3.11後の世界

その後の世界について書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012年06月29日 20時38分51秒 | 日記
フィーリングとして さいたま市の私の活動範囲では線量が下がっている。 ガイガーカウンターの表示をふっとみると0.057μとか ここ最近ある。

数値が0.06μ後半や0.07μ台だった印象が多き2.3ヶ月前から比べ 下がっていると感じる

が・・・・




私の仕事場は 0.060-0.062程度だったのが 

今日は 0.067-0.068μ

なぜか上がっている・・・・
コメント

事故はちいちゃなトラブルが集まった時に

2012年06月29日 11時35分44秒 | 日記
6月27日 事故はちいちゃなトラブルが集まった時に中ぐらいの事故が起きる。中ぐらいの事故がいくつか起きてるうちにまた大事故が起きる 小出裕章







小さなトラブルが積み重なり 大事故になるのです。
特に機械が複雑であればあるほど その構造がいくつかにわかれたらわかれるほど 故障は多くなります。





原発の場合は そのひとつひとつが 放射能漏れになり 多くのコストとリスクをかかえる問題です。
あるいは その手前まですぐ到達するのです。








国内で原発が仮に停止しても 韓国や中国の原発があります。
もはや 汚染は 食い止めようのない 状態になっているのです。

そして 目を背けてはいけないのは いまだにF1が危険な状態にあり、
この時も常に放射能を膨大に漏らし続けていることです。
決して冷温停止というほど生易しい状態ではないのです。


このことを痛感している国民はおそらく1000人に10人程度まで ではないでしょうか。 1人かもしれないし 2.3人かもしれない。
フクシマや 高度汚染地域にお住まいの方でも この事実の深刻さが理解できないから その地域にとどまざるえない。





本当にまずいと思えば 金や職や人のつながりを度外視して 逃げ出しますよ。

津波がきて そんなことにこだわる人がいないように・・・

まずいとは思っても 心底理解していない。

それは 理解しているとはいわないですよ。













じゃあ どないすんねん!!!!

 と思う方は リスクマネジメント を追及すればいいと思います。
 この事象の考えうるリスクを書き上げ それを排除する手段を羅列し
 実行する。









ただ 恐れたり、他人に人生を委ねたり、神仏 あやしい非科学的な人の占いや予言を信じるのではなく、(何の解決にもならず 時間を浪費することになり、間違った手段を選択する可能性が高く、事態を悪化させる原因になります)  
精神の弱い人ほど この傾向がある。
しかし 予言や占いに頼ることほど 非合理的な解決方法はありません。それはあくまでも  



           気休め







自分で 選択していくのです。
わからないのは 誰もわからない。 専門家でも本当のところがわからない。
ネットは素人や玄人の集まり 新聞は 偏った情報になりやすい。

本当に正しいことはどこにも書いていません。

なぜならば 真実と思われることは アタラな事象の発見とともに刻々と変化していくし、また本当のことをサラリと表にだすようなことはないでしょう。

殆どは推定



しかし真実はわからなくても 

よく考えいけば 誰でも 報道されていること、インターネットの中に埋もれているキーワードをおっていけば どうすればいいか その選択枝は見えてきます。

ある程度 大丈夫だろう 範囲を推定できるようになります。








今回の種まきジャーナルはとても 大事な事を指摘しています。
おそらくF1の向かう方向がなんとなく見えてくると思います。

人間で対処不可能な汚染空間が発見された。
そして これよりも汚染が高い場所がある可能性も否定できない。
つまり 作業の途方もない 遅延が見込まれるのです。







   まるで ガウデイのサグラダ・ファミリアのように・・・・









数多い放射能 F1関連のブログやツイッターの中で 事実をたんたんと述べている数少ないメデイアです。
極端に悲観的になることも悲壮的になることもなく 非科学的になることもなく ただ 事実を流し続ける。

詳しくは こちら

(焼き直し的な内容も少なくありませんが、ポイントを拾っていくことは新たにわかった事実の確認として有効かと思います。)


コメント

値は下落気味

2012年06月28日 23時34分46秒 | 日記
一日持ち歩き 家に辿りつくと さしている数字は だいたい0.07超えだが 今見ると0.063μ

しっかり計測していないが、体感的に 線量が下がっている気配がある。


大半の人はガイガーカウンターを持っていないと思う。

下手に安いのを買うと精神的にあまりよくないので どうせ買うならせめて 現在値で20万近いものを買うべきだとは思う。



線量が高めにでるの あまりいい気がしないし
さらに不安定な数字がでるのも 精神的によくはない。
ストレスのもと。



これは そういう品物を手にしたことがあるからいえることで
比較すればよくわかる。

エアーカウンター など あれは おもちゃだ。



けっして安い買い物ではなかった私のガイガーは こういう時に 心の支えになる。


勿論 ないよりは安くてもあったほうがいいという意見もある
それは 極端なホットスポットがわかるという理屈だ。
しかし 工具でもそうだが ホームセンターで気軽に安価に買える低価格のものは 長い目でみると けっしていい買い物にならない。
割高だ。

一度だけの使用であれば まだしも 何度も使うのあれば 道具はプロツールであるべき

そして ガイガーも当然に同じ。




予算がなくて心配な人は?
予算ができるまで マスクをすればいいと思う。
しかし ガイガーを手にいれたらいれたで モチベーションはさらに高まり!  マスクは余計手放せなくなる。

放射能を恐れるっーのも モチベーションが大事。
けっこうね もう おれ  ええわ  なんて感じに なるし
コメント

事実は端々に・・・・

2012年06月28日 10時36分03秒 | 日記
本当のことをいえよ
 なんて 政府や 東電に 怒りをもつ人はいるだろう。


しかし これは わが日本に起こっていることであり、隠蔽が
われわれの国の維持を目的としている面も否定できない。

全て真実を明かしたとき、日本には住むべきではないと なったら 皆さん どうかできますか?
どうにもできない真実は明かしてもしょうがないということになる一例です。

真実はいつも海外から といったコメントもみかけますが 
海外の報道と日本の報道が極端に違う時期はすぎたようです。
日本の場合は 大見出しにならず 紙面の端の方にわからないようにささやかにでるだけ 海外の場合は大見出し という違いでしょう。
わからないように 悟られないように やばめな事実は流されていく。



真実はどこに? つまり インテリジェンス ということになると思いますが、

佐藤優氏も推奨しているように 新聞などのメデイアを拾い読みしていくという手法があります。








それは 報道の端々を追いかけ、つなげ、推測していけば ほぼ 推定できるのです。





材料は こだしにしながら出ています。

次々と報道されるF1のニュース
昨日では下記の報道
こういうものを 本来は アナログ的に プリントアウトもしくは 本誌をスクラップして つなぎあわせてみていけば 直感的に推定できる
と思います。


思考は頭の中ではなく 紙面に落として考えるほうが より 高度に思考できます。
この面倒な作業と思う その思考を少し変えてみてください。






話は少し かわりますが 


大事なのことは ただ、反政府 反原発 反放射能 というデモを起こすということだけではないと思います。

流れを読み この短い我々 個々の人生の舵をいかにきるか
いかに対処していくか

方法は大きく二つ
1、個々の身の振り方→個別の対応
2、本質的な政府方針などへの対応→集団的な行為 デモ等


※集団的な 行動をし 日本を変えていくなどの行為を本気でやりはじめたら  人生をかけたものになります。それはそれで素晴らしい人生だと思います。(残念ながら今の私の価値観ではできそうにありませんが、こういったブログを通じてささやかな貢献ができればと思っております。) 





以下 最近のニュース

http://mainichi.jp/select/news/20120628k0000m040070000c.html
福島第1原発:1号機圧力抑制室外側で高線量を検出

毎日新聞 2012年06月27日 21時29分(最終更新 06月27日 23時11分)
東京電力福島第1原発の(左から)1号機、2号機、3号機、4号機=同原発の南西約3キロで2012年4月8日、本社ヘリから石井諭撮影
東京電力福島第1原発の(左から)1号機、2号機、3号機、4号機=同原発の南西約3キロで2012年4月8日、本社ヘリから石井諭撮影
拡大写真

 東京電力は27日、福島第1原発1号機の原子炉建屋内にある圧力抑制室外側で毎時1万300ミリシーベルト(毎時10.3シーベルト)の放射線量を検出したと発表した。1号機の原子炉建屋内では最高だった。1号機は、1~3号機の中で最も核燃料の損傷度が大きく、放射性物質を含む水が外に漏れているのが原因とみられる。

 東電によると、26日に建屋1階から地下1階へ線量計などを挿入して調べると、汚染水の高さは5.2メートル、水温は32~37度だったことが分かった。線量は水面に近いほど高く、直上で同1万300ミリシーベルトを示した。汚染水の透明度は約60センチで、配管には事故直後の海水注入の影響で、さびが生じていた。

 人体は1000ミリシーベルトを全身に浴びると吐き気などが生じ、1万ミリシーベルトは致死量に当たる。2号機の格納容器内では今春、同7万2900ミリシーベルトを検出した。

 東電の松本純一原子力・立地本部長代理は27日の記者会見で、「これだけの高線量下では、ロボットに作業を頼らざるを得ない」と述べた。



http://mainichi.jp/select/news/20120405k0000m040147000c.html?inb=yt

福島第1原発:被ばく線量、収束か作業員安全か

毎日新聞 2012年04月05日 02時30分(最終更新 04月05日 03時56分)
約3キロ離れた地点から撮影した東京電力福島第1原発の(手前から)4号機、3号機、2号機、1号機。3、4号機は事故直後とほとんど変わらない無残な姿のように見える=本社ヘリから
約3キロ離れた地点から撮影した東京電力福島第1原発の(手前から)4号機、3号機、2号機、1号機。3、4号機は事故直後とほとんど変わらない無残な姿のように見える=本社ヘリから
拡大写真

 東京電力福島第1原発事故直後、作業員の被ばく線量のさらなる上限緩和を求める原子力安全・保安院と、難色を示す厚生労働省との生々しい攻防が内部資料から浮かんだ。保安院は作業員の線量見通しも示して緩和を求めたが、見通しは実際より過大だった。優先すべきは事故収束か作業員の安全か。最後は厚労省が一部譲歩しつつ突っぱねたが、「原子力規制庁に変わるのを前に、当時の規制官庁の判断が妥当かどうか検証すべきだ」との声も上がっている。

 「(原子炉)メーカーによれば、今後の緊急時作業により、100ミリシーベルトを超える者が約320名、50ミリを超える者が約1600名に上ると試算される」

 昨年4月1日に作成された保安院の内部メモには、作業員が大量被ばくするとの試算が記されていた。さらに同16日、東京電力が保安院に出した要請書にはこう書かれていた。

 「通常時の線量と合わせた管理により、熟練作業員が早ければ6月ごろに不足する見通しで、事態の収束は難しくなります。放射線管理の業務に携わる者の不足も緊急作業に支障をきたします」。言い回しこそ丁寧だが、収束作業を「人質」に取ったかのような調子で記されていた。
コメント

あセッション? とか

2012年06月27日 11時55分58秒 | 日記
地震が多発し、原発が ああなって 放射能が拡散し


こういう時は 占い師や 自称霊感がよく働く人の 活躍のしどころ!

科学的根拠がまるでなく、論理だってもいないのに まるで全てを見通せているがの如き、不安をあほ り   たて

アセッション? 次元がかわる とか 地球が~なるとか

そういうの多くないですか?


放射能はよくないけど 必要以上に それ一色に染まる人

本人はいいんだけど(否定はしません。そういう人の活動は有りだと思います。)

その人の情報ばかりおっかけてたら 他のことがみえなくなるし

心理的ダメージが大きい。 まじ滅入るよ。

そんなことばかり考えていたら 他への影響大。



警鐘を与えるのは非常にいいことだと思いますが、それが必要以上になると 負担になる場合があるのは事実だよ。

新しい情報は歓迎だけど F1がやばいのはわかっているし 放射能も少なくても 危険なのはわかっている  東よりも西にいくほうが無難だということもわかっている。

そんなことを思っている。


この人いいこと書いているな・・・と思ってみていたら オカルト満載になってきて


この事象をうまく利用して 自分の宣伝など 自分の利益にしようとしている連中もいますよ。

みんな結構 暇になっているから いいたい放題だったり


(もう一度 いっとくけど 否定するつもりもない、そういう人もたまにはいいこというし 極端な発言をする人がいて はじめてなりたつと思うし)



反原発についての詳細はわかりませんが、
本当に放射能がダメだから 反原発といっているとは限らないと思うのです。



誰も 過信しないこと



相談はしても その判断や決断を他人にそのまま委ねるようなバカなことはしないこと
信頼できても まるっきり信用してはいけない と思います。

ある程度 その人の考えがみえたら 俯瞰してみること

盲信して べったりになると 時間がなくなります。

そんなことに時間を費やしていたら 大事な人生の時間が無為に消費されてしまいます。

我々の 持ち時間で 自分で判断してそれなりに動けるのは だいたい40年~50年
旬な時は せいぜい30年ー40年

何事もバランス
 

ということで


以前書いたことの重複になりますが



誰も 信じてはいけない
(トランスポーター3)






今日の 放射能値  

笹塚 甲州街道 側道 付近 10分計測 0.071μ(γ線のみだよ)

環七 外回り 

セブンイレブン板橋小茂根4丁目店 駐車場
東京都板橋区小茂根4丁目10        0.058μ~0.062μ

たまに 0.08-9 がでるが・・・ 環七 交通量が多いから当たり前か



おそらく 東葛地区など 知れ渡っている地域を除いた東京の地域のおいては この0.1μより下なんだろうと思います。

そんな気がしてきました。

それが 安全とはいえないんですよね。

しかし 危険だともいえない。

そのむずがゆさが なんか 影響あるだろ! という皆さんの静かな声になると思うだけど 

このあたりの数値だと 日本 どこでもでますよ。たぶん。

これだけ 雨風が強くなると 東日本 特に東京 では 舞っているとはあまり考えがたいし

で どうなのよ?

となると思うけど




自分で考えてください。


私の場合 どう 判断するか?  



わからないから とりあえず マスクですね。
あと 人間らしい 生活
規則正しく 夜寝て朝早く起きる生活をすること

まあ 今は おそらく大丈夫のような気もするけど

嵐の前の静けさのような状態で   何が起こるんだろうって感じ
コメント

人生設計

2012年06月27日 01時39分21秒 | 日記
13メートルに対し4.6センチといっていますが・・・
12ヶ月で 55.2センチ 24ヶ月で1M10.4センチ そして48ヶ月 2M20.8センチ 

1ヶ月で4.6センチということはそういうことで
仮に10年後 このまま続くとしたら 13Mに対して5M52センチ そしてこれは 加速度的に 増えていく可能性があります。
まあ どのような構造物でも13Mに対して 13Mを超えると 間違いなくアウトだというくらい 誰でもわかると思いますが その中心が底辺の半分を超えるとやばいということもすぐわかるでしょう。
つまりこのままいけば 11年そこいらで いつでも アウトでしょう 状態になるということです。

こんなこと誰にでもわかるから 書くまでもないことですが

そして勿論 そうなる前に手は打つでしょうが/


見た目とか目視で 適当なことをいっている ようなコメントですが、
これは大衆報道向けの まあ こういっとけばいいか というニュアンスでしょう。

関係者 まずいなあ と皆思っていると思いますよ。
言葉にして ニュースになれば 過大評価されますから
そうならないだけで 
倒壊への歩みは確実に 着々と進むのが 当然の成り行きでしょう。

ニュースになるだけましです。


問題は 度重なる余震がボデイーブローのように 襲い、
いきなり 大きな衝撃が加わる大地震が起きる可能性が高いということです。

物体に働く力は重力と抗力です。

さて 重力に耐え切れるのはどこまで あるいは構造の脆弱性が耐えきれるのはいつまで

しかし 建てやの崩壊した部分は取り壊されて 対策もされているわけで  一概に だめだともいいきれません。と思います。

心配しようが インターネットで叫ぼうが
我々の殆どがコントロールできない ことです。





やるべきことは


そんなことを考えてみると 今すぐ 身支度考えたくなりますよ。

(心配しても 東電や政府の批判をしても これらのことをコントロールできるわけないですから)



日本はどこでも多かれ少なかれ影響は受けるでしょうけど 

それでも 関東や沿岸地域よりは その他の地域のほうがましだ
と私は考えております。

仕事でもなんでも 今の延長線上で積み上げていけば報われるなんて 
思わなくなりました。かといってねえ・・・


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120626/k10013104301000.html

水素爆発で大きく壊れ耐震性が懸念されている福島第一原子力発電所4号機で、東京電力が建屋の外壁の膨らみによる傾きをさらに調べた結果、先月の調査より大きな傾きが新たに見つかりました。
解析の結果、東京電力は、4号機の建屋全体やプールの耐震性に問題はないとしています。

福島第一原発4号機では、先月、原子炉建屋の西側で水素爆発の爆風でできたとみられる膨らみによる傾きが確認され、傾きは、壁の高さ13メートルに対し3.3センチで、建築基準法の制限値の半分ほどでした。
東京電力が今月さらに調べた結果、外壁の傾きは建屋の西側や南側の広い範囲で確認され、西側の3階部分に高さ13メートルに対し4.6センチと、先月の調査より大きなものが新たに見つかりました。
傾きは、すべての場所で建築基準法で定められた制限値を下回っているということです。
4号機の建屋の上部にある使用済み燃料プールには、福島第一原発で最も多い燃料1535体が保管されていますが、東京電力は、建屋全体やプールは傾きが見つかった外壁以外の柱などで支えられていることから、解析した結果、耐震性に問題はないとしています
コメント

神経

2012年06月26日 01時19分32秒 | 日記
まともな日本人の神経なら 今時 東京そこいらでマスクはしない。
それほど平穏、何事もない空気に満たされている。

久しぶりにガイガー無しの行動を数時間とる。


知らない ひと時の幸せ 安心感  数字がみえないから安心できる。
いや それは ただの現実逃避で 何の解決にもなっていないのだが
もう疲れました 感 今日 月曜。


山梨 甲府を越えたら大丈夫だろう・・・・ と思って  
昨晩  清里  0.078   下におりた韮崎あたりのほうがまだ低い0.07あたり


空気が澄み切っていい呼吸ができる感じがするが ここは 首都圏とさしてかわりはなく さいたま市の一部よりも高い。
コメント

山梨

2012年06月23日 20時55分00秒 | 日記
山梨は比較的汚染されていない。

と 聞いていたし そう思っていた  が・・・・

大月市 駅前 ダイエー横 地上1.5M 0.062μ 15分計測平均 以下同
大月市 20号 幹線道路沿い ローソン 初狩手前 0.069μ 30分
笛吹市 20号 宇佐美ガソリンスタンド 0.059μ 15分

大月は 低い地域もあるので おそらく そうでしょう。
甲斐大和のトンネルを抜け甲府盆地に入ると線量は一回り つまり0.06台から0.05台になります。

上野原 正確ではありませんが、おそらく 0.09μ~ でているような
結果がでています。これ短時間計測


そして さらに 西へ行くと線量が落ちそうなんですが これは おそらく土壌 というか岩盤に含まれているなにかの影響だと思いますが 逆に高くなります。

このあたりなんですよね 実際どうなの?と知りたいのは
コメント

フクシマはチェルノブイリより深刻 なのか

2012年06月23日 12時40分35秒 | 日記
http://gendai.net/articles/view/syakai/137147
より引用


福島集団疎開裁判で分かった悲惨な現状
【政治・経済】
楽天SocialNewsに投稿! Yahoo!ブックマークに登録 Share123
2012年6月19日 掲載
98万人死亡のチェルノブイリより深刻
<3割の子どもの甲状腺に異常>

 福島第1原発事故から1年3カ月後の今月16日、関西電力大飯原発3、4号機の再稼働が決定した。
 15日、国際環境NGO「グリーンピース」が記者会見を開き再稼働のリスクを発表。座談会に出席した弁護士らが、福島原発事故後の悲惨な現状を明らかにした。
 事故後、放射能被曝(ひばく)による健康被害を懸念した郡山市の小中学生14人と保護者たちが、福島地裁郡山支部に、集団疎開を求め仮処分を申請し、現在も仙台高裁で抗告審が続いている。
 福島集団疎開裁判主任弁護士の柳原敏夫氏に聞いた。
「法律では一般人の被曝限度は、年間1ミリシーベルトまでと決まっています。原告の小中学生14人が通う7つの学校の空間線量の積算値は、昨年3月11日以来1年間で12~24ミリシーベルトと推計されます。この訴訟では、市に対し緊急的に安全な地点に教育の場所を移動させることを求めている。しかし、1審では年間100ミリシーベルトを主たる基準にしてそれ以下なら避難させる必要はないと判断。驚きを隠せません」
 被曝の問題は進行中だ。すでに甲状腺に異常が出てきている。北海道深川市立病院内科・医学博士の松崎道幸氏の意見書では、「平均年齢が10歳の福島県の子どもの35%に嚢胞(のうほう)が発見された」という。
「嚢胞」とは分泌液のたまった袋で、甲状腺の内側に、炎症あるいは細胞の性質の変化が起きていると考える必要があるというのだ。福島調査の「嚢胞」保有率は過去のどの調査よりも高率であったという。
「福島県では1年足らずで甲状腺の検査で3割以上の子どもたちに健康被害の兆候が出ました。チェルノブイリで同じような兆候が出たのは4~5年後ですから、福島ではよほど高濃度の被曝をしていると言わざるを得ません。しかし、県の医師らは安心して大丈夫だと主張し、セカンドオピニオンを受けたいという希望者に、受けさせないよう医師らに通達を出しているのが現状です。福島はチェルノブイリより7倍の人口密度があるから、98万人以上が亡くなったチェルノブイリより深刻になる恐れがあります。一刻の猶予もならないのです」(前出の柳原弁護士)
 政府は目をそらしているが、とんでもない事態が起きているのだ。


チェルノブイリと 日本との大きな違いは
風雨の量が極端に違うということ

雨が 放射性物質を洗い流し しかしこれは濃縮され
また 放射性物質は風により 吹き飛ぶ

勿論、土壌やコンクリート 金属に付着した放射性物質は 風や雨ごときでは剥がれない。

空間線量は ここ数日 若干上がっているような気がするが
0.076室内→0.080 というように 私の部屋に関しては上がっている。
さすがに 0.08を超えてくると少し考えてしまう。


ただ 線量だけみていくと もう日本はどこにいっても このあたりの数字がでるような気がしてきた。

全てを調べたわけではないが フクシマや汚染地域とは逆の遠方にでかけたりしても 高いなあ なんて思うことがしばしばあるからだ


いずれにせよ、食物に注意し、マスクはできるだけすべきなんだと私は思う。
コメント

放射能ハンター

2012年06月21日 12時10分49秒 | 日記
http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-621.html

今日 久しぶりに 考えこんでしまった。

少し前の常識的な 報道 みないだけど 見落としていた。
コメント

我々は走り続けるしかない。

2012年06月20日 23時24分40秒 | 日記
庭山市議が除名になる  か・・・

品位という点から いえば  無いかもしれない   が

あまり 放射能汚染に関心の無い方は特に この 除名という ことの 意味を 再考すべきだと思う。 



現在の日本は 走り続けなければ 倒れてしまうような状態にある

と 仮定する。 もう一刻の猶予もない という程に


国債は膨らみ、借金まみれ 財政はとてつもなく悪く  収支のバランスがなっていない。
止まればアウト

そんな時に経済は止めれるのかといえば アホか? とならざるえない
だから 原発再稼動 電気のリスクの有無はおいておいても 関連する人間の問題等 とまるわけにはいかない。
(放射能なんか気にしていたら それこそ どうしようもなくなるという理屈 そういうことを検査するコスト それを防ぐコストなどは 経済を圧迫する)



そんな時、放射能でさわぎ立てる人間は 本当にじゃま 
妨害行為
だから排除せざるえない。本体を守る為に 

国が残ることが何よりも優先する。
それが組織というものの考え方


じゃまなものは切りすてる。

それを感情的にひどい といっているだけでは いけない。
そういうものだから 仕方がない。
その上で どう対抗していくか どう守っていくか ということを考える必要がある。 




かって 国がしたこと  シベリア抑留
参考サイト


この時 国は 国民を見捨てた。

ある文献で 石原一子 元高島屋常務取締役 のことが書かれていた。

彼女の父親も このシベリア抑留で 国に見捨てられたそうで 

国は 信じてはいけない だから 日本語以外にもうひとつ外国語を学べといわれたという。





日本という国 が だめだとは思わない。

どこの国でも同じことで 巨大な組織である国は 平気で 個を見殺しにするようなことを何度も行う。
そういうものだとわりきってつきあっていかないとバカをみる


走り続けないければ どうしようもなくなる 日本において

われわれ 個々は何をなすべきか

ということを考える

私は 私自身のことを・・・


まとめます。
国をあてにしていけないということです。
コメント

原発再稼動について 使用済み燃料の行方

2012年06月17日 22時01分38秒 | 日記
原発再稼動において 仮に原発が安全だとしよう。

さて 使用済み燃料が さらに発生することになるが それまでにたまりにたまった 使用済み燃料プールの存在のことを皆さんいかがお考えですか?

これ が保管状況についてのグラフ

引用先はこちら
また リラックして むちゃな 保管方法をとるのでしょうか?

ニュースでも報道されているが これが 大問題であり 先送りできない状況なのに再稼動する 方針に 

皆さんに この国の 先送りする 構造をまじめに考えてほしい。



こういう ことを 全てで 行っていけば やがて 身動きとれなくなるのが 普通です。

組織でも 個人でも 同じ  先送りすることで 解決策をみいだせていればいいのだが おそらく どこの国もやっているのは 
核兵器の原料にし さらに それを劣化ウラン弾などで使用し 再拡散させているだけ。

なんの手立てももっていないのが現実。



コメント

よりかかり

2012年06月17日 13時00分12秒 | 日記
日本は貧しい国になっていくだろう。
と多くの人がいう。

だから手を早め早めに打たないと、今の少子化のような大問題になる。
もう問題になっているじゃない?

いえ 多くの人はまだ その深刻さを実感 体感していません。
前はよかったな~ という空気だけで やばいから どうしようこうしようという方向性を考えるまでにいたりません。

原発の問題も もとをただせば 
利権に対するよりかかり的要素が大きくあるように思えるわけで
この国の天下りや公共事業のいいかげんさ、
公務員の仕事の無駄の多さなど

メスを市民がいれていかなければ、われわれは奴隷のように一部の利権者に献金をし続けるような仕組み
搾取され続けるような仕組みはさらに加速する。


まわっているうちは そんなことを気にしなくてもよかった。
しかし、ターミネーターのごとく、大資本が多くの商圏に襲い掛かり
小資本の経営をなぎ倒していくような時代にもなった。


それぞれが 思考しはじめることが必要だと強く思う。
誰か 次の人がでてきてくれて なんとかしてくれるというほど 世の中そんなに甘くないと思うんだよね。

それぞれが 自分達が当事者だという感覚でこの時代に取り組む必要があり、こういった自分メデイアを駆使し たちあがる必要があると思う。


コメント

原発のことや 放射能のこととか  しょみーんは_

2012年06月16日 22時33分11秒 | 日記
ひさびさに 首都圏を離れました。

もう 原発は収束したんじゃないの?
放射能はもう大丈夫じゃないの?


これが 地方の人の感覚でしょう。

一人の20台の男性と話をして そういう空気がわかりました。

インターネットを駆使していない人
危険かも やばいかもという前提で探していなければ 政府のいう
冷温停止が 非常に安全になりました。というプロパガンダに洗脳されています。

ノーテンキ というわけではなく、それが日本のリスクマネジメントの限界なんだと 気づきはじめている人が多いなかで
殆どの人は いまだ そういうこと。



だから できるだけ 多くの人に 情報の集め方、そして リスク管理の仕方 考え方を わかった人がつたえる必要があると思います。

きれいごとをいうつもりはありません。

あまりにも まずい状況を共有していかないと ますます これから 手詰まりになっていく と思うのです。

考える能力は皆あるはずなのに それを必要としていないが為に
退化しているような状態なんじゃないかと 思うんですよね。


もう放射能は 大丈夫なんじゃないかな?
と思っても 今回は どうも なんか 様子を相当みないといけない
状態だと私は思うので かなり気おつけています。


それとね 首都圏の空気はきたない!
離れて改めてわかりました。
大阪もきれいではないけど…




コメント

リスクとセーフ

2012年06月14日 10時35分11秒 | 日記
今 首都圏に住むリスクの有無は判断がわかれているらしい。

大丈夫だという人 リスクが高すぎるという人

そして 推進派だから大丈夫だといっているとも限らない。

反原発であろうが 大丈夫だろうという楽観派も多いと思う。


どこにいこうが 危険だという人もいれば もうさまざまで 
一般人であるわれわれには判断は到底つきそうにない。
しかし これは専門家でも同じことで

仮説に基づいた検証やデーターを探りながら その時 その時のベストの答えをだしているのが現状で われわれは少なくとも当事者だという意識をもって考えないといけない現実だけが正しい。


放射能が減衰してきたのか それとも 雨風で流されていっているのかわかないけれども いつもの定点測定は 0.055μ 30分計測
0.060μ 3時間計測 という値になっています。

感覚的にも下がっているんだ と実感できます。






ブログ をたちあげてもうすぐ3ヶ月になります。

最初は やり場のない思いのぶちまけどころとしてスタートしましたが
書いているうちに 自分の考えが非常に整理できてきておりまして、

どうしよう と悩みもんもんとしていたのとは違い、

私も なし崩し的な この生活を 卒業する決意もでき

後ろ髪を引かれる思いだった 首都圏離脱も

月に数回通う 程度でもいいんじゃね?

と思うようになり、

そもそも 首都圏 や 東京に い続ける 意味すら なくしかけている状態です。

所詮 そんなもんです 人間なんて

諦めやふんぎりがつけば 次の世界へ向って 気持ちを切り替え生きていけるものです。

バブルのことを今更語るのが恥ずかしいことのように

時間がたてば 価値観や見えている世界も変わる

これが 人です。


強いていえば 東京には どこか冷たい 東京サービス的な コンプライアンスに基づいたサービスがある程度で
地方に行けば行ったで 優しくて要領が少し悪く感じるような方言の入ったサービスになるだけです。
 かっこや見得は本質ではないとわかっているものにとっては どうでもいいことですが


テレビや新聞の報道が入りづらい 遮断した生活の中では 東京など での生活だからといって あまり意味を持ちません。

景気の下落感は 地方よりはましかもしれませんが 同じようにありますし。

おそらく 放射能の影響なんて 私の体は 強いて受けないような気がしますが、今回の事象をきっかけに 色々なことを考えるようになりました。

その中の結論のひとつとして 今いる環境にこだわることの愚かさというものがあります。

そう考えないと人って 自由になれないだと思うですよね。



それでも 仕事が とか 子供の学校 とか 色々 考える人はいると思いますが それは障害にはなりません。
どんな壁もその気になれば 因数にわけて それぞれクリアしていけばいいだけなんですから

少しめんどくさい というのと 少しだけ 時間が かかるというだけです。













コメント