速38km出しよりました・・・新記録ですね・・・これ、犬を引っ張る・・と云うより僕が引っ張られている・・・と云った方が良いかもですけど・・・。

凄いパワーです。

コクはそんなこんなでやっぱり雄の特色がはっきりしてきました。

で、コナ・・・・。この子は一見甘えっ子ですが、僕や家内への対応の仕方を相当心得ていますね。賢いです・・・・言葉すぐ判ります・・・が、こいつがまたシャイなんですよね。

他の犬とのコミニュケーションはほとんど不可能みたいです・・・この前も道行くフレンチブルと鼻突き合わせていた・・・そこまでは良かったのですが、突然その鼻っつら(ぺちゃんこなのに・・・)を咥えて放り投げてしまいました。いやぁー慌てましたね・・・・。

すぐに怪我の様子を見ましたが、全然咬まれた後が見えません、2mくらいリードがぶっ飛ぶほどだったのですが・・・どこも怪我をしていないのですよね・・・これが・・・。

咥えて放っただけみたいで・・・・そこは以外と手加減していてそれはそれで大したものなのですが・・・やっぱりちょっとヤバイなぁみたいで、教育しないとなぁ・・という気持ちと逆に、まぁしょうがないかなぁ・・これも・・・みたいな気持ちが錯綜しています・・・だって、普段のコナは滅茶苦茶従順ですし、例え家を離れてどこかに行ったとしても人や犬は自ら避けて知らん顔みたいなのは目に見えていますもの・・・。

これもこの子の個性なのだろうな・・・と思っている訳です。

  とまぁ、そんなこんなで最近のワンコの話でした。

コクとコナの親犬那智は、自由気ままに日々過ごしています・・・・最近毎晩僕の横で普通に寝ています・・・。

今は換毛期で毛はボロボロですが・・・。

写真貼っておきます。那智・・敢えてシルエットが判るように逆光で撮ってみました。良い骨格構成です。

コクとコナお気に入りの場所です。ど太い足と胸・・・・段々畑の運動の賜物ですかね・・・。

 

コメント