原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

10月29日(水)のつぶやき

2014-10-30 05:26:33 | つぶやき

10月29日(水)のつぶやき 

neko-aii @neko_aii  ·  10月28日

2013-04-15
関東ホットスポットから九州へ避難

飼っていた犬が
とても元気にしてたのに
突然体調を崩し亡くなった

何かの拍子に免疫が下がり、もともとあった歯周炎から
ばい菌が入り一気に体中に回って『敗血症』を起こしていると
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/2e01b9423847d9bcc0c2bbf744d8830b

 


【衝撃のフクシマ】
”あと4年で全員が嚢胞を持つことになる”

嚢胞、毎年10%±づつ増えてきた

26年に入って2回目の調査結果が出始めた
嚢胞率が57%に

2年で20%増えるのであれば
あと4年で全員が嚢胞を・・・ ありえない!
http://mak55.exblog.jp/21049800/

 


チェルノブイリ25年 現地の状況「がんよりも、心臓病や脳梗塞、糖尿病、免疫不全になる人が大多数」 さんから

 


郡山市在住の知人Aさんの家族(三十代)の
友人より衝撃的な事実を聞かされた

産まれた赤ちゃん
口蓋裂については両端から裂け
足は、指が3本しかなく
そのうちの2本が完全にくっついていた

本人は食べ物も地元のものを食べていた

(木下黄太のブログ2013-04-25)より

 


産婦人科に勤務の看護士「最近奇形が多い」「一番多いのが、口唇口蓋裂、次に多いのがダウン症」 さんから

 


2013-02-17
私は芸の道で生きていますが
必須の東京を離れました。

今は負け組に思われているでしょうが、
数年後きっと勝ち組です。

野望や希望のあった東京、
本当には離れるのは苦渋の決断でしたが、
健康に代え難いものはない
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/9ed2db612f51fcc79fb63712e7f8997e
 
 

チェルノブイリ 放射性微粒子の飛散をおさえるため樹木に散水。 国道 6号線は何も対策していない。 https://twitter.com/cmk2wl/status/526281729384779776/photo/1
 
 
 

neko-aii @neko_aii  ·  20時間 20時間前

チェルノブイリで科学者が体験したこと

危険ゾーンのなかでは植物が枯れ、
動物が死に命あるものすべてが影響を受けた。

近くには青々と茂った松林があったが
放射能を浴びて赤く枯れ、まさに「レッドフォレスト」と化した。

汚染された松林から放射性物質が漏れないように、
ヘリコプターで空から大量の特殊接着剤が撒かれた。
http://blog.goo.ne.jp/jpnx02/e/736eb02e72c67efc0904258cfb2e5e4b

 


2011年12月13日
東京都杉並区
芝生シート高線量の小学校、セシウム9万ベクレル
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/b5cf3b39008f4aafa1f4b39ef0738457

環境省は、この汚染された「芝生シート」の
焼却処分を事実上認めた。

 


 
小型で安価(約3千円)な放射線測定器開発 
信大理学部教授と学部生(2012/02/24)

セシウムやストロンチウムなど放射性物質の種類も分かる
「部品はすべて市販品のため誰でも作れる。
企業が製品化に取り組んでくれればうれしい」
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/8f10932d329b02dd9322774d063c64fe



 
茅ケ崎副市長 サーフィン中に突然死
産経新聞 10月29日(水)20時45分配信

(神奈川・茅ケ崎は、高汚染地域↓↓)
2011/3/16 福島原発から275キロ離れた茅ヶ崎に
”テルル132 78000mBq/m3”到達。
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/4430eb4b01edb94c72fef3d3bfd2fc92
 
 
 

neko-aii @neko_aii  ·  7時間 7時間前

大惨事発生後の1年間における
放射能汚染地域に特徴的な不調の訴えには、

急速に進行する疲労(59.6%)

頭痛(65.5%)

血圧不安定(37.8%)

特異な夢(37.6%)

そして関節痛(30.2%)などがある

(チェルノブイリ被害実態レポート 第2章第3節)

 


地表付近の大気の放射能の量は、
なんらかの農作業(耕転、砕土等)など
粉塵の舞い上がる作業のあとに著しく上昇する。

春や夏、特に乾燥した天気のときに
地表の空気中における放射性核種の量が上昇する傾向がある。

(チェルノブイリ被害実態レポート 第3章)より

 


 ·  10月28日

『精神科』医療分野の恐るべき闇の世界の一つ>再起不能なまでに脳をぶっ壊す害薬を多量に与え人間を破壊 さんから

 


<計測地点すべてが高線量『茨城県守谷市』>

2011年6月24日から8月16日にかけて、
常総生協組合員宅前の路上空間線量計測結果です。

測定地点80箇所測定結果↓↓↓ (地表:0.695μSv/h ~ 0.285μSv/h)
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/ca1dd667b30e8a387e72c59f673b6d04

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 10月17日(金)のつぶやき | トップ | もんじゅ事故「隠蔽」の極秘... »
最近の画像もっと見る

つぶやき」カテゴリの最新記事