軽井沢one beauty 片山農園の日々雑感

軽井沢で農業をしながら、ちょっとしたことをブログに書いてます

まぁ臭いのに

2024-05-25 21:05:21 | 農業
臭い菌体入りペレット堆肥を撒く。
そしてトラクターで臭いを畑に閉じ込めるようにロータリー作業。
トラクターの中まで臭いような気がするのは、着ている服に臭いが染み着いているに違いない。

ロータリーを終え一旦ハウスに戻り、まだ日没には早いので除草剤撒きに行こうと準備。
そこに違う仕事してきたバイトちゃんが帰ってきた。
その後ろから見覚えのある車が。
まさか?
その車は止まった。
「片山さん😄」と手を振っている。
志穂さんだ。
「ゴルフ帰りに片山さんとこ寄ってみようと。トマト見せて下さい」とハウスへ行こうとするので「僕アクアヴィット持ってきますね」と家に戻る。
昨年志穂さんと一緒に蒔いたじゃがいもで作ったお酒アクアヴィット。
お礼にってアクアヴィットを製造している社長から預かっていたのだ。

トマト🍅は数日前にハウスに定植して、志穂さんにトマト植えましたと伝えてあったのだ。
だから見に来たのかな?

レタスもおみやげに一緒に収穫して。
でも、あたし絶対臭い😅
こんな日に急に来なくても
ってあとで気づけばLINE来てた。
ゴルフ場から出る時にLINEしたらしいが、ゴルフ場からハウスまで3分よ。
急すぎるわ。

今日の顛末インスタにあがるのかな?



行者ニンニク

2024-05-23 21:00:39 | 日記
行者ニンニクってどこに生えてるの?どう言うところにどう自生しているのか?行者ニンニクに無知である。
人に行者ニンニクのありかを聞けば、「お前採りに行くだろ?」と誰でもそう思うだろうし、誰も教えたくないだろう。

バイトちゃんはハウスの裏の土手を草刈りする度に「行者ニンニクの匂いがする」と言う。
行者ニンニク?この土手に生えてるの?
「いっぱい生えてるじゃん」
そうなん?全く気付かなかった。
行者ニンニクって土手に生える山菜なんだ。
そして他の畑の土手の草刈りへバイトちゃん。 
「刈ると行者ニンニクの匂い凄い」
あの畑にも行者ニンニク?全く気付かなかった。
バイトちゃんは仕事を終え、帰る車からまだ畑仕事をしているに声をかけた。
「行者ニンニク分からないって言うから採って来て、ハウスに置いておいたから。お疲れ様でした」
「ありがとう」
ハウスに戻ると▪▪▪▪
これ行者ニンニクじゃなくてノビルだよね😅
直ぐに「これノビルだよね」とLINE。
どこでどう行者ニンニクとノビルを間違えたのか?


極限のストレス

2024-05-22 20:08:00 | 農業
昨日ニュースでトマト農家のことをやっていた。
トマト栽培をしているところで、ノウハウを覚え独立。
これノウハウパクったとも受け取られるよね。
トマトは極限まで水を与えず、極限までストレスを与え甘くするとのこと。
あたしのトマト水与えてます。
液肥入りの水を決めた時間、決めた量与えるより、土から色んなミネラルをと考えております。
それ以前に、作っている僕が水も飲まず極限までストレスを与えられ、それで作ってるんですもん美味いに決まってますがな。

票をなくした男

2024-05-21 20:49:47 | 農業
お昼に家に戻る途中、家の裏の道に車が止まっているのが見えた。
あの車は?どっかで┉
あっ⁉️そうだ町議の○○の車だ。
めんどくせぇ⤵️
絶対家に来たんだ。
家に着き、軽トラから降りると僕に気付き振り返り「今日は活動の新聞を配りに」
と受け取ったが、まぁ読まないな。
有機ペレット堆肥の話をされ「それお使いになりますか?」と質問された。
「そんなの自分の息子さんに聞けば?鶏糞お使いですよね?なぜ有機ペレット堆肥を使わないのか?」そこに答えがあるだろうに。と論破。

やっと昼食。
と思いきや、庭に誰か来たのが見えた。
「誰か来た‼️あっ○○さんだ」と知り合いのおばちゃんが来た。
出てみると「すみません。車が止まってて出られないんですけど」
「あっあの車。あの車、町議の○○さんですよ。どっかそこらに活動の新聞配りに行ってるんじゃないですか?」
「そうなの?私はてっきり片山さん家に友達でも来て、車止めいるのかと。すみません」 
「町議なのに路駐って、もう絶対票入れませんって言ってやりましょう」と僕。
そのおばちゃんとかなり話をしたが、全く町議は現れず。「私来るの待ってます」とおばちゃん。
「では、僕は」と家に戻ろうとした時、町議が歩いて来るのが見えた。
「○○さん車💢」と言ってやった。
「すみません」
「もう絶対票入れませんですって💢もう2票逃しましたよ」とまたまた言ってやった。
お詫びに地盤下さい。とは言いませんでした。



食い付くとこそこ⁉️

2024-05-19 19:51:00 | 農業
レタスの収穫を1日休み、朝からキャベツ定植。
午前中、少し早く定植を終わりにしてハウスに戻り、午後の定植準備をしていると1台の軽バンが止まった。
知らない人だろうと気にもせず仕事続行。
「こんにちは片山さん」
見上げれば、家から車で3分ぐらいのところにあるペンションを営む友人だった。
ともう1人イケメンの若い子が立っていた。
「今日は片山さんに紹介したい人を連れてきました😄」
え?タレントさん?
仮面ライダー系の役者さん?
「軽井沢で一番綺麗な農園の片山さんです」と僕を紹介する友人。
「あくまでも自称ですよ」と僕。
「こちらキックボードで日本一周をして、それでは飽き足らずオーストラリアもキックボードで一周した○○さんです」
結局誰?
キックボードでって凄いけど、けどなんだよね。
キックボードの人「今は能登で古民家再生などをしていまして。ちょっと息抜きに軽井沢へ来ました」
「キックボードで?」 
「軽トラで」 
なんそれ?キックボードちゃうんかい⁉️
キャベツの苗を見て「何ですかこれ?」
「キャベツの苗です」 
少し話をして「良いですね。Gショック」
Gショック?
食い付くとこそこ⁉️

※名前を○○としたのは、伏せた訳ではなく覚えていないのである。