筑西市議会議員 仁平正巳

元気な筑西市を目指して☆ 市民の声を市政に!経験と実績!

猛暑

2022年06月30日 | Weblog
 史上最速の梅雨明けで、連日の猛暑続きですが、庭木の手入れが終わったかと思ったら、親父が残した「さつき」の剪定があり、毎朝6時に起きて草木の水かけから始まり、草取りや剪定に汗を流しています。
 夕方5時過ぎには「元気館」に出かけ、常連の方々との挨拶も「暑いですね~」が合言葉になっています。それでもサウナで流す汗はまた別で、帰ってからのビールは、生きてて良かったと思うくらい喉を癒してくれています。
 こんな猛暑の中、参院選も後半に差し掛かり、候補者の方々また関係者は、地獄のような選挙戦を強いられていることでしょう。
 桜川市の市議会選も、9月第一日曜とか・・「とにかく暑くて参った!」と聞き及んでおります。
 そんな中、一昨日と昨日は、例月出納検査と令和3年度の各部の決算審査の監査でした。6月も本日で終わりますが7月は決算監査が何日もあり、真剣に取り組んでおります。
 市役所内は節電と言っても涼しく、家に居るよりは天国のような快適さです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

空家対策

2022年06月24日 | Weblog
 私の一般質問で「空家対策」についても、問い合わせがありましたので・・
この空家対策は、全国的に大きな問題となっています。 過去何度もこの問題については、質問提案をして参りましたが、現在筑西市内には2、502件の空家があるとされていますが、中々スムーズに解決できないのが現状であります。

 その一つの要因として、解体費用の問題と、更地にした後の税金の問題です。
ちょっとした木造家屋でも、200万以上の解体費用が掛かり、概ね1坪当たり3万~5万程度が目安とされているようですが、面積や構造さらに立地条件等により、費用は大きく前後するようです。
 そこで、解体助成金の様な補助制度があれば、空家の解体も促進されると思うわけで、茨城県内でもいくつかの自治体で実施しています。 但し、殆どが特定空家に指定されないと、補助金が出ないのが現状です。
 そこを他自治体に先駆け、解体費用の補助をもう少し条件を緩和して検討できないか提案しましたが・・

 また、更地にした後固定資産税が6倍に跳ね上がると言われていることも、解体が進まない要因の一つと考え、税に関しても減免措置あるいは緩和措置の検討を提案しました。
 やはり県内のいくつかの自治体で、減免措置を行っている例もあります。

 「住んで最高! 筑西」を標榜するとき、美しい街並みや景観は、安心安全なまちづくりに欠かせない要因の一つと考えます。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

選挙割

2022年06月23日 | Weblog
 本日は、28日・29日に予定されている監査の資料に目をとおすことにしていますが、膨大な資料の為かなりの時間を要します。
 話は変わりますが、今朝の茨城新聞に参院選の投票率アップ策の一助として、大学1年生の女性が、都内の某所で「選挙割」のスタッフとして活動している記事が掲載されていました。

 実は、6月の定例会のおり私は一般質問で、この「選挙割」について質問していますので、ご紹介いたします。
 近年の筑西市の国政選挙から市議会選挙に至るまでの投票率は、平均47,33%と半分にも満たない状況です。最も高かったのは、H31・4月の市議会議員選で、54,49%で、最も低かったのはR3・9月の県知事選で33,47%です。
 このような状況の中、市選挙管理委員会では投票率向上策としてどのようなことを、行ってきかたまたその効果は・・と質問し、一応は様々な啓発活動は行ってきた様です。
 
 そこで私が提案したのが、この「選挙割」です。
これは、ひたちなか市では、市民団体の企画ですが、有権者が投票に行ってスマホでその投票所の看板と自分の顔を写真に写すと、市内の協賛店で使える割引券が貰えると言うもので、一定の効果があったそうです。
 また、栃木県鹿沼市では、投票済証というものがあれば、市内の協賛店で特典が受けられる仕組みだそうですが、鹿沼市はそれまで県内14市中最下位の投票率がその「選挙割」キャンペーンで5位まで投票率が上がったそうです。
 すなわち、筑西市でも選管が主体で出来ませんので、商工会議所や商工会等に働きかけて取り組んでみてはと提案しました。

 我が国では、選挙権を18歳以上にして早5年が経過していますが、10代20代の方の投票率の低さが顕著にみられ、制度上の破綻さえ感じられます。
 諸外国に目を向けてみますと、選挙権や成人年齢は18歳以上が多くなっていますが、若者の投票率は相当高い傾向にあります。
 また、ある国では投票に行かないと、罰金や税金を課している例も見られます。
更に、日本のマスコミも開票率1%で当確を報じたり、出口調査等で開票前から結果を予想できる報道は、投票意欲を削いでしまわないか気になります。

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

庭師

2022年06月22日 | Weblog
 梅雨の晴れ間が続いたので、連日庭の木の剪定作業に打ち込みました。
高いところが苦手なため、手間取りましたが昨日やっと終わり、誰かに頼まれやしないかと思う程の仕上がりでした。
 本日は「参議院選挙」の公示ですが、茨城県は8候補全員新人なので、結果は勿論ですが、投票率が気になるところです。 先日の議会一般質問で、投票率の向上策について質問しましたが・・

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

二日酔い

2022年06月18日 | Weblog
 昨日、17日間に及ぶ「令和4年第2回定例会」がすべての議案が可決され終了した。
夕方「新正副議長就任祝い」が開催され、実に2年半ぶりに執行部と杯を合わせた。
 一次会二次会とも、コロナ禍で我慢していたものが爆発でもしたような盛り上がりでした。
 しかし最近若い方達の賑やかさについて行けず、気後れしてしまい年を取ったな~と感じる今日この頃です。
 金曜日と言うこともあり、帰りの代行がなかなか来なく、遅くなってしまい・・・結局飲み過ぎてしまいました。
  年甲斐もなく久々に二日酔いの朝を迎えましたが、頑張って庭木の剪定をしようと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

回答

2022年06月15日 | Weblog
 昨日、保健福祉部長より「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の誤支給に関する報告書」(回答)が監査委員に届きました。 
 報告書そのものはさほど複雑ではありませんが、給付金の給付事業実施要項は非常に複雑な文言の羅列で難しい制度であります。
 これを踏まえて、今月末の定期監査の前に今後の対応策を協議することになりました。

 ところで、天気が目まぐるしく変わる今日この頃ですが、暇を見つけては庭の木の選定を少しづつ始まりましたが、今日は梅雨寒の雨で出来ませんので、気を落ち着けるため「写経」をしてみました。 想像以上に集中力が必要で難しかった。
 また、最近図書館から借りてきた長編ミステリー小説ですが、いつになく面白く昨夜も12時過ぎまで読んでしまいました。

 

 
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

一足早く

2022年06月14日 | Weblog
 本日は「福祉文教委員会」があった。
特に大きな問題もなかったので、午前中で終わった。

 一足先に「父の日」のプレゼントを娘から貰った! 娘は父の日を一週間早く間違ったらしいが、兎に角嬉しい限りです。

 

 

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

青少年育成

2022年06月11日 | Weblog
 本日は、イル・ブリランテにおいて「青少年育成筑西市民の会 明野支部」の総会が2年ぶりに開催され、自治会長として出席した。
 しかし出席者が思いの他少なく、会場内はガラガラでした。
 知り合いの方と色々話しましたが、何処の地区も自治会長さんの人選には苦労しているらしく、更に民生委員を引き受けてくれる方も少なく、困っているという同じ悩みでした。
 私も議員という立場上、自治会長を引き受けて早13年? 海老ケ島地内でも一番古い自治会長となっています。

 

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サギ草

2022年06月09日 | Weblog
 読者の中には、今年は「サギ草」の記事が一度もアップされていないことに、お気づきの方も居ることでしょう・・
 実は昨年うまく行かず、春先にわざとそのままにしてみました。 新芽の数は少ないながらも、今年も一応芽が出て育っています。 このまま眺めてみようと思いますが、来年は選挙の年ですので、球根の植え付けは無理ですが、どうなるものか・・?

 そして家の庭に、どうしても名前の解らない木が、にょきにょきと真っすぐ育っていますが、前から気になっていて、雪柳の株の間に真っすぐ伸びて来ていて、毎年この時期に庭師をするんですが、切っていいものなのか、何という植物なのか・・どなたか教えてください!

 

 何という木ですか?
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

給付金誤支給

2022年06月08日 | Weblog
「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の誤支給」このニュースは、私の知る限り「南アルプス市」「京都府舞鶴市」本県「稲敷市」「桜川市」「結城市」だったと思いますが、筑西市は大丈夫かと危惧していた矢先、7日付の茨城新聞に筑西市も外国人実習生5人に対し誤支給した記事が掲載されました。
 監査委員という立場上、看過するわけには行かず、新聞報道のみでは事実関係がつかみきれませんので、今朝 代表監査委員と監査委員会事務局で本件に対する協議をした。

 本日は、一般質問が終了し福祉文教委員会で西部メディカルセンターの行政視察がありましたが、議会事務局から「10日の議案質疑の終了後、上記の件で市長から説明がある」旨のメールが入りました。

 西部メディカルセンターでは、病院長・理事長・事務長・看護部長と意見交換を行いました。

 

 

 
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

質問を終えて

2022年06月07日 | Weblog
 昨日、関東地方も例年より少し早く「梅雨入り」宣言をし、私も久々に一番バッターで一般質問をしました。
 実は開会前、市長から共産党に対する抗議とも思える全協がありました。
市長は全議員を信用し、先日ある計画を説明し口外しないように念を押したわけですが、それが共産党の機関紙に掲載されるという前代未聞のことに、怒りを禁じ得なかったようです。
 共産党の代表議員が謝罪をし事なきを得ましたが、本来本当にかん口令を引くならば「秘密会」にすれば良かったと私は考えます。
「秘密会」とは、非公開で行う会議のことで、議事の記録の公開はもとより、内容については口外してはならないと、地方自治法に規定されています。

 ところで私の一般質問ですが、やはり30分という持ち時間では、議論を深めるには時間が足らなくなんとなく尻切れトンボの様になってしまいますが、監査委員を拝命している関係上、中々やりにくい面が多くテーマを見つけるのに苦労しています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハプニング

2022年06月04日 | Weblog
 昨日から議会一般質問が始まりました。 ところが1番目の質問者が始まって間もなく、ハプニングが起きました。
 E議員から突然「議長!」と発言があり「議場を撮影しているカメラは、許可しているのか?」
生憎、新議長になって2日目、隣の議会事務局長も同じ! 慣れないうえに突然のこと、気の毒に慌ててしまい、議運まで開く羽目になり、約30分間も中断した。
 私が議長だったら、5秒で済んだことだったのに・・
 そんな訳で、昨日は大幅に予定時間がずれ込み、午後2時過ぎまでかかってしまいました。

 閉会後、市長応接室において、政策研究会全員で「太陽光発電設備の適正な設置を図るための条例」の制定を求める要望書を市長に手渡しました。

 夜は、新旧正副議長の退任及び就任祝いを、政策研究会で細やかに開催した。
そしてお酒も入った宴席で、またもやハプニングが起き、感情の出入りの激しい一日となりました。

 

 
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

正副議長交代

2022年06月02日 | Weblog
 昨日「本年 第2回定例会」が開会した。
会期は17日までの17日間です。 市長の招集あいさつの後、正副議長の辞職に伴い、選挙が行われ新議長に「津田修」新副議長に「保坂直樹」両氏が当選し就任した。
 今だから言えますが、これはちょうど1年前に内々に会派内では決まっていた約束事でした。
 それに伴い議会内の人事が少し入れ替わりましたが、大勢はほとんど変わりなく、来年4月の市議選迄の新体制です。

 市長の招集挨拶を大まかにご紹介いたします。
コロナワクチン3回目の接種状況は、5月30日現在65,227人(65,17%)が完了しています。
下館庁舎解体事業は本年度末の解体工事完工を目指しています。
誕生祝い金事業は、令和3年度の支給は、520件でした。
筑西花火大会は、本年10月15日に開催いたします。
玉戸・一本松線整備事業は引き続き地域の方々のご協力を得て、用地買収等事業推進しています。
明野五葉学園については、9年間を見据えた教育指導計画など具体的な検討を進めています。

 尚、今議会の提出議案等は、処分事件報告9件・人事議案1件・市道路線議案2件・条例議案3件
補正予算議案3件・契約議案4件・議案外報告4件です。

 新しい正副議長、新しい議会事務局長、新しい部長6名の方々本日のデビュー戦、おそらく緊張なさっていたことでしょう。 お疲れさまでした!

 

 

 こんなに大きくなりました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

加藤あきよし氏

2022年05月30日 | Weblog
 真夏を思わせる昨日は、県西生涯学習センターにおきまして、7月の参議院選に岡田広先生の引退に伴い出馬予定の「加藤あきよし」氏の筑西・下妻・桜川 3市の後援会発会式があった。
 会場に入りきれない人でごった返していましたので、少し早めに会場を後にしました。
 加藤氏におかれましては、以前国会議員の秘書をされていたころ、国会見学の折案内役でお世話になった記憶があり、とても爽やかな人柄で、県議時代はいつもトップ当選をされていた方です。

 ところで、1日に本年第2回定例会が開会されますが、先般 増渕議長・稲川副議長両名から辞表が提出され、開会の冒頭 新議長・副議長の選挙が行われることになりました。
 何より議長が決まりませんと、議会は機能いたしません。

 

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

道路維持課

2022年05月25日 | Weblog
 昨夜は、元気館の帰りに「あけのひまわりの里実行委員会」の令和4年度総会に出席した。
 昨年はコロナ禍により、開花直前に中止となり非常に残念な結果でしたが、今年はコロナ禍の状況にもよりますが開催する方向で現在準備を進めています。
 昨年役員さんの判断で開花直前にひまわりを切り取ってしまい、一部の役員が勝手にお気に入りの処へ配布したことに、一言小言を言いたかったが・・済んでしまったこと・・やめました。

 ひまわりフェステイバルも今年で31回目を数えるようです。私は初回から携わっておりますが
「花とやすらぎの里」がキャッチコピーだった記憶があります。
 今年こそはコロナに負けない盛大なフェステイバルにしたいと思います。

 今日は年に一度の「市の健康診断」の予約日で8時から様々な検査をしました。
昔は5時起きで順番を取り、かなり込み合って時間もかかりましたが、コロナ禍により予約時間に待つこともなくスムーズに検査が進み、とても良いシステムだと感じました。

 ところで、寺上野在住の市民から「市道に雑草がはびこり車が交差できない」と苦情があり早速道路維持課に相談したら、その日のうちに除草してくれました。
 私の言い方がきつかったのか・・道路維持課の皆さんには申し訳なく、感謝しております。
ビフォー
 
アフター
 
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする