無線日和

交信もぼちぼちのJH4BWJの更新もぼちぼちのブログ。

行者嶽2NDシャック?

2021-10-19 06:44:38 | 移動運用

先週末のこと、はっきりしない天候なのでTVワッチ、涸沢カールの紅葉を堪能~!

ところが南の空が晴れてきたので、午後1時半を過ぎて出発することにしました。

山口盆地から車で30分、瀬戸内海沿岸の尻川湾~。

沖の竹島~。

そして、いつもの串山遊歩道へ~。

秋晴れ~、爽快!

夏のタカサゴユリがまだ咲いているのは昨日まで暑かったから~?

秋のツワブキもしっかり咲いてます。

行者嶽山頂の岩(中央)が見えて来ます。

ススキ~。

遊歩道から小浜山ほか~。

遊歩道から中道湾~。

行者嶽山頂到着~、標高は151メートルです。

山頂から草山埼、遠く九州の山々~。

串山遊歩道のシンボル、2本の鉄塔~。

先日登った宇部市の日の山(きららドームの左)~。

亀尾山、楞厳寺山、右田ヶ岳、小浜山、大平山など~。

いつからか虹(右)がかかっていました。

2NDシャック?から山頂の東屋方向~。

山口盆地のホームは360度山に囲まれたVYBFなロケです。

で、V・UHFはほとんどこの2NDシャック?をはじめ移動運用です。

ホームと真逆で360度開けたここは、抜群の眺めとロケーション~。

 

そして2NDシャックとして最適なのは東屋やベンチから離れた場所に、

岩に囲まれたプライベートスペースが確保できることです。

コロナ渦でもあり人と接触することもなく安心で、

人に遠慮することもなくアウェー感なく運用できます。

 

まずは久しぶりに430MHz、10段同軸コリニアを設置~。

北九州市移動局、周南市固定局とQSOできましたが、

やはり静かであまりお声がかかりません~。

2mにQSYし3エレ八木でワッチすると賑やかです。

応答いただいた市内のOMさんと楽しい昔談義で気がつけば夕刻~。

あわてて撤収~、遊歩道から佐波島、遠く祝島・大分の姫島。

あいお荘まで下りてくると、残念ながら夕日は雲の中に隠れてました。

折角なので18時頃まで遊ぼうと駐車場のモービルに自作J型アンテナ設置~。

CQを出すと美祢市のWMI局や別府市などのお馴染みさん、

大分県宇佐市からお声がけいただき楽しく1日を終えました~。

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日の山で移動運用

2021-10-16 08:04:44 | 移動運用

宇部市東岐波の日の山のつづき~、まずは山頂からの風景です。

東側に開けた眺望、いつも歩いているフィールドが一望できます。

やや北側の眺望~。

山口きらら博記念公園の多目的ドームなど~。

秋穂湾、亀尾山、遠く防府市大平山など~。

ひととおり山頂から眺望を楽しんでから移動運用にかかります。

これは?

山頂での店開きは迷惑~、アウェーになるので少し下がった場所で開店~。

20Wと3エレ八木で2mFMにQRV~。

広島市西区のお山で無線中さん、愛媛県久万高原町、大分県玖珠郡・大分市ほか、

県内各局さんにお声がけいただきました~。

午後5時過ぎ、日没までにキワラビーチに戻るため撤収しましたが、

山頂は貸切状態、登山道でも誰にも出会いませんでした。

つづく~。

 

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東鳳翩山縦走路で移動運用

2021-10-11 19:24:40 | 移動運用

週末の午後から山口市東鳳翩山へ行こうと出発しましたが、

地蔵峠登山口へ通じる林道鹿野豊田線がなんと!通行止め~。

やむなくUターンして、いつもの板堂峠から鳳翩山縦走路ウォーキング。

30分程度でショウゲン山分れへ到着~、防府の大平山などが展望できます。

山口市街、右田ヶ岳を展望しつつも、前回のスズメバチの悪夢がよみがえり早々に出発~。

いつもは登山者が少ないルートながら、素晴らしい秋晴れに恵れて歩く人も多い~。

約15分で標高約690メートルのピークに到着~。

山頂まで行くと無線をする時間が無くなる~、

いやそれより山頂は余り広くないのでアンテナ設置はアウェー、

このベンチで移動運用をすることにします。

 

3エレも持ってきましたが強風のため断念し自作J型ANTを設置~。

全市全郡コンテストで2mもいつもより賑やか、5エリアや熊本なども聞こえます。

QSOは福岡県久留米市・北九州市、大分県由布市・別府市、

広島県北広島町ほか県内各局とで午後4時過ぎに撤収~。

さて、この日2回目のUターン!して登山口へ引き返します。

ショウゲン山分れまで戻ってくると、西日が山の斜面を照らしてきれいです。

縦走路から真田ヶ岳、蕎麦ヶ岳を望む~。

山道が暗くなるとイノシシなどとの遭遇が怖く早めにQRTしたので、

登山口まで戻ってモービルから再びCQを出してしまいました。

 

山かげのロケながら市内のOMさんにコールいただきました。

山からは59+で入感していたが現在は53~、とのレポも頂戴し、

1stQSOながら1時間も楽しくQSOしていただきました。

ちなみに、山からは20W、モービルからは50Wです。

もちろん、暗くなってもモービル半固定なので大丈夫です~(笑)

 

 

 

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

串山遊歩道でプチ運用

2021-10-06 22:37:13 | 移動運用

山口市秋穂のいつもの串山遊歩道、日中は夏の暑さなので夕方に~。

秋ですね~、サイヨウシャジンが咲いています。

ベンチでプチ運用~、430MHzの5エレ八木です。

430MHzFMにて熊本市南区、福岡県行橋市固定局とQSOして、

明るいうちに早めの撤収です~。

 

さて、あいお荘駐車場まで戻ると夕日タイムです。

駐車場なので日没を見送っても大丈夫です~(笑)

沈み始めると早い~!

秋は夕暮れ~。

平安のむかしから決まってます~!

 

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

天神山でプチ移動運用

2021-10-05 21:52:45 | 移動運用

右手の痛みは回復せず手を使わず山歩き、防府市の佐波川土手からスタートします。

天神山山頂をめざします。

登山道はただただ歩くだけでOK、木や岩やロープをつかんで登ることはありません。

名峰右田ヶ岳が見えてきます。

酒垂登山道(天満宮駐車場側から登る。)と合流すると山頂はすぐです。

ほどなく天神山山頂、標高167メートルへ到着~。

スタートした佐波川、左手は河口方向、楞厳寺山(中央)、西目山(右)など~。

麓に防府天満宮(手前中央)、防府市街など~。

山頂からの右田ヶ岳~。

東側の酒垂ルート、南側防府天満宮裏から、西側佐波川からなどルートがたくさん~。

東側に大平山(左)、眼下に防府競輪場など~。

菅原道真が太宰府に左遷される途中、本州最後の港として勝間の浦に寄港したとか~。

防府は再びここに戻ると誓った地であり、亡くなった時に瑞雲がこの天神山にたなびき、

魂が戻って来たと麓に防府天満宮がつくられたといいます。

向島・錦山、三田尻港、そして道真公が寄港した勝間の浦方向~。

佐波川上流方向、矢筈ヶ岳(右)~。

山頂は狭く人が上って来ると接触は避けられないので、

岩陰に3mH3エレ八木を設置しQRVしました。

2mFMにて、佐賀県佐賀市、広島市佐伯区、愛媛県八幡浜市、大分県宇佐市のほか、

県内の移動局ともQSOしました。

しかし、楞厳寺山の向こうへ日が傾いてきたので、日没を待たず下山開始~。

楞厳寺山に日が沈んだ直後に駐車場に着きました。

先日から学習したので、今回は暗い山道を歩かずにすみました~(笑)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする