原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

千葉県の水道水 1キログラム当たり放射性ヨウ素370ベクレル検出(2011/3)

2011-10-10 22:19:57 | 放射能汚染

千葉県の水道水 1キログラム当たり放射性ヨウ素370ベクレル検出(2011/3)

武田邦彦 (中部大学): 原発 緊急情報(41)驚くべき千葉県  より一部引用

2011年03月31日

3月30日、驚くべきニュースが流れた。

「千葉県八千代市の睦浄水場の入り口手前で22日に採取した飲用水から、
 大人の飲用基準(1キログラム当たり300ベクレル)を超える放射性ヨウ素131、370ベクレルが検出されていたことが30日、分かった。
 北千葉浄水場でも336ベクレル。

 28日に採取した水から放射性ヨウ素は検出されておらず、県は現在、飲用を控える呼び掛けはしていない。」

えっ!と驚くニュースである.28日の水が大丈夫なのが30日に発表されている.
つまり、1日後に汚染が判るのだから、22日の汚染が判ったのは23日なのだ。

その発表を抑えていた。
そして28日に汚染がなくなったのを見て、30日に発表している. 

発表を遅らせたのは、東電でも政府でもない。私たちの味方、自治体なのだ。
私たちの最後の頼りは自治体が命を守ってくれることだ。

でも、現実は その間に、水道水を飲んだ市民は被曝した。
千葉県民は県税は払わなくても良いだろう。


千葉県!!しっかりしてください。
自治体が住民を守らなければ誰が守るのですか!
千葉県の人は、発表された時にはすでに飲んでいる.

 

 

この記事についてブログを書く
« 茨城県の水道水 ヨウ素29... | トップ | セシウム吸収率、イモ類で高... »
最近の画像もっと見る

放射能汚染」カテゴリの最新記事